黄巾賊




はじめての三国志

menu

まとめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/24〜7/31】

この記事の所要時間: 519




 

はじめての三国志では毎日コンテンツが掲載されています。

今週(7/24〜7/30)に掲載された記事をピックアップ!

はじめての三国志編集部が1週間分の情報をお届けします!

週末、時間が空いた時にゆっくり読んでみてはいかがでしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




今週(7/24~7/30)のまとめニュース

7/24のおすすめ記事


 

・馮氏(ふうし)とはどんな人?三国志演義では出番が少ないが正史三国志では重要人物

 

後漢末から三国志の時代では、戦乱の世であったため、

多くの女性や子供は戦争の犠牲者となっていました。

戦火の中では、非力な女性はあっさり亡くなってしまいそうですが、

地位の高い女性は側室として迎えられるケースがあります。

 

 

・李意其(りいき)とはどんな人?「劉備夷陵の戦いに敗れて亡くなる」と予言していた仙人

 

蜀の初代皇帝・劉備(りゅうび)。

彼は孫呉が同盟を破棄して関羽を攻撃し殺害されたと聞くと激怒して、

孫呉討伐のための準備を始めます。

趙雲や蜀の群臣達は劉備が計画している孫呉討伐が、

いかに無意味であるかを彼に説きますが、

彼らの進言を一切聞き入れる事はなく孫呉討伐の準備に没頭します。

 

 

・【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第4回 目指せ主力の英雄化!呉の名将も仲間入りです!

 

お待たせいたしました「はじめての三国志」の三国志ゲーム中継第3弾です!

世の中のいろいろな三国志ゲームを自称三国志マニアの「ろひもと理穂」が実際にプレイし、

三国志マニアの視点からお伝えしておりますが、

第3弾として、ひっぱりアクションゲームの「三国大戦スマッシュ!」に挑戦しております。

 

7/25のおすすめ記事


 

袁術の側室・馮氏(ふうし)の憐れな偽装死にも気づかなかった鈍感・袁術エピソード

 

馮氏(ふうし)は、後漢末の時代を生きた人物であり、袁術(えんじゅつ)の側室でした。

彼女は正史では側室という立場ですが、

三国志演義では袁術(えんじゅつ)が帝位を自称した時、皇后として立てられました。

しかし、袁術(えんじゅつ)が滅んだ後、彼の甥の袁胤(えんいん)とともに逃げていましたが、

戦乱の中で殺されてしまいました。

演義では不幸な最期を遂げますが、正史でも彼女には悲惨なエピソードがあります。

 

 

・劉備の養子・劉封(りゅうほう)はなぜ殺されねばならなかったの?

 

仁君・劉備玄徳。漢王朝の継続・復興のために生涯を捧げた人物です。

諸葛亮孔明、関羽張飛趙雲など有能な家臣に恵まれました。

 

そんな中の一人に「劉封」がいます。その剛勇は諸葛亮孔明も認めていたほどです。

荊州長沙郡の人で、姓は劉ですが、劉備の親族ではありません。

「三国志正史」によると世継ぎのいなかった劉備が養子に迎えたと記していますし、

「三国志演義」では劉禅という世継ぎが誕生したにもかかわらず、

劉備は劉封の器量に魅せられて養子に迎えたと記しています。

 

 

曹操ってもしかしてフェミニストだった?銅雀台の侍妾エピソード

 

銅雀台とは、曹操(そうそう)が袁紹(えんしょう)から

奪った領土である鄴(ぎょう)という都に210年の冬に建造した宮殿です。

ライバルの袁紹(えんしょう)がいなくなり、

当時の最高の権力をもった曹操(そうそう)が建てた宮殿ということもあり、

当時では最高級のハイクオリティな宮殿であったそうです。

 

 

・【はじさん編集部】第2話 三国志なんか読むな!(泣)新橋の夜に吠える はじ三の犬達

 

社運を賭けて売りだした、朝まで三国志DXだったが、思っていた程は売れず、

相変わらず貧乏な、はじめての三国志編集部、例によってプレハブ小屋でちまちまと

作業をしているkawausoの元に、あの男が尋ねてくるのだった。

 

7/26のおすすめ記事


 

・【人生相談・お悩み募集】あなたの悩みをズバッと解決

 

はじめての三国志の読者の皆さん、こんばんは はじめての三国志です。

皆さん悩んでいますか?人生は悩みと共にあるものですよね。

そして、それは他人には、くだらないと思えても、当人には死活問題でしょう。

あなたの悩み、はじめての三国志の武将達にぶつけてスッキリしませんか?

三国志の英傑であると同時に人生の先輩でもある彼等が、あなたの悩みを

一刀両断に解決してくれる筈です。

 

 

・【魏の陣営・趙戩と傅幹の討論】劉備は益州を攻略できるの?

 

劉備は益州の劉璋(りゅうしょう)の陣営からの要請によって益州攻撃を開始。

彼は劉璋と共同で張魯討伐を行うことが表向きの建前であったため、

3万ほどの軍勢を引き連れて益州へ侵入。

劉璋からおもてなしされた後、益州各地の劉璋の領土へ攻撃を開始します。

魏ではこの時益州攻略を開始した劉備が、

果たして益州攻略を行うことができるのかどうかについて議論されておりました。

 

 

・曹操のテストを見事クリアした王族・劉曄(りゅうよう)の逸話

 

後漢王朝の王族・劉曄(りゅうよう)。

彼は劉勲(りゅうくん)の元を離れ曹操に仕えますが、

仕えてまもない頃から適切なアドバイスを行って曹操から褒められておりました。

 

 

・全中が泣いた!益州のボス・劉璋の最後は実に感動的だった!

 

益州の刺史・劉璋(りゅうしょう)。

父・劉焉(りゅうえん)から益州を引き継いで統治することになり、

二人合わせると数十年間益州を領有しておりました。

しかし劉備によって益州は取られてしまい、彼は荊州(けいしゅう)で暮らすことになります。

そんな彼が劉備に降伏する時はすごく感動的であったことをご存知でしょうか。

今回は劉璋の最後についてご紹介したいと思います。

 

 

・【呉最強説】孫権率いるレッドな政権孫呉軍団の弱点ってあるの?

 

いきなり質問です。

はじめての三國志を読んでいる読者の皆様は、

三国志で赤いのイメージカラーを持っている軍団と言えばどの群雄を思いつきますか。

後漢王朝でしょうか。

それとも董卓(とうたく)でしょうか。

 

7/27のおすすめ記事


 

曹彰(そうしょう)が曹操の後継者に選ばれる確率を求めてみた

 

三国志の時代でも、日本の貴族社会や戦国時代においても

後継者を巡る争いというものは頻繁に発生するものです。

派閥争いと結びつくのでたちが悪いですね。

兄弟でありながら死闘を演じるケースも珍しくはありません。

 

 

陳矯(ちんきょう)とはどんな人?忠誠心と優れた決断力を持っていた魏の文官

 

陳登(ちんとう)は部下に優れた人物が幾人もおりましたが、

特に優秀な人物と言えるのは二人だけでした。

ひとりは徐宣(じょせん)という人物で、彼は陳登が亡くなると曹操へ仕えることになります。

そして今回の主人公である陳矯(ちんきょう)も陳登の配下の中で、

徐宣と同じくらい優れていた人物でした。

 

7/28のおすすめ記事


 

・【三国志の食事】劉備・曹操・孫権も食べていた!?三国時代の食事風景とは(デザートもあるよ)

 

三国志は勇猛果敢な武将や智謀に優れていた軍師、

広大な領土を治めるための政治家など多くの人物たちが登場した時代です。

上記の人達を配下にして一国を治めていた三国志の主役である劉備・曹操・孫権ですが、

一体何を食べていたのでしょうか。

今回は三国時代の食事風景をご紹介したいと思います。

 

7/29のおすすめ記事


 

・ゴールデンカムイネタバレ予想 127話 本当のチタタプ

 

いよいよ、網走監獄への潜入を開始したキロランケと杉元、その大胆な方法とは

網走監獄の近くにアイヌの鮭漁の為の小屋を造り、そこから穴を掘って監獄の奥

土方が指定した場所まで掘り進むという往年の名作、大脱走を彷彿させるネタ

ところが、土方の指定通りに掘り進んで出た場所は門倉看守部長の宿舎だった。

さあ、ここからどうなる・・・・・・・

 

 

・【キングダム528話】趙峩龍(ちょう・がりゅう)って本当に強いの?

 

今週はキングダムがお休みなので、はじめての三国志では、

まだ詳しく紹介されていない趙峩龍(ちょう・がりゅう)について、

深掘り解説してみようと思っています。

渋い顔のナイスミドルながら、今回が初活躍という趙峩龍とは、

一体どのような人物なのでしょうか?

 

 

・はじめての三国志の「よくあるご質問」についてのお答え

 

はじめての三国志に対するご意見の中に、三国志の武将達の名前が、

姓+名+字という当時ではありえないタブーを侵した形で表記されているので

これを是正して欲しいというご要望があります。

 

確かに、中国における名は忌み名であり、

それは親しい人しか呼ぶ事が出来ないとされています。

 

 

・よく考えてみると劉備は反董卓連合に参加していないのでは!?

 

劉備といえば三国志の善玉、正義のヒーローです。

仁君であり、仕えるのであればできれば劉備に仕えたいなと思わせる人徳の士です。

 

悪との戦いの場には常に登場し、活躍します。

黄巾の反乱には義勇軍を率いて参戦。

暴君・董卓との戦いでは兄貴分である公孫瓚の客将として参加しました。

呂布や袁術の討伐、曹操への反乱、そして赤壁の戦い。

 

 

・楽天koboにて『#君主論』の販売を開始しました。

 

2017年7月の目玉企画『はじめての君主論』が

『#君主論』という書名で楽天koboにて販売を開始しました。

 

7/30のおすすめ記事


 

・三国志のダブー・劉禅は本当に劉備の子だったの?

 

豊臣秀頼は本当に豊臣秀吉の子だったのか?

未だに取りざたされている超下世話な話題です。

24歳で正妻を迎え、

側室を持つもずっと子ができなかった豊臣秀吉が56歳の頃に生まれた子ですからね。

早世した鶴松が生まれたときでも53歳です。




こちらのまとめ記事も合わせてどうぞ

尹夫人 曹操

 

関連記事:大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選

 

2015年 感謝

 

関連記事:年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】

 

 

曹操 科学

 

関連記事:三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選

 

キングダム 40巻

 

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました




関連記事

  1. 【2016年】年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり…
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【3/20〜3/2…
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【3/13〜3/2…
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【1/1〜1/8】…
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【10/23〜10…
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【11/28〜12…
  7. 【ファン必見】2016年スーパーエリート袁術君の活躍まとめ26選…
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【11/20〜11…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 張既(ちょうき)とはどんな人?反乱の多かった雍州・涼州の二州を見事に統治した名政治家
  2. もう!待ちきれない真三国無双8の発売日はいつ?
  3. 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その1
  4. はじめての三国志の「よくあるご質問」についてのお答え
  5. かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生
  6. 【人生相談・お悩み募集】あなたの悩みをズバッと解決

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【キングダム】春申君を殺った李園は本当にキレ者だったの? 【三国時代】英雄の地位はどの位? キングダム 517話 ネタバレ予想:最近、河了貂がポンコツになっている理由は? 孫堅が早死しなければ、袁術が天下統一をした?元海賊狩りから異例の出世をした漢に迫る! 神は関羽だけではない!魏の曹植の天才ぶりを作詩と共に紹介 【シミルボン】びっくり!三国志の時代の役人は役所に五日間缶詰だった? 坂本龍馬の身長は?本当は大きくないの? 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.3【完】

おすすめ記事

  1. 【歴史を変えた名言】この名言によって歴史は変わった「断じて行えば鬼神もこれを避く」
  2. 【第8回 幻想少女】難攻不落の第十章攻略が面白い!はまってきました♪
  3. 蓋勲(がいくん)とはどんな人?霊帝に信頼され董卓が恐れた硬骨漢
  4. 【橋本左内の名言】人生に迷ったあなたに贈る魂の言葉6選
  5. 玉に瑕(きず)!アルハラ暴君・孫権
  6. 徳川慶喜とは?薩長が震えた最強将軍の人生
  7. 【意外】古代中国では犬や山猫が鼠を捕っていた?
  8. 三國クロスサーガ~蒼天の絆~とはどんなアプリゲーム?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP