ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
徐庶


はじめての三国志

menu

三国ベースボール

三国ベースボール攻略3 蜀の謀臣2人が加入、転生もついに成功!




 

3周年を迎える「三国ベースボール」。

三国志と野球が融合したちょっと異色の三国志ゲームです。

前回に引き続き、こちらのゲーム中継をしていきます。

最後に現状のメンバー紹介をしていきますが、総戦力が「9,913」まで上がってきました。

私のLvも24になっています。

このゲームのシステムにもかなり慣れてきましたね。

 

前回記事:三国ベースボール攻略1 三国志キャラが登場する野球ゲームに挑戦!

前回記事:三国ベースボール攻略2 エースに邪馬台国女王・卑弥呼が加入!

 

三国ベースボールのダウンロードはこちら

 

三国ベースボール メンバーの三国志化が完了

 

スタート時点では、チームメンバーも義勇兵が多かったですが、

ようやく三国志キャラで統一することができました。

 

とは、いっても★1のキャラがほとんどで「スキル」も弱く、

能力値も低いのでチーム自体はまだまだ弱いですね。

オープニング画面は★1で無理やり揃えたチームです。

ここから★2や★3のメンバーがどんどん加入して現在に至ります。

この中でスタメンとして残ったのは、キャプテンの「馬超」、

エースの「卑弥呼」そしてここでは4番を任されている「孫桓」くらいでしょうか。

 

今回は新しく参加したイベントや「G」をアップする「転生」にチャンレンジしてみました。

三国ベースボールの奥深さがわかってきましたね。

しかし、3年間続けてきたユーザーのチームの強さはどれほどなのでしょうか。

ランキングを見てみると驚きました。

総戦力が「1,291,889」とか「1,407,614」といったチームがあります。

まさに百万力です!




三国ベースボール 天下制覇のシナリオモードは「趙雲」と激突

 

「幽州」の最後の城を守っているのが、三国志でもトップクラスの人気を誇る「趙雲」ですね。

とはいっても★3くらいのレアリティの趙雲ですから、

これよりさらにパワーアップした趙雲は今後、登場するのでしょうが。

 

こちらの先発は「曹安民」、相手の先発は「何進」ですね。

馬超はこちらのトップバッター、あちらのトップバッターが趙雲です。

他の選手は互いに小粒ばかりですからいい勝負になりそうです。

 

さて、この試合では誰が活躍するのでしょうか。

 

 

試合展開は互いに打ち合いです(投手のLvが低いですからね)。

追いつ追われつで、両チームともに19本ずつのヒットが出ています。

しかしなぜか誰もホームランは打てず。

後半は「毛玠」が救援投手として3回を1失点に抑えています。

と、いうことで「11対8」で辛勝。

 

試合終了後には趙雲登用のコマンドが出ました!!

ついに馬超に続き「五虎大将」の加入なるのか!?

 

 

★3とはいえ、やはりビジュアル的にもイケテル趙雲。

ぜひほしい!しかし、よく見てください。

「説得」(資金が750必要)の登用成功率はなんとたった「15%」なのです。

「契約」を使えば100%の成功率になるようですが、

ここでは「拘束」し趙雲を捕虜としました。

拘束していると成功率が上がっていきます。

3日経過し、現在は30%まで上がってきましたが、まだしばらく拘束しておく感じですね。

 

とりあえずこれで幽州はクリアとなりました。

次は「冀州」が舞台になります。

しかし、こちらを先に進めるには「城門」で

「天下統一編」のストーリーモードを進行させておく必要があります。

幽州に侵攻するためには、こちらのストーリーモードで「第4章」までクリアさせなければなりません。

こちらはこちらでかなり「行動力」を消耗するので、1日で進めるスピードは限られていますね。

 

 

ストーリーモードでは武将が加入したり、

資金ゲットや、肉まんゲットができるなど戦力アップにも欠かせません。




三国ベースボール施設紹介「決闘場」

 

城塞都市には多くの施設があるのですが、

こちらの利用の仕方にもかなり慣れてきましたね。

戦力強化や、報酬などをもらえる施設が多くあって、こちらも上手に活用していく必要性を感じます。

 

そんな中に「決闘場」という場所があります。

他のユーザーと戦う場所ですが、参加するのは投手1人、打者1人の合計2人です。

これで「PK対決」をしていきます(野球にPKがあったとは……)。

参加資格も限られていて、★3の選手だけなどの制限があるので、

私のような始めたばかりのユーザーにも特典がもらえるようなシステムになっています。

 

トーナメント戦で上位に進出できると豪華景品がもらえますね。

私のチームからは投手に卑弥呼、打者に馬超で常に出場しています

(実は楽進の方が馬超よりも強く育っているのですが、やはりキャプテンなので)。

 

 

毎日時間帯が決まっているので、

続けてどんどん出場できるといったものではありません。

打力がまだまだ厳しいのか、優勝はできていませんね。

報酬としてはやはり「金球」が嬉しいです。

 

他にも「練習場」という施設があり、こちらは完全にチームで戦います。

連勝していくとどんどんアイテムがゲットできますので、フル活用していますね。

こちらは1戦ごとに「軍令」を10消費していきます。

こちらは「20連勝」を2度達成して現在は65勝2敗です。

総合戦績でも報酬がありますので、楽しみです。

 

 

他にも「球場」という施設があり、

こちらではユーザーのLv別にリーグ戦やトーナメント戦を行っています。

時間が経過した後でのぞくとかなり試合数は進んでいますので、

他の行動と同時進行させておくと便利です。

首位打者や最多勝などのタイトルも用意されていて、こちらからも多くのアイテムがゲットできます。

 

選手の強化は「大学」で可能ですが、選手のLvアップだけでなく、

手に入れたアイテム(宝物)を与えて能力値を高めることができます。

アイテムの中には「敏捷」を+1しかできないものもあれば、

いきなり+10できるレアアイテムもありますので、

これで主力選手の能力値を高めておくと、決闘場などでの戦いも有利ですね。

 

 

アイテムの回収もできるようです。

他の選手をより鍛えようと思ったら回収してから分け与えることも可能ですね。

ただし資金を消費しての「宝物返還」は返還率が70%に設定されています。

 

三国ベースボール 新メンバーの加入!蜀の軍師ゲット

 

なかなか有力なメンバーが集まらないので「酒場」でガチャに挑戦。

銀球や銅球でも★2の選手であればどんどん集められますね。

今いる★1の選手を総入れ替えしていきました。

 

しかしメインはやっぱり金球を消費するガチャでしょうか。

★3だけでなく★4の選手を獲得する可能性があります。

 

 

ということで、金球で「蜀パック10枚入り」に挑戦。

なんといっても私のチームには★4が1人、★3が1人しかいませんからね。

できたら★3の選手を増やしていきたい。

ちなみにこちらのパックだと最高で★4の龐統になります。

★3の馬超もいるので、ゲットできたら「転生」する可能性も高まりますね。

 

さて、登場してきた蜀の選手たちは……

 

 

★2の「馬良」投手です。スキルは「白眉の魅力(1)」

2アウト時に18%の確率で牽制球が成功するというもの。

早速、中継ぎのスタメンに起用。

このあと馬良は大量にゲットしていきます。

 

 

そしてついにきました★3の投手。

諸葛亮と並び称されるほどの天才軍師龐統」です。

どうやら★4と★3の龐統がいるようですね。私がゲットしたのは★3の方でした。

スキルは「鉄鎖連環の計(1)」試合開始時から敵全員の敏捷を9%低下させるというもの。

早速、先発の2番手として起用しました。

 

三国ベースボール 転生に成功!

 

スタメン選手は全体的にLvも上がってきました。

あとは「転生」で「G」を上げたい。G1はLv50がMAXになっています。

ここまで育つと、あとは同じ選手がいれば転生可能。

 

ここで馬超に転生のチャンスが訪れました。

同じ選手はいないのですが、「アルパカ」で補完できるようです。

ただし成功率が低い。運を天に任せてチャレンジ!!

 

 

しかしあえなく失敗でした。馬超転生ならず。

その代わりに★2の選手が続々転生していきます。

転生すると、Lv1からまた始まり、MAXになるとまた転生できるのです。

Gが上がると能力値が上がるだけではなく、

スキルも開放されて、より強力な選手として活躍できるようになります。

 

 

馬良のGが2に上がりました。

馬良のカードはたくさんあるのでまだまだGは上げられそうですね。

しかしレアリティは★2なので限界はすぐです。

 

ちなみに★2の「楽進」ですが、G2でLV50まで上げたところ、

★3の「馬超」G1でLV50よりも総戦力が上回りました。

★2でもある程度鍛えれば、★4の選手に匹敵する活躍ができるかもしれませんね。

 

★2の野手では、他に「廖化」「文醜」「蒋欽」といったメンバーがG2に上がっています。

 

★2の投手では、他に「陸抗」がG2です。

こちらは龐統よりも総戦力が上になっていますね。

 

 

これが現状の私のチームのメンバーです。

全員★2以上になりましたし、

先発陣には★3の「月英」も加わっています。投手陣は蜀が多めかな。

 

さあ、ということで「三国ベースボール」についてお伝えしてきました。

実際に野球をプレーするわけではありませんが、

武将たちを育成しつつ強いチームを作るという面白さがありますね。

イベントや施設も豊富でやればやるほど面白く感じてきます。

野球好きじゃなくても、三国志好きならきっと楽しめる作品ではないでしょうか。

 

三国ベースボールのダウンロードはこちら




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 曹操の詠った漢詩を分析してみよう。いつのことかわかるかな?
  2. 【第3回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】三国志好きならニヤリとする…
  3. 陸遜 五人で国を創るとしたら誰を選ぶ?三国志この五人でしょコーナー
  4. 荀彧 三国志のゲームの未来を「はじめての三国志」が考えてみる
  5. 袁尚と対立する袁譚 袁紹が死んでも息子たちが協力していれば曹操を倒せたの?
  6. 曹操 三国志の時代を震えさせる怨霊たち!特に呉には怨霊系の話が多い!
  7. 【三国志RPG】DRAGON BLADE(ドラゴンブレイド)第2…
  8. 劉禅 三国志では何故、最初に蜀が滅びたの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士
  2. 関羽 男だち
  3. 孫権に煽られて憤死する陸遜
  4. 鍾会
  5. 邪馬台国の卑弥呼はアイドル
  6. 曹純
  7. 関羽の呪いで殺される呂蒙

おすすめ記事

  1. ハイパーインフレ太師董卓が貨幣経済を破壊した! ミニチュアで遊ぶ董卓
  2. 王異ってどんな人?戦乱の中で数々の逸話を残してきた女性武将 王異
  3. 管輅(かんろ)とはどんな人?全ての占いを極めた天才占い師 魏 星座大好きな幼少期の管輅
  4. 楊貴妃(ようきひ)とはどんな人?玄宗皇帝を夢中にさせた世界三大美女 楊貴妃
  5. 戦国策【魏策】人の心の裏表を把握せよの巻 「魏」の旗を持った兵士
  6. 張遼の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行 合肥の戦いの地図

三國志雑学

  1. 孔明
  2. 劉備の臨終に立ち会う孔明
  3. 三国志の英雄(魏 呉 蜀)
  4. 曹丕にビビって意見を言えない家臣達


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀
  2. 魏の諸将を恐れさせた楊沛(ようはい)
  3. はじめての三国志
  4. 韓非の本を熟読して感銘を受ける嬴政(始皇帝)
  5. 異民族に好かれる董卓

おすすめ記事

キングダム キングダムの王翦は史実通りの最強武将だった!その理由とは? 赤井直正 明智光秀に死を覚悟させた丹波の赤鬼赤井直正 三顧の礼 ゆるキャラ 孔明 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった! 張飛の最後 蜀漢が滅びたのは張飛達を祀らなかったから? 蜀の魏延 魏延は名将・韓信と同じ天才的な戦術眼を持っていた?? 奇人・変人・露出狂?曹操をコケにして歴史に名を刻んだ禰衡(でいこう) 土いじりをする劉備 劉備の経歴を調べたら実は貧乏ではない!挙兵までの劉備の姿を暴け! 黄巾賊 黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP