架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【1/1〜1/8】

この記事の所要時間: 835




週間まとめ

 

はじめての三国志では毎日コンテンツが掲載されています。

今週(1/1〜1/8)に掲載された記事をピックアップ!

はじめての三国志編集部が1週間分の情報をお届けします!

週末、時間が空いた時にゆっくり読んでみてはいかがでしょうか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




今週(1/1~1/8)のまとめニュース

1/1のおすすめ記事


あけまして 劉備 曹操 孔明

 

・【三国志時代の正月風景】英雄達も正月くらいはのんびりしていたの?

 

全国3594万人の三国志ファンの皆様、新年、明けましておめでとうございます。

2017年も、はじめての三国志を宜しくお願い致します。

今年度もはじさんは、読者の皆様の心のオアシスになるべく、面白い記事、

タメになる記事、怖い記事、誰かに話したくなるトリビア等を随時配信して参ります。

さて、お正月がおめでたいのは、実は三国志の時代も同じでした。

そこで、新年一発目のはじさんでは、曹操(そうそう)や劉備(りゅうび)、

孫権(そんけん)がどんなお正月を送っていたのか?

三国志時代のお正月を紹介してみたいと思います。

 

 

新年 桃園 関羽 劉備 張飛

 

・三国志の英傑達は正月に何を食べていたの?呉の人々の正月料理がまるで某有名ボクシング映画

 

新年、明けましておめでとうございます。

皆様におかれましては、よい新年を迎えられておられる事と思います。

さて、おめでたい正月ですので、今回は趣向を変えて、武将紹介を離れ、

三国志の時代の正月について、執筆していきたいと思います。

はてさて、三国志の英雄達は正月に何を食べていたんでしょうか?

 

1/2のおすすめ記事


 

おんな城主 直虎 引用

 

・おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

2016年の大河ドラマ真田丸は好調の内に終りを告げることになりました。

さて今年の大河ドラマは「女城主・井伊直虎(いいなおとら)」です。

この井伊直虎を知っている人物がどれだけいるのか疑問符が付きそうです。

今回は来年の大河ドラマ・女城主井伊直虎ですが、

彼女が生まれた井伊家は今川家に関わってしまったことが原因で、

呪われているのではないかと疑いたくなるぐらい不幸の連続でした。

 

孫堅の妻

 

・江東の虎・孫堅が次世代の息子たちに残したものとは?

 

江東の虎として恐れられた孫堅(そんけん)。

彼は海賊を退治したことがきっかけで自らの名声を上げることに成功し、

黄巾賊討伐戦では中央政府の将軍である朱儁(しゅしゅん)から

黄巾討伐戦に参加するように要請を受けて討伐戦に参加することになります。

彼は黄巾討伐で武功を挙げ長沙(ちょうさ)太守に任命されることになりますが、

劉表討伐戦で優勢であったにも関わらず、

黄祖(こうそ)の伏兵にあって亡くなってしまいます。

その後孫家は孫策(そんさく)・孫権(そんけん)と受け継がれていくことになるのですが、

孫堅は彼らに何を残すことができたのでしょうか。

 

陸遜 孫権

 

・江東の豪族・陸遜は政治家としては優秀だったの?

 

三国志の一角を担う「呉」の重臣に陸遜(りくそん)という男がいます。

美男子と描かれることも多く、三国志女性ファンには呉の英雄・周瑜(超イケメンと伝わっています)と

同じくらいの人気があるのではないでしょうか。

周瑜は魏の曹操(そうそう)の大軍を赤壁にて火計をもって破っていますが、

陸遜も蜀の劉備の大軍を夷陵にて火計をもって破りました。実績も充分です。

今回はそんな呉の社稷の臣である陸遜に注目していきます。

 

 

呉懿と孔明

 

・蜀漢の外戚・呉懿(ごい)は有能なのに地味で実は孔明に敬遠されていた?

 

蜀は人材が少ない割に、孔明が存命中には冷や飯を食っていた人がいます。

呉懿(ごい)もそんな一人で、彼は妹が劉備(りゅうび)に嫁いでいる

蜀漢における外戚の地位を占めます。

しかし、高官なのに情報不足から伝が立てられませんでした。

そんな呉懿、外戚故に孔明に敬遠されていた疑惑があるのです。

 

1/3のおすすめ記事


曹操 機密保持

 

・曹操の短歌行が後世にまで禅譲のお手本として残ってたってホント?

 

曹魏を作り上げた曹操(そうそう)。

彼は後漢王朝を凌ぐ権力と広大な領土を獲得することに成功します。

だが曹操は後漢王朝に変わって皇帝の位に就任することはありませんでした。

彼は後漢王朝に取って代わることが目的ではなく、

彼が自ら作った詩である「短歌行(たんかこう)」にも自ら心情を吐露しております。

この曹操の姿勢は後世において禅譲をする際のマニュアルとして示すことになります。

 

1/4のおすすめ記事


 

・前漢の外交官・張騫(ちょうけん)は大月氏と同盟を結ぶために西の国へ

 

前漢の名君・武帝(ぶてい)

彼は匈奴を漢の領土から追い払うために衛皇后の一族である衛青(えいせい)を起用し、

匈奴撃破を企みます。

また国内の物流の流れをよくするために平準法(へいじゅんほう)を取り入れ、

国内の経済の活性化に努めます。

このように色々なことを行ってきた武帝は、漢の西にも国があることを知ります。

そして張騫(ちょうけん)を筆頭に100人ほどの使節団を結成させ、

彼らを西の国へ派遣します。

張騫は使節団の長として西の国へ派遣されることなりましたが、

ここから彼の大冒険と苦労が始まることになるのです。

 

張良㈪ 戦争編07

 

・秦を滅ぼし暴走した劉邦を止めた天才軍師・張良の必殺の言葉って何?

 

「関中に一番最初に入ったものを関中王(かんちゅうおう)にする」。

この言葉は楚の懐王の言葉で、この言葉を聞いた劉邦(りゅうほう)と項羽(こうう)は、

勇んで関中へ向かって行こうとします。

しかし楚の懐王(かいおう)は項羽には秦の都である咸陽へ向かうことを命じず、

秦の名将・章邯(しょうかん)軍に苦戦している趙の救援を命じます。

そして劉邦に関中へ向かうように命令を出します。

劉邦は関中へ向かって爆進しますが、

戦が下手で幾度も敗北しつつもなんとか関中へ向かって進みます。

劉邦は苦労の末なんとか秦の首都・咸陽を陥落させて秦を滅ぼすと嬉しさのあまり暴走します。

この姿をみた張良が劉邦の暴走を止めるために言った必殺の言葉を今回はご紹介しましょう。

 

陸遜

 

・図解でよくわかる夷陵の戦いと趙雲の重要性

 

三国志を読んでいると、特に合戦のシーンでイメージが掴みにくい事があります。

それは、基本的に文字だけでは、戦場の地形を思い浮かべるのが難しいからです。

特に、複雑な経緯を辿る戦いだと、始まりと結果しか分らないという事が起こりがち

そこで、今回は劉備(りゅうび)最後の戦争、夷陵の戦いについて図で解説します。

 

袁術

 

・匡亭の戦いを図解で解説!袁術の華麗なる転落のプレリュード

 

輝ける四世三公の名門に生まれ、反董卓連合軍結成の頃は、

従兄弟の袁紹(えんしょう)と共に、天下を二分するような勢力を

保有していたスーパーエリート袁術。

しかし、そんな袁術は、西暦199年の真夏、「はちみつ水飲みたい」という

不朽の名言を残して、壮烈な人生の幕を閉じます。

その華麗なる転落のプレリュードこそが匡亭(きょてい)の戦いでした。

 

陸遜

 

・陸遜は兵法の本質を理解していた戦術家だったの?夷陵の戦いから読み取る陸遜の能力

 

三国志の一角を担う「呉」にも名将と呼ばれる男たちがいます。

また、他国の軍師にも匹敵する男たちもいました。

最も有名な名将といえば、やはり周瑜(しゅうゆ)が筆頭でしょう。

他にも魯粛(ろしゅく)、呂蒙(りょもう)などがあげられます。

実際に周瑜の後を継いだのが魯粛であり、魯粛の後を継いだのが呂蒙です。

そして呂蒙の後を継ぐことになったのが陸遜(りくそん)でした。

陸遜がその存在感を一番発揮したのが有名な「夷陵の戦い」でしょう。

 

1/5のおすすめ記事


周倉

 

・【真・三國無双8】新キャラ周倉(しゅうそう)とはどんなキャラ?実際に存在した人?

 

ジャーン!ジャーン!曹操も思わず「ゲエッ」と叫ぶ大ニュース。

かなり前から、出るぞ!出るぞ!と言われて、なかなか発売されず、

「無双出る出る詐欺」とも言われた、三国無双ファン待望の

三国無双8の発売がついに発表されました。

まだ、発売日までは未定ですが、お馴染みのゲームロゴも発表されて、

最新情報も続々と伝えられています。

そして、気になる新プレイヤーキャラとして周倉(しゅうそう)が

参戦する事も発表されました。

 

1/6のおすすめ記事


 

・春秋戦国時代初期の名軍師・范蠡の名言:狡兎死して走狗煮らる

 

呉と越の国は互いに戦い呉が越に大勝利を収め、越は呉に対して従属することになります。

越の君主であった勾践(こうせん)は軍師である范蠡(はんれい)の言うことをよく聞いて、

呉王の屈辱的な扱いにも耐えて行きます。

その後、越王・勾践は屈辱に耐えること二十年程度経過した時、

范蠡の策を用いて呉の首都を陥落させて、呉王を処断。

こうして越は復讐を果たすことに成功し、

越王・勾践は范蠡に最高職である上将軍の位を授与されます。

しかし范蠡はこの職を捨てて斉に行って平和な時を過ごします。

この時同僚であった文種(ぶんしゅ)に宛てた手紙の中の名言である

「狡兎(こうと)死して走狗(そうく)煮らる」をご紹介します。

 

軍師

 

・竹中半兵衛重治と黒田官兵衛はどっちが凄かったの?

 

秀吉の両兵衛と言われる竹中半兵衛重治(たけなかはんべえしげはる)と

黒田官兵衛(くろだかんべえよしたか)。

二人は非常に優秀な軍師で竹中半兵衛は秀吉の前半生を支え、

黒田官兵衛は秀吉の天下取りまでを支えた軍師として知られておりますが、

このふたりは一体どちらが優秀なのでしょうか。

気になる方もいると思いますので今回は比べてみたいと思います。

 

陸遜

 

・忠義の士・陸遜に迫る!陸遜は呉でクーデターを起こすことはできたの?

 

政治と権力を握るための革命(クーデター)には大義名分が必要です。

西暦189年のクーデターを振り返ってみましょう。

霊帝が崩御したタイミングで何進や袁紹は、権力を握っていた宦官たちの一掃を計画します。

 

夏侯淵

 

・夏侯淵の死後、一族はどうなったのか?

 

覇王曹操(そうそう)を支える二人の夏侯氏、夏侯惇(かこうとん)が

企画経営部長なら、夏侯淵(かこうえん)は、現場に出たがる営業部長という感じで

畑違いですが、いずれも、それぞれの職分に徹して魏王朝の礎になりました。

生涯を前線一筋で生きた猛将、夏侯淵は西暦219年に定軍山で

蜀の黄忠(こうちゅう)に討ち取られ無念の最期を遂げます。

では、夏侯淵亡き後、一族はどうなったのでしょうか?

 

1/7のおすすめ記事


赤兎馬と武霊王

 

・【武帝の欲望】あの馬が欲しい!汗血馬を手に入れる為に・・・・

 

前漢の武帝は匈奴を滅ぼすために西の国の月氏と同盟しようと考え、

張騫(ちょうけん)を使節団の長に任命して派遣します。

そして13年後、彼の元に張騫が帰国。

彼は張騫から月氏との同盟が失敗に終わったことを聞き、落胆してしまいます。

しかし張騫からもたらされた西の国の情報を聞いて大いに興奮します。

その中でも一番気になった情報は汗血馬と言われる一日千里を走ると言われている馬の

情報でした。

 

関羽 京劇

 

・【シミルボン】すでにキャラ立ちしている、民話の中の三国志

 

私達が、桃太郎や金太郎、浦島太郎に親しむように、

中国人は、劉備(りゅうび)、曹操(そうそう)、関羽(かんう)のような

三国志の登場人物に親しんできました。

14世紀後半に、三国志演義という読物になるより、

ずっと昔から三国志の英傑達は、民話の中に登場して

庶民のヒーローであったり、敵役だったりしたのです。

 

始皇帝

 

・【キングダム】イケメンな始皇帝の意外な最期を大胆に考えてみよう!

 

キングダムのもう一人の主人公である秦王政しんおう・せい)、

幼少期を秦軍に攻められている戦乱の趙の都、邯鄲(かんたん)で過ごし、

自身に向けられる凄まじい憎悪と虐待と差別を通じて、戦争のむごたらしさを

体験してきた政が目指すのはそれまで誰一人として成し遂げた事がない

中華の統一による戦乱の終結という奇跡のような事業でした。

そんな秦王政、つまりは始皇帝の最期は、漫画キングダムではどのように

表現されるのでしょうか?

 

竹林の七賢

 

・【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?

 

三国志の時代は戦がメインとなっており、

戦いに参加している武将や軍略をもって戦の勝利に貢献した軍師などに

注目が多く集まっております。

しかし!!三国志は戦だけが魅力ではないと思うのです。

この時代は文学史に残る時代であることを知っておりましたか。

今回は建安文学を支えた七人の一人である陳琳(ちんりん)の魅力についてご紹介しましょう。

 

1/8のおすすめ記事


屈原 wiki

 

・屈原(くつげん)とはどんな人?楚のために命を尽くす有能な政治家

 

キングダムは秦を主軸にした歴史超大作漫画です。

秦王政は天下統一を実行するべく、色々な人材を仲間にしていくことになります。

色々な人材を仲間にしていくと必ず派閥が形成され権力争いが生じることが多々あります。

また高位の位についている人物が自分よりも有能な人材が後から入ってくると自らの地位を

守るために下位の者を蹴落としてしまいます。

 

天下三分の計

 

・孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたってホント?

 

天下三分の計。

この計略は漢の国士無双韓信の軍師であった蒯通(かいとう)が最初に発案した計略で、

後に三国志一の大軍師として知られている諸葛孔明に受け継がれることになります。

さて三国志でこの計略を唱えたのは孔明が最初であり、

魏では天下を三分割にして統治しようとは誰ひとり考えていなかったのではないのでしょうか。

また孔明が天下三分の計を計画していた頃、呉では周瑜(しゅうゆ)が軍事に関してのトップでした。

彼は天下を三分割にするようなまどろっこしいことをするのではなく、

天下を二分して呉が西・南から魏へ攻撃して攻略していく天下二分の計を考えておりました。

しかし呉でも周瑜の天下二分の計に隠れながら、

天下三分の計が実は唱えられていたことを知っておりましたか。

今回は意外と知られていない呉の天下三分の計を唱えた人物をご紹介したいと思います。

 

おんな城主 直虎 引用

 

・おんな城主 直虎の予備知識を得よう!女城主・井伊直虎は今川家に呪われているらしい

 

2017年の大河ドラマは女城主・井伊直虎(いいなおとら)です

彼女は井伊宗家の娘として誕生しますが、今川家の呪いによって人生が狂ってしまいます。

まず義元に疑われたせいで、許嫁である亀之丞が井伊家から逃亡。

帰ってきた時には知らない女の人と結婚している状態で、

婿養子として井伊直親(亀之助=元服して直親)が井伊宗家に入ってきます。

そして直親が井伊宗家を継ぐことになるのですが、

彼もまた今川の呪いによって亡き者にされてしまいます。

2017年の大河ドラマの主人公・井伊直虎の予備知識として、

今川家と直虎の成人後のお話をしていきたいと思います。

 

おんな城主 直虎 引用

 

・【井伊直虎の細腕城主一代記】婚期を逃した戦国女の意地とプライド

 

2017年のNHK大河ドラマは、「おんな城主 直虎」です。

直虎こと、井伊直虎(いい・なおとら)は女性でありながら1565年、

井伊家の事情により井伊谷城を相続、その後17年間に渡り城主として君臨し、

徳川四天王(とくがわしてんのう)の井伊家の土台を造り上げました。

 

しかし、そんな直虎の人生は波乱万丈、いつの間にか許婚者(いいなづけ)は、

他所の女性と結婚しているし、自分は出家させられるし、井伊家の重鎮は

続々と死んでしまい、やむなく城主になる羽目になるなど散々でした。

 

陸遜

 

・陸遜の死後、一族はどうなったの?呉の滅亡後、晋の散騎常侍に仕えた一族達

 

呉郡の四姓、陸氏に生まれながら傍流である為に無名だった、

名将、陸遜伯言(りくそん・はくげん)。

しかし、卓越した戦略眼で南郡において呂蒙(りょもう)と協力して

関羽(かんう)を破り、さらに復讐に燃える劉備(りゅうび)を夷陵の戦いで

完膚なきまでに打ち破った事で、陸遜は呉の重鎮の仲間入りを果たしました。

その後は正直すぎる性格が災いし、後継者問題で孫権(そんけん)の不興を買って、

問責の手紙を多量に送られ悔しさから憤死する事になります。

では、彼の子孫は、その後どうなったのでしょう。




こちらのまとめ記事も合わせてどうぞ

尹夫人 曹操

 

関連記事:大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選

 

2015年 感謝

 

関連記事:年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】

 

 

曹操 科学

 

関連記事:三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選

 

キングダム 40巻

 

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました




関連記事

  1. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2
  2. 漢の飛将軍・李広の逸話「信念をもって行えばやれないことはない」
  3. 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.1
  4. もし郭嘉が長生きしてたら赤壁の戦いでは曹操軍はどうなっていたの?…
  5. もう!待ちきれない真三国無双8の発売日はいつ?
  6. 三国志の時代を震えさせる怨霊たち!特に呉には怨霊系の話が多い!
  7. どうすれば関羽を死なせずにすんだのか?三国志ライターろひもと理穂…
  8. 桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. ホウ徳の叩き上げ人生録!関羽に降伏せず忠義の人と讃えられた関中の名将
  2. 後宮にも上下関係が存在した?三国志後宮キャリア物語
  3. 【重要なお知らせ】ストライキ決行
  4. 125話:何で孔明や姜維の北伐は街亭や祁山にこだわったの?
  5. 三国志時代の通信手段は何だったの?気になる三国時代の郵便事情
  6. 楽進(がくしん)ってどんな人?演義では地味だが正史では大活躍しちゃうよ?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志ベストコンビネーション賞!感心・感動したコンビ10選 20話:激突、菫卓対反菫卓連合軍 三国志水軍最強の将・決定戦!あの色男が一位でしょ!? 小野小町(おののこまち)はどんな人?世界三代美女は謎だらけ 【光武帝の伝説の戦い】劉秀の評判がこんなにも高い秘密はここにあった! 【センゴク】三方ヶ原の戦いがきっかけで将軍義昭が挙兵した? 【センゴク】戦国時代を揺るがす本能寺の変。秀吉はこの事件のせいでショックを受けて腑抜けになった!? 蔡夫人、張允、蔡瑁、トリオ攻撃が劉備を追いつめる!

おすすめ記事

  1. 【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の十二神将
  2. 真・三國無双8 新キャラクターを大予想!西晋の新武将は、この二人で決まり!!
  3. 「刀狩り」とは何?豊臣秀吉が行った有名な政策とその目的とは?
  4. 【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発
  5. 【三国志ライター黒田廉が行く】始皇帝と大兵馬俑から始皇帝がおこなった政策を覗いてみたよ
  6. そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)
  7. 周瑜(しゅうゆ)ってどんな人?赤壁の戦いで曹操軍を破った智将軍
  8. 【キングダムに描かれない】秦の時代の貧困のリアルを追ってみる

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP