キングダム




はじめての三国志

menu

まとめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【2/20〜2/26】

この記事の所要時間: 732




 

はじめての三国志では毎日コンテンツが掲載されています。

今週(2/20〜2/26)に掲載された記事をピックアップ!

はじめての三国志編集部が1週間分の情報をお届けします!

週末、時間が空いた時にゆっくり読んでみてはいかがでしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




今週(2/20~2/26)のまとめニュース

2/20のおすすめ記事


 

・史書から見る曹操の評価がベタ褒めすぎてやばいってホント?

 

三国志の英雄曹操(そうそう)。

日本での評価は三国志演義の影響が強くてあまりいい印象が伝わっておりません。

むしろ悪人のイメージを中々拭うことができない曹操です。

しかし史書の末尾に書かれている曹操の評価は物凄く高いことをご存知でしょうか。

今回は史書から見る曹操の評価をご紹介したいと思います。

 

真田丸02(武田信玄)

 

・【初めての戦国史】武田家を継いだ晴信に新たな試練が訪れる

 

武田晴信は父である信虎を追放して武田家の新当主として君臨することになります。

彼は当主に就任すると父信虎からの家臣団を受け継いで信濃攻略へ向けて出陣。

当初は順調に信濃の諸豪族を時に攻め滅ぼしたり、時に調略して味方につけたりと

臨機応変な対応を行っていきます。

こうして信濃を攻略していくのですが、順調な彼に大鉄槌がくだされることになるのです。

 

馬超

 

馬超はどんな性格だったの?謎に満ちた蜀の五虎大将軍【前半】

 

蜀の五虎大将軍のひとりにして、

かつては独立勢力として曹操(そうそう)と真っ向からぶつかり合い、

曹操の首を獲る寸前まで追い詰めた猛将・馬超(ばちょう)。

三国志演義では、呂布(りょふ)さながらの猛勇と着飾った甲冑姿の壮麗さから

「錦馬超」との異名も持ちます。

しかし馬超には謎があります。蜀に降った後はほとんど活躍する機会もなく、

いつの間にか息を引き取っているというものです。

あの勇猛果敢な馬超が後ろ盾を得たのになぜ動かないんだ?って蜀ファンはイライラします。

今回はそんな謎に満ちた武将・馬超をご紹介いたしましょう。

 

曹操 詩

 

・曹操が董卓に歌をプレゼント?イミシンな董卓

 

曹操(そうそう)は兵法家であり、経済家であり、同時に武芸にも優れ

卓越した詩人でもありました。

特に曹操が力を入れたのは詩を造る事であり、戦場においても竹簡と書刀を持ち

片手に武器を持ちながら、感情の赴くままに詩を書いています。

その中には、董卓(とうたく)歌という不思議なタイトルの歌までありました。

 

2/21のおすすめ記事


孔明

 

・【三国志演義】孔明が残した錦嚢策(きんのうのさく)って一体なに?

 

今回は方向性を少し変えて三国志演義におけるお話をしたいと思います。

三国志演義は劉備・主従達が建国した「蜀」正義者として描かれており、

曹操が建国した「魏」は悪役として描かれております。

そんな三国志演義ですが、

諸葛孔明が五丈原で亡くなる間際に残した秘策があったのを皆さんご存知でしたか。

孔明が残した秘策の名前は「錦嚢の策(きんのうのさく)」と言われる作戦です。

今回はこの諸葛孔明が残した錦嚢の策をご紹介したいと思います。

 

孫権と張昭

 

・【シミルボン】ありえん?三国志の外交交渉が頓智勝負だった

 

外交の場は、今も昔も華やかな舞台の裏で各国の思惑がぶつかる真剣勝負です。

そのピリピリした緊張感は、映画などでも格好の材料になる絵になる場面ですね。

ところが、三国志の時代には、交渉の只中に頓智(とんち)が出される事がありました。

現代では考えられない、三国志の時代の外交交渉に迫ります。

 

馬超

 

・曹操に敗れすべてを失った馬超の性格を考える【後半】

 

漢民族と西方の異民族「羌」の両方の血が流れる三国志の英傑・馬超(ばちょう)。

劉備に降った後の彼の半生はベールに包まれています。

前回と今回はそんな馬超の謎について触れていきながら、馬超の性格を考察していきます。

 

2/22のおすすめ記事


紂王 wiki

 

・殷の紂王(ちゅうおう)とはどんな人?悪逆非道の限りを尽くした殷朝最後の帝辛

 

三国志の時代には暴君と言われる人物が出現します。

暴君の代表格といえば献帝(けんてい)を操り、酒池肉林を行って政治を自らの思うままに動かした

董卓(とうたく)が有名でしょう。

だが古代中国には董卓を超える暴君がいたのをご存知でしょうか。

 

織田信孝

 

・【戦国時代と三国時代の類似点】権力者に抵抗して戦い抜いた曹髦と織田信孝

 

三国時代に突入すると魏・呉・蜀の三国は天下の覇権をかけて争い続けます。

魏では二代目皇帝が亡くなると、司馬懿がライバル曹爽(そうそう)を

蹴落として魏最大の権力者としての地位を確保。

司馬懿の死後息子である司馬師(しばし)は父が確保した権力を拡大していくことに注力していき、

司馬師が亡くなると、三男・司馬昭(しばしょう)が司馬師が拡大した司馬家の権力の基盤をしっかりと

固めていきます。

 

文聘

 

・【魏のキラーの名を冠した将軍】城を守らせたら誰にも負けない文聘ってどんな人?

 

魏の武将は様々な武将が活躍したことでこの国は大いに栄えて、

三国志最大の領地を有することになります。

しかし国土が広いと呉と蜀から度々侵略を受けてしまうので、

国境を守りきるにはキラー将軍と呼ばれる武将がおりました。

 

曹操

 

・【春秋時代ミステリー】春秋時代に残るホラー話

 

今回は春秋時代に残るホラー話をしたいと思います。

春秋戦国時代の名刀匠・干将・莫耶(かんしょうばくや)。

彼らの名前は現代でもゲームやアニメ、歴史モノのマンガなどで知られている刀匠です。

しかし色々な歴史の書物で彼らは紹介されていますが、

出身国がまちまちで史実で存在した人物なのかそれとも歴史上の伝説なのかはっきりしない

二人です。

 

2/23のおすすめ記事


曹操 ガラス

 

・【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった

 

三国志の英雄である曹操(そうそう)。

彼は三国志随一の大国である魏を建国した人物ですが、故郷が大好きな普通の人でした。

挙兵してから亡くなるまで事件や精神的に辛いことがあった時などに心と体を癒すために、

帰郷していたそうです。

今回は生まれ故郷が大好きな曹操について触れてみたいと思います。

 

 

・智謀が凄すぎて信用がならなかった真田昌幸の前半生に迫る!!

 

徳川家を苦しめた智謀の士である真田昌幸。

彼は信濃の豪族として武田家に仕え、武田滅亡後は真田家を保全するために生涯で君主を

幾度も変えております。

そのため「表裏比興の者(ひょうりひきょうのもの)」と囁かれる原因になります。

この「表裏比興の者」の意味はコロコロと幾度も君主を変えている卑怯者という意味として

使われていたそうです。

 

孟嘗君

 

・【食客には無駄な人材はいない!!】孟嘗君の脱出劇が名言として登場

 

春秋戦国時代には各国の貴公子が多くの有為の人材である食客を抱え込んでおりました。

その貴公子達の中で最大の人望を持った人物は孟嘗君・田文です。

彼は斉の国の貴公子ですが、彼の元には色々な能力を持った人物がおりました。

そんな彼は秦の国から「宰相になってくれ」と要請があり、秦へ向かいます。

しかし秦は孟嘗君を宰相に据えますが、秦の国でとらわれてしまいます。

だが孟嘗君は食客達の知恵によって脱出することに成功。

この時の活躍が名言として残っているのでご紹介しましょう。

 

25-9_孫堅と絶交をする孫静

 

孫静(そんせい)とはどんな人?兄貴、孫堅とはゼッコーモン!ひたすら故郷を守った孫一族

 

劉備(りゅうび)の蜀や曹操(そうそう)の魏と違い身内の内紛が多かった孫呉ですが、

これらは何も孫権(そんけん)の時代に始まった事ではありませんでした。

その起源は、放蕩息子の孫堅(そんけん)が故郷を飛び出した時から始まっていたのです。

立身出世を求めて、袁術(えんじゅつ)に仕え、董卓(とうたく)討伐で

名を挙げた兄、孫堅、一方、そんな兄を恨みながら故郷をまとめた男がいました。

それが孫静(そんせい)でした。

 

三国志メモリーズロゴ_フルカラー

 

・【お知らせ】新企画第1弾「はじめての三国志メモリーズ」をリリースします

 

2/24のおすすめ記事


 

・【曹操軍と劉備軍】部下と君主関係の違いって一体どこら辺から?
三国志一の兵力と領土、国力を有することができた曹操(そうそう)。

三国志一の人気で、勇猛な将軍や天才軍師など様々な文官・武官を登用して、

曹操軍と張り合い続けてきた劉備(りゅうび)。

曹操と劉備ですが、部下と君主の関係にどのような違いがあるかご存知でしょうか。

ここでは曹操軍と劉備軍の君主と部下の関係性についてご紹介していきたいと思います。

 

 

・孫香(そんこう)とはどんな人?そんな人いたんだ!最期まで袁術に尽くした孫家の将

 

孫家といえば、孫策(そんさく)、或いは、孫権(そんけん)の下で

一枚岩というイメージがあります。

しかし、事実はそうではありませんで、孫堅(そんけん)の弟の孫静(そんせい)が、

兄との「おら!将軍サなるだ」トラブルで、生前はあまり孫呉に協力的では

なかったりしていました。

また、袁術の配下にも孫家でありながら、最期まで袁家に忠義を尽くした男がいます。

それが、孫堅の再従弟である孫香文陽(そんこう・ぶんよう)です。

 

 

・【お知らせ】新企画第2弾「はじめての三国志ストア」をリリースします。

 

2/25のおすすめ記事


 

・【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人生

 

西暦223年以後、諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)が、

蜀の丞相になり、全てを統括するようになると、

次第に彼の好む真面目で融通が効かない、小粒の実務官僚が増えてきました。

このようにして、蜀からは独創的な人物が出てきづらい風土になるのですが、

どんな社会にも例外は、いるもので蜀では、この何祇(かぎ)がその例外でした。

孔明の配下にいたとは信じられない、何祇のテキトー人生を紹介します。

 

 

・【砕けた友情】刎頸の交わりで結ばれた二人の絆にヒビが・・・・

 

刎頸の交わり(ふんけいのまじわり)のことわざが生まれたのは、

廉頗(れんぱ)と藺相如(りんそうじょ)が仲たがいから仲直りしたことがきっかけです。

このことわざは共に首をはねられても悔いのないほどの親しい間柄を指す言葉として有名ですが、

楚漢戦争時代にもこの刎頸の交わりを交わした二人がおりました。

その名を張耳(ちょうじ)と陳余(ちんよ)です。

彼らは若い時にこの交わりを交わし、天下にその名を広めることになるのですが、

ある時を境に二人の絆に日々がはいってしまいます。

一体何が原因で、刎頸の交わりを交わした二人の絆に亀裂が入ってしまうことになったのでしょうか。

 

 

成廉(せいれん)と魏越(ぎえつ)とはどんな人?呂布が強いのは俺達がいてこそ!

 

主役が輝くのは魅力的な脇役がいてこそと言えるでしょう。

例えば、タイムボカンシリーズの三人組、ドロンジョ様におけるところの、

ボヤッキー、&トンズラー、水戸黄門における助さん、格さんのように、

脇役の存在が、主役を引き立てる結果になるのです。

さて、そんな脇役、人中の呂布と言われた呂布(りょふ)にもいたります。

一見、たった一人で天下無双に見える呂布ですが、そのちょっと後ろでは、

呂布を目立たせるべく奮闘した成廉(せいれん)と魏越(ぎえつ)がいたのです。

 

 

・【お知らせ】新企画第3弾「はじめての九品官人法」をリリースします。

 

2/26のおすすめ記事


 

・【獄卒の偉さを思い知った宰相】漢の功臣・周勃の名言とは?

 

漢の国を建国したのは劉邦(りゅうほう)ですが、彼一人のチカラで漢を建国したのではなく、

多くの有能な武将達が力を合わせたから建国することができました。

彼の元には軍師としてその名を轟かせた張良や陳平。

軍事の指揮能力の優秀さでは韓信や彭越、鯨布(げいふ)などが軍を率いて楚軍と戦います。

また劉邦の旗揚げ時から彼を支え続けて名臣として

曹参・蕭何(しょうか)・夏侯嬰(かこうえい)などが彼の勢力基盤をしっかりと作り上げたからこそ、

天下統一が成し遂げられたと言っても過言ではないでしょう。

 

 

・中原での戦いは苦手だけど異民族討伐戦なら強い董卓

 

洛陽(らくよう)・長安で暴虐の限りを尽くした董卓(とうたく)。

彼は若い頃中原で起きた黄巾の乱鎮圧戦に参加することになるのですが、

ボコボコにされてしまい敗退してしまいます。

しかし涼州で後漢朝廷に反乱を起こしていた韓遂や漢土に侵入してくる異民族の

討伐戦では非常に強い武将でした。

 

 

・呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ!

 

ウガンダには「嘘もつけないようでは大きくなれない」ということわざがあります。

嘘は悪い事、いけない事ですが、巧妙に嘘をついて人を欺けるのは、やはり、

相手がどんな事で騙されるか知っていて、もっともらしく嘘にリアリティを与えるなど

悪い意味で賢い有能な人であるというのも一面の真実です。

三国志の英雄なんて、裏を返せば騙し合いで勝ちぬいた嘘つきばかりですが、

その中でも有名な、呂布(りょふ)と袁術(えんじゅつ)を取り上げてみましょう。




こちらのまとめ記事も合わせてどうぞ

尹夫人 曹操

 

関連記事:大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選

 

2015年 感謝

 

関連記事:年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】

 

 

曹操 科学

 

関連記事:三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選

 

キングダム 40巻

 

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました




関連記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/22〜8/2…
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【4/24〜4/3…
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【6/12〜6/1…
  4. 【ファン必見】2016年スーパーエリート袁術君の活躍まとめ26選…
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/3〜7/9】…
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース25記事【7/31〜8/6…
  7. 【月間まとめ】2016年2月の注目ニュース10選!
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/5〜12/…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1
  2. そうなの?諸葛亮はいい加減に歴史を覚えていた
  3. 2話:無敵の騎馬軍団を初めて軍に取り入れた趙の武霊王
  4. 遼来来!よりも呉は彼を恐れていた?呉キラー曹休(そうきゅう)
  5. もし荊州を趙雲に任せたらどうなったの?【ろひもと理穂if考察】
  6. 衝撃!高平陵の変の黒幕は司馬師だった!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

能ある鷹は爪を隠す!『三国志』に見る韜晦の計 孔明や安倍晋三も真似た『国家百年の計』って一体誰の言葉?現在でも使える春秋戦国時代の名言 【大胆仮説】孫登と孫慮が生きていれば呉が天下を統一した!? 張翼(ちょうよく)ってどんな人?歴代丞相と共に北伐へ参加した蜀の重臣 1800年前の古代中国に鉄軌道跡を発見、燃料不足解消か?長安から漢中までの鉄軌道 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART1 【晋の文公亡命旅行がすごい】中国大陸を横断していた亡命生活 袁術祭り開催日程のお知らせ

おすすめ記事

  1. もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?
  2. 【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(おうろう)
  3. 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.2
  4. もし司馬懿が赤壁の戦いに参加していたら魏はどうなった?
  5. キングダム 本ネタバレ 537話 お待たせ!「大将軍の景色」
  6. 姜維の兵法二十四編って孔明から貰った大事な宝物だった?
  7. 羅貫中はケアレスミスをしていた?三国志時代の紙の価値
  8. 【赤壁の戦いの裏側】劉備軍は周瑜に深く関わろうとしなかった!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP