三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

はじめての変

【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ)Part.2

岳飛
この記事の所要時間: 624




photo credit: Tangible via photopin (license)

photo credit: Tangible via photopin (license)

 

劉光成との会議から数日後、金の大軍が押し寄せてきます。

岳飛は金軍が来ると迎撃の陣を敷きます。

金軍がやってくると、岳飛は本陣を出て、金軍に真正面からぶつかります。

しかし少ない岳飛軍は金軍と少し戦うとすぐに本陣に向けて退却を開始。

金軍は岳飛軍が退却すると彼の軍を猛追撃してきます。

彼は猛追撃する金軍を本陣までおびき寄せると、合図の旗を振らせます。

合図の旗が振られると、雨のような矢が金軍を襲います。

金軍は岳飛の計略に嵌り大混乱。

岳飛は大混乱した金軍に全軍で突撃を敢行し、敵軍を潰走させます。

この時、彼は追撃を行わず、再び攻め寄せてくる金軍に備えます。

他の3将もそれぞれ、金軍の撃退に成功。

金軍はその後も岳飛や他の3将の陣に攻め込んできますが、

その都度金軍を撃退します。

 

前回記事:【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ)Part.1




金軍が目の前から消える

 

岳飛らは金軍を撃退し続けますが、

金軍は大軍でなかなか大勝を得るような勝ちを得ることができず、

優勢な状況を作れませんでした。

そんな中、いきなり全線戦で金軍が退却していると報告が入ります。

岳飛は唖然としていましたが、金軍に何か策がるのではないかと思い

情報収集に努めます。

すると金が退却した理由が判明します。




金が突如撤退した理由とは

 

金の二代目皇帝である呉乞買(うきまい)が亡くなった事が原因で、

全線戦から金軍が退却したと彼の元に報告が入ります。

岳飛は一つため息をついた後、兵士を集め鬨の声を挙げ、

岳飛軍の勝利を知らせます。

こうして中興4将は南宋を守ることに成功します。

 

南宋から功績を認められる

 

岳飛は南宋朝廷から金軍撃退の功績を認められます。

彼は南宋皇帝から荊州(けいしゅう)・襄(じょしゅう)・譚州(たんしゅう)の

軍事総督の職である制置使に任命されます。

彼は卾州(がくしゅう)に本拠を構え、金軍に備えます

岳飛軍4000の兵力も数万に増大。

数万の兵を岳飛一人では指揮することができない為、

息子である岳雲(がくうん)を将校にし、

ほかにも優秀な人材を将校に引き立て、軍の組織も再編します。

 

北伐に向けた準備

photo credit: Petal Droplet via photopin (license)

photo credit: Petal Droplet via photopin (license)

 

岳飛の目標は漢土から金を追い出し、漢民族の手で中華を治めることです。

その目標を達成するためには、

漢土に居座っている金に攻め込まなくてはなりません。

そのため兵士達に体力や武器の扱い方を習熟させるため、

厳しい訓練を施すとともに、将校達にも戦術や陣と陣の連携法などを

叩きこみます。

また戦には必ず必要になる兵糧を仕入れるため、各地の商人と仲良くなり、

兵糧調達を行います。

兵糧に加え武器も大量に使用するため、武器製造にも力を入れます。

こうして岳飛は日夜北伐の準備を行います。

 

金との講和

photo credit: A dreamy pair via photopin (license)

photo credit: A dreamy pair via photopin (license)

 

岳飛は北伐の準備に多忙でありましたが、彼を驚かす一報が届きます。

その一報とは「南宋は金と講和する」というものでした。

南宋の宰相である秦檜(しんかい)は朝廷内にいる主戦派を黙らせた後、

南宋皇帝である高宗に金との和平を上奏します。

高宗は秦檜の上奏を受け入れ、金との和平に向けて交渉が始まります。

そして岳飛が北伐の準備を行っている頃、金と講和を結ぶことに成功。

金との講和内容は南宋に有利な内容で、

毎年莫大な金銭を払う代わりに、旧宋の首都開封・

長安近辺を返還するというものでした。

こうして金と南宋は講和を結ぶことになります。

しかし岳飛はこの講和は長くは続くものではないと予測し、

北伐の軍備を進めます。

 

金との講和が破れる

photo credit: Petal Droplet via photopin (license)

photo credit: Petal Droplet via photopin (license)

 

金との講和は数か月しか続きませんでした。

その原因は金の朝廷内で発言力があり、

講和派最大の勢力であった撻懶(だらん)が亡くなった事が原因です。

彼は金の朝廷内の主戦派を抑え、南宋との講和を実現させましたが、

彼が亡くなった事で金の朝廷内は主戦派が再び権力を握った、

講和は破棄されて再び交戦状態になります。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 曹操 【曹操孟徳の心に残る名言】法を制して自らこれを犯さば、何をもって…
  2. 戦え于禁㈪02 董卓 日中対決!後漢をぶっ壊した董卓と貴族政治を破壊した源義仲
  3. 泣いて馬謖を斬る 【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみで…
  4. 週間まとめ 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【1/9〜1/15…
  5. photo credit: Blooms in the dark (greenfly)! via photopin (license) 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家…
  6. 龐統 意外!龐統は不細工では無かった?蜀志龐統伝には明かされていない龐…
  7. 孫堅逝く 袁術のもと、孫家を守り抜いた孫賁(そんふん)、孫輔(そんほ)兄弟…
  8. 蒼天航路 蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁紹と何進
  2. photo credit: Blue flower 1 via photopin (license)
  3. 孔明
  4. 孫堅逝く
  5. erlitou50000
  6. 劉備 曹操
  7. 不老不死 始皇帝
  8. 孫権日本
  9. 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ
  10. 李牧

おすすめ記事

  1. はじめての三国志 4コマ劇場 「合肥の戦い」 合肥の戦い4コマ
  2. 【ビジネス三国志】孟獲から学べ!相手の心を掴むビビッドなキャッチコピー 孟獲キャッチコピー01
  3. 東方明珠のへなちょこ万里長城旅行記 その5 旅 バイク
  4. 三国志初心者の為の諸葛亮孔明ってどんな人 死せる孔明
  5. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志の魅力編 【003】 石川克世 三国志
  6. 白馬寺とは何?洛陽にある中国最古のお寺は白馬が経典を運んだ! 白馬寺

三國志雑学

  1. photo credit: lonely tree via photopin (license)
  2. photo credit: Capturing Parkhouse Hill via photopin (license)
  3. 孔明
  4. 小帝と董卓
  5. 袁紹VS袁術(犬猿)

ピックアップ記事

  1. 曹丕
  2. 関羽 3つの条件
  3. 小早川隆景 wiki
  4. 赤壁の戦い
  5. 司馬懿
  6. 三国志葬式
  7. photo credit: Welcome to the dark side..... via photopin (license)
  8. 曹叡

おすすめ記事

劉備 桃園 お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介! ゆるい許褚 字で考える三国志 「字(あざな)」について詳しく解説 馬騰 馬騰(ばとう)とはどんな人?馬超のパパで知られる荒れ地の猛将 劉備 116話:劉備、失意の中白帝城に没す! photo credit: Golden breasted Starling / 金胸丽椋鸟 via photopin (license) 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事 三国志平話 三国志平話って何?三国志演義の元ネタ かわうそ 三国志 はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 劉備玄徳 【完005】 陶謙 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)

おすすめ記事

  1. 驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった! 蜀 兵士
  2. 袁術は実はベトナムに逃げ延びていた!?【歴史ミステリー】 袁術
  3. 【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ撃壌 撃壌
  4. 顧雍(こよう)とはどんな人?孫権から絶大な信頼を得ていた呉の二代目丞相へ抜擢された政治家 魯粛の生涯06 魯粛、孫権、張昭
  5. 忠義の士・陸遜に迫る!陸遜は呉でクーデターを起こすことはできたの? 陸遜
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【9/25〜10/2】 三国志まとめ
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース8記事【9/12〜9/18】 はじめての三国志まとめ
  8. 陸遜は兵法の本質を理解していた戦術家だったの?夷陵の戦いから読み取る陸遜の能力 陸遜

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP