キングダム
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

まとめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【12/4〜12/10】




 

はじめての三国志では毎日コンテンツが掲載されています。

今週(12/4〜12/10)に掲載された記事をピックアップ!

はじめての三国志編集部が1週間分の情報をお届けします!

週末、時間が空いた時にゆっくり読んでみてはいかがでしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




今週(12/4~12/10)のまとめニュース

12/4のおすすめ記事


 

・【図説】三国志の戦争の基礎になる「隊」について徹底解説

 

三国志の戦場で実際に大きな働きをするのは武将や知将ではなく、

その手足として命を懸けて働く、名もなき兵士達です。

そして、兵士である彼らも、もちろん闇雲に戦っているわけではありません。

彼らは、ある程度の数で纏められ、多数で少数を包囲する形で敵を撃破します。

このような兵士をまとめた単位の基礎が隊という単位で伯長が統率しました。

 

12/5のおすすめ記事


 

・【三顧の礼】孔明トコの天才童子が劉備に冷たすぎる件

 

劉備(りゅうび)が諸葛亮(しょかつりょう)を臣下として迎えるために

三度も庵を訪ねて行ったという三顧の礼。

三国志演義に描かれているその道中はあたかもレアモンスターいっぱいのダンジョンのよう。

わけわからない歌を歌っている農夫。大雪なのに酒屋で高吟している世捨て人。

いろんな面白人間が登場しています。

中でも特に印象に残るのは、あの少年なのではないでしょうか?

 

 

・晋にも五虎将軍が存在した?魏の五将軍に匹敵する晋の名将を紹介

 

蜀には関羽(かんう)を筆頭に張飛(ちょうひ)馬超(ばちょう)黄忠(こうちゅう)

趙雲(ちょううん)の五人を勇猛な将軍として五人をひとまとめにして、

五虎将軍と言われることになります。

また魏にも張遼(ちょうりょう)徐晃(じょこう)于禁(うきん)張郃(ちょうこう)

楽進の五人を五将軍と任命して軍勢を率いさせておりました。

 

12/6のおすすめ記事


 

・【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました

 

「はじめての三国志」よりありったけの愛と感謝を込めて…

いつも「はじめての三国志」をご愛読頂きありがとうございます。

「はじめての三国志メモリーズ」は、これまで、はじさんで取り上げた武将を

カテゴライズに特化したもので、御意見にも多かった

武将ごとの「生き方」や果たした「役割」を記事で読みたいというご要望に応えたものです。

 

 

・【ザ・犯罪】曹操軍に実在した墓泥棒組織 発丘中郎将・摸金校尉

 

三国志の中には、虎賁(こほん)とか、騎都尉(きとい)とか、

校尉(こうい)とか、様々な官職があります。

それぞれ身分の上下はありますが、無くてはならない仕事ですが、

それらの官職に、墓泥棒の専門という、発丘(はっきゅう)中郎将や

摸金(もきん)校尉というトホホな官職がありました。

しかし、どうして、このような官職が登場したのでしょう。

そこには、背に腹は代えられぬ、当時の群雄の悩みがありました。

 

12/7のおすすめ記事


 

・【ネタバレ注意】キングダム540話 消耗戦 レビュー&今後予想

 

12月7日、ようやくキングダム540話が2週間の休載を挟んで掲載されました。

前回、舜水樹(しゅんすいじゅ)によって兵糧を焼かれてしまった壁は、

どんな行動を取るのか?

そして、兵糧の減少は、秦軍全体にどんな影響を与えていくのでしょうか?

さっそく、ネタバレ&レビューを開始してみましょう。

 

 

・【素朴な疑問】戦争に敗れると将軍には、どんな罰が待っていたの?

 

三国志の戦争には、必ず勝者と敗者が存在します。

勝てば褒美も出世も望めますが、敗北してしまったら目も当てられません。

では、具体的に戦争に敗れてしまった将軍は、どうなるのでしょうか?

この記事で解説してみましょう。

 

 

・かつて日本で大流行したカリスマコメント付き三国志が存在した!

 

吉川英治さんの三国志にある、言うこと聞かない部下の魏延(ぎえん)

諸葛亮(しょかつりょう)が敵の司馬懿(しばい)もろとも焼き殺そうと

するという、諸葛亮が鬼畜すぎる迷シーン。そのひどいシーンは吉川さんの

オリジナルではなくて、当時日本で広がっていた、とっても愉快で刺激的な

ある三国志の影響です!

 

12/8のおすすめ記事


 

・キングダム541話 ネタバレ予想「藺相如側近 堯雲の実力は?」

 

キングダム朱海平原の戦いは3日目に入りました。

2日目には、趙軍優勢だった右翼の陣営も王賁(おうほん)の覚醒により

馬南慈(ばなんじ)の軍が削られ秦との力関係が逆転しました。

ここで、李牧(りぼく)は趙軍の中央から、1万人を抽出し堯雲(ぎょううん)に

指揮を任せて右翼の戦場へと向かわせました。

ずっと、李牧の近くにいて、以前は、趙の三大天、藺相如の右腕だった堯雲、

一体、どのような将軍なのでしょうか?

 

 

・【真・三國無双 Online Z 攻略3】超初心者が三国無双を5時間プレイするとどこまで上達するのか!?

 

ろひもとのゲーム中継第8弾は「真・三国無双OnlineZ」ということで、

無双系のゲームに初挑戦しております。

1時間40分が経過しましてようやく操作に慣れてきたところです。

(とはいっても方向と通常攻撃くらいですが)

アクションゲームで、どんどん敵をなぎ倒していくのはストレス発散になりますね笑

果たして超初心者が5時間でどこまで上達するのでしょうか!?

 

 

・【意外】日本人のほうが三国志を原文で読めるって知ってた?

 

中国で売られている三国志演義の本は、成立した頃の文面のままで

現代語訳されていないから、現代の中国人には読みづらいものとなっています。

その、中国人でさえ読みづらい古い中国語を、

日本人が案外すらすら読めちゃったりするようですぞ!

 

12/9のおすすめ記事


 

・【キングダムで人気】藺相如(りんそうじょ)は中国史上最強の度胸の持ち主だった?

 

最近、キングダムで取り上げられるなどで、注目が集まっている藺相如(りんそうじょ)

あのレジェンド武将、廉頗(れんぱ)と親友だったと言われる人物は

実際には、どのような人物だったのでしょうか?

今回は中国史上最強の度胸の持ち主、藺相如を紹介します。

 

 

・【防御力倍増!】三国志野戦陣営の造り方を解説

 

城に入っていない軍隊は、行軍を停止すると、そこに野戦陣営を構築しました。

今風に言うとキャンプですが、夜襲や敵の攻撃に備えて陣地を構築しないと、

とても安心して休む事は出来なかったのです。

そんな野戦陣営は、どんな風にどんな条件下で造られたのでしょうか?

 

 

・【保存版】これだけ見れば万事OK!アニメ版「三国志」7選

 

「三国志」を題材にした映像化作品としては映画「レッドクリフ」や

NHKの人形劇「三国志」などが有名ですが、

実は、過去何度もアニメ化されていることはご存知でしょうか?

 

今回は「三国志」のアニメ化作品、

もしくは「三国志」を題材にしたアニメ作品を

ドバッとまとめて紹介しましょう。

 

12/10のおすすめ記事


 

・【衝撃の事実】邪馬台国の重臣・難升米(なしめ)の子孫が大和朝廷の重臣だった?

 

こんにちは。コーノヒロです。前回に引き続き、

邪馬台国」の重臣・難升米(なしめ)についての謎に迫る記事を書いていきたいと思います。

よろしくお付き合いください。

実は、その難升米の子孫が大和朝廷で重臣になっていたという説があるのです。

しかも、かなり地位の高い重臣でもあった一族という説なのです。

ということは、邪馬台国の関係者が、大和朝廷の創建に深く関わっていたということでしょうか?

つまりは、邪馬台国の難升米は、卑弥呼亡き後、邪馬台国を裏切り、

新国家「大和朝廷」樹立へ向けて暗躍したのでしょうか?深まる謎に迫っていきたいと思います。

 

 

董旻(とうびん)ってどんな人?董卓を補佐した弟の生涯に迫る!

 

涼州軍閥から身を起こし洛陽を占領して実質的に後漢を滅ぼした

暴虐の王、董卓(とうたく)、しかし、彼が権力を握る過程では、

彼の弟が密接に関係していた事は、あまり知られていません。

そこで今回は、董卓軍の洛陽入場を用意し、その後の独裁をサポートした

董卓の弟の董旻(とうびん)を紹介しようと思います。

 

 

・老黄忠に迫る!黄忠夏侯淵を討ち取ったのは本当に法正のおかげ?

 

黄忠(こうちゅう)のプロフィール

字)漢升

ピン音)Huáng zhōng (英語・Huang zhong)

出身地)荊州・南陽郡

諡号)剛候

没年)220年

主君)劉表→劉琮→曹操劉備




こちらのまとめ記事も合わせてどうぞ

尹夫人 曹操

 

関連記事:大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選

 

2015年 感謝

 

関連記事:年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】

 

 

曹操 科学

 

関連記事:三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選

 

キングダム 40巻

 

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました




関連記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【12/18〜12…
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【10/3〜10/…
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【2/20〜2/2…
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【11/13〜11…
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【11/20〜11…
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース25記事【6/12〜6/1…
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【4/10〜4/1…
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【9/4〜9/10…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操丞相えらいねんで!
  2. 張コウ 張郃
  3. 胡亥
  4. 北伐する孔明
  5. 対立する西郷隆盛と大久保利通
  6. 織田信長
  7. 曹操が黄巾党が仲間に!
  8. 魏と国号を決める曹丕

おすすめ記事

  1. 【楚漢戦争】劉邦をイジメ、苦しめた、いじめっ子雍歯(ようし) 韓信と劉邦
  2. 【11月の見どころ】11/11〜15日まで「春秋左氏伝の世界」
  3. 蒋琬の政策とは?諸葛孔明とは違う政策を考えていた!? 蒋琬(しょうえん)
  4. 【痛恨の極み】吉川英治さん、どうしてあの三国志の迷シーンを復活させちゃったの? 読書する劉備
  5. 【諸葛亮孔明に学ぶ学習方法】夏休みの宿題にも応用できる? 孔明
  6. 天に頭はあるの?プライド賭けたトンチ合戦の勝敗は

三國志雑学

  1. 側室の女性達を励ます甄氏
  2. 馬超 vs 許褚
  3. 蜀の魏延
  4. 馬超の兜にフォーカス
  5. 魔王曹操
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 歳をとっても元気な孔明
  2. 貂蝉を奪い合う董卓と呂布
  3. 魏と国号を決める曹丕
  4. 袁紹を説得しようとする田豊
  5. 鄧艾
  6. 黄巾賊

おすすめ記事

【はじめてのスキッパーキ】スキッパーキって、どんな犬なの?【第1話】 呂布VS劉備三兄弟 よく考えてみると劉備は反董卓連合に参加していないのでは!? 織田信長 【9月の見どころ】9/9公開予定:本能寺の変に黒幕はいなかった! 衝撃の明智光秀単独犯説 中国四大美人も完璧ではないのです、欠点もあるんです(汗) 大声を出す張飛 「パチ感」の意味と曹豹が一騎討ちで張飛に勝つ方法 亡くなる孫堅 孫堅が早死しなければ、袁術が天下統一をした?元海賊狩りから異例の出世をした漢に迫る! 劉備 食客 28話:天運を掴んだ曹操の食客に落ちぶれる劉備 亡くなる袁紹 曹操の北伐~袁氏の滅亡~

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP