編集長日記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

まとめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【5/15〜5/21】

この記事の所要時間: 530




 

はじめての三国志では毎日コンテンツが掲載されています。

今週(5/15〜5/21)に掲載された記事をピックアップ!

はじめての三国志編集部が1週間分の情報をお届けします!

週末、時間が空いた時にゆっくり読んでみてはいかがでしょうか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




今週(5/15~5/21)のまとめニュース

5/15のおすすめ記事


 

・「文永の役」を超簡単にわかりやすく説明!アンゴルモア元寇合戦記がさらに楽しめる!

 

日本史上最大のピンチ、元寇(げんこう)を正面から描いた娯楽チャンバラ時代劇、

それが、たかぎ七彦原作の「アンゴルモア元寇合戦記」です。

現在、コミックス7巻まで出ていて戦いは序盤という所ですが、描写がリアルで、

キャラクターも魅力的に描かれていて、なじみがない鎌倉時代が美麗なイラストで

展開するので、鎌倉時代や元寇を学ぶには最適な漫画です。

 

 

・口は災いの元だと痛感できる廖立(りょうりつ)のエピソード

 

孔明から「龐統(ほうとう)と廖立(りょうりつ)は、

荊州(けいしゅう)の逸材というべき人物であります。」と評価を下されていた廖立(りゅうりつ)。

しかし彼はあることに不満を持っていたことが原因で、

蜀の諸将や文官達を批判しすぎて庶民に落とされてしまうのです。

今回は言葉が過ぎてしまったため庶民に落とされてしまった

残念な文官・廖立をご紹介したいと思います。

 

 

・【センゴク祭り】織田信長と足利義昭の仲が悪くなった原因って何?

 

織田信長は将軍・足利義昭(あしかがよしあき)を擁して、

京都や近畿周辺の諸大名を味方につけることに成功し、

京都へ勢力を伸ばすことに成功します。

信長と義昭は京都に到着した当初はかなり仲のいい協力者として

互いに尊重しておりました。

義昭は信長の勢力を後ろ盾にすることで将軍の権威の回復し、

諸大名(畿内を中心とした諸大名)や幕府直轄領からの税収など、

経済的基盤を確立。

 

 

・もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?

 

これまで三国志の世界の中で多くの「if」についてお話をしてきましたが、

今回は夷陵の戦いの後の魏のリーダーである曹丕の決断についてです。

リーダーにもいろいろな種類がいます。果敢に攻めるリーダーもいれば、

守りを重視するリーダーもいます。

どちらにせよリーダーの決断とは実に重いものです。

時にそれが国の命運を左右することになります。

戦国時代にはやはり活発に動き回るリーダーが注目を集めます。

 

5/16のおすすめ記事


 

・アンゴルモア 元寇合戦記ネタバレ 第29話 Part.2 高麗の栄光の為、父を裏切れ

 

あらすじ:後の高麗二十五代忠烈王、諶(しん)は、1269年、高麗王、

元宗の代理で皇帝フビライ・ハンが留まる上都に沢山の貢物を持ってやってきました。

現在では、モンゴルと連合して対馬を攻めている高麗、しかし、それ以前は、

三十年に渡りモンゴル軍と激闘を繰り広げた国だったのです。

そして、その事は、モンゴルの高麗国への不信として色濃く残っていました。

 

 

・もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?

 

劉備の益州・劉璋領侵略に際して主力になったのが、新参者の黄忠(こうちゅう)と魏延(ぎえん)

そして今回の話の主役である龐統です。

龐統は直前に軍師中郎将に就いています。

呉の魯粛(ろしゅく)の推薦があったといわれています。

それまでは重く用いられていません。

つまり活躍の場がほとんどなかったわけです。

しかし劉備軍の軍師として諸葛亮孔明の「伏龍」と並び「龐雛」と称される龐統は、

益州侵攻でようやく功績をあげます。遅すぎる活躍と早すぎる死。

 

 

・刑顒(けいぎょう)とはどんな人?三国志時代の曹植家に仕えていた執事

 

「おかえりなさいませ~ご主人様」メイドカフェではよく使われる言葉ですが、

今回はメイドカフェをご紹介するわけではありません。

今回ご紹介するのは三国志の皇族などの家を取り仕切ったメイド(男性なので家宰)です。

曹魏の皇族・曹植(そうしょく)の家を取り仕切った執事をご紹介したいと思います。

 

5/17のおすすめ記事


 

・キングダム 519話 ネタバレ予想:閼与に飛信隊が投入される!

 

今週も、ヤングジャンプにキングダムがないので、

今後のキングダムの展開を大胆に予想してみたいと思います。

趙攻めの冒頭、遊撃隊の役割を与えられた、飛信隊、楽華隊、玉鳳隊、

ここまで、王翦(おうせん)にいい所を持っていかれっぱなしの

ポンコツ三部隊の大活躍のチャンスがいよいよ巡ってくるポイです。

 

 

・【第8回 幻想少女】難攻不落の第十章攻略が面白い!はまってきました♪

 

今回のオープニングは「孫策」さんですが、見た目が確実に女の子ですね。

そうなんです。実は女性版・孫策も登場するのです。女性版・関羽も登場します。

これは「幻想少女」がアニメ「一騎当千Extravaganza Epoch」とコラボしているからですね。

幻想少女に登場する女性キャラに負けず劣らず魅力的です。

 

 

・なぜ袁紹は小勢力の曹操に敗北してしまったの?原因は名士だった!?

 

河北の覇者として君臨していた袁紹(えんしょう)。

そして呂布(りょふ)・袁術(えんじゅつ)・劉備(りゅうび)と名だたるライバル達を蹴散らして、

河南を統治することに成功した曹操。

その後両者は天下の覇者を決することになる大事な戦いである官渡の戦いを勃発させます。

戦術面で袁紹軍を疲弊させ、袁紹軍から寝返ってきた許攸(きょゆう)から兵糧集積所を聞き出し

袁紹軍の兵糧集積所を焼き討ちしたことで官渡の戦いは曹操軍の勝利となります。

 

5/18のおすすめ記事


 

・世説新語の「荀巨伯のお見舞い」の友情話が熱い!

 

世説新語は後漢末から魏・晋・六朝を通じて、

当時を生きた人々の噂話から人物評、

個々人のプライベートやスキルといったことを載せている偉人達の伝記のようなものです。

世説新語は中国南北朝の宋の劉義慶(りゅう ぎけい)によって編纂されました。

 

 

・【センゴク祭り】織田家のトップに就任してから9年の歳月をかけた尾張統一

 

織田信長(おだのぶなが)。

信長は父織田信秀(おだのぶひで)が亡くなると織田家のトップに就任。

尾張国内に散らばって領地を持っている織田家を打倒しながら尾張統一へ向けて、

少しづつ領土を拡大しておりました。

しかし信長には尾張(おわり)国内に散らばっている織田家よりも

強力な敵がいたことをご存知でしたか。

この敵を倒したときはじめて信長が尾張を統一することになるのです。

 

 

・三国時代の黄夫人(黄月英)とは、実際にいた人?

 

いつの時代も他人の奥さんや旦那さんって気になりますね。

見た目がどうなのかと併せて、夫婦仲が良いのかどうかも気になったりします。

例えば日本の戦国時代にあってひときわ輝いた織田信長(おだのぶなが)。

彼の奥さんは美濃のマムシこと斉藤道三の娘です。

信長に負けず劣らずの器量の持ち主だったとか。

 

 

・【お知らせ】ソウルフルボイス vs 怪人 初の対決!

 

やあ、みんな!俺の名はコング!メカの天才だ、大統領だって

ブン殴ってみせらァ!

 

そんなkawausoが海を越えて沖縄からやってきたぜ。

今回は、はじさんのキャラクターにボイスでライフを吹き込む宇治一世さんと

おしゃれにタイ料理でランチだ。

 

 

・秦朗(しんろう)の人たらし術がハンパない!秦宜禄のバカ息子の意外な才能

 

魏の二代目皇帝である曹叡(そうえい)。

彼はおじいちゃんである曹操(そうそう)に似ており

戦の才能においては父・曹丕(そうひ)を超えておりました。

しかし内政においては父曹丕よりも熱心ではなく気まぐれな性格で、

孔明の北伐戦が行われている最中から土木工事を行っておりました。

 

 

・末っ子は努力が足りない!?馬謖の素性を探る

 

「泣いて馬謖を斬る」のフレーズがあまりにメジャーなので話題にするのをずっと避けてきましたが、

今回は初めて馬謖(ばしょく)を主役にお話をしていきます。

馬謖を好きか嫌いかと問われると、圧倒的に嫌いと答える人が多いのではないでしょうか。

彼の街亭の敗戦がなければ諸葛亮孔明の第一次北伐はかなりの成果をあげていたからです。

 

5/21のおすすめ記事


 

・【はじ三の企画ができるまで〜制作の裏側少しだけ公開】

 

「はじめての三国志」よりありったけの愛と感謝を込めて…

いつも「はじめての三国志」をご愛読頂きありがとうございます。

都内某所にて、新企画や今後の戦略について打ち合わせ風景をパシャリ!

 

 

・霍光(かくこう)とはどんな人?名将・霍去病の弟は違った意味でエキセントリックな人物だった

 

前漢の武帝時代、異民族である匈奴(きょうど)が中華に侵入して広大な領土を有しておりました。

武帝は匈奴が治めている領土を奪還するべく、衛青(えいせい)を将軍に任命して出陣させます。

衛青は武帝の期待に応えて、匈奴が居座っていた漢の領土を奪還することに成功。




こちらのまとめ記事も合わせてどうぞ

尹夫人 曹操

 

関連記事:大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選

 

2015年 感謝

 

関連記事:年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】

 

 

曹操 科学

 

関連記事:三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選

 

キングダム 40巻

 

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました




関連記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【7/17〜7/2…
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【10/23〜10…
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/24〜7/3…
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【6/19〜6/2…
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【4/10〜4/1…
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【10/16〜10…
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース36記事【4/2〜4/9】…
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/3〜7/9】…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング!
  2. 黒田長政はすごい人?それとも親の七光りで出世した人?
  3. 李靖(りせい)とはどんな人?曹操と孔明の二人から学んだ初唐の名将
  4. たかぎ七彦困惑?アンゴルモア元寇合戦記をガチネタバレ予想!
  5. 孫家三代もメロメロ、実は周瑜と双璧の名将 程普の伝説
  6. 趙直(ちょうちょく)とはどんな人?夢占いで人の運命を占った蜀の天才占い師

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【転職三国志】狙うなら一国一城の主編 あの光武帝がダジャレ大好き!?初陣で早くもギャグをかます劉秀に萌え 「楚」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 中国史における農民反乱についての考察 三国志の隠れた英雄・皇甫嵩(こうほすう)に起こった事件とは! 【砕けた友情】刎頸の交わりで結ばれた二人の絆にヒビが・・・・ 100万人の三國志 Specialとはどんなアプリゲーム? 馬騰(ばとう)とはどんな人?馬超のパパで知られる荒れ地の猛将

おすすめ記事

  1. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期
  2. 遅れてきた呉の英雄・孫権の才能とは?
  3. 【シミルボン】ドキッ!全員男!三国志の時代にあった男同士のひざまくら
  4. 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第5回 ついにあの武将が「覇王化」!!
  5. 反董卓連合軍に参加したのは、誰と誰なの?【素朴な質問】
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【11/7〜11/13】
  7. 【はじさん書評倶楽部】堀江貴文「多動力」を読む
  8. 50話:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP