春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

はじめての変

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【5/8〜5/15】

この記事の所要時間: 516




はじめての三国志週間5月

 

はじめての三国志では毎日コンテンツが掲載されています。

今週(5/8〜5/15)に掲載された記事をピックアップ!

はじめての三国志編集部が1週間分の情報をお届けします!

週末、時間が空いた時にゆっくり読んでみてはいかがでしょうか?




今週(5/8~5/15)のまとめニュース

5/9のおすすめ記事


岳飛

 

・【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ)Part.1

 

【神になった名将対決】で関羽(かんう)に見事勝利を果たした岳飛(がくひ)

この対決の勝者には特集記事を書く約束をしておりましたので、

岳飛の記事を特集で書きたいと思います。

岳飛は非常に注目されている存在です。

北方謙三先生も岳飛を主人公とした「岳飛伝」を書いておられます。

さらに昨年ですが衛星放送で総制作費数十億を使って、

作られた中国の大河ドラマでも岳飛を取り上げており、

今非常に人気を集め注目されている人物である岳飛の生涯をご紹介します

 

始皇帝

 

・マジですか?始皇帝が半両銭に込めたメッセージに震える・・

 

始皇帝が、趙、燕、魏、韓、楚、斉を滅ぼして天下を統一した時に、

度量衡(ど・りょう・こう)の制度を整えた事は広く知られています。

そして、各地でばらばらに使われていた通貨を秦で発行していた

半両銭(はんりょうせん)に統一した事も、よく知られているでしょう。

しかし、この半両銭に、始皇帝が託したロマンの事までは、

御存じない方が多いのではないでしょうか?

 

馬超フルボッコ01

 

・まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リアルな三国志の一騎打ちで馬超をフルボッコにした男がいた!

 

三国志の最大の華と言えば、あの自称皇帝、袁術(えんじゅつ)最後のハイライト、

「は・・はちみつ水飲みたい・・・」ではもちろん無く、武将同士の一騎打ちでしょう。

いずれ劣らぬ、男伊達を誇る猛将・勇将が火花を散らして得物を振るうシーンは、

まさに、そこに痺れる憧れるゥ!ですが、実際、一騎討ちとは、あったのでしょうか?

 

5/10のおすすめ記事


 

岳飛

 

・【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ)Part.2

 

劉光成との会議から数日後、金の大軍が押し寄せてきます。

岳飛は金軍が来ると迎撃の陣を敷きます。

金軍がやってくると、岳飛は本陣を出て、金軍に真正面からぶつかります。

しかし少ない岳飛軍は金軍と少し戦うとすぐに本陣に向けて退却を開始。

金軍は岳飛軍が退却すると彼の軍を猛追撃してきます。

彼は猛追撃する金軍を本陣までおびき寄せると、合図の旗を振らせます。

合図の旗が振られると、雨のような矢が金軍を襲います。

金軍は岳飛の計略に嵌り大混乱。

岳飛は大混乱した金軍に全軍で突撃を敢行し、敵軍を潰走させます。

この時、彼は追撃を行わず、再び攻め寄せてくる金軍に備えます。

他の3将もそれぞれ、金軍の撃退に成功。

金軍はその後も岳飛や他の3将の陣に攻め込んできますが、

その都度金軍を撃退します。

 

北方謙三

 

・北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいならこの小説も超絶オススメ!

 

三国志の小説、漫画、ゲームに映画と数多く三国志を経験し、

味わってきた中で最も感銘を受けたのが、北方先生の三国志です。

正直、カルチャーショックを受けました。

これまで自分がどれだけ固定観念の塊となって三国志に触れてきたのかを教えられた気がしました。

北方先生の小説は男の生きざまを描かれています。

単純な勧善懲悪の話ではありません。

それぞれに長所があり、短所があります。

登場するキャラクターそれぞれに魅力があるのです。

北方三国志の特徴のある部分を何点かご紹介いたします。

 

極厚 蒼天航路(1) (KCデラックス モーニング)

 

・【ネオ三国志】第1話:蒼天航路の主人公・曹操立つ

 

 

現在、はじめての三国志は「大戦乱!!三国志バトル(以降三バトと略させていただきます)」

とコラボを実施しております。

三バトのゲーム内では三国志マンガ・「蒼天航路」に出てくる曹操を

プレゼントしておりますが、

蒼天航路の曹操とはいったいどんなキャラクターなのかご紹介していきます。

※蒼天航路○話で紹介していきますが、巻数ではありませんのでご注意ください。

 

5/11のおすすめ記事


 

岳飛

 

・【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ)Part.3【完】

 

金は文官のトップが亡くなり、世代交代が行われます。

そして新たな文官のトップに立った人物は、

南宋との講和に向けて動き始めます。

秦檜(しんかい)は金も講和に向けて動き始めていることを知り、

大いに喜び両国の講和実現に向けて一気に動き始めます。

 

劉備

 

・これはビックリ!三国志の時代にも曲芸があった!当時の娯楽がじわじわくる

 

テレビもラジオもネットもない三国志の時代、人々の娯楽としては、

体を張って曲芸を見せる、大道芸が一般的でした。

彼等は、道端で芸を披露するのみではなく、豪族の宴会にも呼ばれたので、

墳墓の壁画にも、その様子が残っています。

では、三国志の時代の曲芸とは、どんなものだったのでしょうか?

 

5/12のおすすめ記事


 

荀彧

 

・魏の名臣・荀彧(じゅんいく)はなぜ亡くなったの?【謎の死を遂げた名臣】

 

曹操(そうそう)の創業期から支え続け、名臣といっても過言ではない荀彧(じゅんいく)

彼が最初に曹操の元を訪れた時、曹操は彼を見て「わが子房(しぼう)」が来たと

言って大いに喜んでいました。

 

孫奉 孫奮

 

・理不尽すぎてもはや笑える、デマのせいで殺された孫奉(そんほう)

 

三国の一角である呉は、孫権(そんけん)の晩年からおかしくなっていきます。

特に、最後の呉の皇帝、孫皓(そんこう)は暴虐非道で、気に入らない家臣は、

顔の皮を剥いだり、目玉をくりぬくなど、最後の暴君に相応しい、

めちゃくちゃな事をしていきます、そして、そんな孫皓の時代に、

デマで殺された孫奉(そんほう)が登場しました。

 

5/13のおすすめ記事


 
極厚 蒼天航路(2) (KCデラックス モーニング)

 

・【ネオ三国志】第2話:蒼天航路の曹操と魏武の強

 

曹操は反董卓連合軍解散後、

青州黄巾賊の攻撃によって亡くなった劉岱(りゅうたい)の

後任として兗州に迎え入れられます。

その後曹操は兗州に侵攻してきた青州黄巾賊との戦に備えるため、

籠城の準備を行います。

 

王累

 

・誰かに話したくなる!自由すぎ、フリースタイルな三国志の武将達8選

 

100年に及ぶ、三国志の時代には、名将、愚将、謀将、勇将、

様々なタイプの武将が登場して、三国志の物語を彩っています。

しかし、その中には規格外な奇人変人や、どうして、そんな行動を?と

思うような、クレイジーな人々も存在しています。

三国志本編ではスルーされがちな、そんな人々をここでは紹介してみましょう。

 

5/14のおすすめ記事


 

司馬師

 

・劉淵(りゅうえん)とはどんな人?劉備の子孫と称して晋を崩壊に導いた匈奴の単于

 

三国時代は魏・蜀・呉の三国が中華の覇権をかけて争った時代です。

この時代の終幕は司馬氏が魏を乗っ取り、晋が建国されます。

そして晋を建国した司馬炎(しばえん)が三国の最後の一つである呉を滅ぼして、

天下統一を果たし、三国志は終焉を迎えます。

その後晋は皇族達が相争う八王の乱で国内は大いに乱れ、各地で反乱が頻発。

また異民族が中華の内陸になだれ込んだことで、戦乱の世が復活してしまいます。

この戦乱の世に劉備(りゅうび)の子孫を称して晋から独立を果たした人物がいました。

その名を劉淵(りゅうえん)と言います。

 

曹操は関羽をGET

 

・ヒゲ大将は関羽だけじゃない!曹操の息子や張飛、孫権も特徴的な髭をしていた!

 

ひげは、①髭(シ)くちひげ ②鬚(シュ)あごひげ ③髯(ゼン)ほほひげの3種類に分けられます。

三国志の登場人物のヒゲがどの漢字をあてられているのかもよく確認してみると面白いですよ。

ちなみにひげは真鍮(黄銅線)と同じ硬さをもっているそうです。

5円玉と同じです。驚きですね。

人間にとって身体の中で特別な部分なのかもしれません。

 

5/15のおすすめ記事


 

門司城の戦い wiki

 

・【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.1

 

三国志といえば皆さんは魏・蜀・呉の三国が中華の覇権を争った時代の事を言います。

しかし中華にだけ三国志があったわけではありません。

日本にもこの三国志に似たような状況があった事をご存知でしょうか。

日本の戦国時代の九州地方にも三国が並びたち、

九州の覇権をかけて戦っていた時代がありました。

(写真引用元:wikipedia 門司城の戦い)

 

馬車

 

・洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの?

 

つい最近まで、中国においての馬車は、富と権力の象徴でした。

三国志の時代以前には、戦車として、戦場の花形であった馬車は、

騎兵の登場で、戦場の主役の座を追われますが、馬車の需要は、

ステイタスに変化して、その後の時代も継続して存在します。

では、三国志の時代には、どんな馬車があったのでしょうか?

 

はじめての三国志 5/8〜5/15の週間まとめ

はじめての三国志

今月(5/8〜5/15)はじめての三国志が配信した記事をご紹介しました。

どれも5分以内で読める記事ですので、週末にゆっくりと読んでみてはいかがでしょうか?

 

こちらのまとめ記事も合わせてどうぞ

卞夫人 曹操

 

関連記事:大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選

 

2015年 感謝

 

関連記事:年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】

 

曹操 科学

 

関連記事:三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選

 

キングダム 40巻

 

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました




関連記事

  1. 【真田丸】幸村だけじゃない!曹操、孔明も使った赤備え!ザクとは違…
  2. 集まれ曹操の25人の息子たち・その2
  3. 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気…
  4. 【宮城谷昌光】これを読まずに三国志好きは名乗れない!三国志小説ラ…
  5. 諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解で…
  6. 馬岱(ばたい)ってどんな人?実は記録がほとんどない馬超のイトコ
  7. 歴史上の最強の弓の使い手は誰?太史慈?李広?源為朝?立花宗茂?
  8. コーエー三國志の李儒は何であんなにパラメーターが高いの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!
  2. 暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)
  3. もし赤壁の戦いで曹操が死んだら歴史はどうなっていたの?
  4. 【王翦 vs 李牧】信は王翦により苦境に立たされる?
  5. 意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い
  6. 張飛の死後、一族はどうなったの?蜀の滅亡の転換点に立ち会っていた一族たち

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

こんなに厳しい!三国志の時代の宴会のマナーが超複雑 【マイナー武将ここがすごい】建安七子・王粲の才能がヤバイってほんと!? 曹植(そうしょく)ってどんな人?正史から彼の一生を見直してみる? 【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの? 晴信の仲介によって停戦と最強の三者同盟成立と運命の戦い 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第12部 黒田官兵衛の奇抜な献策と備中高松城攻防戦の水攻めがスゴイ! 荊州争奪戦、荊州がどうしても欲しいんです

おすすめ記事

  1. 【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(おうろう)
  2. もし郭嘉が魏の建国まで長生きしていたら魏の内閣総理大臣になっていた?
  3. 赤壁の戦いに曹操軍が敗北した原因って実は火計じゃなかった!?
  4. 杜預(どよ)ってどんな人?破竹の勢いで有名になった政治家
  5. 劉瞱(りゅうよう)ってどんな人?王族出身の名門参謀でもあり魏の重臣
  6. 王昭儀列伝|曹操に最も寵愛された女性
  7. 荀攸(じゅんゆう)ってどんな人?同族の荀彧の影に隠れた才能
  8. 海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 番外編】

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP