ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

まとめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【12/11〜12/17】




 

はじめての三国志では毎日コンテンツが掲載されています。

今週(12/11〜12/17)に掲載された記事をピックアップ!

はじめての三国志編集部が1週間分の情報をお届けします!

週末、時間が空いた時にゆっくり読んでみてはいかがでしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




今週(12/11~12/17)のまとめニュース

12/11のおすすめ記事


 

・オトコ漫画が読みたいヤツ集まれ!キングダムを超える戦国群像劇「義風堂々」

 

ただ強いだけぢゃ「いくさ人」じゃない・・

その強さを裏打ちする信念と愛がないと獣と同じだぜ

 

そんなキングダムにも通じるような、本当の漢(おとこ)の魅力を堪能させてくれる

今、激熱なマンガと言えば、原哲夫が原案を務めた義風堂々を除いて他にはない。

もちろん、キングダムの王騎(おうき)も凄いけどォ、いやいや、義風堂々には

王騎クラスのレジェンド武将が、ゴロゴロしていると断言していい!!

 

 

周不疑(しゅうふぎ)ってどんな人?曹沖と並び立つ天才少年の悲劇

 

あの覇王曹操(そうそう)が、最も愛し自身の後継者にしようとまで思った

曹沖(そうちゅう)、夭折した彼には、象の重さを図ったなど、天才逸話があります。

しかし、同時代に曹沖に匹敵する天才少年がいた事は、余り知られていません。

今回は天才に産まれたばかりに、曹操に殺されてしまう事になった

天才少年、周不疑(しゅうふぎ)の事を紹介致します。

 

12/12のおすすめ記事


 

・【キングダム】知ってる?いよいよ楊端和がヤバいらしいよ

 

大人気春秋戦国時代漫画、キングダム、その中でも一軍を率いて、

500年前の遺物、犬戎(けんじゅう)と激闘を繰り広げているのが

我等がクールビューティー楊端和(ようたんわ)です。

最強騎馬民族と称される犬戎相手に五分五分の奮戦をしてきた彼女ですが、

壁(へき)が舜水樹(しゅんすいじゅ)に兵糧を焼かれる大失敗をした事で、

これまで順調だった彼女も、いよいよヤバい状況です。

一体、楊端和がどんな風にヤバいのか?そして、その解決方法を考えます。

 

 

・【痛恨の極み】吉川英治さん、どうしてあの三国志の迷シーンを復活させちゃったの?

 

みなさんに一番なじみのある三国志は何でしょうか。

真・三國無双、三国志大戦、蒼天航路、などなど。

女子化しようが妖怪になろうがモビルスーツになろうが三国志は三国志。

じつに懐が深いですね。

ところで、三国志好きの人と好きな武将談義を始めると、必ず

魏延(ぎえん)を熱烈に支持する人が一定数いますよね。

 

 

・【まさにヤケクソ】最強の防御兵器はウ○チだった!?

 

孫子曰く、城を攻めるは、もっとも下策と言われるように、

城攻めは攻撃サイドに取って最悪の選択と考えられていました。

通常は、攻城兵器を推し立てて、損害を回避しながら戦うのですが、

そんな余裕もない時、攻撃サイドは、直接城壁によじ登って大損害覚悟で、

戦う事になります、このような戦法を蟻傅(ぎふ)と言います。

 

12/13のおすすめ記事


 

劉備が宴会していた襄陽(じょうよう)ってこんな街!よかミカンが行ってみた

 

こんにちは。先日から寄稿させて頂いております よかミカン です。

おおぜいの三国志ファンのみなさまとお近づきになる機会を頂き光栄に存じます。

「襄陽ってこんな街」というタイトルですが、三国志の中では、

曹操(そうそう)に敗れた劉備(りゅうび)が荊州(けいしゅう)の

劉表(りゅうひょう)に身を寄せており、その荊州の都ということで襄陽が

登場しております。

私こと よかミカン、三国志好きが高じて襄陽まで旅行に行ったことが

ありますので、どんな街だったかご紹介させて頂きます!

 

 

唐周(とうしゅう)とはどんな人?張角の野望を砕いた元信者

 

西暦184年、太平道の教祖、張角(ちょうかく)は、36万と号する

信徒を率いて蜂起、中原を争乱の渦に叩き落とします。

しかし、この計画はやけくその蜂起であり、自滅が約束された道でした。

実は、張角には綿密な計画があったのですが、一人の信者の寝返りにより

それは、水泡に帰してしまったのです。

 

 

郝萌(かくぼう)と曹性(そうせい)はどんな人?呂布の配下で猛威を振るった八健将

 

三国志ではマイナー武将も数多くいますが、

郝萌(かくぼう)曹性(そうせい)とそれらに属する将です。

彼らは呂布(りょふ)の配下で、三国志演義で八健将という称号を与えられています。

八健将の構成員は序列の順番から、張遼(ちょうりょう)

臧覇(ぞうは)、郝萌(かくぼう)、曹性(そうせい)、

成廉(せいれん)、魏続(ぎぞく)、宋憲(そうけん)、

侯成(こうせい)ら八人です。

ここで出てくる郝萌(かくぼう)、曹性(そうせい)はどのような将だったのでしょうか。

今回は八健将の序列三位の郝萌(かくぼう)と四位の曹性(そうせい)にスポットを当て、

演義と正史での彼らの活躍を紹介します。

 

12/14のおすすめ記事


 

・【三国志入門者向け】三国志の魏・呉・蜀を建国した君主っていったい誰?

 

私達のはじめての三国志は、

三国志の初心者でも気軽で簡単に三国志の時代を楽しむ事ができるサイトを

目標に日夜一生懸命原稿を書いてサイトを更新しています。

しかし最近は三国志の中級者~上級者向けの記事や

春秋戦国時代(しゅんじゅうせんごくじだい)の人気マンガ・キングダムの

記事、三国志関連のゲームばかり紹介していて、

三国志を初めて知った方に優しくないと思いませんか。

 

 

・【ネタバレ注意】キングダム541話 預言の地 レビュー&今後予想

 

さて、大人気春秋戦国時代漫画、キングダムのネタバレレビューを行いましょう。

前回は、右翼の戦場に中央の李牧(りぼく)から、かつて趙の三大天、

藺相如(りんそうじょ)の武を務めた猛将、堯雲(ぎょううん)の率いる

1万人が出現した所で終わりになっていました。

そうなると、今回はいかに堯雲が強いかをPRする「煽り回」になりそうですが、

どんな話になっているのか、さっそくレビューしてみましょう。

※注意:この記事はキングダム541話、ネタバレが含まれています。

 

 

・【地図付き】地味だけど結構重要だった!諸葛亮の南中遠征

 

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)が指揮を執った戦いといえば、

正史では北伐がもっとも有名です。

しかし、北伐以前にも、孔明が指揮を執った大作戦があったのです。

それが三国志演義では、南蛮征伐と呼ばれる戦いですが、演義のそれはスピンオフで

誇張と空想の産物であり、実際の戦いを正確に伝えたものではありません。

そこで、今回は正史に基づいた、孔明の南中遠征を解説図付きで分かりやすく説明したいと思います。

 

12/15のおすすめ記事


 

・【真・三國無双 Online Z 攻略4】ラスト1時間50分!超初心者が三国無双を5時間プレイするとどうなるのか?

 

ろひもとのゲーム中継第8弾は「真・三国無双OnlineZ」ということで、

無双系のゲームに初挑戦してきました。

今回は最後の1時間50分についてお伝えしていきます。

 

 

・はにゃ?これ名詩なの?三国時代の詩が難解すぎる件

 

三国志の曹操(そうそう)は、政治も軍事も一流で詩まで書けちゃうニクいやつ。

忙しい最中にも読書を欠かさず、文学の発展につとめて

建安文学(けんあんぶんがく)」なんていう文学の一大ムーブメントを築きました。

高校の世界史の副教材にちっちゃく載っていたくらい有名だから、

きっとさぞかし素晴らしい文学なのでしょう。と思って読んでみたら、

あれ、あれ、あれれ……

 

12/16のおすすめ記事


 

・【素朴な疑問】馬謖って失敗ばかり強調されるけど手柄とかないの?

 

少し三国志に詳しくなると、特に蜀ファンの間で「馬謖の山登り」が

非難されている声を耳にする事が多くなると思います。

馬謖(ばしょく)が街亭で山上に布陣しなければ、、あいつのせいで北伐は失敗した等です。

しかし、それを聴くと同時に、こんな風にも考えるでしょう。

 

馬謖には失敗しかないのか?だとしたら

孔明はどうして重く使ったのだろう?」

 

 

・意外!中国人は三国志をあまり読んでない!?

 

三国志といえば、日本人にとってもたいへん馴染みの深いもの。

ましてやご本家の中国では小さな子供でも当たり前に三国志演義ぐらい

読んでいるに違いない。そう思いますよね!?

ところがどっこい。意外や意外。中国のかたとお話ししていると、

「へえ~、あなた三国志演義なんか読んでるの? すごいわねえ」と

感心されることがよくあります。なんでやねん!?

 

 

黄忠黄蓋は親族なの?黄忠黄蓋の違いと共通点をわかりやすく解説

 

三国志をはじめて読むと同じ姓の登場人物が多くて混乱しますね。

例えば「孫」です。

呉の孫堅(そんけん)孫策(そんさく)

孫権(そんけん)をはじめとして、蜀にも孫乾(そんけん)がいますし、

魏にも孫礼がいます。どっちかどっちだっけ?みたいな感じになります。

「張」は多いですよ。皆さんは何人くらい名前がいえますか?

 

12/17のおすすめ記事


 

・ええっ!成功事例もあった孔明の女物の衣服を贈る計略

 

Kawausoは、ああ、孔明(こうめい)衰えたるかな・・と思う計略が一つあります。

それが他でもない、孔明が陣地に引っ込んで出てこない司馬懿(しばい)を挑発する為に、

女物の衣服(晋書高祖宣帝紀では、女物の髪飾り)を送りつけて、

「お前は臆病な女のようなヤツだ、やーい!仲達子ちゃーん」と罵った計略です。




こちらのまとめ記事も合わせてどうぞ

尹夫人 曹操

 

関連記事:大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選

 

2015年 感謝

 

関連記事:年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】

 

 

曹操 科学

 

関連記事:三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選

 

キングダム 40巻

 

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました




関連記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【10/30〜11…
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【9/4〜9/10…
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【5/15〜5/2…
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/12〜12…
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【4/17〜4/2…
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/15〜8/2…
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【3/27〜4/3…
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース10記事【11/27〜12…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 周瑜くやしい 呉
  2. 夏侯玄
  3. 劉禅
  4. 水滸伝の宋江
  5. キレる劉備になだめる黄権
  6. 黄忠の様子を見に行く趙雲

おすすめ記事

  1. 馬超には愛馬がいたの?西方の雄・馬超の愛馬に名前をつけてみた 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
  2. 【最終話】kawauso編集長のぼやきVol.33「北京でサービスを考える」 はじめての三国志編集長kawauso
  3. 天皇とは何?そもそも何で偉いの?
  4. キングダム最新612話ネタバレ予想「カイネvs糸凌の戦いの決着は?」 キングダム55巻
  5. 三国志の時代でも副業が流行っていた!サイドビジネスの種類を紹介! 陳平
  6. 孫和とはどんな人?文武両道だけど最後はとっても悲惨な貴公子 孫和

三國志雑学

  1. 董卓
  2. 関羽の一騎当千
  3. 徐福
  4. 法正
  5. 袁紹にお茶を渡す顔良


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
  2. 阿部正弘
  3. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀

おすすめ記事

大声を出す張飛 「パチ感」の意味と曹豹が一騎討ちで張飛に勝つ方法 諸葛誕 諸葛誕(しょかつたん)ってどんな人?魏の「狗」も名声を得ていた魏の諸葛一族 騎射の術に長けた騎馬兵士 【衝撃】武霊王がいなければ関羽は赤兎馬に乗っていなかった! 孫堅逝く 24話:呉・三国志 孫堅のあっけない最期 狂気!我が子を後継者にしなかった夫への報復!袁紹の愛人5人を切り刻んだ劉氏の怨念 孟嘗君 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【反逆編】 長坂の戦い 張飛 三国志|前半戦のまとめその3(長坂の戦いまで) 王累 誰かに話したくなる!自由すぎ、フリースタイルな三国志の武将達8選

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP