曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース8記事【9/12〜9/18】

この記事の所要時間: 38




はじめての三国志まとめ

 

はじめての三国志では毎日コンテンツが掲載されています。

今週(9/12〜9/18)に掲載された記事をピックアップ!

はじめての三国志編集部が1週間分の情報をお届けします!

週末、時間が空いた時にゆっくり読んでみてはいかがでしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




今週(9/12~9/18)のまとめニュース

9/12のおすすめ記事


鍾会

 

・実は鐘会はマザコンだった!人生を狂わせた母の愛

 

鐘会(しょうかい)は魏の重臣、鐘繇(しょうよう)の子であり、

若い頃からエリート街道を驀進した人です。

しかし、何故か蜀討伐を成した辺りから、性格が歪んでいってしまいます。

そこには、飽くまでも良い子である事を義務付けられた厳しい母への

鐘会の遅すぎた反抗がありました。

 

9/13のおすすめ記事


潘璋

 

潘璋(はんしょう)とはどんな人?素行や勤務態度は悪いけど呉の最強武将

 

西暦234年に死去した名将・潘璋(はんしょう)を今回はピックアップ!

西暦234年といえば蜀の中心人物である諸葛亮孔明が五丈原で亡くなった年です。

魏では青龍元年にあたります。

呉では建興十二年です。

この年には後漢最後の皇帝である献帝も亡くなっています。

ちなみに陳寿の生まれた翌年にもあたります。

西暦235年にはローマで軍人皇帝時代がはじまりました。

兵士から叩き上げの皇帝マクシミヌス・トラクスから始まり14人の皇帝が擁立されていきます。

そんな時代に光を失ってこの世を去ったのが呉の名将・潘璋(はんしょう)です。

 

9/14のおすすめ記事


劉備悩む

 

・親族からは嫌われていた?劉備に親族の配下がいない理由とは?

 

劉備は幽州の涿郡(現在の河北省涿州市)の出身です。

中央の都からは遠く離れています。田舎暮らしでしたが、心に秘めたものは大きいものがありました。

というのも、劉備は自分自身が前漢第六代の皇帝、

景帝の子、中山靖王の子孫であると信じていたからです。

ちなみに中山靖王には子供が120人以上いたといわれています。

その子孫に至っては万を超える数だったはずです。

まさに星の数ほどもいたことになります。それほど貴重視されてはいません。

現に劉備の祖父は県令を務めたこともありましたが、父は無官です。

尊い血筋でありながら特別扱いはまったくされていないのです。

まさに平民同様です。

それでも劉備は大望を持ち続けて生きていきます。

 

9/15のおすすめ記事


韓信

 

・三国志の時代にも裁判はあったの?実はかなりリーガルハイな感じだった

 

人が生きていれば、時に避けられないのが訴訟ごとです。

もちろん、当事者同士で言い争っても、らちがあくわけはないので、

早い時代から、訴訟を担当する役所が存在していました。

そんな知られざる三国志時代の訴訟とは、どんな様子だったのでしょうか?

 

9/16のおすすめ記事


曹操

 

曹操ファンは見ないでください!彼は本当に乱世の英雄だったの?

 

三国志で最大の国土を有することになった魏の曹操(そうそう)。

彼は青年の時、三国志時代のインフルエンサー・許子劭(きょししょう)から

「君は清平の奸賊、乱世の英雄である」と評価を受けます。

しかし曹操は本当に英雄であったのでしょうか。

 

李姫

 

・二世だって優秀さ!魏皇帝の妻・甄氏(しんし)の壮絶な人生と向き合って果てた生涯に心が震える

 

「二世議員はたいしたことない」とか

「二世タレントはおもしろくない」

等という批判を耳にする方も多いでしょう。

もちろん、二世議員でも頑張っている人や、

二世タレントでも自分の身一つの力で活躍している方も多いでしょう。

でも、そうでもない人がいるせいか、そう言った批判をされてしまうこともあります。

三国時代では、様々な英雄とその子供達がいました。

彼らは十人十色で、優れた者もいれば、そうでは無い凡人かそれ未満の者もいたでしょう。

今回ピックアップしたいのは、君主や武将と言った英雄でなく、“エリート”の子供です。

要するに、「良いところのお坊ちゃんお嬢ちゃんってどんなだったの?」というテーマとなります。

その中でも、今回は曹丕(そうひ)の妻、甄氏(しんし)について取り上げたいと思います。

 

9/17のおすすめ記事


張譲 宦官

 

・十常侍に学ぶ正しい謝罪!真土下座の花道【ビジネス三国志】

 

社会生活を営んでいく上で、責任の生じる仕事を任されれば、

そこには、何らかのミスはつきものです。

それが、油断から来たものでも、予想外のものでも、或いは、他人から

なすりつけられたものであれ、ミスれば謝罪は仕方ないでしょう。

しかし、この謝罪は中々難しいものというのも事実です。

 

9/18のおすすめ記事


梁興

 

・魏も漢もクソ喰らえ!野望のままに自由に生きた梁興(りょうこう)

 

※こちらの記事は「大戦乱!!三国志バトル」専用オリジナルコンテンツです。

梁興(りょうこう)は、字(あざな)も生まれた年も定かではありません。

個人の伝もなく、その活躍の記録は、三国志蜀志、「馬超(ばちょう)伝」や

魏志「夏侯淵(かこうえん)伝」「徐晃(じょこう)伝」「張郃(ちょうこう)伝」

「鄭渾(ていこん)伝」などで見る事が出来ます。

彼の人生には生まれ落ちた涼州の特徴が大きく影響しています。

それは、容易に支配者の権威には服さない遊牧民としてのプライドでした。

 




こちらのまとめ記事も合わせてどうぞ

尹夫人 曹操

 

関連記事:大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選

 

2015年 感謝

 

関連記事:年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】

 

 

曹操 科学

 

関連記事:三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選

 

キングダム 40巻

 

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました




関連記事

  1. これぞ戦争の極意!!兵家の思想ってどんな思想?
  2. 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチ…
  3. 曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?
  4. これは凄い!巨大な関羽像が荊州に現れる!実は二千年前から巨大像が…
  5. 誰が読んでも間違いなく面白い戦国時代小説!夏の読書感想文もこれで…
  6. 陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材
  7. 黄河(こうが)とは何?どんな猛将も敵わない、最凶の暴れ河
  8. 【衝撃の事実】董允がいたからこそ蜀は滅亡から逃れた!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. Webサイトリニューアルのお知らせ
  2. もし郭嘉が魏の建国まで長生きしていたら魏の内閣総理大臣になっていた?
  3. 【三国志事件簿】名探偵コナンもお手上げ?二宮の変とは一体どんな事件?
  4. あの曹操が箱入り娘ってどういうこと!?華容道って、なに?
  5. 【キングダム】龐煖(ほうけん)が戦死する理由を史実をもとにネタバレ予想!
  6. 董允(とういん)ってどんな人?蜀の黄門様、劉禅の甘えを許さず!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

孔明にパクリ容疑!?天下三分の計を最初に考えた蒯徹(かいつう) 郭修(かくしゅう)とはどんな人?費禕を暗殺したあんまり有名ではない魏の暗殺者 もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった? 【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由とは? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【6/12〜6/19】 【衝撃の事実】孫策の○○で孫呉が滅びる原因となった! 【センゴク】戦国時代を揺るがす本能寺の変。秀吉はこの事件のせいでショックを受けて腑抜けになった!? 井伊直虎はおんな城主だったの?それとも男?身長は高かったの?直虎の生涯から迫まる!

おすすめ記事

  1. 陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材
  2. 110話:関羽の悲報に復讐に燃える劉備
  3. 彭越(ほうえつ)とはどんな人?漁師から王の位にまで上り詰めた梟雄
  4. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【成人編】
  5. 涼州兵も思わずニッコリ?曹操はユーモアに溢れていた
  6. 三国志の袁紹のお墓ってどこ?「三国志観光スポット」
  7. 西郷隆盛は本当にやっせんぼだったの?
  8. 冊封(さくほう)とはどういう意味?分かりやすく解説

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP