三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

はじめての変

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/21〜11/27】

この記事の所要時間: 63




三国志まとめ

 

はじめての三国志では毎日コンテンツが掲載されています。

今週(11/21〜11/27)に掲載された記事をピックアップ!

はじめての三国志編集部が1週間分の情報をお届けします!

週末、時間が空いた時にゆっくり読んでみてはいかがでしょうか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




今週(11/21~11/27)のまとめニュース

11/21のおすすめ記事


曹操 劉備 呂布 酒

 

・【シミルボン】1800年前の三国志時代はご馳走が現代居酒屋風だった

 

三国志の時代の人々は、どんなものを食べていたのでしょうか?

現在のイメージでは、中華料理のような脂っこい食事を連想しますが、

意外や、意外、当時のご馳走は、現代の日本人でも食べたくなるような、

居酒屋風の日本人好みの味付けもあったりするのです。

それでは、斉民要術という古代中国の料理書に実際に記された、

三国志の時代の料理と調理法を見ていきましょう。

 

徐庶と出会う劉備

 

・もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた?

 

三国志演義での徐庶(じょしょ)は、単福と名乗り、

当時荊州の新野に駐屯していた劉備軍の軍師役を務めて活躍します。

数でも劉備を上回る戦上手の曹仁(そうじん)、李典(りてん)の陣を破るのです。

しかもこのときの曹仁は八門金鎖の陣という

名前だけ聞いても凄そうな堅陣を敷いていました。

 

11/22のおすすめ記事


曹操は関羽をGET

 

・どうすれば関羽を死なせずにすんだのか?三国志ライターろひもと理穂が提案

 

関羽(かんう)を死なせない策は非常に単純明快です。

劉備が荊州を孫権に返却すればいいだけです。

関羽の参謀に誰をつけるべきかという問題以前に、

劉備が曹操討伐・漢室復興だけを考えた戦略を選択すればいい話ではないでしょうか。

劉備は欲をかいて、益州という本拠地を得ながら借りていた

荊州を孫権に返却しないから余計な火種を作ってしまい、

義弟の関羽と荊州のふたつを同時に失うことになるのです。

 

陳寿

 

・三国志の時代の灯りは取扱い注意なワイルドな松明だった!

 

当たり前ですが、三国志の時代にだって昼と夜があります。

昼間は太陽で明るくても、夜になったら暗くなって作業に困ったりした筈です。

今のようにスイッチ一つで電気がつく事などない時代、人々は、どうやって

灯りを調達していたのでしょうか?

今回は知っているようで知らない、三国志の時代の灯り事情を解説します。

 

11/23のおすすめ記事


photo credit: Zweiweit via photopin (license)

photo credit: Zweiweit via photopin (license)

 

・【真の将軍はあいつだ!!】漢の名将・周亜夫が命じた命令とは

 

高祖・劉邦(りゅうほう)が亡くなると漢帝国は呂雉(りょち)が握ることになります。

彼女がこうしてやりたい放題やったおかげで漢の国は内政が乱れ、

弱体化してしまいます。

そして彼女の死後、漢の功臣である周勃(しゅうぼつ)や劉邦の軍師としてその名を轟かせた

名軍師・陳平(ちんぺい)達の活躍によって

呂雉の一族を殺害して漢の皇帝が政治を行っていく時代となります。

そしてこの時の皇帝こそ漢の文帝と言われる人物ですが、

彼の時代に匈奴が攻め込んできます。

この時に将軍達を漢の首都である長安を守るために四人の将軍を長安の四つの門へ派遣し、

守備させます。

この時に守備を命じられた周亜夫(しゅうあふ)は部下達へあることを命じます。

今回はその命令が名言として残っているのでご紹介しましょう

 

郭嘉

 

・どうやったら郭嘉は長生きできたの?過労死で亡くなった天才軍師を救う方法を考えてみる

 

現代ではブラック企業や過労死などの問題が取り上げられていますが、

まさに郭嘉(かくか)の死はそれに該当すると思います。

過酷な労働の末に郭嘉は病気になって亡くなったのです。

郭嘉を早死にさせない方法は働かせすぎないことにつきます。

しかし郭嘉はその生涯をかけてでも為しえたい目標がありました。

曹操(そうそう)の河北平定です。

巨大な敵・袁紹を逆転し、広大な領土を手中に収めるというまさに夢物語です。

郭嘉を河北平定に同伴しなければ郭嘉は長生きしたかもしれませんが、

その代わりに曹操はさらに多くの時間と犠牲を支払うことになったでしょう。

今回は郭嘉の過労死の原因を探ります。

 

鄧禹

 

・鄧禹(とうう)とはどんな人?光武帝の親友だが戦争にべらぼう弱い雲台二十八将の1人

 

チートな英雄、光武帝(こうぶてい)には、かれの覇業を支えた雲台二十八将という家来がいました。

その家来の中で、鄧禹(とうう)は第一位の筆頭で最も高い信頼を得たと言えます。

しかし、そんな鄧禹、別に百戦百勝の優秀な将軍でもなく、神算鬼謀で敵を撃滅する

軍師でもなく、むしろ軍事では失敗が多く、味方の足を引っ張る事さえあります。

では、どうして、そんな鄧禹が重んじられたのでしょうか?

 

11/24のおすすめ記事


曹操と羊

 

・なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活

 

所変われば品変わるといいますが、地域でさえそうなんですから、

時代を1800年も遡れば何を食べていても不思議じゃないでしょう。

それが、中華料理を生み出した中国と言えば尚更です。

今回は、なんと○○を食べていた三国志の驚異の食生活に迫ります。

 

11/25のおすすめ記事


甲 f

 

・日本の戦国時代はどうして起きたの?原因をざっくりと解明

 

後漢末、政治の乱れによって国が乱れることになります。

そして張角(ちょうかく)を筆頭とした黄巾賊が反乱を

起こしたことによって地方の豪族達が割拠することになり、

三国志の時代へと流れていくことになります。

さて日本の戦国時代はどうやって成立することになったのか。

ここでは日本の戦国時代の成立をわかりやすくご紹介していきたいと思います。

 

賈詡

 

・策で生き続けた賈詡は最終的にどこまで出世したの?

 

「将来を見通す才」において郭嘉(かくか)と互角の勝負ができる男が西にいます。

姓を賈、名を詡、字を文和といいました。

僻地とも呼ぶべき涼州武威郡の生まれです。

西方の涼州は、チベット系の異民族である「氐族」や「羌族」の侵入が相次ぎ、

住民は恐怖と混乱のなかにいました。

賈詡(かく)はそんななかで都に上り、官位につくのです。

西暦174年(熹平三年)霊帝とその取り巻きの十常侍はある決断をします。

涼州の生まれで、当時一番の出世頭であった

太尉・段熲を異民族討伐に向かわせるというものです。

段熲は実際に西暦159年に羌族を撃破していましたし、

積極的に融和策をとって治安を回復し幷州刺史にもなりました。

段熲には実績があったのです。

段熲は安西将軍に任じられると故郷へ出陣していきます。

 

劉備

 

・三国志の時代にドリンクバーが存在した?三国志時代の飲み物について

 

現在は、水やお茶以外にも、コーラ、オレンジ、メロン、グレープ、

ウーロン茶、様々な飲み物でドリンクバーまで出来る程ですが、

このように多様な飲み物は三国志の時代には、当然ありませんでした。

ところが一方で、今日では飲まれていないような、

様々なドリンクが三国志の時代には存在していたのです。

 

11/26のおすすめ記事


戦国人物伝 島津義弘

 

・日本で一番すごい武将?敵中を突破して帰国した猛将・島津義弘の武勇伝

 

三国志では武勇に優れた人がたくさん出てきます。

呂布・張飛・関羽・馬超・甘寧・張遼など多くの武将が一騎討ちで敵を倒して、

武勇でその名を天下に轟かしております。

日本の戦国時代の武将達も一騎討ちで敵を倒している時もありますが、

三国志のように有名ではありません。

しかし日本の戦国時代では戦の指揮能力や智謀でその名を轟かせた武将が多くいます。

今回は日本最強と言っても過言ではない猛将・島津義弘の武勇伝をご紹介しましょう。

 

藏覇

 

・【シミルボン】首絞め、兜取り、不意打ち何でもありの三国志時代の一騎打ち

 

三国志の最大の華と言えば個性豊かな武将同士の一騎打ちでしょう。

いずれ劣らぬ、男伊達を誇る猛将・勇将が火花を散らして得物を振るうシーンは、

まさに、そこに痺れる憧れるゥ!です。

しかし、冷静に考えて一騎打ちなど本当にあったのでしょうか?

そして、あったとすると、それはどのような戦いだったのでしょう。

 

賈詡

 

・何で賈詡は董卓残党を奮起させて王允の政府を破壊したの?

 

暴虐の限りを尽くしたとされる太師・董卓(とうたく)は、

司徒・王允(おういん)が主導するクーデターによって命を落とします。

董卓の肉親は老若男女問わず、長安においてことごとく誅殺されました。

王允は次に董卓の後継者にあたる娘婿の牛輔(ぎゅうほ)の城を攻めます。

賈詡(かく)は当時、この牛輔に仕えていましたが、挽回の策は進言できていません。

 

五虎大将軍 馬超

 

・馬超の死後、一族はどうなったの?漢族の国家に仕えながら死ぬ寸前まで遊牧民のプライドと一族を守ろうとした馬超

 

西涼の馬騰(ばとう)の嫡男として生まれ、無敵の騎馬軍団を率いて、

曹操(そうそう)さえ追いつめた馬超孟起(ばちょうもうき)。

しかし、彼の輝かしい戦歴もここまで、最終的には曹操に敗れて拠点の涼州を落ち

張魯(ちょうろ)の配下となってもトラブル続き、

最期には劉備(りゅうび)を頼って波乱の人生を終えるという

後半は不運と悲劇の二文字が消えない生涯でした。

では、馬超の死後、その子孫達はどうなって行ったのでしょうか?

 

11/27のおすすめ記事


黒田 wiki

 

・黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵衛の地獄からの生還

 

大河ドラマになって非常に人気が出た戦国武将で、

羽柴秀吉(はしばひでよし)の片腕とも言える黒田官兵衛(くろだかんべえ)。

彼は秀吉の配下に加わり毛利家との戦いにおいてその智謀を発揮していき、

自らの策戦が秀吉に採用されていくことでことでごとく敵軍を撃破していくことに自信を持ちます。

そんな自信に満ち溢れた彼に試練の時がやってきます。

(写真引用元:黒田官兵衛 wikipedia)

 

賈詡

 

・賈詡は一流の政治家でもあった!?降伏の進言をして名軍師と呼ばれた天才の生涯

 

西暦200年(建安五年)は三国志の歴史のなかでも激動の年といえます。

1月には献帝(けんてい)の外戚である董承(とうしょう)が曹操(そうそう)の暗殺に失敗します。

さらに、徐州の小沛で再度独立した劉備が曹操にあっさりと敗れました。

4月には「小覇王」とも呼ばれた江東の覇者である孫策(そんさく)が暗殺されました。

そして10月には勢力で劣る曹操が河北の覇者である袁紹(えんしょう)を

「官渡の戦い」で大逆転しています。

賈詡が、重要な決断を下すための助言をするのは、

この前年からこの年にかけてのことといわれています。

 

光武帝

 

・【中華版聖闘士○矢】集まれ!光武帝と雲台二十八将を全員紹介

 

前漢を滅ぼして新を立てた王莽(おうもう)を滅ぼし、

さらに各地に割拠した群雄を倒して再び、漢を復活させたチートな英雄、

劉秀(りゅうしゅう)こと後漢の初代皇帝、光武帝(こうぶてい)。

そんな彼には、天下統一を補佐した二十八人の英雄がいました。

この二十八には意味があり、天球における天の赤道を二十八宿に区分けした

エリアに対応しています。

どうやら光武帝は神秘的な惑星や恒星の運行と後漢の功臣をなぞらえたようで、

一種の中華版聖闘士聖矢な感じになってます。

そこではじめての三国志では、少々長いですが、その二十八名を紹介していきます。

 

廖化 四龍将

 

・田豫(でんよ)とはどんな人?魏の国境付近の平和を勝ち取っていた異民族政策のプロ

 

中国には色々な異民族がおります。

蜀の北方には羌族(きょうぞく)がおり、益州の南側には南蛮の異民族がおります。

また呉の南方には呉を悩まし続けていた山越(さんえつ)などが常に反乱を起こしておりました。

そして魏には鮮卑(せんぴ)・鳥丸(うがん)・匈奴(きょうど)などが長城の外の世界で跋扈しており、

魏の国にとって厄介者でした。

魏の厄介者である異民族の内北方異民族の鎮撫に務めてその名を長城に轟かせ、

魏の国境付近の平和を勝ち取っていたマイナー武将・田豫(でんよ)の実績をご紹介しましょう。




こちらのまとめ記事も合わせてどうぞ

尹夫人 曹操

 

関連記事:大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選

 

2015年 感謝

 

関連記事:年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】

 

 

曹操 科学

 

関連記事:三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選

 

キングダム 40巻

 

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました




関連記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース10記事【2/29〜3/6…
  2. 赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬
  3. 何で日本人は三国志が好きなの?
  4. 諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?
  5. 【ネオ三国志】第7話:皇帝に就任した袁術と荀彧の秘策【蒼天航路】…
  6. 管輅(かんろ)とはどんな人?全ての占いを極めた天才占い師
  7. 李広(りこう)とはどんな人?「飛将軍」と呼ばれた男は李信の子孫で…
  8. 【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 若かりし曹操は熱血漢
  2. 【三国志演義】孔明が残した錦嚢策(きんのうのさく)って一体なに?
  3. 三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」
  4. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part1
  5. 【シミルボン】戦だけが能じゃない?三国志の英雄達を詩で比較してみたよ!
  6. 関羽は本当に忠義の士だったの?三国志のタブーに挑む!

三國志雑学

“劉備漫画"

ピックアップ記事

おすすめ記事

そうだったのか!武器の特徴を知ると三国志の時代の戦い方が分かる! 関羽に降伏した于禁は本当に臆病者だったの? 【今さら聞けない】妖怪三国志ってなに?お父さんも子供も夢中の新世代三国志! 美髯公とは何?ヒゲを見るだけで三国志がわかる!男のシンボル『ヒゲ』はどこから来てどこへ行くのか。 キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデルが存在した! 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を持った戦国四君【青年編】 中国人が冷たいビールを飲まないのは三国志の曹操のせいだった! もうやってられない! 三国志の時代ではどのような理由で主を変えてたの?

おすすめ記事

  1. 【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオーパーツなのか?現代科学でも説明困難な古代のロストテクノロジー(HMR)
  2. 集まれ曹操の25人の息子たち・その2
  3. 34話:女好きの英雄曹操、危機一髪の大失敗
  4. 試験に出ます!九品官人法(きゅうひんかんじんほう)の理想と弊害
  5. 秦の昭襄王(しょうじょうおう)って戦神と言われるほど本当に強かったの?
  6. 戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!
  7. 曹洪(そうこう)ってどんな人?地味で目立たないが、曹操を支え続けた忠臣
  8. 光武帝・劉秀を支えた雲台二十八将の上位15人とはどんな人達だったの?

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP