コメント機能リリース
コメント機能リリース




はじめての三国志

menu

まとめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/28〜9/4】




9gatusangokusih

 

はじめての三国志では毎日コンテンツが掲載されています。

今週(8/28〜9/4)に掲載された記事をピックアップ!

はじめての三国志編集部が1週間分の情報をお届けします!

週末、時間が空いた時にゆっくり読んでみてはいかがでしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




今週(8/28~9/4)のまとめニュース

8/28のおすすめ記事


絶世美女 貂蝉

 

王異(おうい)ってどんな人?戦乱の中で数々の逸話を残してきた女性武将

 

戦時下において、武器を取って戦うのは多くの場合男性です。

現実、日本でも戦時下では徴兵されていたのは男性のみですし、女性は前線で戦うことはありません。

歴史上でも例外的なことももちろんありますが、基本的に女性は戦場には出ません。

ところが、最近の漫画やアニメ、ラノベでは女性キャラでも前線に出て戦っていたり、

主人公の上官が女性だったり、部下も女性だったり、同僚にも女性がいたりします。

場合によってはハーレム状態で、戦争してるんだか何してるんだか分からないものもあります。

さて、三国志ではどうだったのでしょうか。

 

陳宮

 

・どうして陳宮呂布に従えたの?呂布を見捨てなかった天才軍師の生涯

 

曹操(そうそう)も認め、その能力を欲しがった、軍師陳宮(ちんきゅう)。

「王佐の才」(帝王の補佐役としての才能を持った知恵者)の言葉がふさわしいとして、

有名な 諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)

〔ただし、孔明は、史実に基づくとされる「三国志正史」では

軍師としてよりは、政治家として才能があったようですが。〕や

荀彧(しゅんいく)〔曹操の軍師〕とも勝るとも劣らないと言われています。

 

魏延 孔明

 

・規制緩和は正しいの?2100年前の中国で起きた経済論争

 

現在の日本では、政権が変わるにしても、規制緩和の方向に進みがちです。

従来は規制があった部分を撤廃し、民間の倫理に委ねるという方針で、

少し前の小泉政権時代には、官から民へという掛け声で大幅な

産業の自由化が行われました。

さて、このような経済政策の転換は、中国においては、

実に2100年前に起きていて、大規模な論争にさえなりました。

 

8/30のおすすめ記事


基礎知識 馬謖04 張コウ

 

・【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~張郃篇~

 

張郃(ちょうこう)は字を儁乂といいます。

漢の末期、募集に応じて黄巾討伐し、軍の司馬となり、韓馥(かんふく)に所属しました。

しかし、韓馥が敗北すると、兵を連れて袁紹(えんしょう)に身を寄せることとなりました。

袁紹は張郃を重んじ、公孫瓚(こうそんさん)を防がせました。

公孫讃が敗れたのには、張郃の功績が大であったといえます。

 

孔明過労死

 

・【孔明死後の三国志に詳しくなろう】司馬師打倒の兵をあげた毌丘倹の反乱はなぜ失敗したの?

 

横山三国志や吉川英治は孔明が五丈原で亡くなるまでを

三国志の最大の山場と捕らえていたことから、孔明死後の事は詳細には描いていません

孔明死後の三国志も色々あり、

魏では王陵(おうりょう)が司馬懿(しばい)に反感をもって

反乱を計画しますが、色々な原因が積み重なって失敗に終わります。

司馬懿は王陵の反乱を鎮圧した後、病に倒れて亡くなり、

司馬師(しばし)が父司馬懿の跡を継いで魏の政権内で、司馬家の基礎作りを行っていきます。

 

キングダム 43 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

・キングダムのラスボスは昌平君でも李牧でもなくあの人だ!

 

大人気漫画、キングダムを応援する、はじめての三国志では、

先読みキングダムと称して、気になる漫画の先行きを大予想しています。

さて、今回のはじさんでは、気になるキングダムのラスボスについて、

大胆に予想してみようと思います。

 

8/31のおすすめ記事


孫武 ゆるキャラ

 

・馬陵の戦い(ばりょうのたたかい)ってどんな戦い?孫臏を有名にさせた戦

 

孫武(そんぶ)は呉の名将・伍子胥(ごししょ)と組んで、超弱国であった呉の国を隆盛に導き、

春秋の五覇へと押し上げた軍師として知られています。

また彼は現代にもファンがたくさんいる兵法書「孫氏の兵法書」を書いた人物として

非常に有名な人物です。

そして孫武の子孫である孫臏(そんぴん)も「孫臏兵法(そんぴんへいほう)」を書物に

しておりますが、彼はどのような活躍をしていたのでしょうか。

今回は孫臏と彼が有名になった馬陵の戦いのいきさつや馬陵の戦いについて、

詳しくご紹介したいと思います。

 

夏侯覇の妻は誰?

 

夏侯覇(かこうは)の妻は誰だったの?蜀に亡命した魏の夏侯一族

 

はじめての三国志のライター陣は、読者アンケートを共有し、

その疑問に、なんとか答えを出すべく日夜、奮闘しています。

しかし、その疑問の大半は1800年の昔の事で、文献にも答えがないのが普通。

考えれば当然の話で、そこで分らないから、はじさんにアンケートが来るのです。

そこで今回は、よく読者アンケートに出てくる夏侯覇の妻は誰?という疑問に

kawausoが思考錯誤して答えを出してみました。

 

9/1のおすすめ記事


魯粛

 

・天才魯粛の生涯!赤壁の勝利は魯粛無しにはあり得なかった?

 

三国志演義では、周瑜(しゅうゆ)の友達で、

ただのお人好し扱いの魯粛(ろしゅく)ですが、実は彼がいなければ、

赤壁の戦いも、魏、呉、蜀の三国時代もあり得ませんでした。

誰よりも先に、後漢の滅亡を予期し三国鼎立のプランを描いた天才こそ

この魯粛だったのです。

 

9/2のおすすめ記事


成得臣 子玉

 

子玉(しぎょく)って誰?三国志にも名前が出る楚の猛将・成得臣

 

三国志の時代の人は、古典から教養を得ているので、よく古代の話を、

例え話として出してきます。

街亭で敗北しさらに逃亡を企てて、処刑された馬謖(ばしょく)についても、

その処断について、諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)の部下である

蒋琬(しょうえん)が、子玉に掛けて惜しんでいますが、そもそも、

子玉(しぎょく)とはいつの時代の人なのでしょうか?

 

9/3のおすすめ記事


司馬炎

 

・犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きとは?

 

華々しい合戦での活躍、鋭い神算鬼謀を駆使する三国志の英雄達も、

家に帰れば良き夫であり、良き父だった事に違いありません。

特に夫婦の間には、痴話喧嘩あり、美談ありと悲喜こもごもなのです。

本日は、世説新語に記された、知られざる三国志の夫婦の話をしてみましょう。

 

韓信

 

・【韓信独立戦記】韓信がもし独立したら歴史はこうなったかも!?【前半】

 

劉邦(りゅうほう)と項羽(こうう)が天下の覇権を決めて戦っていた楚漢戦争時代。

この時代劉邦の命令によって広大な土地を平定して、

漢楚と同等の力を手に入れることに成功した漢の大将軍韓信(かんしん)。

彼は漢と楚に匹敵する勢力を築き上げることに成功しますが、史実では独立することなく、

そのまま漢の天下統一戦に貢献。

もし韓信がこのような広大な領土をもって漢に背いて独立したら歴史はどうなっていたのでしょうか。

そこで今回は韓信が独立していたらどうなっていたのかを戦記物にして紹介していきたいと思います。

 

孔明

 

・甘過ぎるおかん孔明!部下に厳しく出来ない事実が発覚!

 

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)は思想としては

法家の人間であり、人の善意を当てにせず、法律を厳しく

公明正大に適用して蜀を治めようとした様子があります。

しかし、よくよく事例を確かめると、事実はそれとは違い、

かなり他人に対して大甘な人物だった事が浮き彫りになるのです。




こちらのまとめ記事も合わせてどうぞ

尹夫人 曹操

 

関連記事:大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選

 

2015年 感謝

 

関連記事:年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】

 

 

曹操 科学

 

関連記事:三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選

 

キングダム 40巻

 

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました




関連記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【10/23〜10…
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【4/3〜4/10…
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【8/8〜8/14…
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/10〜7/1…
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【11/20〜11…
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【9/25〜10/…
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【7/11〜7/1…
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【6/12〜6/1…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔明と司馬懿
  2. 馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明
  3. 三国志大学で勉強する劉備
  4. 騎射の術に長けた騎馬兵士
  5. 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  6. 荀イクの叔父・荀爽(三公)
  7. 藏覇(臧覇)と曹操

おすすめ記事

  1. 曹丕の残忍さがよく分かる曹丕の妻、甄氏の悲劇
  2. 26話:弟を殺された事が袁紹VS公孫瓚の抗争の原因 袁紹VS公孫瓚
  3. 本当に詩人?シニカルすぎる曹植の史実
  4. 読者の声(2018年12月15日〜12月29日) 読者の声バナー(はじめての三国志)
  5. 諸葛亮とイギリスの挙国一致内閣の人チャーチルとの共通点 チャーチル
  6. 【戦国四君物語】史記から見てみた魏の信陵君ってどんな人? 信陵君

三國志雑学

  1. 曹操と劉備
  2. 華雄と呂布
  3. 成廉、魏越、呂布
  4. 賈詡(賈ク)
  5. 魯粛、孫権、張昭


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志
  2. はじめての三国志 画像準備中
  3. 明智光秀 麒麟がくる
  4. 耶律阿保機
  5. 劉備と曹操
  6. セミナリオ(教会)

おすすめ記事

関羽と趙雲を捨てて荊州に逃げる劉備 【三国志平話】ひどい!劉備が恩人の趙雲を裏切って逃走 関羽に惚れる曹操 【まさかアッチ?】美女を退けた関羽の劉備愛が凄い ロバ顔の諸葛瑾 諸葛孔明のお兄ちゃん「諸葛瑾」は政治家ではなく軍の仕事をメインとしていた! はじめての三国志からのお知らせ バナー 「月刊はじめての三国志1月号」12月25日(火)に出版決定 病気がちな孔明 【病は気から?】姜維が諸葛亮に延命祈祷を勧めた理由 石亭の戦いで交える曹休と周魴(しゅうほう) 石亭の戦いは曹休を罠にはめる呉の壮大なドッキリだった! かぼちゃと孫権 【三国志雑学】孫権は南瓜作りのエキスパートだった? 劉邦と簫何 蕭何はなんで仲が悪かった曹参を後継者に任命したの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP