袁術祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【5/15〜5/22】

この記事の所要時間: 40




三国志まとめ

 

はじめての三国志では毎日コンテンツが掲載されています。

今週(5/15〜5/22)に掲載された記事をピックアップ!

はじめての三国志編集部が1週間分の情報をお届けします!

週末、時間が空いた時にゆっくり読んでみてはいかがでしょうか?

 




今週(5/15~5/22)のまとめニュース

5/16のおすすめ記事


甘寧と凌統

「大戦乱!!三国志バトル」コラボ特別記事

 

・よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統

 

西暦214年、呉の呂蒙(りょもう)は、曹操(そうそう)が

強化するように指示した睆(かん)城を、

甘寧(かんねい)、凌統(りょうとう)という二将を使って、

夜明けからたった数時間で、撃破してしまうという電撃戦を行います。

え?それがどうかしたのかですって? どうしたもこうしたも・・

だって、甘寧と凌統は、三国志史上、最凶に仲が悪いのですから・・

よく二人で喧嘩しないで戦えたなァと思うのです。

 

5/17のおすすめ記事


 

・【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.2

 

龍造寺隆信(りゅうぞうじたかのぶ)は蒲池鑑盛(かまちあきもり)の元で

力を蓄え、肥前(ひぜん)に戻るチャンスをうかがっておりました。

そんな中、九州の覇者であった大友家が毛利家に敗北したとの報告が入ります。

彼はすぐに肥前に戻り、佐賀城(さがじょう)を奪還し、龍造寺家の当主に返り咲きます。

その後反隆信勢力を駆逐し、龍造寺家の基盤を固めます。

そして勢力拡大の為、肥前に割拠する豪族や国人衆を討伐。

こうして東肥前を手に入れた後、南肥前に勢力拡大を図ります。

 

項羽

 

・【架空戦記】時空を超えた最強対決!人中の鬼人・呂布VS楚の覇王・項羽

 

楚の覇王 項羽(こうう)と、三国志最強の男、呂布(りょふ)は、

戦えば、どちらが強いのか?

歴史好きの男子ならば、必ず一度は考えてしまう夢のデスマッチ、

では、はじさんでは、敢えて時空を飛び越えて、二人に戦って頂きましょう。

 

荀彧 曹操

 

・三国志時代にタイムスリップしたらあなたはどこに仕えたい?魏?呉?それとも蜀?

 

魏、蜀、呉。いずれの国家も魅力に富んでいるのが、三国志。

そんな三国に、あなたがもしお仕えするなら、どこがいい?

今回は、そんなお話です。

※なお、曹操が君主の頃には魏は魏として独立していませんが、

ここでは陣営としての「魏」を国家としての「魏」に代替可能として仮定します。

 

5/18のおすすめ記事


竜造寺隆信 wiki

 

・【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.3【完】

 

龍造寺隆信(りゅうぞうじたかのぶ)は領内の城を落とした有馬家を滅ぼすため、

本拠である佐賀城を出陣。

彼は総勢2万5千の軍勢を終結させ、島津・有馬連合軍を壊滅させるべく

沖田畷(おきたなわて)に向けて進軍を開始します。

 

※プチ漢字情報・畷という漢字には湿地帯を通る小道という意味があります。

(画像引用元:wikipedia 龍造寺隆信)

 

村人 ショッピング

 

・【実録】三国志の時代のショッピングは命がけだった?

 

貨幣が登場して、私達の生活は便利になり、

ショッピングという新しい娯楽も誕生する事になりました。

それは、三国志の時代でも同じですが、当時は今と違い、

ショッピングもかなり大変だったようです。

そこで今回は知られざる三国志の時代のショッピングの様子を

見ていこうと思います。

 

5/19のおすすめ記事


後継者争い 劉協と劉弁

 

・【三国志事件簿】名探偵コナンもお手上げ?二宮の変とは一体どんな事件?

 

三国志では次世代の君主を選ぶ際、非常に苦労しています。

河北の覇者として、君臨した袁紹(えんしょう)は後継者を決めないまま亡くなってしまった事で、

袁紹の息子達が争う事になり、国力は衰退。

敵国である曹操に攻められて国は滅亡してしまいます。

一歩間違えれば国が滅亡してしまう程、難しい後継者を選び。

今回紹介するのは二宮の変(にきゅうのへん)と言われる呉の国で起きた

孫権(そんけん)の後継者を巡る事件を紹介したいと思います。

 

袁術と孫策

 

・袁術の前をガン無視で通り過ぎた漢達が予想以上に多かったのでまとめてみた

 

三国志の群雄の中で、多くの人材に恵まれた人物と言えば誰でしょうか?

人間磁石と呼ばれた劉備?、才能さえあればオールOKの曹操?

それも正しいですが、実は袁術(えんじゅつ)なのです。

歴史上、袁術陣営には、他の群雄が喉から手が出るほど欲しい人材が、

何人も、通りかかっていました。

 

5/20のおすすめ記事


蒼天航路

 

・【ネオ三国志】第3話:徐州の牧・劉備と兗州の騒乱

 

陶謙救援に向かう劉備一行

劉備は陶謙の援軍要請に応え、義兄弟の二人と少ない軍勢を連れ、

徐州の州都である下邳(かひ)へ向かいます。

彼らは下邳に向かう途中、恐ろしいものを目にします。

それは死体で泗水(しすい)が埋め尽くされている光景です。

関羽はこの光景を見て曹操の虐殺行為に激怒。

しかし劉備は曹操の行為を認めませんが、曹操の思い描く天下を想像し涙を流します。

その後劉備は下邳城で陶謙と会見後、曹操軍を防ぐため郯(たん)城へ向かいます。

 

荀彧 袁紹

 

・【結構苦労が多いんです】三国志時代の転職事情が想像以上に複雑だった

 

現代日本において、就職活動や転職活動は、一個人のみならず、

多くの人々の人生を左右する一大イベントです。

社会人として、新卒採用した場合もありますが、特に別の会社に転職する場合は、

今までの会社を抜ける、ということになるため、大きな決断が要ります。

三国志の時代では、主君を変えるという行為は、悪徳とされていました。

このような発想は、中国的な儒教の発想、いわゆる縦社会的な発想で、

目上の人や上司を敬うもの、それを軽んじたり、

裏切ったりすることはしてはならないことと考えられていました。

そのため、当時主君を変えるとは一大決心だったのです。

 

5/21のおすすめ記事


蒼天航路 4

 

・【ネオ三国志】第4話:孫家の跡継ぎ、天下へ向けて出陣

 

■孫堅の死と孫策の台頭

三国志のもう一人の主人公である孫家。

孫家が台頭したのは孫堅(そんけん)のおかげです。

だが彼は荊州の劉表(りゅうひょう)戦で無残にも命を落としてしまいます。

その後孫家はバラバラになり、孫堅の息子・孫策(そんさく)と孫権(そんけん)は

袁術(えんじゅつ)の元に身を寄せます。

 

シブサワ・コウ 引用

 

・KOEI 三國志の産みの親!襟川陽一はココが凄い!シブサワ・コウの意外な側面6連発

 

これまで、ほとんど馴染みが無かった中国春秋戦国時代に光を当てて、

空前の大ヒット漫画にした、原泰久先生。中年層の読み物と横山光輝三国志しか

無かった中国古典三国志をゲーム化して、老若男女すべての層に三国志を広く普及させた

シブサワ・コウこと、襟川陽一氏。

 

5/22のおすすめ記事


陸遜

 

・【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.1

 

今回の対決は名将として名高い二人の対決です。

一人目は荊州攻略戦で一躍有名になった名将・陸遜(りくそん)です。

この人に比肩する武将として、日本の戦国大名で大友家に仕え、

雷神として九州地方にその名を轟かせた名将・立花道雪(たちばな どうせつ)が立ちふさがります。

3回戦で行われる名将対決、軍配はどちらに上がるのでしょうか。

 

戦え于禁㈰01

 

・【第1話】戦え!于禁文則ん「鮑信との出会い」

 

于禁(うきん)、字は文則は山を駆けるのが好きだ。

何日も獲物を追跡し、弓矢で仕留める。

熹平元年(172年)に生まれているので、今年の初平三年(192年)で21歳となる。

 

はじめての三国志 5/15〜5/22の週間まとめ

はじめての三国志

今月(5/15〜5/22)はじめての三国志が配信した記事をご紹介しました。

どれも5分以内で読める記事ですので、週末にゆっくりと読んでみてはいかがでしょうか?




こちらのまとめ記事も合わせてどうぞ

卞夫人 曹操

 

関連記事:大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選

 

2015年 感謝

 

関連記事:年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】

 

曹操 科学

 

関連記事:三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選

 

キングダム 40巻

 

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました



関連記事

  1. 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その1
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【10/31〜11…
  3. えぇぇ~!?あの孔明が劉備に対して怒りの仮病!?
  4. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 P…
  5. 孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も…
  6. 三国志ベストコンビネーション賞!感心・感動したコンビ10選
  7. 三国大戦スマッシュ!(さんすま)とはどんなアプリゲーム?
  8. 【シミルボン】かつて三国志は今とは似てもにつかない荒唐無稽な話だ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第一話「井伊谷の少女」の見どころ紹介
  2. 【諸葛亮孔明に学ぶ学習方法】夏休みの宿題にも応用できる?
  3. 曹操に敗れすべてを失った馬超の性格を考える【後半】
  4. 50話:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会
  5. 魏のラストエンペラー曹奐(そうかん)魏の最後はどうやって迎える事になったの?
  6. 曹髦(そうぼう)とはどんな人?曹植に匹敵する才能を持ち、曹操に見劣りしない武略を持っていた為に、殺害されてしまった皇帝

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった? 潼関(どうかん)の戦いとはどんな戦いだったの?【関中十部VS曹操軍】 成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた! 馬場信春(ばばのぶはる)とはどんな人?鬼と呼ばれた武田四名臣の一人 周處(しゅうしょ)とはどんな人?必ず負けると分かっていながらも、戦い抜いた闘将【晋の将軍列伝】 黄権(こうけん)ってどんな人?劉備から絶大な信頼を得ていた人物 【戦国四君の食客の名言】人間関係を達観した馮驩の名言 【キングダム羌瘣】超絶かわいい暗殺者の新たな夢ってなに?羌瘣の魅力に迫る!

おすすめ記事

  1. 周瑜(しゅうゆ)ってどんな人?赤壁の戦いで曹操軍を破った智将軍
  2. 【保存版】西遊記に登場する武器を一挙公開!!
  3. 秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?
  4. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計
  5. 司馬尚(しばしょう)とはどんな人?趙の新三大天でもある最期の一人
  6. 羅憲(らけん)とはどんな人?蜀のラストサムライ!奇跡の逆転勝利で蜀の意地を見せる
  7. 嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせる
  8. 【キングダム名物】将軍同士の一騎打ち、印象に残る名勝負は?

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP