キングダム
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

まとめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【2/27〜3/5】




 

 

はじめての三国志では毎日コンテンツが掲載されています。

今週(2/27〜3/5)に掲載された記事をピックアップ!

はじめての三国志編集部が1週間分の情報をお届けします!

週末、時間が空いた時にゆっくり読んでみてはいかがでしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




今週(2/27~3/5)のまとめニュース

2/27のおすすめ記事


 

・【官渡の戦い前哨戦】文醜はどうして敗北することになったの?

 

袁紹軍の二枚看板と謳われるほどの強さを誇った顔良(がんりょう)と文醜(ぶんしゅう)。

しかし彼らは曹操との決戦である官渡の戦いが行われる前に曹操軍に敗北して、

討ち死にしてしまいます。

顔良が敗北したのは白馬(はくば)攻防戦の時に曹操軍に身を寄せていた関羽との一騎打ちで、

敗北してしまいます。

これは三国志演義などで知られており有名ですが、

袁紹の二枚看板のうちのひとりである文醜はどうして敗北してしまったのでしょうか。

今回は文醜が敗北した戦いをご紹介していきたいと思います。

 

 

張羨(ちょうせん)とはどんな人?天下分け目の荊州合戦、劉表と争った南郡の支配者

 

荊州牧の劉表(りゅうひょう)は、内政的には有能ですが、外交面では、

基本的に日和見(ひよりみ)で政権を運営した感じがします。

天下分け目の官渡の戦いでも、曹操(そうそう)にも袁紹(えんしょう)にもつかず

ぐずぐずしていて優柔不断に見えます。

実は、劉表は、どちらかと言えば袁紹に与しましたが特に何もしていません。

しかし、それは劉表が日和見していたからではなく、それどころでは無かったからです。

その頃、劉表は手ごわい反逆者、張羨(ちょうせん)との戦いの最中でした。

 

2/28のおすすめ記事


 

・【キングダム予想】公孫龍将軍が最大の壁になる?実は防戦のスペシャリスト

 

現在のキングダムは、507話、王翦(おうせん)、桓騎(かんき)、

楊端和(ようたんわ)それに飛信隊が辺境に居た李牧(りぼく)

の帰還より早く趙国門の列尾(れつび)に

到着し、山の民の連合軍が城門に梯子を掛けて殺到、それを援護して飛信隊の新顔、

弓の名手の仁(じん)と淡(たん)兄弟が活躍しバジオウが列尾の城門に立った所です。

では、この後、漫画はどうなるのか?大胆に予想してみます。

 

 

・【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは?

 

呉の孫皓(そんこう)。

暴君として有名であり、家臣に気に食わないところがあったら殺害してしたり、

人の意見に耳をあまり貸さない人物でした。

そんな彼も皇帝の位に就いた当初は飢えている県などに施しをしたりして、

名君になろうと努力をしておりました。

そんな彼はある占い師に占ってもらったところ「○○へ向かうことになるであろう」と

伝えられます。

この占いをきっかけに彼は天下統一を統一できると信じてしまいますが、

この占い結果は孫呉が天下統一することができる占い結果ではありませんでした。

 

 

・何で姜維の北伐は反発されてたのに孔明の北伐は反対されなかったの?

 

姜維(きょうい)は軍事権を握ると蜀軍を率いて何度も北伐を敢行。

そのため蜀の政治家や軍人達から姜維を非難する声が上がることになります。

しかし孔明が幾度も北伐を行っても誰も北伐に対して一切文句を言うものはおりませんでした。

なぜ孔明の北伐戦は誰も文句を言わなかったのでしょうか。

その原因について探ってみたいと思います。

 

3/1のおすすめ記事


 

・天才軍師 竹中半兵衛が編み出した鬼畜の作戦って何?

 

三国志の軍師の中で天才的な軍略を持っている人物はたくさんいますが、

鬼畜のような作戦を編み出して実際に提案したの魏の郭嘉(かくか)ぐらいではないでしょうか。

彼が行った作戦というのは呂布(りょふ)が籠城している下邳 (かひ)城攻防戦で行った

水攻めくらいではないでしょうか。

水攻めのどこがひどいかというと川を氾濫させなくてはならないため、

田畑や家などが水浸しになって使い物にならなくなるため民衆にとっては非常に迷惑な作戦です。

籠城側も水攻めが行われるの知っておれば兵糧等を高い場所へ上げることもできますが、

知らなかった場合、兵糧も水浸しになってしまうためかなり厳しい状態になってしまいます。

しかし日本ではもっと鬼畜な作戦を提案した人がいました。

 

 

・袁紹と張り合った袁術が滅亡した原因って一体何なの?

 

後漢の名家出身の袁術(えんじゅつ)。

董卓から「二袁氏を殺せば天下を取ることもできる」と

言われた実力を袁術と袁紹は持っておりました。

しかし袁紹も袁術も共に滅ぼされてしまい、

袁術に関しては群雄割拠の時代の中期頃に退場してしまいます。

なぜ袁術は董卓から高評価を受けていたのにも関わらず滅亡してしまったのでしょうか。

今回は袁術が滅亡してしまった原因をご紹介します。

 

 

・要離(ようり)とはどんな人?呉王・闔廬の為に身命をとした刺客

 

三国志にも暗殺で殺された人物が何人かおります。

蜀の劉備の義兄弟・張飛(ちょうひ)は部下に暗殺されてその命を落としております。

また蜀の費禕(ひい)も魏から降伏してきた人物によって殺害されてしまいます。

このようにその国の重臣を殺害するにはもってこいの方法ですが、

暗殺を行った人物は自らの命を捨てなくてはなりません。

今回は戦国春秋時代に天下無双と豪語していた人物を知略をもって殺害した要離(ようり)を

ご紹介しましょう。

 

 

・【晋の皇帝 司馬炎の悩み】司馬家の後継者問題

 

三国を滅ぼして天下統一を行った晋の司馬炎(しばえん)。

彼は三国最後の国家である孫呉討伐を行う前に魏の皇帝から禅譲(ぜんじょう)を受けて、

皇帝となり「晋」帝国を樹立させます。

その後孫呉を滅ぼして天下統一するのですが、彼には一つの悩みがありました。

それは晋の皇太子問題です。

 

 

・姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?【前半】

 

蜀漢において軍務を取り仕切った大将軍の官位には、

丞相として全権を掌握していた諸葛亮孔明死去後、蒋琬(しょうえん)が引き継ぎました。

蒋琬が病気になった際には、後継として費禕(ひい)が大将軍になっています。

そこまでは引き継ぎも含め順風満帆だったのでしょうが、費禕が暗殺されたことで混乱が生じます。

費禕が亡くなったのが西暦253年のことですから、そこから数年は大将軍空位の時期となります。

費禕と同格の器とされていた董允(とういん)は費禕よりも先に死去していました。

諸葛亮孔明が後任として名をあげていた多くの人材が西暦253年までにこの世を去っていったのです。

 

 

・スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・

 

三国志は、一人で万人を倒す猛将が登場して戦いの限りを尽くす物語です。

しかし、猛将や知将達の破壊の一方で華佗(かだ)は病に苦しむ人々を救う

医術の力で世の中を再生させる事に貢献していきました。

彼の医術は時代を超越したもので、曹操(そうそう)は彼を主治医にしますが、

ある悲しい理由で、華佗は曹操に疎まれ獄死してしまうのです。

 

3/2のおすすめ記事


 

・【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(おうろう)

 

曹操・曹丕曹叡の三代の英雄に仕えて曹魏の根幹を作り出した王朗(おうろう)。

三国志演義では北伐に出陣した諸葛孔明と論戦を行いますが、

孔明に敗北してそのまま亡くなってしまいます。

そんな彼ですが若い頃孫策と戦い敗北しそのまま捕虜となってしまいます。

その後孫策に説得されても決して孫策に仕えないと覚悟を固めていたため、

孫策によって監禁されてしましますが、

このことによって彼の運命が大きく変わっていくことに・・・・。

今回は普通の三国志の話に飽きてしまった人たちのために、

三国志のマニアックな武将の出来事を初心者にもわかるようにお教えしましょう。

 

 

・キングダムに登場する司馬尚はどんな性格なの?【キングダムネタバレ予想】

 

現在、漫画では趙の国門にあたる列尾を全力で攻めている秦軍ですが、

当初にチラッと出てきた、司馬尚(しば・しょう)の動向はまだ掴めません。

三大天に任命される程に能力抜群ながら、面倒くさい性格の為に仮病で領地に

引き籠っているらしい、司馬尚、彼はどんな性格なのでしょうか?

 

 

・文欽・毌丘倹の反乱を鎮圧することができたのは傅嘏の進言があったからこそ?

 

司馬懿のクーデターによって司馬家が魏の政権を運営していくことになり、

司馬家の権力は魏の朝廷内にあって並ぶ者がないほど増大していくことになります。

司馬家の権力増大に伴い、

魏の朝廷が司馬家に取られてしまうのではないかと不安に感じた人々がおりました。

不安に感じた人々は司馬家を除くために反乱を起こします。

まず王凌(おうりょう)が司馬懿に反旗を翻して反乱を起こそうとしておりましたが、

失敗に終わってしまいます。

その後、文欽と毌丘倹が孫呉の国境で反乱が勃発。

 

 

・新制度導入はこんなに大変!胡服騎射を導入するために苦労を重ねた武霊王

 

古代中国は春秋時代を終えてから戦国時代に突入することなります。

戦国時代で「胡服騎射」を列国の軍隊よりも強い軍隊を作ることに成功した武霊王。

しかしこの胡服騎射の制度を導入するために彼は、

非常に苦労をしていたことを知っていたでしょうか。

今回は新制度「胡服騎射」を導入するために、武霊王はどのような苦労を重ねたのでしょうか。

 

 

・【シミルボン】意外!あの曹丕は大の甘党、スイーツ男子だった

 

男が甘いものを食べるなんて、、なーんて時代はもう過去の事。

今はスイーツ専門店をハシゴして、甘い物を食べまくるスイーツ男子も普通ですよね。

そんな現代から、1800年前、あの魏の建国者、曹丕(そうひ)もスイーツ大好き

甘い物が好き過ぎて、変な詩まで書いているのです。

 

 

・姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?【後半】

 

諸葛亮孔明の遺志を継いで、盛んに北伐を仕掛けた蜀の姜維(きょうい)。

その遠征の回数は諸葛亮孔明よりも多かったといわれています。

兵糧や装備など準備もままならぬ状態で毎年のように北伐に出兵し、国力を消耗させていった姜維。

 

3/3のおすすめ記事


 

・【キングダム】驚愕!信の血筋はなんと皇帝に即位していた!

 

キングダムの主人公である信(しん)。

彼は農民出身から這い上がり、飛信隊を作り上げます。

その後、数々の戦で武功を挙げていき黒羊の戦いでは趙の将軍・慶舎(けいしゃ)を討ち取る

大殊勲を上げております。

 

 

華歆(かきん)とはどんな人?孫呉の英雄達に仕えた文官

 

袁術(えんじゅつ)に強制的に仕えることになるもマッハで見切りをつけた

後漢王朝の文官・華歆(かきん)。

彼は袁術の元を去ってから、孫呉の英雄である孫策・孫権の兄弟に仕えることになります。

彼は孫呉の英雄であるふたりの元でどのような活躍をするのでしょうか。

 

 

・隗より始めよとはいったい何?最強の自薦方法だけど就職活動には使えない?

 

戦国時代末期。

燕の国は国が乱れたことで隣国の斉に国を一度奪われてしまいます。

しかし民衆や大臣達から後押しを受けた燕の国の太子である平が国を奪い返すことに成功し、

燕の国は復活することになります。

そしてこの太子平は燕の昭王として君臨することになります。

彼は国を蹂躙した斉へ復讐をしようと心に誓い、

国力を充実するために色々な政策を行っておりましたが、

燕の国には優秀な人材が欠乏しておりました。

 

 

・村上義清(むらかみよしきよ)とはどんな人?武田家キラーとしてその名を馳せた戦国武将

 

三国志の時代にもキラーと呼ばれる将軍たちがおりました。

キラーとして有名な武将は呉の孫家と戦えば勝ち続けた名将・満寵(まんちょう)が有名でしょう。

日本の戦国時代にも特定の大名家とたたえば必ず勝っていた大名がおりました。

その大名の名を村上義清と言います。

彼は信玄が順調に行っていた信濃攻略を頓挫させ、彼の出鼻を挫いた武将として有名です。

今回はこの武田家キラーとしてその名を馳せた村上義清についてご紹介します。

 

 

・若し頃の劉備は暗殺されそうになったり、カッコ悪かったりと散々だった!?

 

三国志で一番人気のある劉備(りゅうび)。

人徳のある人物であると言われておりますが、

若い頃は勉強熱心であったわけでなく博打や音楽が好きで、

服も綺麗な服を着ていたそうです。

そんな彼ですが、

暗殺されそうになったり戦に敗北してカッコ悪かったりと散々だったそうです。

今回はかっこいい劉備をご紹介するのでなく、

ちょっとカッコ悪い劉備をご紹介したいと思います。

 

 

・正当防衛なのに・・孫家に恨まれ続けて殺された黄祖(こうそ)

 

黄祖(こうそ)は荊州の劉表(りゅうひょう)の配下の将軍です。

彼には個人の伝はありませんが、三国志呉志にやたらに名前が出るので

その影響で三国志演義でも出てきますが、残忍で狭量な人物でハッキリ言って

孫権(そんけん)に仇を討たれる為に出てくると言うべき扱いです。

史実での彼は、孫堅(そんけん)を討ち取るという功積を挙げますが、その為に、

孫家及び、呉の面子に激しく恨まれ執拗に狙われるようになるのです。

 

3/4のおすすめ記事


 

・姫様ってあだ名を付けられた戦国大名が存在した!?

 

今回紹介する戦国大名は姫様ってあだ名を付けられた人です。

彼は少年時代外に出て活発な活動をせずに女の子見たいな人物であったことから

姫若子(ひめわこ)と陰口を叩かれてしまいます。

この人物は成人した後、長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)と言われるようになるのです。

 

 

・正史三国志と三国志注に出てくる趙雲はビックリするくらい全然違う!

 

五虎将軍として活躍していた趙子龍(ちょうしりゅう)。

彼は劉備の奥さんや劉禅をしっかりと守り、

劉備軍における忠義の将軍としてのイメージを持っている方が多いと思います。

しかし陳寿(ちんじゅ)が書いた正史三国志と裴松之(はいしょうし)が書いた三国志・注では、

趙雲の扱い方が全然違っていたことを知っていたでしょうか。

今回は趙雲の扱い方の違いを教えたいと思います。

 

 

・衝撃!高平陵の変の黒幕は司馬師だった!

 

西晋建国の礎を築き曹魏を纂奪したという汚名を被る事になった司馬懿(しばい)。

しかし、いかにもありそうなこの構図は実は間違いであり、纂奪に乗り気だったのは、

実は、息子の司馬師(しばし)であるという説があります。

それは、どういう事なのでしょうか?知られざるクーデターの黒幕を追ってみます。

 

 

・【晋の文公亡命旅行がすごい】中国大陸を横断していた亡命生活

 

古代中国の春秋の五覇の一人晋の文公(ぶんこう)。

彼は父王のせいで晋の国を追われることになってしまいます。

その後晋の君主として返り咲くことができるのですが、晋の国を脱出してからなんと19年後も

後になってからです。

さて彼は晋の国を脱出してから色々な国に亡命することになるのですが、

彼の亡命旅行がとんでもないことになっているのです。

 

 

呂不韋の出世のきっかけはここから始まる!

 

キングダムに登場し、秦王政を苦しめ続けてきた呂不韋(りょふい)。

彼は秦の国の丞相として君臨し、政治・軍事を一手に引き受けており、

秦の国では秦王政よりも権力を持っていた人物でした、

元々呂不韋は一介の商人でしたがどうして秦の宰相に成り上がることができたのでしょうか。

今回は呂不韋が秦の宰相になることができたきっかけをご紹介したいと思います。

 

 

・孫呉が天下統一できる可能性が2回もあった!?黒田レンの考察

 

レンが考えるに魏は天下統一することができたチャンスが二回ほどありました。

一つ目は赤壁の戦いです。

この戦いで曹操軍が敗北していなければ魏が天下統一することができた可能性が、

かなり高かったと言えるのではないのでしょうか。

二つ目は漢中制圧戦の後です。

陽平関の戦いで張魯(ちょうろ)を降して、漢中を占領することに成功した曹操軍。

 

 

3/5のおすすめ記事


 

・【天下分け目の最終戦】広武山の戦いで勝ったほうが天下の覇者になる重要な戦

 

始皇帝の死後天下は大いに乱れ、多くの群雄が出現してきます。

その中で他の群雄を抜いて勢力を拡大したのは、戦が下手な劉邦(りゅうほう)と

戦えばどんな劣勢でも跳ね返して勝ちを収めてきた項羽でした。

このふたりが天下の覇者の地位をかけて激闘を繰り広げていきます。

しかし項羽率いる楚軍は劉邦率いる漢軍を何回も打ち砕いて勝利を収めますが、

劉邦は不死鳥のごとく復活を果たします。

こうして長い戦いに終止符を打った決勝戦である広武山の戦いを今回はご紹介します。

 

 

・【初めての戦国史】尼子氏再興作戦決行!!しかし・・・・

 

山中鹿之助(やまなかしかのすけ)は尼子氏の血筋を引いている

尼子勝久を尼子氏再興の旗頭として引き入れることに成。

そして彼は数年間修行して手に入れた各大名の軍略を用いて尼子氏再興作戦を

決行することを決めます。

 

 

・【司馬の八達】超厳しい父親に育てられた俊英・司馬朗の提案を聞かなかったばっかりに・・・・

 

司馬の八達(しばのはったつ)と言われた俊英達のひとりである司馬朗(しばろう)。

彼は超厳しい父親に育てられて育っていきますが

暴君となった董卓(とうたく)に捕まってしまいます

あの手この手を使って彼の元から離れ郷里へ帰ってきます。

そして郷里に到着した彼は住民達へ提案するのですが、

彼の提案に従わなかったばっかりに大変なことになってしまうのです。

 

 

楊沛(ようはい)とはどんな人?魏の諸将を恐れさせた行政官

 

広大な領土を作り上げることに成功した曹操(そうそう)。

彼の領土は非常に広大であったので、各地色々な文官が活躍しておりました。

今回はその内のひとりで非常にマイナーですが、

けちんぼ曹洪(そうこう)や曹操と同郷であった劉勲(りゅうくん)らを恐れさせた

行政官である楊沛(ようはい)をご紹介していきたいと思います。

 

 

・羽林騎(うりんき)とは何?董卓を輩出した近衛部隊を分かりやすく解説

 

後漢をぶち壊した男、董卓(とうたく)、若い頃は男伊達を気取り異民族と好んで

交際したという彼は桓帝の末年に六郡良家子(ろくぐん・りょうかし)に選ばれ、

羽林騎(うりんき)になったとされます。

よく三国志に出てくる羽林中郎将などの羽林ですが、どのような役職なのでしょうか?




こちらのまとめ記事も合わせてどうぞ

尹夫人 曹操

 

関連記事:大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選

 

2015年 感謝

 

関連記事:年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】

 

 

曹操 科学

 

関連記事:三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選

 

キングダム 40巻

 

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました




関連記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【7/4〜7/10…
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【3/6〜3/13…
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【5/15〜5/2…
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【7/17〜7/2…
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【10/31〜11…
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【6/26〜7/2…
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/28〜9/4…
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【8/28〜9/3…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 五代友厚 幕末
  2. 燃える本能寺

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【6/19〜6/25】
  2. 読者の声(9月30日〜10月6日)
  3. 戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!
  4. ここを押さえれば大丈夫!NHK大河ドラマ『真田丸』を100倍楽しむ方法!
  5. お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!
  6. 寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

キングダム ネタバレ予想537話「王賁の覚醒」 【ネタバレ注意】キングダム541話 預言の地 レビュー&今後予想 知ってた?桜田門外の変は超お粗末な事件だった 「ざっくりとわかる三国志」をはじめました。 盧綰(ろわん)とはどんな人?劉邦の親友でもあり辛苦を共にした男 【そうだったの?】戦国時代は地球が寒くなった為に引き起こされた 【10月の見どころ】10/27 公開予定:諸葛均の野望 【ネオ三国志】第5話:兗州騒乱の終結と天子の擁立【蒼天航路】

おすすめ記事

  1. 典韋の死因は?三国志でも有名な悪来の最期の勇姿
  2. 三国志の時代のお茶は、全然人気が無かったってホント?
  3. 東方明珠のへなちょこ洛陽旅行記 その1
  4. 【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎
  5. 【キングダム予想】公孫龍将軍が最大の壁になる?実は防戦のスペシャリスト
  6. キングダム587話ネタバレ予想印鑑はどこに押していたの?
  7. 【はじめての孫子】第5回:戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり
  8. 忠義の士・陸遜に迫る!陸遜は呉でクーデターを起こすことはできたの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP