架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

まとめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース36記事【4/2〜4/9】

この記事の所要時間: 1032




 

はじめての三国志では毎日コンテンツが掲載されています。

今週(4/2〜4/9)に掲載された記事をピックアップ!

はじめての三国志編集部が1週間分の情報をお届けします!

週末、時間が空いた時にゆっくり読んでみてはいかがでしょうか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




今週(4/2~4/9)のまとめニュース

4/3のおすすめ記事


 

・三国志補完計画・どちらが本当の三国志?正史と演義

 

三国志が好きになって、いろいろな事件や

いろいろな人物のことを知っていくと、一つの壁にぶつかります。

え!?三国志って二つあるの!?どういうこと!?どっちが真実なの!?

という不安と疑問です。突如パニックに襲われます。

これを三国志の「セカンドインパクト」と呼びます。

下手をするとこのセカンドインパクトで三国志を嫌いになるひとや、

三国志から遠ざかってしまうひともいるのです。

恐るべしセカンドインパクト。

 

 

・【超レアな儀式】真の皇帝にしか許されない封禅の儀式って何?

 

キングダムの信、王賁(おうほん)、蒙恬(もうてん)、王翦ら将軍達や李斯、尉繚(うつりょう)、

王綰(おうわん)ら文官達の力を結集して秦王政は天下統一を行います。

皇帝と名乗った始皇帝政は真の皇帝のみが許される事に成る封禅の儀式(封禅の儀式)を

執り行います。

 

 

・蔡夫人、張允、蔡瑁、トリオ攻撃が劉備を追いつめる!

 

劉備(りゅうび)は官渡の戦いで敗北した袁紹(えんしょう)に見切りをつけて

荊州を統治していた劉表(りゅうひょう)の元で8年間という長期に渡り厄介になります。

劉備の人生で、この8年は、戦争のない平穏な時間であり、お腹にも太ももにも

贅肉がついてデブちんになるのですが、劉表が病に倒れると事態は一変します。

劉備が劉表の後継者で嫡男の劉琦(りゅうき)に近いという理由で、

次男の劉琮(りゅうそう)を後継者に推す蔡(さい)夫人、張允(ちょういん)、

蔡瑁(さいぼう)の魔の3人トリオに命を狙われる羽目になるのです。

 

 

・【祝】はじめての三国志!月間100万PV達成のお祝い

 

全国3594万人の三国志ファンの皆様、本当に、本当に長らくお待たせしました。

今月をもちまして、はじめての三国志は、遂に3ケタの大台、月間100万PVを

達成する事が出来ました。

これもひとえに、毎日、はじめての三国志を尋ねて来て下さる読者の皆様のお陰です。

開始してから、2年5カ月以上、飽きもせず毎日、はじさんを読んでくれて有難う。

代表おとぼけ以下、スタッフ一同、深く御礼を申し上げます。

 

4/4のおすすめ記事


 

・孫権の本拠地である建業は始皇帝の嫉妬によって街の名前が変わった?

 

始皇帝・政。

キングダムでは秦王政として活躍している人物ですが、

彼は天下統一した時にある街の名前が気に食わなくて変更した事実を知っていましたか。

今回は三国志の孫権にも関係してくる始皇帝の嫉妬によって街の前が変化してしまった事実を

ご紹介したいと思います。

 

 

・蜀の二代目皇帝・劉禅とケンシロウの共通点

 

仁徳の君主として有名な劉備の子が今回の主役・劉禅(りゅうぜん)です。

劉備は蜀漢を建国するまでの期間、大変な苦労をしてきています。

それに従った義弟の関羽や張飛も同じです。

そんな劉備が「髀肉之嘆」をこぼしたのが、

荊州の劉表の客将として新野にいた頃になります。(運動不足で肥えてきたのを嘆いた)

ここで劉備は運命的な出会いをします。

劉備は軍師として諸葛亮孔明を得たのです。

そして劉禅は劉備の人生の岐路となったこの年に生まれています。

 

 

・これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術

 

天下御免のハチミツガイ袁術(えんじゅつ)、彼は後に皇帝を名乗っただけあり、

元から独立志向のアナーキーな人物だと思われています。

しかし、それは正しくなく袁術は以前、王朝を擁護する立場だったのです。

今回は、三国志魏志、袁術伝から、その辺りの話を紹介しましょう。

 

 

・秦王政の疑心を見抜いていた二人の人物:尉繚と王翦

 

キングダムでは爽やかな人物として描かれている秦王政。

しかし彼は後年天下統一した際、次第に人を疑い始めるようになるのです。

この秦王政の心の奥底に潜んでいた人を疑う思考を見抜いていた人物が秦に二人いました。

一人目は尉繚子(うつりょうし)と言う兵法書を書いた人物で尉繚(うつりょう)です。

もうひとりはキングダムでも登場しており、何を考えているかちょっとわからない不気味な将軍

王翦(おうせん)です。

 

 

・その裏切りはちょっと!!三国志の裏切りベスト10

 

三国志は乱世です。戦国の世では、人を騙し主君の寝首をかくなど日常茶飯事。

まさに生存競争のためなら何でもありの世界です。

いろいろありましたねー。三国志でもそれは許せんという裏切りが数々ありました。

今回はその裏切りはちょっと!!っていう最悪裏切り賞を決めていきたいと思います。

いつも通り、私の独断と偏見です。

 

4/5のおすすめ記事


photo credit: Tattooed Hippy Sunset over Drax via photopin (license)

 

・迷信を利用して統治を行った魏の西門豹(せいもんひょう)に迫る!

 

春秋時代が終わり、戦国時代へと突入するとさまざまな人材が出現します。

戦国時代初期の覇者は魏の国でした。

魏の君主である文侯(ぶんこう)は様々な人材を登用して魏の国を拡大していきます。

この時西門豹(せいもんひょう)という人物が文侯に登用されて、

その統治の仕方が各国の評判になっておりました。

彼が行った評判の高い統治方法とは一体どのようなものだったのでしょうか。

 

 

・【曹叡なんか目じゃないぜ】キングダムの秦王政は土木工事が大好きだった件

 

キングダムの秦王政は後に天下統一と言う偉業を後世に伝えるために皇帝と名乗ります。

そして彼は中華で最初の皇帝として名乗ることから始皇帝と名乗ります。

彼は始皇帝と名乗ってから色々な土木工事に着手し、魏の二代目皇帝で土木工事大好きな

曹叡(そうえい)なんか目じゃないほどの土木工事好きでした。

今回は始皇帝が民衆をフル動員して作った土木工事の数々をご紹介しましょう

 

 

・三国志の時代のお茶は、全然人気が無かったってホント?

 

中国人にとって、茶は文化であり、飲茶とあわせ生活から茶は切っても切れません。

この中国の緑茶が貿易を通じてイギリスに伝わり、イギリスの紅茶文化が出来た程です。

そんなお茶、三国志の時代にも既にありましたが、今とは違う形だったのです。

 

 

・同じくらいの力量の武将や軍師を三国間でトレードしたらどうなる?

 

プロ野球の世界において、選手の「トレード」は互いのチームの戦力アップに絶大な効果を発揮します。

お互いのチームにとってWIN-WINなのです。

もちろん異質なケースもあります。

江川事件と呼ばれた小林繁と江川卓のトレードはプロ野球界にとって黒い歴史ですね。

あとは小久保裕紀の無償トレードとか(それはもはやトレードとはいえない)。

落合博満を得るために中日は4人の選手を引き換えにしました。

三国志では君主間のトレードは基本的にありません。

 

 

・袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】

 

「はじめての三国志」では、

西暦194年からの袁術がいったいどのような行動をとれば天下を獲れたのか、

みんなで作戦会議をしている最中です。

どうでしょうか。皆さんは何かアイディアが閃きましたか?

いや、袁術には無理でしょう。

って言っちゃダメです。誰にだって長所はあります。

誰にだって天下を獲る可能性はあるはずです。

学校で先生に習ったはずです。「可能性は無限だ」と。

諦めたらそこで試合終了ですよ。

 

4/6のおすすめ記事


 

・【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最後

 

織田信長は羽柴秀吉を西の中国地方の覇者として君臨していた

毛利家討伐の総司令官として、中国地方攻略戦の総司令官として任命。

秀吉は信長から中国地方の総司令官として任命されると

毛利家と織田家の前線である播磨(はりま)へ出向します。

当時の播磨は織田家に心を寄せていたこともあり、

秀吉に対して反抗する勢力はほとんどなく協力的な関係でした。

その為秀吉は播磨で秀吉に敵対していたいくつかの豪族の討伐や調略を行うだけで、

播磨平定のほとんどを完了することに成功します。

 

 

・五人で国を創るとしたら誰を選ぶ?三国志この五人でしょコーナー

 

三国志の世界はifの設定を想像するのも面白いですよね。

今回は登場した時期を問わず、この五人で国を創りたいというのを選んで想像してみたいと思います。

名付けて「この五人と旗上げしよう」です。

君主1名、軍師1名、武将2名、文官1名の構成です。

皆さんは誰を選びますか?好みによってかなり違ってきますよね。

 

 

・三国志時代の字体とは?現代でも通じるの?

 

字をキレイに書ける女性はそれだけで美人度が×2.5になります(独断偏見)。

有名な女子アナウンサーでも書道の心得がある方は多いですね。

顔が美人で、指がキレイで、字も上手い。これはひとつの女子力です。

モテる女子というのは可愛くて、料理が上手いだけではありません。字もキレイなのです。

それでは、三国志の時代の字体ってどんなものだったのでしょうか。

漢王朝の時代ですからやっぱり「漢字」ですよね。

 

 

・賈詡はどうして李傕・郭汜に長安を襲わせたの?

 

奇計を立てさせれば右に出るものはいない、曹操(そうそう)の懐刀、

軍師賈詡(かく)、その実力は張繍(ちょうしゅう)に仕えては、曹操を敗走させ、

馬超(ばちょう)と韓遂(かんすい)を手紙一つで仲違いさせるなど驚くべきものです。

しかし、そんな賈詡、後世の評価は芳しいものではありません。

それは、賈詡の汚点と言われる、李傕(りかく)、郭汜(かくし)に長安を襲撃させ

献帝を渡してしまったその責任を追及されるからです。

 

 

・劉備の観察眼をもってしても見破ることのできなかった人物Xとは?

 

益州を攻略して三国志の一角である蜀を建国した劉備(りゅうび)。

彼は益州攻略を済ませると大軍を率いて漢中に駐屯している曹操軍の討伐に

出陣することになります。

益州を統治してまもない頃、劉備は謎の人物と会見しておりました。

劉備いわく「諸葛孔明に匹敵する才能を持っていた人物」であったようですが、

一体何者なのでしょうか。

 

4/7のおすすめ記事


 

・【はじめてのセンゴク】毛利家の暗躍と荒木村重の反乱

 

羽柴秀吉は織田信長に命じられて中国方面司令官として任命されることになります。

秀吉はすぐに播磨の平定を行うべく織田家に味方していた別所(べっしょ)氏らと協力して、

播磨の国人衆の調略や討伐を行っていきます。

また播磨における毛利の前線拠点である上月城(こうづきじょう)を陥落させ、

この地に尼子氏の当主や出雲も麒麟児としてその名を馳せた

山中鹿之助(やまなかしかのすけ)を駐屯させることにします。

 

 

・【時代の先導者】父に嫌われていた孟嘗君・田文は○○がきっかけで父の跡を継ぐことになった

 

キングダムより50年~100年ほど前の戦国時代の中国。

この時代を牽引していたのは斉の孟嘗君(もうしょうくん)田文と言っていいでしょう。

彼は諸侯から尊ばれ、頼りにされており

斉の国の宰相でありながら天下に人望を持っていた人物で、

彼が動けば天下が動くと言われていました。

 

 

・袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第4回】

 

自称・皇帝を名乗ってあっけなく滅亡した袁術に注目。

どうすれば彼が天下を獲れたのかをみんなで考える第4回目になります。

皆さん、何かいいアイディアは浮かびましたか。

安易に、諸葛亮孔明と周瑜と龐統と魯粛と呂蒙と・・・・・・人材を集めていく!

なんていうのはダメです。

どうやってその人材を確保するのかという手段が大切なのです。それを話し合いましょう。

さあ妄想の世界へ。

 

 

・キングダム 513話 ネタバレ予想:王翦は落ちない鄴をどう落すのか?

 

列尾から無断で抜け出した王翦(おうせん)が二日もかけて確認したのは

鄴(ぎょう)の防御力でした。

一目見るなり王翦は「鄴は陥落させる事は出来ない」と匙を投げます。

しかし、今回の趙攻めの目的は鄴を陥落させる事であり、それが出来ないなら

退却しか残されていない事になります。

 

 

・羅貫中はケアレスミスをしていた?三国志時代の紙の価値

 

現代では情報の伝達手段はほとんどがインターネットですね。

メール、LINE、FacebookやTwitterなど世界中のどこにいようと

情報を交換することができるようになりました。凄いことですね。

三国志の時代の人たちがこれを見たらどう思うのでしょうか。

 

 

・司馬懿は大軍を率いていながら孔明にビビって逃走したってほんと?

 

諸葛孔明のライバルと言っても過言ではない人物。

それは司馬仲達(しばちゅうたつ)です。

今までの三国志では孔明に惨敗しまくっていた仲達ですが、

孔明が拠点としていた城に追い詰めたことがあったそうです。

孔明は少ない人数で城を守っていたのですが、

仲達は孔明が少ない人数で城を守っていることにビビってしまい撤退してしまったそうです。

果たして本当なのでしょうか。

 

4/8のおすすめ記事


 

・春秋時代を代表する名君・荘王にも面白い話があった!

 

春秋時代は春秋五覇(しゅんじゅうごは)と呼ばれる君主が周王朝(しゅうおうちょう)に代わって、

天下の諸侯をまとめていた時代です。

楚の名君として誉れ高い荘王(そうおう)も春秋五覇の一人に数えられる人物です。

彼は飛ばず鳴かずの故事を残した人物としても知られている王様で、

数々の武勇伝を持っている人物です。

今回はその中の一人で楚の名君として誉れ高い荘王に関して面白いエピソードが

あったのでご紹介しましょう。

 

photo credit: Tattooed Hippy Sunset over Drax via photopin (license)

 

・聶政(じょうせい)の律儀な性格と自分の顔を削って自刃した刺客の最期

 

三国志にも曹操や司馬懿を暗殺しようした計画は建てられておりますがことごとく失敗。

暗殺を計画した人物達は殺害されてしまいます。

中国古代史の戦国時代も暗殺者は数多く出現しておりますが、

暗殺に失敗する場合と成功する場合は半々でした。

また暗殺を行う理由も人それぞれで、

始皇帝を暗殺を試みた荊軻(けいか)は依頼されたことが

暗殺を試みた理由のひとつとなっております。

 

 

・三国志史上で一番絵が上手なのは誰だ!?ヒント、姓は曹です

 

人類史上、誰が一番絵が上手なのか。この問いに答えられる人はいますか?

鳥山明先生?・・・正解です。

では二番手は誰でしょうか?

ピカソ?確かに彼の「アルジェの女たち」という作品は1億7900万ドルで取引されましたからね。

別にお金で作品の価値は決まらないとは思いますが。

それを言ったら、デ・クーニングの「インターチェンジ」は3億ドルです。

1ドル111円として333億円ですね。ということは、

鳥山明先生の次に上手なのはデ・クーニングかな。

 

 

・三国志テストにチャレンジ!!TOSIC990点を目指せ!!

 

皆さんテストは好きですか?

そうですか、嫌いですか・・・・・。残念です。

いいですか、人間はテストをしているときが一番伸びるときなんですよ(よく生徒に言ってます)。

これは皆さんの三国志の力を伸ばすチャンスです。

前向きに受け止めてください。

それでは今日は、抜き打ちにはなります。三国志のテストを行います。

カンニング行為は発見次第退場にします。

 

 

・蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?

 

「国破れて山河あり、城春にして草木深し」と唐代の詩人、杜甫も言いますが、

悠久の姿を留める、山川草木に比べて、国の運命とは儚いもので、

無敵の栄華と繁栄を誇っていた国もいつかは滅びる時がきます。

劉備(りゅうび)が建国した蜀漢も西暦263年には、魏の侵攻で滅亡する事になりました。

その混乱の中で、蜀の民や国に尽くした人はどうなったのでしょうか?

 

 

・これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話

 

小さな英雄、曹操(そうそう)、その大人物ぶりを表わす逸話として、官渡の戦いで

袁紹(えんしょう)と内応した部下の手紙を押収してもその内容を確認する事なく

見なかった事にして焼き捨て、内応の罪を不問にするなど、カッコイイ所があります。

しかし、この逸話、実は真実ではなく、曹操はパフォーマンスをしたに過ぎない、

という、やや、みみっちい裏話があるのです。

 

 

・田斉に時代最高の名君である威王の逸話【春秋戦国時代の斉の名君】

 

キングダムに出てきた斉王(せいおう)・田建(でんけん)。

彼は斉の国の王様ですが、

春秋時代は斉の国は羌族(きょうぞく)出身の太公望・呂尚が初代斉の君主でした。

だがこの国は斉の桓公(かんこう)の時代に亡命してきた田氏が力をつけて台頭したことによって、

太公望が建国した斉は滅ぼされてしまいます。

 

 

・【江陵攻防戦】名将・曹仁が見せた粘り腰が周瑜に致命的な一撃を加える

 

曹操軍の将軍の中で一位、二位を争う名将・曹仁(そうじん)。

彼は若い頃から曹操軍に参加して各地の戦で色々な活躍をしておりましたが、

夏侯兄弟らの将軍や荀彧や郭嘉達のような名声を得るまでに至っておりませんでした。

そんな彼に赤壁で敗北した曹操から江陵城を守るように命令を受けます。

曹仁は命令を受けるとすぐに兵を率いて江陵城へ入城。

 

 

・三国志に学ぶ国家絶滅危機:もし日本(国家)がなくなったら、日本人はどうなるの?

 

人間、当たり前に存在するモノについては、それが無くなったと

仮定するのもかなり難しい事だったりします。

その中の一つには国家もあるでしょう、もし日本という国家が無くなったら

日本人はいったいどうなるのでしょうか?

今回は三国志に学ぶ国家絶滅危機と題して、もし蜀漢のように現代日本から

国家が消滅したら、というタイトルでシュミレーションしましょう。

 

 

・三国志探索・蜀の楊儀ファンはいるのだろうか?生き方が不器用な楊儀

 

三国志に登場する英雄たちが現在の世界に実在したとしたら、

世界中からファンレターが届くことでしょう。

ジャニーズを超える数の手紙やバレンタインチョコになるのではないでしょうか。

孫策(そんさく)、周瑜(しゅうゆ)の人気は凄いでしょうねー。

陸遜(りくそん)、趙雲(ちょううん)もニンマリなはずです。

そんななかで、この人はどうなんでしょうか。

蜀を支えた揚儀(ようぎ)のことです。

ファンレターは届くのでしょうか。心配です。

 

 

・関羽のワガママ死は孫権の無節操が原因だった?

 

三国志一の自意識過剰の面倒くさい人関羽(かんう)、目下にはとても優しいが、

同僚や目上には平気で反発する関羽のワガママは劉備(りゅうび)に荊州を任されてから、

益々強化され、とうとう蜀呉同盟の崩壊まで突き進んだと言われてきました。

しかし、関羽のワガママは、本当にすべて関羽のせいなのでしょうか?

今回は、その辺りを検証してみましょう。




こちらのまとめ記事も合わせてどうぞ

尹夫人 曹操

 

関連記事:大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選

 

2015年 感謝

 

関連記事:年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】

 

 

曹操 科学

 

関連記事:三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選

 

キングダム 40巻

 

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました




関連記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【7/17〜7/2…
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【6/26〜7/2…
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【4/17〜4/2…
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【4/10〜4/1…
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/3〜7/9】…
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース22記事【5/29〜6/4…
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【4/24〜4/3…
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【6/19〜6/2…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【水滸伝】可哀想すぎる強引な梁山泊のスカウトが悲劇を産む
  2. 【はじさん編集部】第2話 三国志なんか読むな!(泣)新橋の夜に吠える はじ三の犬達
  3. 105話:曹操軍20万vs蜀の歴代最強メンバー【漢中争奪戦】
  4. これであなたも角栄になれる!?大物になる6の心得
  5. 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した別伝
  6. あの曹操が箱入り娘ってどういうこと!?華容道って、なに?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志の結婚事情、不公平?女は早く嫁がないと罰金があった 後漢王朝の王族・劉曄の若かりし頃はどのような人物だったの? 三国志の時代を彩った烈女たちの生涯を紹介! 中原での戦いは苦手だけど異民族討伐戦なら強い董卓 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十一話「さらば愛しき人よ」の見どころ紹介 【曹操孟徳の心に残る名言】法を制して自らこれを犯さば、何をもって下を帥いん びっくり!五丈原の戦いの戦費、現在で換算すると、なんと○○円! 104話:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い

おすすめ記事

  1. 許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る
  2. 【第四回 放置少女】伏龍参戦の新イベントと公孫瓚に挑んでくるぜ!!
  3. 【シミルボン】異議ありまくり!三国志の時代の裁判風景
  4. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第9部
  5. 軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>
  6. 【はじさん記念】無事1周年を迎えることができました。。
  7. 曹真が明帝時代の名将である確固たる理由
  8. 魏の諸葛誕が反乱に失敗した原因ってなに?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP