朝まで三国志軍師
李傕祭り




はじめての三国志

menu

まとめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【6/26〜7/2】

この記事の所要時間: 636




 

はじめての三国志では毎日コンテンツが掲載されています。

今週(6/26〜7/2)に掲載された記事をピックアップ!

はじめての三国志編集部が1週間分の情報をお届けします!

週末、時間が空いた時にゆっくり読んでみてはいかがでしょうか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




今週(6/26~7/2)のまとめニュース

6/26のおすすめ記事


 

・取次制度って何?違った角度から戦国時代を見てみよう!

 

四国では長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)が10年をかけて四国統一を果たした頃、

中央では羽柴秀吉の政権が着々と形を見せておりました。

秀吉は自分の力を内外に示すために石山本願寺(いしやまほんがんじ)跡に

日本最大級の城を建築することにします。

その城の名を大阪城と言いとんでもなく巨大な城が少しづつ姿を現しておりました。

また秀吉は北陸の大名上杉家を服属させることに成功し、

西の覇者として秀吉と早くから手を握っていた毛利家との外交交渉にも

ついに決着を付けることができ、秀吉に服属することになります。

 

 

・五虎大将軍 趙雲の死因は何だったの?三国志一の美男子の最期

 

戦国の時代に生きる男たちの死にざまは人それぞれです。

首を敵将に討ち取られる者もいれば、乱戦の中で討ち死にする者、

味方の謀叛で命を落としたり、暗殺される者もいます。

畳の上(中国の場合は寝台の上という言い方でしょうか)で安らかに生涯を閉じる者もいれば、

自害する者、処刑される者もいます。

 

 

・王修(おうしゅう)とはどんな人?袁譚を最後まで支え続けた忠臣に曹操もリスペクト

 

袁紹(えんしょう)が亡くなると袁紹の後継者の座を巡って

袁譚(えんたん)と袁尚(えんしょう)の兄弟が争いを始めます。

両者は結局曹操に滅ぼされてしまうのですが、

袁尚と袁譚には忠臣と呼ばれる人物がおりました。

袁尚には審配(しんぱい)と呼ばれる忠臣がおり、

彼は袁尚が曹操軍に敗北して北方へ逃亡した後も鄴城を守り続けた忠臣です。

 

 

・キングダム 523話 ネタバレ予想:左翼戦の鍵を握る楽華隊!

 

楽華隊の活躍にイラつき、本体を飛び出した副将、馬呈(ばてい)を救出し、

同時に楽華隊5000を崩壊させるべく進軍を開始した紀彗(きすい)率いる

趙軍右翼30、000は、逆に王翦(おうせん)の計略にハマってしまいます。

無防備な左側面に、秦中央、麻紘(まこう)軍の波状攻撃を受けてしまったのです。

 

6/27のおすすめ記事


 

・【書評】キングダム 最強のチームと自分をつくる【伊藤羊一】

 

読者のみんな!こんばんは、はじめての三国志ライターのkawausoです。

ところで皆さんはビジネス書って読んでますか?

「難しい」「偉そう」「心に響かない」ビジネス書って確かにそういう面があります。

でも、漫画キングダムを題材にしたビジネス書だったらどうですか?

お?今、興味もちましたね!じゃあ、ちょっとお付き合いをお願いしますよ。

 

 

・これが久秀の碁!熊野山に立て籠もる湯浅氏を退却させた、曲者部隊のデコボコアタック!

 

羽柴秀吉は紀州の根来衆(ねごろしゅう)と雑賀(さいか)衆を討伐するため、

10万もの大軍を動員して攻略を開始。

根来衆と雑賀衆は協力して秀吉の軍勢を迎撃するべく防衛ラインを構築しますが、

圧倒的な兵力差の攻撃によって防衛ラインは制圧されてしまいます。

秀吉率いる軍勢は雑賀衆の本拠・大田(おおたじょう)城を攻略するべく水攻めを敢行。

 

 

・もし曹操が献帝を保護できなかったら三国志はどうなったの?

 

後漢最後の皇帝となる献帝・劉協は、196年にかつての都であった洛陽に辿り着きます。

献帝はわずかな供を連れて、李傕や郭汜ら董卓の残党が支配する長安を脱出していたのです。

このときの皇帝には賊徒を倒す軍事力もなければ、群雄らに指示するような統率力もありませんでした。

途方に暮れる献帝を救えるのは、冀州の袁紹か、兗州を呂布から奪還した曹操か、

やや距離があるものの揚州の袁術か、荊州の劉表のいずれかということになります。

 

 

・趙娥(ちょうが)とはどんな人?復讐者兼暗殺者であった烈女・龐蛾親(ほうがしん)

 

中国の歴史には必ず暗殺者が出現しております。

始皇帝を殺害しようとした荊軻(けいか)や張良(ちょうりょう)、

孔明の跡を継いで蜀を引っ張っていた費禕(ひい)の暗殺に成功した

郭循(かくじゅん)など数えればキリがないほどいるでしょう。

今回は三国志に登場した復讐者兼暗殺者である烈女・龐蛾親(ほうがしん)

という女性をご紹介したいと思います。

 

6/28のおすすめ記事


 

・孫策が生きていたら三国志はどうなったの?

 

孫権(そんけん)の父親である孫堅(そんけん)が、

早死にせずに生きていたら三国志はどうなっていたのだろうか?

孫権の兄である孫策(そんさく)が早死にせずに生きていたら三国志はどうなっていたのだろうか?

三国志のシュミレーションゲームをプレイすれば実現可能な世界です

(シュミレーションゲームでも孫堅・孫策は寿命が短く設定されてはいますが)。

今回は「小覇王」こと孫策が生きていたら・・・という三国志ifについてお話していきます。

 

 

・【センゴク】羽柴秀吉はどうやって関白に就任することができたの?

 

羽柴秀吉。

彼は門地も後ろ盾も持たないド底辺から織田信長に仕え、

めきめきと頭角をあらわしていきます。

そして中国方面司令官に任命されて毛利氏討伐戦を繰り広げている中、

織田信長が明智光秀(あけちみつひで)に殺害されてしまう大事件が勃発。

 

 

・金禕(きんい)とはどんな人?漢中防衛戦の陰に隠れたとある事件

 

曹操(そうそう)は張魯(ちょうろ)を降伏させて漢中を手に入れた後、

この地に夏侯淵(かこうえん)や張郃(ちょうこう)らを残して撤退しますが、

劉備が大軍を率いて漢中を奪うべく出陣し、

漢中守備軍の総司令官であった夏侯淵を討ち取ってしまいます。

曹操は夏侯淵が討ち取られたことを知ると自ら大軍を出陣させて、

漢中を守るべく出陣します。

 

6/29のおすすめ記事


 

・董卓が漢王朝を支配しなかったら三国志はどうなっていたの?

 

三国志好きの中で、「董卓ファン」という方は珍しいのですが、

他の群雄を出し抜いて朝廷を牛耳ったその手腕は評価すべきものです。

特に出し抜かれたのは袁紹、袁術、曹操らですから見事なものですね。

運も味方したのだと思いますが、もし、この董卓が少帝らを保護できず、

洛陽を占拠できなかったとしたら時代はどう動いたのでしょうか。

 

 

・孫策涙目になるほどのフルボッコ!?小覇王をコテンパにした陳登

 

江東の小覇王として君臨していた孫策(そんさく)。

袁術の元から兵を分けてもらうと江東へ進出して一気に江東の軍閥を討伐して制圧。

その名を天下に届かせます。

そんな彼が徐州の名士である姓は陳、字は元龍(げんりゅう=陳登の字)に

コテンパンにされることがあったそうです。

徐州の名士である陳登(ちんとう)はどのようにして江東の小覇王をコテンパンにしたのでしょうか。

 

6/30のおすすめ記事


 

・豊臣秀吉の天下統一の第一弾「四国征伐」に向けて何をしたの?

 

紀州(きしゅう)征伐を無事に完了し、

朝廷から天下人として任命された豊臣秀吉(とよとみひでよし)。

彼は天下統一事業という目標を立てて邁進することになります。

自らの天下統一事業の妨げになる可能性の高い、

四国の覇者となった長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)を討伐するため、

軍勢を整えていくことになります。

 

 

・馬超が曹操に仕えていたらどうなったの?馬超vs関羽の軍事衝突の可能性も!

 

三国志に登場する英雄たちの中でも「錦馬超」こと「馬超孟起」は人気が高いですね。

なにせあの曹操(そうそう)をギリギリまで追い詰めたという実績があります。

劉備軍に加わり、蜀の五虎大将軍に名を連ねているのもポイントが高いですね。

そんな馬超が曹操に仕えていたらどうなったのか?

可能性がまったくない話ではありません。

現に馬超の父親・馬騰(ばとう)や弟たちは鄴で役人勤めをしていました。

朝廷に仕えていたということは、曹操に仕えていたのも同然です。

 

 

・国淵(こくえん)とはどんな人?三国志時代にも名探偵は存在した!魏のシャーロック・ホームズ

 

「基本だよ。ワトソン君」の名言を残した名探偵シャーロック・ホームズ。

今回はシャーロック・ホームズをご紹介するのではなく、

彼に負けないほどの推察力を持った魏の国に実在した正直者の名探偵・

国淵(こくえん)をご紹介したいと思います。

 

7/1のおすすめ記事


 

・曹植は軟弱ではなかった?皇帝の弟の悲しくも華麗な生涯

 

唐の李白、杜甫以前を代表し後世から詩聖と謳われた曹植子建(そうしょく・しけん)。

彼の後半生は、兄、曹丕(そうひ)と帝位を争ったばかりに灰色に塗りつぶされ

41年という短い人生を失意の中で過ごし、酒の害に倒れてしまいます。

しかし、一見、軟弱で弱々しいポエマーに見える曹植は、実は勇気に満ちて、

一定の批判精神を常に持っていた反骨の人でもありました。

 

 

・キングダム 524話 ネタバレ予想:朱海決戦はどのように推移する?

 

大人気春秋戦国時代漫画、キングダム 舞台は朱海会戦に突入していて、

趙軍120、000秦軍88、000という合計では、20万を超える大軍が

朱海平原を文字通り、血の海にしてしまおうとしています。

ここからの展開はどうなるのでしょうか?キングダムウォッチャーのkawausoが

大胆に予想していきますよ。

 

 

・【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第23話「盗賊は二度仏を盗む」の見どころ紹介

 

井伊家を守るために日夜奮闘している井伊直虎(いいなおとら)。

直虎は新キャラの龍雲丸とその一党を井伊家の材木伐採の依頼を出しますが、

井伊家の領民達と衝突してしまいます。

しかし井伊直虎が考え出した案によって龍雲丸とその一党、

井伊家の領民は仲良くなるのでした。

井伊直虎と龍雲丸はある事件に今回巻き込まれてしまうのでした。

 

 

・游楚(ゆうそ)とはどんな人?諸葛亮の攻撃を耐え抜いた魏の太守

 

三国志を知らない人でも一度は必ず聞いたことのある人物。

それは諸葛孔明ではないのでしょうか。

蜀の宰相として強大な魏国へ挑み続けた人として知られており政治・軍事両方で活躍。

そんな彼の攻撃を耐え抜いたマイナーな武将が魏にいたことを知っていましたか。

彼の名を游楚(ゆうそ)と言います。

 

 

・【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第24話「さよならだけが人生か」の見どころ紹介

 

井伊家を守るために日夜奮闘している井伊直虎(いいなおとら)。

新キャラ龍雲丸とその一行を井伊家の木材を伐採する仕事を依頼したことで、

協力関係を築くことになります。

こうして龍雲丸とその一行は井伊家に馴染んでいたと判断した直虎は、

中野直之(なかのなおゆき)、六左衛門(ろくざえもん)、小野政次(おのまさつぐ)らの総意の

元で龍雲丸とその一行を井伊家へ召し抱えようとしますが断れれてしまうのでした。

 

 

・【第5回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】総括します!愛着の湧く三国志ゲームでした

 

1ヶ月プレイしてきました。主人公のレベルは51です。

戦闘力は72,594となっています。

エースとして健闘してくれた「趙雲」がレベル34、戦闘力が66,563ですね。

スキル「七進七出」の威力は抜群でした。

敵将を倒すと、その余波で敵のパーティー全体にかなりのダメージを与えることができましたからね。

その次が途中から仲間に加わってくれた「袁紹」。

 

 

・任峻(じんしゅん)とはどんな人?屯田制を実行し魏軍の食料庫をパンパンにした男

 

曹操軍が兵糧を気にすることなく稼動することができたのは、

屯田制(とんでんせい)と言われる政策を実行したことがきっかけです。

この屯田制を曹操に勧めたのは棗祗(そうし)ですが、

実行に移して屯田制の効果を挙げることに成功したの人物を皆さんは知っていますか。

今回は屯田制が実用的であることを証明した人物をご紹介したいと思います。




こちらのまとめ記事も合わせてどうぞ

尹夫人 曹操

 

関連記事:大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選

 

2015年 感謝

 

関連記事:年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】

 

 

曹操 科学

 

関連記事:三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選

 

キングダム 40巻

 

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました




関連記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【11/20〜11…
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース22記事【5/29〜6/4…
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/24〜7/3…
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【7/17〜7/2…
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/10〜7/1…
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【9/25〜10/…
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/3〜7/9】…
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース36記事【4/2〜4/9】…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【はじめての三国志市場】今ならポイント10倍 楽天ブックス 漫画まとめ読み
  2. お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!
  3. 【軍師連盟】司馬懿は簒奪をいつから狙っていたの?
  4. キングダム 533話 ネタバレ予想:爆誕!飛信軍
  5. 驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった!
  6. 楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさん

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第19話 「罪と罰」の見どころ紹介 はじめての三国志 4コマ劇場 「合肥の戦い」 袁準(えんじゅん)とはどんな人?チート宰相・諸葛孔明を高く評価した人物 2017年は李傕・郭汜祭りを開催するよ!さぁ、祭りだ!ワッショイ! 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.2 周瑜はどうやって時代を超越した軍師・魯粛を手に入れたの? 【龐煖の死】対趙攻略戦を地図で解説&大胆キングダム予想! 超短気な三国志の人物を集めてみました、あなたの友達とどっちが上?

おすすめ記事

  1. 白馬寺とは何?洛陽にある中国最古のお寺は白馬が経典を運んだ!
  2. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第7部
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十七話「消された種子島」の見どころ紹介
  4. 三国志の時代も「人は見た目が100パーセント」だった!?
  5. 77話:老将黄蓋、身体を痛めつけて曹操を欺く
  6. これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術
  7. 許靖(きょせい)とはどんな人?天才軍師・法正が認めた蜀の名士
  8. 関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP