春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

はじめての変

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【1/9〜1/15】

この記事の所要時間: 104




週間まとめ

 

はじめての三国志では毎日コンテンツが掲載されています。

今週(1/9〜1/15)に掲載された記事をピックアップ!

はじめての三国志編集部が1週間分の情報をお届けします!

週末、時間が空いた時にゆっくり読んでみてはいかがでしょうか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




今週(1/9~1/15)のまとめニュース

1/9のおすすめ記事


孔明

 

初心者にも分かる!陸遜と諸葛亮孔明の関係性

 

西暦222年、復讐に燃える蜀の皇帝・劉備(りゅうび)の大軍を

呉の総大将たる陸遜(りくそん)が火計をもって討ち破りました。

劉備はその後、白帝城に敗退し、失意のままに亡くなります。

劉備にとどめを刺したのは、呉の陸遜といっても過言ではありません。

陸遜は数々の武功をあげて、西暦229年に上大将軍(最高司令官)・右都護に任命され、

推しも押されぬ呉の代表となります。

 

 

・春秋戦国の覇者・桓公の最後は非常に残念!名宰相がいなくなったら大変なことに

 

信 キングダム

 

・【キングダムの主人公】飛信隊の信は悲惨な最期を遂げる?

 

大人気漫画、キングダムの主人公、信(しん)新たに飛信隊を増強し

今回の対趙戦争で手柄を立てれば大将軍への昇進は間違いない勢いを持っています。

しかし、その後、始皇帝(しこうてい)の天下統一の後、信はどうなるのでしょうか?

そこには、逃れられない歴史の渦に巻き込まれた悲惨な最期が待っています。

 

甘寧 裏切る ゆるキャラ

 

・三国志の時代にもいた遊侠(ゆうきょう)とはどんな人達のこと?

 

三国志の時代にも出てくる遊侠。

関羽(かんう)や甘寧(かんねい)も遊侠に近い生活を若い頃しておりましたが

遊侠って一体何のでしょうか。

今回はこの遊侠についてご紹介していきたいと思います。

 

孔明 コペルニクス

 

・【シミルボン】三国志と彗星達の不思議な関係

 

中国では、天体の運行は現実の政治に対する警告や予兆を知らせるものと

考えられ古くから天文学が発達していました。

特に、彗星は不吉の前兆として忌み嫌われ、その為に中国の歴史書には

彗星出現の記録が多く残される事になったのです。

三国志の時代にも、現代の私達に馴染みが深い彗星が登場し、

その出現に対して、様々な意味が与えられています。

 

1/10のおすすめ記事


陳平 劉邦

 

・意外と知らない楚漢戦争時代の戦い!命からがら逃げれた滎陽城篭城戦

 

三国志英雄と言われた曹操も官渡の戦いや青州黄巾賊討伐戦などで何度も死地に陥る

苦しい戦いを行っております。

曹操のような苦しい戦いを乗り切ってきた英雄は三国志の時代だけではありません。

漢帝国を樹立した初代皇帝劉邦も苦しい戦いを何度も乗り越えて、

天下統一を行います。

彼の戦いの中で苦しい状況に陥った戦いはいくつかありますが、

その中でも一番苦しいであろう戦いである滎陽城(けいようじょう)籠城戦を今回は紹介しましょう。

 

 

呂蒙

 

・【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史を変えた!?

 

呉の陣営は大都督となる人物によって方針が変わっていきます。

赤壁の英雄として知られる周瑜(しゅうゆ)が大都督となって呉の政権のトップに立っている時は、

劉備(りゅうび)との同盟を親密に結びつけることをせず、孫呉を強大にしようと考えていました。

しかし周瑜亡き後、魯粛(ろしゅく)がトップになると孫権(そんけん)の

妹を劉備に嫁がせて同盟強化を図り、劉備軍を盾にして曹操に抵抗しようと考えます。

魯粛(ろしゅく)亡き後は呂蒙(りょもう)が呉のトップに立ちます。

 

王翦

 

・【龐煖の死】対趙攻略戦を地図で解説&大胆キングダム予想!

 

キングダム501話では、予想を覆し、秦に備えて

北方が手薄になっている趙に燕のオルド将軍が攻めてきました。

一転ピンチの李牧(りぼく)、逆に戦争に追い風が吹いてきた王翦(おうせん)ですが、

対趙攻略戦のこれまでと今後をはじさんでは解説&大予想します。

 

かなえ 鼎

 

・『鼎の軽重を問う』とは誰の言葉?五分でわかる春秋戦国時代のことわざ

 

鼎の軽重を問うを辞典で調べてみると

権威あるもの権力者を侮ってその実力の意味を問うということだそうです。

現在ではあんまり使われない言葉になっておりますが、

実はこの言葉春秋時代の中国で生まれた言葉だったことを知っておりましたか。

今回は鼎の軽重を問うがどうやった誕生したかを探ってみたいと思います。

 

袁術と劉繇

 

・劉繇(りゅうよう)が凄い!袁術の宿敵?そこそこ頑張った英傑の生涯

 

三国志には、曹操(そうそう)、劉備(りゅうび)、

孫権(そんけん)のようなメジャーどころの群雄ばかりでなく、

そこそこ頑張れるが時代の波に流される群雄もいます。

漢王朝の末裔にあたる劉繇(りゅうよう)もそんな一人だったりします。

今回は、自称宇宙の支配者袁術(えんじゅつ)と激闘を繰り広げ、

そこそこの知名度を残した劉繇について、紹介してみたいと思います。

 

1/11のおすすめ記事


龐煖

 

・【キングダム】龐煖(ほうけん)が戦死する理由を史実をもとにネタバレ予想!

 

キングダムで最大の敵役と言えば、李牧(りぼく)ですが、

性質が悪い実行犯としては龐煖(ほうけん)でしょう。

李牧はまだ分ります、趙を守りたいから秦の天下統一を阻止したいのです。

しかし、あの龐煖たるや、動物のように自分より強いヤツが許せないというだけ・・

そんなヤツに王騎(おうき)も麃公(ひょうこう)も殺されたのです。

だが、しかし、そんな龐煖にも最期の時が近づいています。

今回は、龐煖が間もなく戦死するであろう、理由を挙げていきます。

 

袁術と孫策

 

・孫策の独立理由に疑問!袁術は孫策に対して本当にケチだったの?

 

孫策(そんさく)が袁術(えんじゅつ)の元を離れた原因には、

一には袁術の皇帝僭称(せんしょう)、そして、二には袁術が孫策に約束した

九江(きゅうこう)大守や廬江(ろこう)大守を反故にした事が挙げられます。

それで、ガッカリしてしまった孫策が袁術を見限って自立するのが定番の

あらすじなのですが、果たして、袁術は言われる程のケチなのでしょうか?

 

真田丸02(武田信玄)

 

・これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみちが気になる!
甲斐の虎と言われた武田信玄。

彼は領地を拡大するときに必ずと言っていいほど調略を施して武田側に着く

諸豪族を増やしてから戦を行って勝利を得ております。

信玄の調略は領土の加増や領土保全を約束して味方に誘う方式をとっており、

他にも武田で産出された金を使って武将を寝返らせる方法をとっておりました。

当時の武田家は金山をたくさん保有しており、ガツガツ掘っていっぱい金を産出している状態で、

ゴールドラッシュと言っていい状態でした。

今回はこのゴールドラッシュ状態の武田家をご紹介していきたいと思います。

 

photo credit: Tattooed Hippy Sunset over Drax via photopin (license)

photo credit: Tattooed Hippy Sunset over Drax via photopin (license)

 

・楚の荘王が残した「鳴かず飛ばず」【五分でわかる春秋戦国時代の名言】

 

春秋時代、中国には4つの大国がありました。

一つは北方の大国で文公の時代には春秋の覇者たる地位を獲得したこともある晋。

二つ目は西方の強国で異民族討伐によって国土を拡大し、

百里渓(ひゃくりけい)や蹇叔(けんしゅく)などの賢臣を配下に加えたことで強くなった秦。

三つ目は東方の国で、名宰相・管仲(かんちゅう)を加えたことで国力は増大。

諸侯からも信頼されていた斉です。

そして最後は南方の超大国で、今回の主人公が居る楚の国です。

今回は南方最大の勢力である楚の国の君主である荘王の名言を紹介したいと思います。

 

劉姫

 

・三国志の時代を彩った烈女たちの生涯を紹介!

 

三国志の時代には英雄・豪傑など多くの魅力あふれる人が出てきています。

そのため三国志の時代は古代から多くの人を魅了しており、

現在でもたくさんの三国志好きの人々が三国時代を愛しております。

しかし三国時代を彩ったのは英雄・豪傑だけではなく女性も活躍している時代でした。

今回はその中でも烈女にスポットライトを当ててみました。

 

1/12のおすすめ記事


羌瘣

 

・【キングダム】羌瘣は戦死するの?それとも結婚?どんな最期を遂げるの?

 

キングダムで一番の人気を誇るメチャ強美女剣士と言えば羌瘣(きょうかい)です。

謀略で殺された姉の仇を討ち、自分の意志で飛信隊に戻ってきた羌瘣ですが、

剣の腕だけではなく、戦術の才にも優れていて、今では三千人将の立場、

事実上、飛信隊は、河了貂(かりょうてん)と羌瘣の頭脳で動かされていると

いっても過言ではありません。

そんな羌瘣ですが、そろそろフェードアウトの時が迫っています。

史実に則ると宣言しているキングダムですから、必ず羌瘣は消える時が

やってくるわけですが、羌瘣はどのように消えるのでしょうか?

 

周瑜

 

・周瑜の死後、その一族はどうなったの?陸遜の下で活躍する周峻や息子たち

 

小覇王、孫策(そんさく)の無二の親友であり孫策の江東・江南の平定に

尽力したばかりか赤壁の戦いでは、実質上、曹操を破った呉の重鎮である

美周郎、周瑜公瑾(しゅうゆ・こうきん)

しかし、そんな彼も、劉備(りゅうび)を警戒し先に蜀を獲ってしまおうと

計画した矢先、南郡攻略で負った矢傷の為に36年の人生を閉じます。

呉になみいる名将の中でも一際、光彩を放った周瑜ですが、

残された一族は彼の死後、どうなってしまったのでしょうか?

 

キングダム 政

 

・秦が天下統一できたのは斉が他国へ何にもしなかったのが要因か!?

 

古代中国史の漫画で今一番人気を博しているのはキングダムで間違えないでしょう。

この漫画は古代中国の戦国時代末期に生まれた秦国出身の李信が、

大将軍となって天下統一するまでのお話です。

最終的には政が天下統一することと李信が大将軍となって戦場で活躍することで

物語は落着するでしょう。

しかしここで疑問なのは秦の王様政を取り巻く各国は強国であり、いくら李信や他の将軍たちが

強いと言っても簡単に強国たち討ち滅ぼすことはできません。

では一体何が原因で秦は天下統一することができたのでしょう。

外部的な要因として私が推察したのは東方の強国である斉に着目しました。

なぜ斉なのか。

今回はレンの推測ですがご紹介したいと思います。

 

桃園3兄弟

 

・【衝撃の事実】実は三国志には桃園の誓いなんてものは無かった

 

蜀を建国した劉備(りゅうび)。

彼には関羽(かんう)・張飛(ちょうひ)という義兄弟がいたのは皆さんご存知だと思います。

劉備・関羽・張飛の三人は三国志演義によると張飛の家にある桃園で三人は盃を交わして、

義兄弟となったそうです。

だが桃園の誓いは・・・・・・・・三国志演義にしかなく、

本当はこのような誓いを三人はしていなかったのを皆さんご存知でしょうか。

 

1/13のおすすめ記事


キングダム 王騎

 

・【キングダム】信が王騎の矛を受け継いだのには隠された意味があった!

 

紀元前236年、秦は趙に向かって進撃を開始しました。

総大将は王翦(おうせん)、副将は桓騎(かんき)と楊端和(ようたんわ)

そして極秘裏の任務である趙の都、邯鄲の喉元、要衝の鄴の攻略に当たるのが

信(しん)そして王賁(おうほん)、蒙恬(もうてん)です。

完全なるスピード勝負の今度の戦い、信の武器に変化が起きました。

そう、受け継ぎながら、今まで扱えなかった王騎(おうき)の矛を手にしたのです。

 

朝まで三国志 袁紹

 

・【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた!

 

三国志には様々な群雄達が出現し討伐されていく時代でした。

この群雄割拠の時代、曹操(そうそう)の幼馴染で

ライバルとして立ちはだかった河北の覇者・袁紹(えんしょう)。

彼は名家の家に生まれ後漢王朝では名声を持ち、財力もあり最高の状態で群雄として

君臨することになります。

しかし宦官出身で名家ではない曹操に敗北してしまいます。

曹操に敗北した原因として袁紹の優柔不断な性格が挙げられることが多いのですが、

果たしてそれだけが原因なのでしょうか。

今回は曹操に敗北してしまった袁紹の戦略にスポットを当ててみたいと思います。

 

おんな城主01 直虎

 

・【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第一話「井伊谷の少女」の見どころ紹介

 

今年のNHK大河ドラマ「おんな城主・井伊直虎(いいなおとら)」が先日スタートしました。

大河ドラマの女の人が主人公で成功した例がほとんどないため、

井伊直虎がどこまで成長するのかが今から楽しみです。

さて第一話:「井伊谷の少女(いいのや)」をレンは見てみたので、

見どころをご紹介していきたいと思います。

 

小帝と董卓

 

・【日本人と三国志の出会い】奈良時代に董卓だとdisられていた人が存在した【シミルボン】

 

陳寿(ちんじゅ)が著した三国志は、裴松之(はいしょうし)によって

増補を受けて内容が濃くなりました。

そして、歴史書として多くの文人・政治家に読み継がれていくのですが、

この三国志、奈良時代には日本に漢籍の一部として入って来た事が分っています。

陳寿の三国志は、熱心に中国文明を吸収しようとしていた当時の日本の

エリート貴族層に読まれ、程なく三国志を引用した記述が生まれました。

 

1/14のおすすめ記事


おんな城主03b 今川義元セリフあり

 

・仏門教師・太原雪斎とはどんな人?今川義元の幼少期・青年期を支えた坊主軍師

 

戦国無双やその他の戦国系のゲームでも今川義元はポンコツ扱いにされておりますが、

実はそんなことはありません。

義元には優秀なお師匠さまがおり、その名を太原雪斎(たいげんせっさい)といいます。

この人に色々と教えてもらったことで東海一の弓取りとしてその名を轟かせることになり、

実際は全然ポンコツな武将ではありませんでした。

そんな義元をどのように教育していったのか教師太原雪斎についてご紹介しましょう。

 

王翦

 

・【キングダム】用心深い男、王翦の幸せな最期を大胆予想

 

キングダムで一番、不気味な人物と言えば、桓騎(かんき)を抑えて

王翦(おうせん)でしょう、勝つためには残虐な手段さえ辞さない桓騎を

はるかに超えて、「必ず勝てる戦にしか興味はない」と言い切る王翦には、

常人には読めない策略を淡々と実行して、非情を通り越し「無感情」に

勝利を掴むという味方さえも不安にさせる、冷酷な恐ろしさがあります。

そんな不気味さには定評がある王翦の最期とは

一体、どのようなものになるのでしょうか?

 

キングダム45

 

・【春秋戦国時代の謎】どうして秦が天下統一することができたの?【法律編】

 

キングダムで一気に春秋戦国時代が人気になりました。

信率いる飛信隊や王賁、蒙恬、桓騎、王翦などの将軍が活躍しており、

この物語の終着点は秦王となった政が天下統一を成功させた事で終幕を迎えると

私は考えております。

しかしどうして秦は天下を統一することができたのでしょうか。

この疑問に三国志ライター黒田廉が秦国の法律面から勝手に考察してみました。

 

㈱三国志 劉備 孔明

 

・【シミルボン】びっくり!三国志の時代の役人は役所に五日間缶詰だった?

 

長い不況が続く現在、日本においては身分保障が安定した公務員が人気です。

民間企業と違い、能力次第でいきなり給与が上がるわけではないですが、

年功序列で、コツコツ賃金が上昇するし、公休日や祝日はお休みだし羨ましい限り・・

しかし、同じ公務員でも三国志の時代の公務員となると、また事情が違うようです。

 

賈詡

 

・賈詡と陸遜を徹底比較!あなたはどっちの天才軍師を起用する?

 

三国志のなかには謀略や戦略に優れているものたちが多数登場します。

魏には司馬懿、荀彧、荀攸、賈詡、郭嘉、程昱など。

呉には周瑜、魯粛、呂蒙、陸遜、諸葛恪など。

蜀には諸葛亮、龐統、法正、姜維、馬謖など。

他にも田豊、沮授、李儒、張松、徐庶など。

軍師として君主を補佐できるものたちです。

 

曹操と魏軍と呉軍

 

・【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス

 

歴史には分岐点が必ず訪れます。

中華民国成立最大の功労者である毛沢東。

彼が中華民国を建国できたのは彼と敵対していた勢力である蒋介石(しょうかいせき)との

会見がきっかけです。

張作霖の息子で蒋介石の部下として戦ってきた張学良(ちょうがくりょう)らが、

裏切って蒋介石を捕らえ毛沢東に降伏。

この事件により清朝から続いていた天下の戦乱は収束していき統一されて行くことになります。

このような分岐点が中国の歴史のみならず世界の歴史には数多く存在します。

もちろん三国志の時代にもいくつもの分岐点が存在します。

今回は歴史の分岐点であり、

三国志を終わらせる近道となっていたであろうチャンスを逃してしまった

曹操のミスについてご紹介しましょう。

 

1/15のおすすめ記事


王賁

 

・【キングダムに登場した子孫達】王賁の子孫は三国時代で大活躍

 

キングダムで絶賛活躍中の武将である王賁(おうほん)。

彼は秦の始皇帝の天下統一事業で大いに活躍します。

彼が亡くなった後、息子である王離(おうり)は

楚漢戦争で名将・章邯(しょうかん)に付き従って活躍しますが、

項羽軍に敗北した時に捕虜になってしまいます。

王離はそのまま史記では記述がなくなってしまいますが、

彼の息子達は琅邪と太原に住み付くことになります。

太原王氏は三国志の時代に活躍した王允と王凌が有名ですが、

琅邪王氏は一体どのような人物を輩出したのでしょうか。

今回は琅邪王氏が輩出した三国時代の人物にスポットライトを当てて見たいと思います。

 

黒田官兵衛

 

・天才軍師・黒田官兵衛の最後の戦いまで神ってる

 

豊臣秀吉をその智謀で支え彼に天下を取らせることにおおいに貢献した

黒田官兵衛(くろだかんべえ)。

彼は秀吉死後、領地である九州へ戻り、

京や大阪の情報を集め徳川家と豊臣家が戦闘状態に入ることを予見します。

嫡男である長政は家康に味方することを決めており、官兵衛も家康に味方するために色々な

工作を行っておりました。

そして東の徳川家と西の豊臣家が対立する時がやってきます。

この時官兵衛は前もって準備していた兵士を率いて九州地方を駆け回ることになり、

生涯最後の戦を行うことになるのです。孔明

 

・【日中清廉潔白対決】北条泰時VS諸葛亮孔明

 

支配者たるもの、人並み以上に清廉潔白でないといけません。

そうでないと部下も人民も愛想を尽かして言う事を聞かないからです。

そんな事になれば、人を従わせるのに武力を使う羽目になり、

しまいには、オガッ!な展開になるのは董卓(とうたく)の失敗でも分る所です。

そこで、今回は日中、清廉潔白対決として、北条泰時と諸葛亮孔明を

対決させてみました。

 

楊端和

 

・楊端和(ようたんわ)の最期は壮絶な戦死?キングダムの女将軍の死を大胆予想

 

女性でありながら、圧倒的な武力を持って山の民をまとめ、さらに勢力の拡張を

図っている事から別民族に山界の死王と恐れられる楊端和(ようたんわ)

バジオウやタジフのような屈強な戦士を引き連れているその戦闘力は、

中原の諸民族にとっても脅威であり、蕞(さい)の防衛戦においては、

秦王政との盟約を守りバンコ族との戦闘を一時中断してまで救援にやってきました。

その功積により大上造(だいじょうぞう)の爵位を受けて、現在、秦の将軍として

趙攻略戦にも従軍している楊端和は、この後どうなってしまうのでしょうか?

 

曹操

 

・三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達

 

三国志演義は曹操が悪人として描かれており、劉備が正義の人して描かれている小説です。

そのため曹操=悪人というイメージが現代にまで波及しております。

しかし少しずつではありますが、曹操のイメージが悪役から変化しているのです。

曹操=悪役のイメージを払拭させた近代の人達に今回はスポット当ててみたいと思います。




こちらのまとめ記事も合わせてどうぞ

尹夫人 曹操

 

関連記事:大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選

 

2015年 感謝

 

関連記事:年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】

 

 

曹操 科学

 

関連記事:三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選

 

キングダム 40巻

 

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました




関連記事

  1. 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?
  2. はじめての三国志 4コマ劇場 「合肥の戦い」
  3. 1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の…
  4. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part4
  5. えっ?三蔵法師にも、猪八戒にも沙悟浄にも前世があった!?
  6. 理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは?
  7. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.6
  8. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 貴族はみんな兄弟げんかをする!袁紹VS袁術、曹丕VS曹植,孫和VS孫覇
  2. 曹操って孫子の兵法書を編集した人だけど兵法を使って戦ったことあるの?
  3. 意外と知らない楚漢戦争時代の戦い!命からがら逃げれた滎陽城篭城戦
  4. 曹操ファンは見ないでください!彼は本当に乱世の英雄だったの?
  5. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その4
  6. 【シミルボン】首絞め、兜取り、不意打ち何でもありの三国志時代の一騎打ち

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【成人編】 「ざっくりとわかる三国志」をはじめました。 「自治三訣」って一体どんな言葉?東京都知事の所信表明に出てきた言葉を分かりやすく! 姜維が北伐をしなかったら、あるいは北伐を成功させていたら蜀漢は長続きした? 三国志ロワイヤル-みんなのサンロワ-とはどんなアプリゲーム? 袁尚(えんしょう)とはどんな人?兄と争ったせいで袁家をつぶしてしまった漢 24話:呉・三国志 孫堅のあっけない最期 【龍帥の翼】張良が黄石公からもらった三略とはどんな書物なの?【留侯世家異伝】

おすすめ記事

  1. 7話:黄巾の乱は、どうして起こったのか? 黄巾賊についてわかりやすく解説
  2. 妻が13人もいた曹操が一番愛した女性は誰だったの?
  3. 関羽は本当に忠義の士だったの?三国志のタブーに挑む!
  4. 項羽に勝ったのはこれだ!項羽に勝つことができた劉邦自らの自己評価とは?
  5. 曹操の迅速な機動力VS劉備の逃げ足の速さ
  6. 78話:龐統初登場、連環の計発動!
  7. 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【後半】
  8. 曹操が董卓に歌をプレゼント?イミシンな董卓歌

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP