袁術祭り
李傕祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

この記事の所要時間: 515

王騎と王齕





羽飾り 甘寧

 

時期的に、重なる戦歴が多い事から、後世の歴史家は、王騎と王齕

同一人物として見ていますし、王騎の本字は「王齮」で偏も同じなのです。

 

これを見ると、王齕は、秦の名将、白起(はくき)の副将として長平の戦いで

趙を破り趙の武安君を討ち、魏を破ったり、韓の上党を攻めて太平郡を置いたり

大活躍をしている事が分かります。

 

恐らくキングダムの王騎のイメージの半分は、この王齕でしょう。

 

つまり、キングダムにおける王騎の強さは決して創作ではなく、

実在の人物に裏打ちされたものなのです。

 

もっとも、口紅を塗ったり、オカマキャラだったり、

「コココ」と笑うというのは創作なんですが・・(笑)




王騎将軍はどうやって死んだの?

三国志 川

 

キングダムならではのキャラ設定と言えば、王騎将軍の命を奪う

憎っくき役柄に、趙の三大天、龐煖(ほうえん)がいます。

 

キングダムでは、超然とした武神で、己より強い人間を認めないという

信念だけで動いている野獣のような龐煖ですが、史実ではあんな感じではありません。




龐煖の史実 |武神は実在したの?

505b55a3c6b5266d88d97606dbaaae9e_m

 

実在する龐煖は、趙ではなく、燕国の哲学者であり、軍学者であり、

縦横家であり、弁論家でもあった、マルチな才能を持つインテリ将軍だったのです。

 

その性格もキングダムのような人を寄せ付けない雰囲気ではなく

趙の将軍である劇辛(げきしん)は、龐煖を親しみやすい性格と評しています。

キングダムとは、まるで真逆な性格だったのです。

 

関連記事:「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 

 

王騎将軍の最期

信 キングダム

 

さて、キングダム一部では、龐煖の一撃で致命傷を受けて、自分の後を

主人公、信に託して死んでしまった王騎将軍。

 

今でも、キングダムファンに惜しまれ、原作者の原泰久でさえ、

歴史の都合とはいえ、どうやったら王騎が死ぬのか分からないとまで

言わせしめた、武の巨人、その人気は没後も不滅のようです。

 

よく読まれている記事:【キングダム芸人】中華統一を果たした信と政はどうなった?

よく読まれている記事:菫卓を守った最強のボディーガード呂布

よく読まれている記事:信ってどんな人?キングダムの主人公は史実が少ない謎多き人物

 

王騎将軍を三国志で例えると?

呂布 英雄石像

三国志で例えて言えば、猛将呂布に、張遼の義理難さを思慮深さを加えた

そんな将軍が王騎じゃないですかね。

 

「コココココ・・・・・」

 

意外、実は王騎の先祖は周の王族だった?

キングダム 16 (ヤングジャンプコミックス)

 

王騎は、秦に代々仕えている、王氏の傍流の家系なのだそうです。

つまり、王翦や王賁が本家で、王騎は分家という事になります。

その王氏、実は、先祖を遡ると周王室の太子にまでたどり着きます。

 

王騎は、太原王氏という一族なのですが、その始祖は、

周の24代霊王の太子で姫晋(きしん)という名前で、字は乔(かい)

皇太子なので太子晋(たいし・しん)と呼ばれました。

 

彼は聡明な人物でしたが、寿命には恵まれず、

父よりも先に、紀元前549年に16歳で死にます。

 

周の王位は、次男の姫貴が継いで、景王として即位します。

すると、景王は、兄の太子晋の息子の姫宗敬(き・そうけい)を登用し、

彼は周の司徒として高位に昇り仕えました。

しかし、その頃から諸侯同士の争いは激しくなり、

周の勢いは衰えるばかりでした。

王朝の没落を悟った宗敬は、周の役人を辞めて、

晋陽という都市に行きそこで病死します。

 

周を見限ったので、姫姓を使う事がなくなり、代わりにかつては、

周の王族だったという意味で、王姓を名乗るようになったそうです。

その後の晋陽の太原王氏からは、著名な人が続々でるようになり、

初代の太子晋から数えて、18世が王翦にあたるとの事・・

 

こうして、考えると王翦が王位を狙うのは・・

「俺だって、元をたどれば秦の本家筋にあたる周の王族なんだぜー」

という密かな自負心があるせいでしょうか・・

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

実は、王騎の子孫である太原王氏の末裔は日本にもいるそうです。

それが、欽明天皇の時代に五経博士として大陸から大和朝廷に帰化した

方々で、子孫は河内国交野郡および錦部郡の山田郷に本拠地を置き

山田の姓を与えられたとの事です。

 

そう!このページを見ている、全国の山田さん!!

あなた、実は遠い先祖が王騎大将軍に繋がっているかも知れませんヨォ・・

コーッコッココ!!!

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

よく読まれている記事:キングダムと三国志の豪傑を対比|王騎と言えば誰?

よく読まれている記事:三国志とキングダムのそっくり武将は誰?|信と呂蒙

よく読まれている記事:【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話

よく読まれている記事: 【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後に蒙恬(もうてん)一族が滅びる理由とは?

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




こちらの記事もよく読まれています

始皇帝 はじめての三国志

 

よく読まれてる記事:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?

 

殷の大様002

 

よく読まれてる記事:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの?

 

項羽と劉邦

 

よく読まれてる記事:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる

 

三国志 まとめ

 

よく読まれてる記事:中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン諸島などを紹介

ページ:
1

2

関連記事

  1. 劉焉(りゅうえん)は何でド田舎の益州を選んだの?ちゃっかり独立を…
  2. 【素朴な疑問】三国志に海上での戦いってあったの?
  3. 【はじめての孫子】第3回:兵とは国の大事なり
  4. 剣と刀ってどう違うの?【いまさら聞けない三国志の大疑問】
  5. 【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴
  6. ギャップに驚き!禰衡だけでは無かった!Mr.天然、曹植の裸踊り
  7. 【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった
  8. 忠誠心低すぎ!家臣にするのは難しい三国志ベスト10

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時代の立て札・扁(へん)
  2. 騰(とう)は実在したの?史記に全く記されてない謎の天才将軍
  3. 張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦った魏の猛将
  4. 劉伶(りゅうれい)とはどんな人?奇行が目立つ竹林の七賢の一人
  5. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.1
  6. もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だったの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

復讐に燃える曹操は三国鼎立を早める 【関羽の北伐】麋芳、士仁はなぜ関羽に嫌われてたの? 気が抜けない!三国志時代の旅行は命がけだった! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【5/1〜5/8】 王莽(おうもう)ってどんな人?中国史で最初に帝位を譲りうけた人物 【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後、王賁(おうほん)は今後どうなる? ところで水滸伝って何?美味いの?中国の明の時代に完成した四大奇書 関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法

おすすめ記事

  1. ここを押さえれば大丈夫!NHK大河ドラマ『真田丸』を100倍楽しむ方法!
  2. 姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?【後半】
  3. 秀吉の下に天下を代表する軍師が揃うきっかけってなに?
  4. 【はじさん書評倶楽部】堀江貴文「多動力」を読む
  5. 『100万人の三國志』がアーケードゲーム『三国志大戦』とコラボを開催中。「豪華コラボ限定武将」が獲得できる
  6. 【解煩督】呉にだっているぜ!解煩、敢死、無難、様々な特殊部隊
  7. 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.3【完】
  8. 中二病韓信 ヤクザ劉邦を大説得、神分析に漢軍大フィーバー

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP