広告募集
HMR

はじめての三国志

menu

はじめての変

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【3/27〜4/3】

この記事の所要時間: 658




三国志週間まとめ4月

 

はじめての三国志では毎日コンテンツが掲載されています。

今週(3/27〜4/3)に掲載された記事をピックアップ!

はじめての三国志編集部が1週間分の情報をお届けします!

週末、時間が空いた時にゆっくり読んでみてはいかがでしょうか?




今週(3/27~4/3)のまとめニュース

3/27のおすすめ記事


 

 

孫権

 

・はじさんが孫権を丸裸に!素顔は?身長は?孫権を徹底追及!

 

「織田がつき羽柴がこねし天下餅座して喰らふは徳の川」の狂歌ではないですが、

父から兄へ、そして兄から弟へと遺業を受け継ぎ、最終的に東呉(江南)の統一を果たして呉帝国を建てた孫権(そんけん)

誰よりも長生きし、相応の繁栄を極め、三国の中で最後まで残ったと思えば、実は一番の勝ち組かもしれません。

そんな人物だけに逸話も色々とありますが、特に印象的なのはその容姿。

 

曹操 女性

 

・【真田丸特集】バツイチ女性が好きだった曹操と家康!

 

戦国時代を統一して徳川幕府を開いた、徳川家康。

NHK大河の真田丸では、内野聖陽が演じ英雄らしからぬ

情けない一面を持つ人間臭い人物として、描かれています。

さて、この家康、バツイチ・未亡人好きとして有名でしたが、

三国志にも、家康に負けないバツイチ好き曹操が存在しておりました。

二人はどうして、バツイチ・未亡人好きなのかを調べてみましょう。

 

3/28のおすすめ記事


 

 

孫堅

 

・孫堅(そんけん)ってどんな人?「江東の虎」と群雄達から恐れられた孫策・孫権の父親

 

呉は孫策(そんさく)が礎を築き、孫権(そんけん)が安定させた事で大いに栄えます。

しかし孫策・孫権の父親を知らずに、彼らを知る事はできないと思います。

そこで今回は江東の虎として董卓を震え上がらせ、

曹操や劉備と同世代の武将として

活躍した孫堅(そんけん)の生涯を紹介していきたいと思います。

 

周瑜 孫策

 

・孫策・周瑜の断金の交わりを生み出したのは袁術のおかげだった!?

 

孫策(そんさく)、字は伯符。揚州呉郡富春県の出身。

父親は袁術の配下として大きな武功を挙げた孫堅です。

周瑜(しゅうゆ)、字は公瑾。揚州盧江郡舒県の出身。

父親は洛陽県の県令を務めた周異です。

二人はともに同じ年で、190年に孫堅が反董卓の挙兵を挙げたときに出会っています。

16歳のころです。

幼少時期からの幼馴染と描かれることもありますが、そうではありません。

 

 

孔明

 

・営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ!

 

営業の仕事においては、仕事を取る側が仕事を依頼する側よりも下です。

そこで、丁重な態度で応じるのが、当たり前のマナ―ですが、

それでは、大量にやってくる他社の営業と違いはありません。

相手に覚えてもらう、出来れば、その場で応諾を得るには、

わざと、相手の弱みを衝いて怒らせるという手法も有効なのです。

 

3/29のおすすめ記事


 

 

孫策

 

・群雄の名言から知る三国志の世界【小覇王孫策の名言】

 

項羽(こうう)の再来として「小覇王」と呼ばれ、

群雄達から恐れられた孫策(そんさく)も名言を残していました。

孫策は揚州刺史劉繇を撃破し、会稽太守王郎の撃破し、

江東全域を制圧しようと試みておりました。

しかし会稽近辺には賊が多く、反乱を起こしていました。

孫策の叔父である呉景(ごけい)は「盗賊を先に討伐した後、

王郎討伐に向かった方が良いのではないか」と提案。

孫策は叔父の提案に対して「群盗、大志あるにあらず、これ擒となすべき

(ぐんとう、たいしあるにあらず、これとりことなすべき)」と名言を残します。

今回は孫策の名言と当時の孫策が置かれていた

状況を分かりやすく解説していきたいと思います。

 

陳平

 

・三国志時代の楽しい農村!当時の農業とはどんなのがあったの?

 

農業は生活の根本です、何故なら人間は食べないと生きていけないからです。

かの毛沢東も「道路は喰えない」という名言を残していますが、

自動車より、スマホより重要なのが食糧の確保であり、

それは=農業の振興と切っても切れなかったのです。

そこで今回は、三国志の時代の農業について、紹介したいと思います。

 

3/30のおすすめ記事


 

 

曹操と荀彧

 

・荀粲(じゅんさん)とはどんな人?秀才ぞろいの荀彧の七男で、一人の女性を全身全霊で愛した愛妻家

 

「王佐の才」と称賛され曹操から「張子房」と言われた

魏の名政治家・荀彧(じゅんいく)。

彼と甥の荀攸(じゅんゆう)は魏の国内で

トップクラスの政治家であり軍師でした。

そんな荀彧は七人の息子を持ち子宝に恵まれ、息子達は全員優秀でした。

今回紹介する荀粲(じゅんさん)は彼の七男として生まれます。

彼は幼少期から優秀で六人の兄と論戦しても、一度も負けた事がありません。

また一人の女性を愛しぬいた愛妻家としても知られます。

 

kawauso

 

・【ネタバレあり】映画ドラゴンブレイドを三国志ライターkawausoが徹底的に斬る!!

 

はじめての三国志スタッフでは、人ふんライターとして有名なkawauso。

そんな彼は、昨年11月から、今度はドラゴンブレイド人気にあやかろうと、

「古代ローマ対漢」のような架空戦記、そして、史実からドラゴンブレイドを斬る

「2000年前に遭遇していたローマと漢」というような記事を執筆していました。

しかし、記事としてはポテンヒットに終わり、残尿感が半端ありません。

怒ったkawausoは、ドラゴンブレイドを視聴して、ボロクソ書いてやろうと、

映画館に向かっていったのです。

 

3/31のおすすめ記事


 

 

曹操 鶏肋

 

・楊修(ようしゅう)とはどんな人?頭が良すぎて曹操から死を賜った悲劇の秀才

 

楊修(ようしゅう)は秀才で曹操もその才能を愛しておりました。

彼も自らの事を秀才と認めており、自他共に認める才子でした。

しかし秀才すぎることが仇となり、

彼はある出来事がきっかけで曹操に殺害されてしまう悲劇の秀才を紹介します。

 

4/1のおすすめ記事(エイプリルフール)


 

 

ストライキ

 

・【重要なお知らせ】ストライキ決行

 

はじめての三国志では、ライターとデザイナーらが

4月1日(金)から24時間 ストライキを実施すると発表します。

元々、はじめての三国志経営陣に対し、週休8日の要求・三国志以外のテーマをやりたいという交渉を、1年に渡り交渉していました。

はじめての三国志経営陣が交渉を無視し、待遇改善に目を向けない事に対し、今回のストライキ実行に至りました。

今回のストライキを皮切りに、三国志に関する更新を停止し、

交渉が成立するまで、このストライキを続けていく予定です。

 

スキッパーキ

 

・【はじめてのスキッパーキ】スキッパーキって、どんな犬なの?【第1話】

 

そんなわけで、始まってしまいました。

題して『はじめてのスキッパーキ』、略して『はじスキ』!!

(スキヤキの仲間ではない)

スキッパーキを愛して止まない筆者が、スキッパーキという犬種が

いかに魅力的かを切々と語ろうというこのシリーズ。

まずは第1回目。『スキッパーキってどんな犬?』

はじまり、はじまり~!!

 

スキッパーキ

 

・【はじめてのスキッパーキ】船乗り犬?それとも牧羊犬?意外に謎の多い犬種だった?【第2話】

 

さて、「はじめてのスキッパーキ」第2回。

今回はスキッパーキという犬種について、更に深く紹介していきましょう。

調べてみると……実は謎の多い犬種であることがわかります。

 

スキッパーキ

 

・【はじめてのスキッパーキ】どうして?スキッパーキのしっぽ(断尾)の話【第3話】

 

ウェルシュ・コーギーと言えば皆さんもご存知の人気犬種。

1991年に小泉今日子とCMで共演して一躍ブームになったのは

有名な話ですね。

ルーツをたどると意外な秘密があったりするんです。

今回はその、コーギーの秘密についてお話ししていきましょう。

 

西遊記 孫悟空

 

・【はじめての西遊記】ウキッ!と登場、孫悟空(そんごくう)って何者?

 

皆さんは、孫悟空(そんごくう)と聞いて、何を連想しますか?

40歳代から下だと、ドラゴンボールや、カメハメ波を連想するかも知れません。

実際の孫悟空は、石から生まれた石猿であり、中国四大奇書、西遊記の登場人物です。

では、ドラゴンボールにも負けない、元祖、孫悟空のハチャメチャなキャラクターを

ここで紹介しておきましょう。

 

西遊記

 

・【誕生秘話】西遊記は実話だった!?一人の僧侶の苦難の旅を記した記録から始まった

 

西遊記とは、簡単に言うと、猿と豚と河童と、

お坊さんと馬が力を合わせて、行く手を邪魔する妖怪の妨害をかわしつつ、

インドに経典を求めて、ひたすら旅をする冒険伝奇活劇です。

しかし、西遊記は、元々、孫悟空も沙悟浄も猪八戒も存在しない

一人の僧侶の苦難の旅を記した記録でした。

では、それが、どうして娯楽活劇の西遊記に変化して行ったのでしょう。

 

西遊記

 

・えっ?三蔵法師にも、猪八戒にも沙悟浄にも前世があった!?

 

三蔵法師、孫悟空、猪八戒、沙悟浄、それに馬の玉龍、

天竺へ有り難いお経を取りに向かう、おなじみの4人と一匹ですが、

彼等にも前世というものがあるという事をご存じでしょうか?

ドラマでは、中々尺が取れずに語られない、彼等の前世について、

はじ西では、紹介しちゃいますよ。

 

西遊記 孫悟空

 

・【保存版】西遊記に登場する武器を一挙公開!!

 

神、仏、妖怪、人間が入り乱れる西遊記のお話で、見所と言えば、

それぞれのキャラクターが所持している武器や道具です。

これは、三国志でも言える事ですが、西遊記の作者達も登場人物を

印象づける為に、様々な武器を与えて個性をつけています。

そこで、はじめての西遊記では、それらの武器や道具を紹介します。

 

西遊記

 

・え?そうだったの!?西遊記の目的はお経を取る事では無かった?

 

三蔵法師とその一行の目的と言えば、天竺(てんじく)まで、

有り難いお経を取りに行く事だと、皆さんは思っているのではないでしょうか?

しかし、実は、お経取得は、西遊記の本当の目的ではありませんでした。

西遊記には、真の目的があり、それが多くの二次作品や西遊記に

インスパイアされた物語が出来た理由なのです。

 

4/2のおすすめ記事


 

 

はじめてのストライキ

 

・はじめての三国志「ストライキ決行」の熱い舞台裏

 

はじさん読者の皆さん、こんばんは!

はじめての三国志のメインライターをしておりますkawausoです。

2016年度のはじめての三国志、エイプリルフール記事は、

楽しんで頂けましたでしょうか?

いきなり、はじさんから三国志の記事が消えて、西遊記とスキッパ―キの

記事だらけになってどんな感想を持たれましたか?

 

4/3のおすすめ記事


 

 

 

 

・荀灌(じゅんかん)とはどんな人?父の危機を十三歳の少女が救った荀彧の遠孫

 

「晋書」にわずか十三歳の少女が敵の重囲を抜け出し、救援軍を連れて来て城を

救出したと記されています。

その少女の名を荀灌(じゅんかん)と言います。

この少女の父荀菘(じゅんしゅう)は、

三国志時代の英雄曹操の名宰相として活躍した荀彧の玄孫(やしゃご)です。

今回は荀彧の遠い孫である幼い少女・荀灌が活躍したお話を

紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志 3/27〜4/3の週間まとめ

はじめての三国志

 

今月(3/27〜4/3)はじめての三国志が配信した記事をご紹介しました。

どれも5分以内で読める記事ですので、週末にゆっくりと読んでみてはいかがでしょうか?




こちらのまとめ記事も合わせてどうぞ

卞夫人 曹操

 

関連記事:大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選

 

2015年 感謝

 

関連記事:年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】

 

曹操 科学

 

関連記事:三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選

 

キングダム 40巻

 

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました




関連記事

  1. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第10部
  2. 袁紹本初(えんしょう・ほんしょ)とはどんな人?曹操の最大のライバ…
  3. 髀肉の嘆(ひにくのたん)って何?劉備が嘆いた言葉とは?
  4. 稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い?
  5. 北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいな…
  6. 曹昂すぺしゃる「丁夫人と曹昂」
  7. 【日中変人学者対決】孔融VS藤原頼長
  8. キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. ライバルへの最期の言葉、劉備と曹操のイイ話
  2. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第12部
  3. 日本の外交官も参考にすべき?三国志の外交交渉能力ベスト10
  4. 曹操の詩の世界を体験してみよう
  5. 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方
  6. 孔明の最期の晩餐は一体何を食べていたの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

呉書を斬る!袁術に帝位を勧めたのは魯粛だった!? 3分で分かるアンティキティラ島の機械の技術力の高さ! はじめての三国志 FRESH! by AbemaTVを開設しました! 【真田丸特集】司馬懿と秀吉、大返しで天下を手繰り寄せる! 【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術 劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計 69話:迫りくる曹操軍50万、絶望的な退却戦 長坂の戦い もし曹植が魏の初代皇帝になったらどうなったの?【if三国志】

おすすめ記事

  1. 趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に!
  2. 三国志時代の楽しい農村!当時の農業とはどんなのがあったの?
  3. 胡烈(これつ)とはどんな人?姜維と鍾会の夢を打ち砕いた晋の将軍【晋の将軍列伝】
  4. 漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!
  5. 【シミルボン】カルトの手法は変わらない太平道の信者獲得法
  6. 【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?
  7. 【古代中国の伝説の聖剣】欧冶子が作った宝剣がとんでもない高価なモノだった!?
  8. 【センゴク】織田信長って本当は優しく思いやりのある性格だった!

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP