広告募集
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

はじめての変

始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから?

この記事の所要時間: 341




キングダム 始皇帝

 

始皇帝(しこうてい)は紀元前221年、中国全土を統一して秦帝国を立てました。

しかし、王は居ても、皇帝という存在は知らない中国の人々に対し、

自分がいかに偉いかを誇示する必要があった始皇帝は、多額の費用を使い、

中国全土を巡幸して回り、その威厳を見せつけます。

 

ところが、始皇帝の巡幸は、逆に、秦に反逆する芽を育ててしまうのでした。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 

 




大チョンボ、顔を曝して歩いた始皇帝

始皇帝 キングダム

 

始皇帝の巡幸の一番の失敗は、始皇帝が車の中から顔を見せて歩いた事です。

当時の中国の人々は、500年の戦乱を治め広い中国全土を統一した人間だから、

始皇帝とは、それは恐ろしい鬼のような顔をしているだろうと思っていました。

 

ですが、実際の始皇帝は、鬼でも悪魔でもない普通の40過ぎのオッサンでした。

史書には、狼のような声とか、鷹のような胸とか、色々の形容がされていますが、

それは当然、誇張と言うものでしょう。

 

始皇帝自身は、自分の顔を天下に知らしめるという自己PRだったのですが、

それは全くの裏目に出てしまいました。

 

関連記事:衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家

関連記事:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?




始皇帝の顔を見た人たちの反応

怒る村人 三国志

 

「何が始皇帝だ、ただの太った親父じゃないか、俺達と何も変わらん」

 

「あんなオッサンが皇帝なら、俺だってチャンスを掴めば皇帝になれる」

 

秦の圧政に苦しめられていた人々は、始皇帝の容姿を見るや、拍子抜けし、

これを内心ではバカにするようになったのです。

始皇帝の行列を見た項羽のセリフ

項羽 はじめての三国志002

 

その始皇帝の行列を少し離れている場所から眺めていた少年がいました。

名前を項籍(こうせき)といい、字は羽(う)そう後に漢の高祖、

劉邦(りゅうほう)と天下を争う項羽(こうう)です。

 

祖父に楚の名将、項燕(こうえん)大将軍を持つ項羽は度胸があり、

叔父の項梁(こうりょう)が、ひざまづくように促しても、中々ひれ伏しません。

そして、通りすぎる始皇帝の行列を見るなり言いました。

 

「今は好きなだけ威張っているがいい、、いつか、この項羽が

貴様に取って代わってやる」

 

項梁は慌てて項羽の口を抑えますが、内心、何者も恐れない甥に、

項梁は底知れない将来性を見ていました。

 

関連記事:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる

関連記事:劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者

関連記事:項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.1

 

同じ始皇帝の行列を見た劉邦のセリフ

劉邦

 

同じ頃、各地の任侠の徒の世話になっていた放蕩無頼の劉邦(りゅうほう)も、

始皇帝の巡幸の行列に遭遇していました。

 

物見高い劉邦は、行列が一望出来そうな小高い丘に上り、華麗な

始皇帝の大行列を見て言いました。

 

「くーーーーっ、かっこいいじゃねえか!男として生まれたら、

あんな風になりたいもんだなぁ」

 

何とも無邪気、項羽の咬み付くような気迫とは正反対のおおらかさです。

この全てを包みこむようなおおらかさこそが、劉邦の持ち味でした。

 

関連記事:項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

関連記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

 

 

巡幸はバカンスでは無かった、激務で体調を崩した始皇帝?

始皇帝 死ぬ

始皇帝は巡幸の最中も、ただノンキに車に乗っていた訳では無かったようです。

その間にも、沢山の木簡に目を通して命令を出し裁可を出していました。

 

王に即位した頃から、始皇帝の勤務の真面目ぶりは突出していて、

一日に一石(150キロ)の木簡を処理していたと伝わります。

しかも、自分で決めた予定の仕事が終わらないと休憩もしないという

徹底した完璧主義者だったようです。

 

咸陽の宮廷にいても大変な仕事を不自由な旅の途中でも行っていた

というのですから、巡幸中に激務から始皇帝が健康を害した

可能性も、大いにありうる話かも知れません。

 

実際に始皇帝の死は、その五回目の巡幸の途中の出来事だったのです。

 

関連記事:曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法

関連記事:始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた

関連記事:始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの?

 

始皇帝以後の皇帝は巡幸をしなくなった

孫権 冠

 

始皇帝が巨万の富と威信を掛けて決行した大巡幸ですが、

後に続く皇帝も、それ以後の皇帝も真似をして行う事はありませんでした。

 

何よりお金が掛かるし、旅の途中は不自由だし、顔を曝すと庶民に

馬鹿にされるしで、メリットが無かったからでしょう。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:三国志って何?はじめての人向け

関連記事:何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!

関連記事:滅びゆく、そして中国に二人の巨星が現れる

関連記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




こちらの記事もよく読まれています

王騎 キングダム

 

よく読まれてる記事:王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

蒙恬

 

よく読まれてる記事:【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後に蒙恬(もうてん)一族が滅びる理由とは?

 

趙高 キングダム

 

よく読まれてる記事:【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話

 

兵馬俑

 

よく読まれている記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

関連記事

  1. 陳登(ちんとう)とはどんな人?劉備や曹操に認められた大才の持ち主…
  2. 実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介
  3. もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察…
  4. 終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ
  5. 衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?
  6. 1800年前の古代中国に鉄軌道跡を発見、燃料不足解消か?長安から…
  7. LINE 三国志ブレイブとはどんなアプリゲーム?
  8. キングダム(春秋戦国時代)には核兵器は存在した?葵丘の盟とオバマ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最後
  2. 【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆するつもりだったの?
  3. 時空を超える関羽、琉球の民話に登場
  4. もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察】
  5. 【余裕をみせすぎて大失態】やっちゃった感が否めない曹操のやらかしエピソード 濮陽の戦い編
  6. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part3

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【後半】 【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング! 日本の戦国時代はどうして起きたの?原因をざっくりと解明 【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何? 楊端和(ようたんわ)の最期は壮絶な戦死?キングダムの女将軍の死を大胆予想 閻行(えんこう)とはどんな人?韓遂の部下だが曹操の人質アタックに敗れる このマンガがすごい!呉に光を当てた『江南行』『みんなの呉』『赤壁ストライブ』をレビューするよ 魏の三代目皇帝・曹芳(そうほう)就任により魏は滅びの道を歩んだ?

おすすめ記事

  1. 曹操、生涯最大の苦戦 白狼山の戦い|烏桓討伐編
  2. 三国志の時代の灯りは取扱い注意なワイルドな松明だった!
  3. 天照大神は卑弥呼がモデルだった?卑弥呼の正体に迫る!
  4. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – あなたの心の中にも袁術が住んでいる 【完003】
  5. 三国志時代の医療はどうなっていたの?華佗以外にも治療を行っていた!
  6. 群雄の名言から知る三国志の世界【小覇王孫策の名言】
  7. 李靖(りせい)とはどんな人?曹操と孔明の二人から学んだ初唐の名将
  8. 【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は戦い続けられた

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP