広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

この記事の所要時間: 518




アメトーク キングダム芸人

ついに、アメトークで企画が実現したキングダム芸人!!

 

はじめての三国志でも「キングダム芸人」を更に楽しめるように特別企画を開催!

これを読めば王騎将軍が分かる!

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧




キングダムの時代っていつ?

始皇帝 はじめての三国志

舞台は三国志(さんごくし)でも、項羽(こうう)劉邦(りゅうほう)でもない、

始皇帝が天下を取る前という日本では馴染みの薄い春秋戦国時代、

普通なら見向きもされないマイナーなこの時代に、どうしてキングダム読者は熱くなるのでしょうか?

 

それは、物語を彩る、熱い男達のバトルが滅茶苦茶カッコイイから、

三国無双さながらに、雑兵を蹴散らし、火花を散らす武将対武将の

命を張った激突に、読者は心を鷲掴みされるのです。

 

ジ●ジョ風に表現すれば、こう!!!

 

「そこに痺れる、憧れるウッ!!!」

 

さて、そんなキングダムでもダントツの人気を誇る武将と言えば、

言うまでもなく王騎(おうき)大将軍でしょう。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる




秦の王騎大将軍ってどんな人?

大騎 キングダム

 

秦の六大将軍の一人にして最期の生き残り、神速で戦場に現れて、

劣勢を瞬く間に覆し、故に敵には怪鳥と恐れられる男です。

 

この王騎、名将ではあるんですが、

ムキムキの筋肉質でヒゲまで蓄えているのに

唇には真っ赤な口紅を塗り、オカマっぽい口調で口元に手を当てて

「コココ」と笑うある意味、キワモノキャラなんです。

 

しかし、そんな王騎将軍は、いざ戦場となると凄みを発揮して敵を恐れさせ、

味方を引っ張る、頼りになる兄貴(アネゴ?)ぶりを発揮します。

 

王騎将軍:「この死地に力ずくで活路をこじあけます。

皆の背には常にこの王騎がついていますよ」

 

この一言で崩れかけた秦軍は勇気100倍、何度も劣勢を跳ねのけて

敵を粉砕してきたのです。

 

さて、そんな王騎将軍、どうせキングダムだけに登場する

架空の武将だと思っていませんか?

 

いえ、これが面白い事にちゃんと実在するのです。

王騎は史実に存在していた

秦 王騎

 

王騎について記したのは、あの前漢時代の歴史家、司馬遷(しばせん)です。

おっ、ちょっとだけ三国志に近づいてきましたね(笑)

 

関連記事:誇りを失ってもなお……『史記』を書いた司馬遷の執念 

 

王騎将軍の履歴は秦始皇本紀に記されている

三国志 邪悪

 

王騎将軍は、秦始皇本紀に出てきます、折角ですからその履歴を書いてみます。

 

・紀元前257年(昭襄王50年)、趙の邯鄲を包囲した

・紀元前247年(荘襄王3年)、 韓の上党を攻めて太原郡をおいた。

・紀元前246年(秦始皇元年)秦王政が即位すると蒙驁(もうごう)

麃(ひょう)公と共に将軍に任じられる

 

・紀元前244年(秦始皇3年)同僚の蒙驁が韓を攻め十三城を取るも同年に死没。

 

はい以上です、王騎将軍に関する記述はこれだけ、、

あんまりにも、寂しいですよね?これで、天下無敵の将軍は話を盛り過ぎです。

 

 

王騎の同一人物、王齕(おうこつ)ってどんな人?

かわうそ 不思議

 

しかし、面白い事に王騎と同一人物だったかも知れない王齕(おうこつ)

という将軍も歴史には確認されています。

 

彼の略歴は、秦本紀に書かれ、秦始皇紀には登場しませんが、

その内容は、王齕よりも、もう少し複雑で多彩です。

 

・紀元前260年(昭襄王47年)趙を討って上党を取った

趙も反撃してきたので、秦は内密に白起(はくき)を増援させて上将軍とし、

王齕をその副将とした、長平の戦いでは、趙を大いに破った。

 

・紀元前259年(昭襄王48年)白起に代わって将として趙の武安君を討ち皮牢を取る。

・紀元前258年(昭襄王49年)王陵(おうりょう)が趙の邯鄲を攻めて増軍した

戦況が思わしくないので王齕が代わって将となる。

・紀元前257年(昭襄王50年)、邯鄲を攻めたが落とせないので、

汾(ふん)城郊外の秦軍と合流した。その後、魏を攻め首を斬ること6千名

魏軍は敗走し、黄河で2万人が流れ死んだ、汾城も攻め落とし

張唐(ちょうとう)に従って寧新中(ねいしんちゅう)を抜いた。

・紀元前247年(荘襄王3年)、韓の上党を攻めて、太平郡をおいた。

魏の信陵君が五カ国連合軍を率いて秦を攻めてきたのを蒙驁と迎え撃ったが敗れた。

秦軍は河内から河外(河南の地)に退却し、その軍を解散した。

 

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 意外!龐統は不細工では無かった?蜀志龐統伝には明かされていない龐…
  2. 【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷ん…
  3. 決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選
  4. 【キングダム】春申君を殺った李園は本当にキレ者だったの?
  5. 姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?…
  6. 関羽・張飛・趙雲の息子達は勇将だったの?蜀の二代目特集
  7. 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史
  8. 16話:菫卓を変貌させた権力と武官差別

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 前漢の外交官・張騫(ちょうけん)は大月氏と同盟を結ぶために西の国へ
  2. 昌文君(しょうぶんくん)はどんな人?実は昌平君と共に楚からやってきた人質?
  3. 怪力無双の豪傑武将は三国志にも実在した!?現代科学が解き明かす超人の秘密!
  4. 同じくらいの力量の武将や軍師を三国間でトレードしたらどうなる?
  5. 【意外】古代中国では犬や山猫が鼠を捕っていた?
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【5/15〜5/21】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

これはキツイ!健康が回復するかで刑罰が決まる保辜(ほこ) 劉曄(りゅうよう)の進言に従っていれば魏の曹丕が天下統一をしていた? 中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介 134話:頑固な忠臣、張昭と孫権の対立がシュール 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「呂布編」 曹彰(そうしょう)が曹操の後継者に選ばれる確率を求めてみた 春秋戦国時代初期の名軍師・范蠡の名言:狡兎死して走狗煮らる 【解煩督】呉にだっているぜ!解煩、敢死、無難、様々な特殊部隊

おすすめ記事

  1. 許褚はどんな顔をしていたの?三国志のそもそも論
  2. 【三國志曹操伝 ONLINE プレイ攻略1】ついに超名作ゲームがみんなの手に蘇る!!
  3. 三国志時代では戦死した遺体はどうしてたの?亡骸を運んだ霊柩車 槥
  4. 6/14 はじめての三国志 Ustream番組「はじさんチャンネル」生配信決定
  5. 【晋の文公亡命旅行がすごい】中国大陸を横断していた亡命生活
  6. 【李傕・郭汜祭り 6日目】全員悪人の例外?献帝を保護するつもりだった段煨(だんわい)
  7. 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の台頭
  8. 諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP