広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【9/25〜10/2】

この記事の所要時間: 313




三国志まとめ

 

はじめての三国志では毎日コンテンツが掲載されています。

今週(9/25〜10/2)に掲載された記事をピックアップ!

はじめての三国志編集部が1週間分の情報をお届けします!

週末、時間が空いた時にゆっくり読んでみてはいかがでしょうか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




今週(9/25~10/2)のまとめニュース

9/25のおすすめ記事


役人 犬

 

・漢の時代の役人はこんなに大変!貧乏になると首って本当だったの?

 

三国志に出てくる役人と言えば、正直で極端に貧乏か、

汚職を繰り返し、とても金持ちかの両極端のイメージがあります。

しかし、実際には、どんなに清廉潔白であろうとしても、この時代には

貧乏になると役人はクビというとんでもない決まりがあったのです。

 

9/26のおすすめ記事


董卓

 

・董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何?

 

三国志を代表する暴君、董卓(とうたく)、一見すると

実力を過信して呂布(りょふ)に斬られたうっかりな人に見えますが、

本当は自分が恨まれている事はよく把握し、猜疑心と用心深さがあったようです。

そんな董卓が、万が一に備えて築城した要塞、それが郿(び)城でした。

 

9/27のおすすめ記事


蜀 兵士

 

・驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった!

 

三国の一角である蜀は内陸国ですが、以外にも資源豊かな土地でした。

特に、地面を掘削して掘り出す井塩の名産地として有名だったようです。

それは、蜀漢の時代にはすでに盛んであり、その事業は、

かなり近代的な設備で行われていたのが分かってきました。

 

9/28のおすすめ記事


戦死

 

・三国志時代では戦死した遺体はどうしてたの?亡骸を運んだ霊柩車 槥

 

三国志の時代は、戦乱の時代であり、大小の戦闘の度に戦死者が出ました。

しかし、歴史は、これら戦死者がその後、どうなるかを伝えてはくれません。

そこで『はじめての三国志』では、戦死した兵士が、その後どのような手続きを経て、

埋葬されるのかを、簡単ではありますが解説しようと思います。

 

9/29のおすすめ記事


アンティキティラ島の機械 wiki

 

・3分で分かるアンティキティラ島の機械の技術力の高さ!

 

1901年に、ギリシャのアンティキティラ島の沖合で発見され、

その精巧緻密な構造から、紀元前のコンピュータと言われ、

長い間、オーパーツ(時代に合わない場違いな遺物の意味)として

放置されたままだったアンティキティラ島の機械。

近年の研究により、これはオーパーツではなく古代に造られた天体観測器

そして計算機である事が分ってきました。

 

曹操03

 

・何で曹操はあれだけ関羽を愛していたのに配下から逃がしたの?

 

身分や家柄に捉われずに優秀な人材を重く用いて最強の陣営を築いた曹操(そうそう)。

敵の降将を起用することも多々あります。

呂布(りょふ)の配下だった張遼(ちょうりょう)や張繍(ちょうしゅう)の配下だった賈詡(かく)、

楊奉(ようほう)の配下だった徐晃(じょこう)、袁紹(えんしょう)の配下だった張郃(ちょうこう)など

その後の曹操の国造りに欠かせない人材ばかりです。

 

9/30のおすすめ記事


12-5_%e9%a3%9f%e6%96%99%e3%82%92%e6%8c%81%e6%ad%a9%e3%81%8f%e6%97%85%e8%a1%8c%e8%80%85

 

・気が抜けない!三国志時代の旅行は命がけだった!

 

秋は美味しい物や季節の風物を求めて、旅行する人が増えますよね?

今の人程、気軽ではないにしても、三国志の時代も旅行をする機会はあった筈、

では、三国志の時代の旅行とはどんなものだったのでしょうか?

 

曹操 孔明をチェック

 

・孔明と曹操は相性が抜群?もし孔明が魏に仕えていたら歴史はどうなった?

 

三国志のなかでもとりわけ有名な軍師・諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)。

三国志を知らなくても彼の名前は聞いたことがあるという人もたくさんいます。

孔明は、荊州で蟄居生活同然の劉備に「三顧の礼」をもって配下に迎えられます。

それまでの孔明は片田舎で晴耕雨読の毎日を送っていました。

誰にも仕えず、浪人生活を送っていたのです。

 

10/1のおすすめ記事


光武帝

 

・光武帝はとんでもないスピリチュアマニアだった!?劉秀の意外な一面

 

内政にも外交にも過失がなく、背いた人間でも、かなりの割合で許しているなど

チートな英雄の称号を受ける事が多い光武帝、劉秀(りゅうしゅう)ですが、

人間、万能に見えても何かしら欠点があるものです。

光武帝の欠点とは、彼が桁外れのスピリチュアルマニアだった事でした。

 

曹仁

 

・鈍重なイメージは嘘!実は騎兵を率いたスマートな名将曹仁(そうじん)

 

曹仁(そうじん)は、三国志演義では、鈍重で頑固、中途半端な兵法をひけらかし、

徐庶(じょしょ)や孔明(こうめい)に翻弄されるという、やられ役になっています。

しかし、実際の曹仁は、聡明で勇気と決断力に優れ曹操(そうそう)を支えた

名将だったのです。

 

10/2のおすすめ記事


孔明

 

・大胆仮説!孔明が口ずさんだ梁父吟は芝居のセリフだった!?

 

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)が隆中でニートしている頃に、

よく口ずさんでいたと言われる梁父吟(りょう・ほ・ぎん)。

斉の宰相の晏嬰(あんえい)が2個の桃を使って3人の勇士を殺すという

アレな内容ですが、孔明は、この歌を書物ではなく演劇で知ったのではないか?

という、大胆な仮説が浮かび上がってきました。




こちらのまとめ記事も合わせてどうぞ

尹夫人 曹操

 

関連記事:大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選

 

2015年 感謝

 

関連記事:年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】

 

 

曹操 科学

 

関連記事:三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選

 

キングダム 40巻

 

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました




関連記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【1/9〜1/15…
  2. 徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者
  3. 知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せない…
  4. さよなら戦国BASARA!イケメン真田幸村の不細工伝説
  5. 蜀の二代目皇帝・劉禅とケンシロウの共通点
  6. 袁術は実はベトナムに逃げ延びていた!?【歴史ミステリー】
  7. 法正(ほうせい)ってどんな人?蜀を支えた天才軍師
  8. 【シミルボン】三国志の裏側:使い捨てられる兵士はどこからやってき…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第4部
  2. 三国テンカトリガーとはどんなアプリゲーム?
  3. 【大三国志 攻略11】ついにLv6の城を攻略!Lv7の城はいけるのか!?
  4. 1185(いいはこ)になった?三国時代の幕府って何?
  5. 【センゴク】金ヶ崎の退口は何で起こったの?信長の最大の危機
  6. ええっ?こんなに大変だったの!献帝の東遷を地図で徹底解説

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

97話:蜀を得た事で呉と荊州の支配問題が再燃する 【王翦 vs 李牧】信は王翦により苦境に立たされる? 記録が乏しい孫堅の妻たち 舛添都知事「五千万問題」三国志の時代だと、どんな罪? BOOK☆WALKERにて『#君主論』の販売を開始しました。 王郎(おうろう)とはどんな人?光武帝を苦しめた自称漢のプリンス 三国志で映画にしてほしいシーンベスト10 56話:水鏡先生との出会い。劉備に足りない人材って誰の事?

おすすめ記事

  1. 陳登(ちんとう)とはどんな人?劉備や曹操に認められた大才の持ち主
  2. 【はじ三の企画ができるまで〜制作の裏側少しだけ公開】
  3. 呂布が董卓を裏切らなかったら後漢王朝はどうなった!?
  4. 馬超はどんな性格だったの?謎に満ちた蜀の五虎大将軍【前半】
  5. 【シミルボン】三国志の真実、劉備が孔明に飛び付いた理由はこれだ!
  6. 龐統(ほうとう)ってどんな人?|孔明とは頭脳以外全て正反対
  7. 連環の計って、どんな作戦?
  8. 登山家・馬謖の山登りにはちゃんと意味があった!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP