呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

まとめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース10記事【11/27〜12/3】




 

はじめての三国志では毎日コンテンツが掲載されています。

今週(11/27〜12/3)に掲載された記事をピックアップ!

はじめての三国志編集部が1週間分の情報をお届けします!

週末、時間が空いた時にゆっくり読んでみてはいかがでしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




今週(11/27~12/3)のまとめニュース

11/27のおすすめ記事


 

・【三国志刀剣乱舞】三国志武将が持っていた名刀・名剣を紹介するよ

 

最近は、刀剣乱舞というような、日本の古来の名刀を擬人化(イケメン化)した

アニメやゲームアプリが大人気ですが、名剣や名刀の類が日本にしかないわけではありません。

三国志の時代の中国にも、名刀はあり、その記録も残っているのです。

そこで今回は、陶弘景の編纂した古今刀剣録に記録される三国志時代の名刀・名剣を

一挙に紹介しましょう、名付けて三国志キャラ刀剣乱舞一覧です。

 

11/28のおすすめ記事


 

・【三国志版艦コレ】孫権が保有していた巨大戦艦長安を解説

 

三国で最も地味な国、呉、しかし、そんな呉にも誇れるモノがありました

それは、孫権(そんけん)のどうしようもない酒癖、、ではなく、

長江を含め、多くの河を持つ国柄で大発展してきた造船技術でした。

今回は、呉が誇る巨大戦艦、長安について解説しますよヒュー―!!

 

11/29のおすすめ記事


 

・【3分で分かる】卑弥呼の重臣・難升米(なしめ)とは何者なの?

 

こんにちは。

日本古代史ミステリーハンターのコーノヒロです。

久しぶりの投稿です。

 

今回は、邪馬台国の女王・卑弥呼(ひみこ)の使者として、

二度に渡り、大陸の「魏」帝国の都まで赴き、

二人の魏帝[二代目曹叡(そうえい)と三代目曹芳(そうほう)]に謁見している、

難升米(なしめ)についての謎に迫り、書いていきたいと思います。

よろしくお付き合いください。

 

 

・【八陣図】三国志の戦術マニア必見!少ない兵力を多く見せる必殺疎陣とは何?

 

三国志の時代における基本の陣形を八陣(はちじん)図と言います。

色々な説がありますが、八陣とは、方陣、円陣、疎陣、数陣、錐行之陣、

雁行之陣、鉤行之陣、玄襄之陣の8つで、それを戦の状況に応じて使い分けるのが、

軍師や将軍の役割であったのです。

そこで、今回は、このような八陣の中で、少ない兵力を多く見せる事が出来る

Kawauso好みの疎(そ)陣について解説しましょう。

 

11/30のおすすめ記事


 

黄皓(こうこう)は本当に悪い宦官だったの?実はあのキャラのモデルだった【HMR】

 

さてさて、毎度お馴染み「はじ三ミステリー研究所」。

今回は劉禅に使えた宦官としてその悪名を轟かす人物、

黄皓(こうこう)にスポットを当ててみようと思います。

三国志演義においては、

劉禅(りゅうぜん)を惑わし蜀漢滅亡の元凶となった佞臣として、

すっかり悪役の印象の強い黄皓ですが、

果たして、史実においても彼は演義に描かれているような

悪どい人物だったのでしょうか?

 

12/1のおすすめ記事


 

・【キングダム540話】休載祭りリターン!今度は壁が大活躍?

 

11月30日のヤングジャンプでは、またキングダムがお休みでーす!

というわけで、ネタバレレビューが出来ないので、予想に予想を重ねる形になります。

今回は、舜水樹(しゅんすいじゅ)に兵糧を焼かれて面目丸潰れの壁(へき)が

実は秦軍を救うかも知れないというとーっても気になる大予想でーす。

 

 

・孫呉の二代目丞相顧雍に迫る!正史三国志・呉書からみた丞相の実績

 

孫呉は滅亡するまでに9人もの丞相を任命しております。

この9人の中で初代丞相から跡を継いで二代目丞相に就任した顧雍(こよう)

光を当ててみたいと思います。

顧雍は丞相になると孫呉の政策を孫権に進言して採用された場合、

自らの意見を前面に押し出すことなく孫権が立案・実施した事にして、

君主を立てておりました。

 

12/2のおすすめ記事


 

・【諸葛亮の北伐】精鋭部隊をミエル化

 

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)は、西暦227年から
234年にかけて、五度に渡る北伐の軍を興し防御する魏との激闘を繰り広げました。
しかしながら、孔明がどのような軍団を率いて、戦いを続けたかについては、
まだ、ビジュアルとしては、出てきていないようにkawausoは思います。
そこで、今回孔明が率いた蜀最強の北伐軍をミエル化致します。

 

12/3のおすすめ記事


 

・侍と忍者は世界でも大人気!!侍と忍者が登場するゲーム5選

 

「侍」や「忍者」を描くビデオゲームは国内でも人気があり、

『戦国無双』や『侍道』、『天誅』といった有名シリーズがありますが、

キャラクターとしての「侍」や「忍者」の人気は、

むしろ欧米の方が高いと言えるかもしれません。

 

 

呂布をリトマス試験紙にして群雄の性格を鑑定してみた

 

呂布(りょふ)は古今無双の武力を持ち、同時に呆れるほどに裏切りやすいという

メリットとデメリットを一人で持っている群雄です。

彼は生涯に、6名の群雄の世話になり、また裏切っているのですが、

呂布をリトマス試験紙として、群雄の性格診断をしてみましょう。




こちらのまとめ記事も合わせてどうぞ

尹夫人 曹操

 

関連記事:大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選

 

2015年 感謝

 

関連記事:年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】

 

 

曹操 科学

 

関連記事:三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選

 

キングダム 40巻

 

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました




関連記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/12〜12…
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【10/3〜10/…
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【3/20〜3/2…
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【9/25〜10/…
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【3/27〜4/3…
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【7/11〜7/1…
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/21〜11…
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース9記事【7/25〜7/31…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 李牧
  2. 法正
  3. 黒田官兵衛
  4. 荀攸と曹操
  5. 皇帝に就任した曹丕
  6. 夏侯惇
  7. 宦官
  8. 桂小五郎(木戸孝允)

おすすめ記事

  1. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第4部
  2. 愛されすぎてことわざになった人・曹操(そうそう)編 曹操
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【3/20〜3/26】
  4. 鎌倉時代の武士は何を食べてたの?当時の食べ物を紹介 鎌倉時代の侍
  5. 曹操に意見を申す!魏の法律の欠点を指摘して新しい運用をアドバイスした改革者・高柔 苛ついている曹操
  6. 老荘思想(道家)ってどんな思想?ありのままに? 老荘思想(ろうそうしそう)

三國志雑学

  1. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
  2. パワハラをする張飛
  3. 茶を飲む張角(太平道)
  4. 赤鎧を身に着けた曹操
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉備と曹操
  2. 孔明
  3. 孔明と司馬懿
  4. 楊奉

おすすめ記事

郭嘉 郭嘉の嫁さんが誰なのかついに判明!??? まだ漢王朝で消耗してるの?第4話:九品官人法 陳羣(ちんぐん) 【書評】キングダム 最強のチームと自分をつくる【伊藤羊一】 キングダム544話 新人戦 ネタバレ&レビュー 趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に! 85話:曹操を油断させた潼関(どうかん)の大勝利 董卓を倒す呂布 呂布はどうして義父の董卓を裏切ったの? 徳川慶喜(幕末) 徳川慶喜ってどんな人!?評価が定まらない最後の将軍

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP