編集長日記
HMR

はじめての三国志

menu

はじめての変

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/27〜7/3】

この記事の所要時間: 528




7月週刊まとめ

 

はじめての三国志では毎日コンテンツが掲載されています。

今週(6/27〜7/3)に掲載された記事をピックアップ!

はじめての三国志編集部が1週間分の情報をお届けします!

週末、時間が空いた時にゆっくり読んでみてはいかがでしょうか?




今週(6/27~7/3)のまとめニュース

6/27のおすすめ記事


疫病 村02b

 

・【キングダムに描かれない】秦の時代の貧困のリアルを追ってみる

 

大人気、春秋戦国時代漫画キングダム、、毎回のように急展開の連続で、

特に最近は、信がついに桓騎の卑劣な戦術について爆発し、もしや仲間割れか?

というような状態ですが、さて、この華やかなドラマの裏で

当時の貧困層の人々のリアルとはどういうものだったのでしょうか?

今回は漫画ではクローズアップされない秦国内の貧困について追います。

 

廖化 四龍将

 

・留賛(りゅうさん)とはどんな人?自ら足の筋を切断し治療をした呉の英雄

 

留賛 (りゅうさん)は、字(あざな)は正明(せいめい)で三国志の呉の武将です。

中国の後漢時代から三国時代(183~255年)の長き戦の時代を戦い抜いた老将です。

三国志に登場する武将ですが、小説の三国志演義ではほとんど出番がありません。

しかし、彼の挙げた功績から、並大抵の武将ではないとされています。

さらに三国志演義では出番はほぼ無いにもかかわらず、その性格や偉業、

奇妙な行動の数々から、彼に関する数多くの伝説が残されております。

本記事では、留賛(りゅうさん)についてご紹介します。

 

張良㈫ 成長編04

 

・【龍帥の翼】張良が黄石公からもらった三略とはどんな書物なの?【留侯世家異伝】

 

楚漢戦争では、劉邦(りゅうほう)の軍師として大活躍した、

張良子房(ちょうりょう・しぼう)。

月刊少年マガジンでは漫画、龍帥(りゅうすい)の翼、

留侯世家(りゅうこう・せいか)異伝でも主人公として

登場するなど、また大ブレイクしそうな予感が半端ありません。

司馬遷(しばせん)が少女のような容貌と書いた為にイケメンで

描かれる事が多い彼は中国の歴史上、実在が確認できる最初の軍師でもあります。

そんな彼を有能な軍師にした三巻の書が三略(さんりゃく)です。

 

6/28のおすすめ記事


曹操と黄巾賊

 

・【第3話】戦え!于禁文則ん「曹操救出 黄巾の残党との戦い」

 

青州から発生した黄巾の残党の群れは百三十万。

無論賊徒の群れに過ぎず、飛蝗と同じで目前の食料を食い漁るのみで兵站などはない。

ただ前を向いてがむしゃらに進んでくる。

兗州の刺史である劉岱は皇族の血を引く名士で、勇敢であった。

将を欠く黄巾の群れなど恐れるに足らぬと騎馬に乗り先頭を駆けて賊徒の先陣を叩いた。

 

陳平

 

・三国志の時代でも副業が流行っていた!サイドビジネスの種類を紹介!

 

日本では不景気が続き、なかなか賃金が上がらない状態が継続しています。

一方で物価は上昇するので、手っ取り早くサイドビジネスを開始し、

運と才能次第でウン万円、人によっては本業より稼いでいる人もいます。

しかし、このような事は、何も現代日本だけの現象ではありません。

1800年前の中国でもサイドビジネスは大流行していたのです。

 

曹彰

 

・李傕(りかく)とはどんな人?董卓よりも横暴な政治を行った暴虐な政権運営者

 

李傕(りかく)は董卓軍の武将として活躍しておりましたが、

彼が王允(おういん)に殺害されてしまうと、今後どのようにしていけばいいのか、

途方に暮れてしまいます。

 

6/29のおすすめ記事


 

姜維と孔明

 

・孔明の愛弟子であった姜維はなぜ孔明の後継者に選ばれなかったの?

 

孔明の愛弟子と言っても過言ではない姜維(きょうい)。

彼は孔明の初の北伐戦の時に魏を離れて、蜀へ仕えるようになります。

その後は孔明の北伐戦に必ず参加して、孔明の戦い方を隣で常に見てきた武将で、

孔明も「姜維は与えた仕事を忠実に行い、軍事においても非凡な才能を持ち、

馬謖や馬良を凌ぐ才能を有している。」とべた褒めしております。

 

EU f

 

・イギリスのEU離脱って何?三国志で例えて理解度アップ!

 

日本でも大激震ニュースなイギリスのEU離脱問題。

国民投票の結果、予想を覆し、EU離脱派が残留派を100万票上回り

イギリスの2年後のEU離脱が決定しました。

それを受けて、株価も大幅に下がり、ようやく円安になっていた日本も、

ユーロ安の煽りで円高に転換、日銀が資金を市場に流す事態になっています。

そんなイギリスのEU離脱ですが、

そもそも、どうしてイギリスはEUを抜けたのでしょう?

 

孫堅の妻

 

・【母は偉大なり】三国志の英雄を支えた偉大な母たちを紹介!

 

三国志の時代では、主に男性が兵として戦っています。

これは当たり前と言えば当たり前ですが、三国時代において女性はどうしていたのでしょうか?

戦乱の世なのだから、多くの女性や子供は戦争の犠牲者となっていたことでしょう。

そうした戦乱の中でも、強く生きてきた女性たちがいます。

今回はそうした女性たちの中でも、有名人物の「母親」を御紹介します。

 

6/30のおすすめ記事


 

孫呉(孫権黄蓋陸孫周瑜周泰) 

 

・【呉を作った男達】いぶし銀の輝きを放つ呉の英雄を紹介!

 

皆さん、呉の武将と言うと、どのような印象をお持ちでしょうか?
おそらく、いちばんに思い浮かべるのは、俗に言う断金コンビや、

俗に言う呉カルテットのことでしょう。
しかし、呉の武将と言えば忘れてはならないのが、孫堅(そんけん)の代からの老将たち。

俗に言う呉のいぶし銀たちです。
今回は、そんな中でも特に有名な呉のいぶし銀トリオを取り上げてみたいと思います。

 

 

呂布 最強 曹操

 

・【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの?

 

三国志は記録の不備により、生没年が分らない武将が結構います。

趙雲(ちょううん)も没年は分っても、生年が分らないので、

イメージでいつまでも若武者のような描き方をされていてお得です。

また、三国志ではメジャーな人中の呂布も、生年が分らない武将なのです。

一体、呂布(りょふ)はいくつまで生きたのでしょうか?

 

蒼天航路10

 

・【ネオ三国志】第10話:呂布の籠城戦VS曹操の水攻め【蒼天航路】

 

呂布軍には曹操軍に内応する二人の文官がいました。

その二人は陳珪(ちんけい)と陳登(ちんとう)親子です。

彼らは曹操軍に有利になるよう呂布に下邳(かひ)城で籠城するように進言。

呂布は陳珪と陳登親子が言葉を尽くしての進言に納得し、

陳宮の迎撃策をあっさりと捨てて籠城作戦に切り替えます。

 

7/1のおすすめ記事


 

司馬朗

 

・司馬朗(しばろう)とはどんな人?司馬懿でさえ頭が上がらない偉大な兄の生涯

 

腐っても鯛というように、どんなにだらしがなくても、兄貴は兄貴です。

一方で、弟に負けず劣らず兄が優秀で、弟は、兄に頭が上がらない

というようなケースも、まま存在します。

後に、孫が天下を統一した事で、皇帝位を追贈された司馬懿(しばい)の兄、

司馬朗(しばろう)も、そんな立派な兄貴の一人でした。

 

7/2のおすすめ記事


韓信 PR

 

・【意外な事実】天才将軍・韓信は数学にも強かった事が判明!

 

韓信(かんしん)と言えば、軍事に関しては天才だが、

それ以外はまるでダメ夫という中二病気質丸出しの面倒くさい性格の人ですが、

実は、そんな韓信、軍事ばかりではなく、数学にも強い事が今回判明しました。

それにより彼の兵法が独学というのも怪しくなってきたのです。

 

曹操 夏侯惇

 

・曹操の分身!夏侯惇(かこうとん)の生涯

 

夏侯惇元譲(?~220年:かこうとん・げんじょう)は、

曹操(そうそう)と同じく、豫州(よしゅう)沛国(はいこく)

譙県(しょうけん)の出身です。

曹操の父の曹嵩(そうすう)が、夏侯惇の父の弟で曹操とは従兄弟同士です。

正史に名が出てくるのは、曹操が参加した西暦190年の反董卓連合軍からで、

そこから、曹操が死去する西暦220年まで、途切れる事なく忠義を尽くし

曹操の分身として、特に重く用いられました。

 

司馬懿

 

・司馬懿討伐をもくろんだ王陵の反乱はなぜ失敗に終わったの?

 

王陵(おうりょう)・毌丘倹(かんきゅうけん)・諸葛誕(しょかつたん)の三人は

司馬家を憎んで反乱を起こしますが、三人とも反乱に失敗して悲惨な結末を辿っています。

今回は王陵が起こした反乱に着目、

反乱を起こした経緯と反乱が失敗した原因を調べてみたいと思います。

 

7/3のおすすめ記事


 

五虎大将軍 馬超

 

・蜀の五虎大将軍ってなに?実は全員揃ったことがなかった蜀の猛将たち

 

三国志演義で一番有名な将軍と言えば蜀の五虎大将軍でしょう。

しかし三国志初心者の人にとっては、五虎大将軍って誰?と言う風に

なっているかも知れません。

そこで、はじさんでは、超当たり前な五虎大将軍について、

可能な限り分りやすく解説したいと思います。

 

朝まで三国志

 

・三国最強であった魏はなぜ滅びることになったの?【曹操編】

 

三国志でも最強であった魏(ぎ)。

三国の中で一番大きな土地と優秀な将軍・政治家・軍略家など多彩な人材を持っていたにも

関わらず、司馬家に乗っ取られて滅亡してしまいます。

なぜ魏は滅亡することになったのか。

魏を建国した曹操(そうそう)から順に追って、滅亡の原因を探っていきたいと思います。

 

はじめての三国志 6/27〜7/3の週間まとめ

はじめての三国志

 

今月(6/27〜7/3)はじめての三国志が配信した記事をご紹介しました。

どれも5分以内で読める記事ですので、週末にゆっくりと読んでみてはいかがでしょうか?




こちらのまとめ記事も合わせてどうぞ

卞夫人 曹操

 

関連記事:大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選

 

2015年 感謝

 

関連記事:年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】

 

曹操 科学

 

関連記事:三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選

 

キングダム 40巻

 

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました




関連記事

  1. 馬超と許褚の一騎打ち|関中を巡る戦い
  2. リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?
  3. これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行…
  4. 馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)
  5. 1800年前の古代中国に鉄軌道跡を発見、燃料不足解消か?長安から…
  6. 軍勢RPG 蒼の三国志とはどんなアプリゲーム?
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース38記事【1/23〜1/2…
  8. 曹操が董卓に歌をプレゼント?イミシンな董卓歌

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 毌丘倹(かんきゅうけん)とはどんな人?朝鮮半島に進出し倭も吸収合併を目論んでいた?
  2. 【はじめての孫子】第11回:兵は多きを益ありとするに非ざるなり。
  3. 蒙毅(もうき)ってどんな人?趙高に恨まれて悲劇の最期を迎える文官
  4. 三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの?
  5. 【秦の宰相】呂不韋の人生をかけた計画に危機が訪れる
  6. 三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国時代の故事成語『白眉』と『泣いて馬謖を斬る』 神回『犬伏の別れ』の裏側、真田丸と韓信には深い関係性があった 九州制覇へ向けて驀進するぜ!島津家棟梁・島津義久の九州制覇戦 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【1/16〜1/22】 孫皎(そんこう)とはどんな人?孫氏一族の文武兼備な将軍。しかし関羽の呪いで…… 范蠡(はんれい)とはどんな人?越王勾践を助けた謎の天才軍略家 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第10部 五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介

おすすめ記事

  1. 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?後編
  2. 人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは?
  3. 井の頭自然文化園の象「はな子」にまつわる光と影&三国志時代の英雄は猛獣をどう扱っていたの?
  4. 黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】
  5. 田豫(でんよ)とはどんな人?魏の国境付近の平和を勝ち取っていた異民族政策のプロ
  6. 63話:去りゆく徐庶が、紹介した大軍師、臥龍、鳳雛って誰のこと?
  7. 【衝撃の事実】鳥巣襲撃戦後にとった曹操の行動が結構エグかった
  8. 炙り焼肉にソーセージ?とりあえずビールと言いたくなる三国時代の食事

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP