よかミカンの三国志入門
黄巾賊




はじめての三国志

menu

まとめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース10記事【2/29〜3/6】

この記事の所要時間: 231




はじめての三国志・週間まとめ

 

はじめての三国志では毎日コンテンツが掲載されています。

今週(2/29〜3/6)に掲載された記事をピックアップ!

はじめての三国志編集部が1週間分の情報をお届けします!

週末、時間が空いた時にゆっくり読んでみてはいかがでしょうか?




今週(2/29~3/6)のまとめニュース

2/29のおすすめ記事


 

陳平

 

漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!

 

楚漢戦争は、たった8年間という短期間に、

ありとあらゆる、英雄、豪傑、知謀の士の夢と野望と挫折が、

ギュッと凝縮した、ジェットコースターストーリーなのです。




3/1のおすすめ記事


 

張良と始皇帝

張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(1/3)

 

曹操(そうそう)は荀彧(じゅんいく)が自らの家臣となった時、「わが子房が来た。」と喜んだそうです。

曹操が言ったこの子房こそ、高祖・劉邦(りゅうほう)の天下取りを支えた韓の貴族出身天才軍師・張良(ちょうりょう)です。

今でこそ天才軍師の名をほしいままにした張良でありましたが、若い頃は秦に故郷を滅ぼされ、始皇帝をつけ狙う暗殺者でした。

 

劉備

 

はじさんが劉備を丸裸に!素顔は?身長は?劉備を徹底追及!

 

前漢の景帝の何百人いるか分からない子孫の一人、という触れ込みで漢室復興をスローガ ンに立ち上がった劉備(りゅうび)

一介の蓆売りに身をやつしていた没落貴族が一念発起し、立身出世にお家復興を飛び越えて一国の主にまで上り詰めたわけですから、

これぞまさにアメリカンドリームならぬチャイニーズドリームですよね。そんな人物ですから、もちろん常人とは違っていたのでしょう。

 

3/2のおすすめ記事


 

張良と劉邦

 

張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(2/3)

 

張良(ちょうりょう)は軍略・政治を学びます。その後天下は乱れ張良も兵を集め、自らの君主を探す旅に出ます。

しかしどの群雄も彼のいう事に耳を貸すことはありませんでした。そんな中一人の男と運命の出会いを果たし、彼に仕える事にします。

 

そろばん関羽

 

三国時代では数学が出来ないと下級役人にもなれない?算籌を徹底紹介!

 

現在でも数学が苦手という方は、多いと思います。かくいう私もそうですが、三国志の時代でもキングダムの時代でも

役人になるには、最低、四則演算位は出来ないと落第してしまったのです。

 

3/3のおすすめ記事


 

孔明

 

【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!

 

劉備(りゅうび)亡き後の蜀の命運を一身に背負い、強大な魏に挑み続けた諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)。

少し見ると馬稷(ばしょく)のような机上の秀才を登用したダメな上司に見えますが10分の1とも言われる蜀の国力で、

魏と戦う軌跡には、彼が登用した数多い文官、武官の活躍がありました。

 

3/4のおすすめ記事


 

孔明 出師

 

晏嬰(あんえい)とはどんな人?孔明の好きな梁父吟を作った春秋戦国時代の名宰

 

諸葛亮孔明が隆中で暮らしている時よく口にして歌っていた「梁父吟」

この歌を作ったのが春秋戦国時代の名宰相と言われる晏嬰(あんえい)です。

彼は斉の国の宰相として活躍した人物で、「史記」を書いた司馬遷(しばせん)や孔子も彼を非常に高く評価しています。

司馬遷や孔子も高く評価した晏嬰とは一体どのような人物であったのでしょうか

 

お役人七つ道具

 

出来ると言われる人必携!三国時代の役人7つ道具

 

三国志の時代、一般の人の識字率は、とても低く文字が書けて

読める人は、たいてい、役人になれる士大夫の階級に限られました。

もちろん、この士大夫には、曹操(そうそう)や劉備(りゅうび)や、

孫権(そんけん)、陸遜(りくそん)のような人々が含まれますが、

彼らが職務を行うにあたって、常に手元においていた七つ道具があったのを知っていますか?

 

3/5のおすすめ記事


 

かなえ

 

鼎(かなえ)って何?玉璽の前の権力のシンボルを紹介!!

 

三本脚の独特の形をした祭具である鼎、「鼎の軽重を問う」、「三国鼎立」、

あるいは、「鼎談」など、今でも言葉が残る鼎とは、元々何だったのでしょうか?

そこを調べると、古代の生活が見えてきました。

 

3/6のおすすめ記事


 

曹操躍進

 

棗祇(そうし)とはどんな人?新しい兵糧収入法を考え曹操の覇業を支えた功臣

 

三国志の群雄たちは、兵糧が少なくなったら豊かな土地を奪い、

そこで兵糧を調達すればよいと考えておりました。

この考えを覆したのが棗祇(そうし)です。

彼は曹操の軍団を支えるため屯田制を考え出します。

この屯田制は目新しいものではなく前漢時代に生み出されたものですが、

彼は前漢時代の屯田制にアレンジを加えて、新たな屯田制を完成させます。

果たして棗祇が考え出した新屯田制とは一体どのようなものだったのでしょうか。

 

はじめての三国志 2/29〜3/6の週間まとめ

はじめての三国志

 

今月(2/29〜3/6)はじめての三国志が配信した記事をご紹介しました。

どれも5分以内で読める記事ですので、隙間時間に読んでみてはいかがでしょうか?




関連記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【11/20〜11…
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【4/10〜4/1…
  3. 【月間まとめ】2016年5月の注目ニュース21選!
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース22記事【5/29〜6/4…
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【2/20〜2/2…
  6. 激務をちょっと忘れられるホッと一息の「ユルめ記事」2016年総集…
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/27〜7/3…
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース27記事【2/13〜2/1…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 江東の豪族・陸遜は政治家としては優秀だったの?
  2. 蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?
  3. 大富豪と国獲り要素を併せ持つ新感覚iPhone向けアプリ『三国大富豪大戦』をAppStoreにて配信をスタート
  4. 大喬・小喬は袁術の側室だった可能性が高い!その驚くべき理由とは!?
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【10/31〜11/6】
  6. 88話:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

西郷どんの恩返し奄美大島貿易拠点構想 姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?【後半】 たかぎ七彦困惑?アンゴルモア元寇合戦記をガチネタバレ予想! 杜襲(としゅう)とはどんな人?住民と団結して劉表軍と戦った県長 【無残な最期を遂げた鄒氏】残酷な死を迎えた三国志の美女 蒙毅(もうき)ってどんな人?趙高に恨まれて悲劇の最期を迎える文官 【キングダム533話】キングダム休載の理由を考える 魏を裏切った王平と夏候覇は何で蜀で出世できたの?【三国志に学ぶ人生設計】

おすすめ記事

  1. よくわかる!周の成立から滅亡をざっくり分かりやすく紐解く
  2. 玉(ぎょく)が大好きな中国人
  3. 中国四大美人も完璧ではないのです、欠点もあるんです(汗)
  4. 司馬朗(しばろう)とはどんな人?司馬懿でさえ頭が上がらない偉大な兄の生涯
  5. 【センゴク】織田信長って本当は優しく思いやりのある性格だった!
  6. 曹操は諸葛亮を自身に仕官するよう勧誘していた!
  7. 隗より始めよとはいったい何?最強の自薦方法だけど就職活動には使えない?
  8. もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎる

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP