曹操孟徳特集
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

まとめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【9/18〜9/24】

この記事の所要時間: 49




 

はじめての三国志では毎日コンテンツが掲載されています。

今週(9/18〜9/24)に掲載された記事をピックアップ!

はじめての三国志編集部が1週間分の情報をお届けします!

週末、時間が空いた時にゆっくり読んでみてはいかがでしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




今週(9/18~9/24)のまとめニュース

9/18のおすすめ記事


 

・裴潜(はいせん)とはどんな人?兵力を用いることなく北方異民族をてなずけた魏の文官

 

中国北部には三国志時代、馬に乗ることに特化した異民族が多く存在しておりました。

曹操は中国北部の覇者であった袁紹を討伐すると中国北部を手に入れることになります。

この広大な北方の領土を領有する代わりに異民族と境を接することになり、

度々異民族が侵入してくることになります。

曹操は彼らをしっかりと統治させるため、一人の文官を差し向けることにします。

 

9/19のおすすめ記事


 

三国志 燕虎物語 (とびだししかけえほん)

 

・飛び出す三国志絵本「燕虎物語」が素敵!国際手づくり絵本コンクール2009最優秀賞作品をレビューするよ

 

三国志の物語はついつい大人向けだと思いがちになってしまうと思います。

現に三国志を題材にしたゲームや小説など児童が読んだり、

ゲームをプレイするには用語や単語、登場人物の多さなどの問題があり、

児童が理解するには難解かもしれません。

しかし登場人物を三人に絞って児童が読みやすいような絵本があればどうでしょうか。

 

9/20のおすすめ記事


 

・『軍勢RPG 蒼の三国志』が、サービス4周年を記念し「12大キャンペーン」を実施。「四周年記念武将」も登場

 

コロプラは2017年9月15日、スマートフォン向けアプリ

『軍勢RPG 蒼の三国志』のサービス開始4周年を記念した、12のキャンペーンなどを実施する、

と発表しました。

 

 

・三国志の名将・鄧艾の栄光が終わることになった出過ぎた発言とは!?

 

出る杭は打たれる。

この言葉は頭角を現す人は周囲から嫉妬されて恨みを買ってしまう事の例えです。

さらにこの言葉には違う意味もあり出過ぎた振る舞いをすると批難され、

制裁を受けることの例えだそうです。

今回はこの言葉にピッタリな当てはまった名将・鄧艾(とうがい)をご紹介しましょう。

 

 

・【新企画予告】『まだ漢王朝で消耗してるの?』9月23日(土)から連載開始!

 

9月23日(土)から「まだ漢王朝で消耗してるの?」を連載する予定です。

詳細については、近日中にご案内いたします。

 

9/21のおすすめ記事


キングダム 47 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

・キングダム 534話 ネタバレ予想:李牧はどれ位ヒットマンするのか?

 

牙一族編に入ってより、こりゃどーなるのか?と一寸、ザワついたキングダムですが、

朱海会戦に話が戻ってからは、俄然面白くなってきました。

突然に消えた李牧(りぼく)が、左翼の戦場に出現し、麻紘(まこう)将軍の

首を切り落として、窮地に陥った紀彗(きすい)軍を生き返らせてしまったのです。

一撃必殺のヒットマンと化した李牧ですが、次は誰を狙うのでしょうか?

 

 

・『三国志大戦』2017 公式全国大会「覇業への道 英傑再臨」が10月7日より開催。「日本最強の君主」は誰だ!?

 

セガ・インタラクティブは2017年9月15日、アーケードゲーム『三国志大戦』の公式全国大会

「覇業への道 英傑再臨(はぎょうへのみち えいけつさいりん)」を2017年10月7日(土)より開催する、

と発表しました。

 

この大会は、トーナメント形式で行う『三国志大戦』の公式全国大会です。

 

 

・三国志の武将も勉強嫌いだったけど勉強したら進化を遂げた蒋欽と呂蒙に迫る!!

 

皆さんは「呉下の阿蒙(ごかのあもう)」という言葉を知っておりますか。

この言葉は三国志の孫呉の君主・孫権が全然勉強しない呂蒙(りょもう)へ

「君も孫呉の重役なんだから勉強して教養を身につけなさい」と注意。

呂蒙孫権に注意を受けて猛勉強。

呂蒙は猛勉強した結果・・・・頭のいい魯粛(ろしゅく)と議論を行い、

何度か魯粛を打ち負かすほどの教養と知識を身につけていたのです。

 

9/22のおすすめ記事


 

・【新連載予告】『まだ漢王朝で消耗してるの?』はどんな内容なの?

 

三国志には、豪傑同志の一騎打ち、軍師同士の知略の尽くし合い、

心を震わす英傑の志という派手なミクロの物語の他に、秩序の崩壊、混沌、

秩序の再生、整備、完成というマクロ視点での物語もあります。

 

それは、三国志の陰の物語であり、注意深く見ていないと見過ごす物語ですが、

三国志の土台を形成する重要な視点です。

 

 

・孔明によって殺害されてしまった劉封、実は○○から逃亡するようにアドバイスを受けていた!

 

劉備の養子となった劉封(りゅうほう)。

彼は劉備の養子となると若干二十歳で益州攻略戦に参加して、

他の諸将に見劣りしない武功を上げてその名を劉備軍内で高め「蜀に劉封あり」と示します。

彼は益州攻略戦後、孟達と協力して共に荊州(けいしゅう)の上庸(じょうよう)を攻略。

 

9/23のおすすめ記事


 

・まだ漢王朝で消耗してるの?第1話:改革なき破壊者 董卓

 

三国志の時代は、400年続いた漢帝国の秩序が崩壊して混沌に落ちていき、

やがて、その混沌から新しい秩序が再生していった時代です。

では、漢帝国の秩序は誰が崩壊させ、次に誰が再生していったのか?

今回は、この破壊と混沌、秩序と再生の話を5名の人物に焦点を絞りながら

探っていきたいと思います。

まだ漢王朝で消耗しているの?第一回目は、改革なき破壊者、

董卓仲頴(とうたく・ちゅうえい)です。

 

 

・【キングダム ネタバレ】王翦の部下は麻紘と亜光ではなかった?

 

大人気、春秋戦国時代漫画、キングダム、朱海会戦では、

王翦(おうせん)の片腕の麻紘将軍が、突如として出現した

ヒットマン李牧(りぼく)に首を切り落とされて戦死してしまいました。

これにより、左翼方面は大混乱、崩壊寸前まで追い込んだ紀彗(きすい)軍が

息を吹き返します。

片腕を奪われた形の王翦ですが、しかし、王翦将軍の片腕とは、

史実でも、麻紘・亜光(あこう)なのでしょうか?

 

 

9/24のおすすめ記事


 

・まだ漢王朝で消耗してるの?第2話:早すぎた改革者 袁術

 

改革者や革命者が常に社会の賞賛を浴びるとは限りません。

私達が自覚している以上に、人間社会とは保守的であり、その時宜を掴まないと

異端や過激派のレッテルを貼られて社会的に抹殺される事も少なくないのです。

今では、誰も疑わない地動説を天体問答で一般に周知したガリレオが

神を冒涜したとして当時の教会に異端審問にかけられ自説を撤回したのは

「それでも地球は回っている」というセリフと共に著名です。

 




こちらのまとめ記事も合わせてどうぞ

尹夫人 曹操

 

関連記事:大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選

 

2015年 感謝

 

関連記事:年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】

 

 

曹操 科学

 

関連記事:三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選

 

キングダム 40巻

 

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました




関連記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【9/25〜10/…
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【10/16〜10…
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/10〜7/1…
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【12/11〜12…
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【5/22〜5/2…
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【11/6〜11/…
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【11/20〜11…
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース36記事【4/2〜4/9】…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.2
  2. 毛利家に敗北して浪人となった山中鹿之助の修行
  3. 【呉最強説】孫権率いるレッドな政権孫呉軍団の弱点ってあるの?
  4. 【キングダム】李牧を死に追いやる佞臣、郭開(かくかい)とはどんな人?
  5. いつまでやるの?またまた『赤兎馬=カバ説』を検証してみる。第2弾【HMR】
  6. 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.1

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【はじめての孫子】第5回:戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり 【転職面接を攻略】呂布、陳琳、孔明に学ぶ面接必勝法 人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは? 豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断 典韋の死因は?三国志でも有名な悪来の最期の勇姿 項燕(こうえん)とはどんな人?信と蒙恬を撃破する王騎レベルの名将! 裴潜(はいせん)とはどんな人?兵力を用いることなく北方異民族をてなずけた魏の文官 姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?【後半】

おすすめ記事

  1. 【ビジネス三国志】曹操、黄蓋、孫権から学ぶ性格を見抜かれない上司になる方法
  2. 孫権と同じ三代目で地味な北条氏康
  3. 羅貫中はケアレスミスをしていた?三国志時代の紙の価値
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【7/11〜7/17】
  5. 高杉晋作エピソードは大傑作!ハリウッド映画レベル
  6. 世界一お粗末! 菫承の曹操暗殺計画。間男の恨みでぶち壊しに!
  7. 日本の外交官も参考にすべき?三国志の外交交渉能力ベスト10
  8. 月刊はじめての三国志2018年4月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP