袁術祭り
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

はじめての変

黄忠や厳顔のような老兵は実際に戦争では最前線に立っていたの?

この記事の所要時間: 233




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・迫る超高齢化社会」のコーナーです。

 

 

三国志に登場する武将たちは年齢不詳ばかりで、

若武者なのか、中堅なのか、ベテランなのか、老人なのか判別がとても難しいです。

蜀の趙雲あたりはいつまでたっても若大将というイメージが強いですよね。

まるで巨人の原辰徳さんのようです。

そんな中で極めて強烈なインパクトを持っているのが蜀の「黄忠」、「厳顔」です。

2人まとめて「老将コンビ」などと呼びます。カテゴリーが老人でバッチリ固定されているのです。

そもそも過酷な戦場で老人が活躍などできるものなのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の兵力は実際にどこまで本当なの?魏呉蜀の兵力の真実に迫る!




高齢化社会の日本でいう老人

 

老人は、一般的に「高齢者」という表現になりますが、65歳以上の世代を指します。

高齢化社会の傾向が強まっている日本ではこれを70歳にしようとする動きがあります。

定年や年金受給を70歳からにするというものです。

一方で高齢者の自動車事故が問題視されたりもしています。

2015年時点での日本の65歳以上の割合は26.3%です。

4人に1人が老人です。これが2050年には36.3%になります。

3人に1人は老人です。

さらに驚くべきことに2050年には100歳以上の人口が44万人を突破するそうです。

生産年齢(15歳から64歳)1人に対して、

若年(14歳以下)・高齢(65歳以上)1人ずつを負担しなければならない時代になります。

まさに超高齢化社会の到来です。




黄忠は何歳だったのか?

 

黄忠と厳顔は老人というイメージがありますが、一体何歳だったのでしょうか。

実際のところ、厳顔が老人であるという記載は正史にはありません。

三国志演義独自の表現になっています。厳顔が老将だったかどうか不明ということです。

では黄忠はどうでしょうか。

三国志演義では関羽と黄忠が争ったとき、黄忠はすでに60歳を超えていたという設定になっています。

西暦208年のことです。

黄忠はその後、益州侵略で武功をあげ、

さらに西暦219年の定軍山の戦いで魏の名将・夏侯淵を討ち取ります。

つまり黄忠は70歳を超える状態で山岳戦に臨み、さらに敵の総大将の首を討ったのです。

これは70歳でも充分に戦場で働けるということを示しています。

これを「老黄忠」と呼び、

現在でも「老当益壮」(老いて益々壮んであること)の代表格とされています。

 

老黄忠の存在価値

 

蜀は呉や魏に比べて圧倒的に人口が不足しています。

蜀は呉の50%の人口数であり、さらに魏の25%の人口数です。

当然ながら兵力も変わってきます。兵役に就ける人口の数が異なるからです。

軍師の苦心や、武将たちの力量、兵の訓練度である程度は補えるものの、やはり寡兵は不利になります。

当然のように異民族の内地への帰化はどこの国でも実施しています。

もはや猫の手も借りたい状態なのです。

そうなると蜀のとるべき手段は一つしかありません。現代の日本と同じです。

65歳だろうが、70歳だろうが働いて成果をあげてもらわなければ困るという話になります。

高齢者に頼るしか打つ手がないのです。

そこで高齢者を勇気づける存在が必要になります。それが「黄忠」だったのではないでしょうか。

正史で関羽が「あの老兵と同列など納得がいかない」と不満を漏らしていますが、

老兵の存在すらも貴重だったのが蜀の台所事情だったということです。

 

関連記事:趙雲は何で新参者の馬超や黄忠や魏延よりも位が低いの?

関連記事:黄忠(こうちゅう)ってどんな人?華々しさとは真逆、家族に恵まれなかった人生

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

老人でも立派に頑張れるというメッセージがこもったこの「老黄忠」という言葉。

もしかすると、三国志が今後の日本に一番影響を及ぼすのは、このエピソードになるかもしれませんね。

私も33年後の2050年には確実に高齢者の一員なので、老黄忠の志を胸に頑張ります!

皆さんもそんな社会システムが成立できるよう協力してくださいね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!

関連記事:【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍していた!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 黄忠と黄蓋は親族なの?黄忠と黄蓋の違いと共通点をわかりやすく解説…
  2. 諸葛孔明の影に隠れる劉備
  3. 周瑜が長生きしていたら三国志はどうなったの?二国志になっていた可…
  4. 嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせ…
  5. 劉巴(りゅうは)とはどんな人?天下に名声を轟かせた名士であるが、…
  6. 【権力を巡る兄弟の確執】曹丕&曹植 VS 後白河天皇&崇徳天皇
  7. 【三国志if】もしも劉備が諸葛亮孔明にフラれていたら!?
  8. 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第4回 目指せ主力の英雄化!呉…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. キングダム 533話 ネタバレ予想:李牧が雁門で編み出した戦法
  2. 智謀が凄すぎて信用がならなかった真田昌幸の前半生に迫る!!
  3. 郭図(かくと)とはどんな人?出ると負け軍師・袁家滅亡の戦犯
  4. キングダム 524話 ネタバレ予想:朱海決戦はどのように推移する?
  5. 【衝撃】馬超は漢語が出来なかった?韓遂との不仲の原因を考える
  6. 【感謝】シミルボンにて総合ランキング1位を「はじめての三国志」が獲得しました!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【三国志ライフハック】好きな事だけを優先してやった曹操 はじめての三国志 4コマ劇場 「楽進と張遼の息子による父親の武勇伝自慢」 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【前半】 【春秋五覇の一人】穆公のおかげで後進国からのし上がった西の国・秦 【シミルボン】これは意外!モノマネが大好きだった三国志の人々 【5分で分かる】意外と知らない孫呉滅亡のきっかけ kawausoって、何者? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【5/30〜6/5】

おすすめ記事

  1. 張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦った魏の猛将
  2. 戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!
  3. 【キングダムに登場した子孫達】王賁の子孫は三国時代で大活躍
  4. 後藤又兵衛(後藤基次)はどんな最期を遂げるの?
  5. 鬼道の使い手である卑弥呼の女王即位と三国志の関係性
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第36話「井伊家最後の日」の見どころ紹介
  7. 【忠臣・魏延に迫る】何で劉備は魏延をあれほど重用したの?
  8. 三国志一騎打ちの強さベスト10!一騎当千は誰だ!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP