キングダム
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

まとめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【12/25〜12/31】




 

はじめての三国志では毎日コンテンツが掲載されています。

今週(12/25〜12/31)に掲載された記事をピックアップ!

はじめての三国志編集部が1週間分の情報をお届けします!

週末、時間が空いた時にゆっくり読んでみてはいかがでしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




今週(12/25~12/31)のまとめニュース

12/25のおすすめ記事


 

・これは意外!董卓が殺されたのは并州人 vs 涼州人の対立の結果?

 

三国志の大事件の一つに数えられる呂布(りょふ)による董卓(とうたく)暗殺、

一般には、董卓呂布手戟を投げつけるなど、横暴な振る舞いが増えた、

呂布董卓の侍女に手を出しその発覚を恐れた、呂布の裏切り癖などが殺害の原因ですが、

実は、董卓の死は呂布個人の確執ではなく、并州人VS涼州人の対立の結果だったかも

知れないという説があるのです。

 

 

・サンタクロースにホコリ!?中国にもクリスマス・年末年始はあるの?

 

クリスマス、そしてお正月。中国の年末年始はどういう様子だろう。

中国留学中だった私 よかミカンが胸を躍らせながら迎えた、ある年の

北京の12月と1月1日の話。

 

12/26のおすすめ記事


 

・【血統を知ろう】劉備は前漢の初代皇帝・劉邦の末裔なの?

 

自分の祖先については誰もが興味を持っているのではないでしょうか。

果たして自分は誰の血を受け継いでいるのか?

昔に祖母から聞いた話だと、私の家は平氏の血統だとか。どうなのでしょうか。

 

三国志にはたくさんの個性的なキャラが登場しますが、

どんな血統なのかはっきりしない人物も多くいます。

 

 

・【衝撃の事実!!】正史三国志の作者・陳寿孫権が打ち立てた孫呉を皇帝として認めていなかった!?

 

現代に生きる我々に三国志がどのようであったかを伝える、

貴重な資料「正史三国志(せいしさんごくし)」。

正史三国志は魏書・蜀書・呉書の三つに分けられ、

それぞれの国の武将や文官の列伝が記載されている書物です。

この正史三国志の作者は蜀の国に生まれた陳寿(ちんじゅ)です。

陳寿は自らが記した正史三国志において魏と蜀を皇帝としているのですが、

孫権が建国した孫呉だけ皇帝として扱っていないのです。

 

12/27のおすすめ記事


 

黄老思想(こうろうしそう)とは何?アベノミクスの原点は前漢時代にあった!

 

新聞の経済面などを読んでいるとしばしば、

「大きな政府」「小さな政府」という言葉に出会います。

 

現在の日本における政権(自民党・安倍政権)は

「小さな政府」寄りのスタンスを取っていますが、

実はこの「小さな政府」という考え方は

中国の春秋戦国時代からあったって、ご存知ですか?

 

 

・臥龍は起つ気まんまんだった!?三顧の礼のやらせ劇を詩から読み解くよ

 

戦いでいいところまで行っても、軍師不在のためにいつも残念な境遇に

甘んじていた劉備(りゅうび)さん。

人相見の水鏡(すいきょう)先生に「伏龍(ふくりゅう)、鳳雛(ほうすう)のいずれかを

得れば天下を安んじることができる」と言われ、伏龍こと諸葛孔明(しょかつこうめい)を

いそいそと訪ねて行ったのが、有名な「三顧の礼」です。

 

12/28のおすすめ記事


 

・【忠臣・魏延に迫る】何で劉備魏延をあれほど重用したの?

 

人の上に立って成功するリーダーは、「人を見抜く目」を持っているものです。

「将来性はどうなのか」

「口先だけでなく本物の力を持っているのか」

「信頼できるのか」などなど。

特に群雄割拠の戦国の世の中ではそういった目を持っていなければ

生き残ることすら難しかったのではないでしょうか。

 

 

潘濬(はんしゅん)とはどんな人?劉備から孫権に主を代えるも孫権に忠義を尽くした硬骨漢

 

孫権(そんけん)関羽(かんう)が魏の樊城(はんじょう)へ攻撃を仕掛けるため、

北上したことを知ると劉備(りゅうび)との同盟を破棄して魏と結びます。

孫権は魏と結ぶと劉備の義弟・関羽が領有していた荊州(けいしゅう)を陥落。

孫権は荊州を奪うと劉備陣営から麋芳(びほう)士仁(しじん)などの将軍が、

降伏してきます。

 

12/29のおすすめ記事


 

・オカルト、SF、大好き!三国志人の脳内はお花畑

 

三国志を読んでいると、儒教(じゅきょう)の教養を身につけた

立派な人物が大勢出てきます。儒教の始祖の孔子(こうし)

怪力乱神を語らずと言っていたから、三国時代の人たちもあまり

荒唐無稽な話なんてしなかったんだろうな、と、

三国志を読み始めたばかりの頃の私は思い込んでおりました。

ところがどっこい。

 

 

侯成(こうせい)とはどんな人?禁酒中でイライラしている呂布に斬首の命を受けた八健将

 

三国志界の無双の豪傑である呂布(りょふ)には、

その配下に八健将という八人の将がいました。

八健将の構成員は、張遼(ちょうりょう)臧覇(ぞうは)、

郝萌(かくぼう)曹性(そうせい)、成廉(せいれん)魏続(ぎぞく)

宋憲(そうけん)、侯成(こうせい)です。

これらの八人の武将は序列が一位から八位まで決められています。

 

12/30のおすすめ記事


 

・【キングダムを更に楽しむ】六国で秦を倒せるような国はあったの?

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、漫画の上では、

強力な趙の李牧(りぼく)の前に、苦戦を余儀なくされている秦ですが、

史実では、李牧と楚の項燕(こうえん)に一度ずつ負けただけで、

瞬く間に天下統一を成し遂げています。

では、冷静に考えて、秦以外の六国で秦を倒せる国などあったのでしょうか?

話のタネにちょっと検証してみましょう。

 

 

袁術大助かり!漢の時代に盛んになった養蜂を分かりやすく解説

 

蜂蜜は豊富なアミノ酸を含む健康食品で、現在でも人気があります。

三国志の時代には、すでに蜂蜜を水で割った甘い飲み物があり貴族が愛好しました。

あの宇宙の帝王、袁術(えんじゅつ)が戦に敗れて落ち延びている途中でも

「こりゃ、蜂蜜水を大至急!」と料理人に要求し「水と血しかねーよサル!」と返され

絶望して血を吐いて死ぬほどに、袁術は蜂蜜が大好きでした。

そんな蜂蜜ですが、漢の時代の中国では、すでに養蜂が始まっていたそうなのです。

 

12/31のおすすめ記事


 

・【楚漢戦争】劉邦をイジメ、苦しめた、いじめっ子雍歯(ようし)

 

中国史最強の武将、項羽(こうう)を滅ぼし、漢の400年の天下を樹立した劉邦

これを見ると劉邦(りゅうほう)は、昔から豪放磊落で親分肌の人物に見えますが、

実は、無名時代の劉邦をイジメて苦しめ、強い恨みを買った人がいました。

それが、天下のイジメっ子雍歯(ようし)です。

 

 

・【はじめての三国志編集部】今年もおつかれさまでした。

 

おかげさまで、2017年末時点でコンテンツ数は2900記事を超え、

「はじめての三国志」を訪問してくださる読者の数も、

2017年は月間37万人近く、年間298万人の方がサイトに遊びに来てくださりました。

4年も運営を継続できたのも、ひとえに読者様のご愛顧とご支援によるものと深く感謝しております。




こちらのまとめ記事も合わせてどうぞ

尹夫人 曹操

 

関連記事:大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選

 

2015年 感謝

 

関連記事:年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】

 

 

曹操 科学

 

関連記事:三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選

 

キングダム 40巻

 

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました




関連記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【5/15〜5/2…
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【10/30〜11…
  3. 激務をちょっと忘れられるホッと一息の「ユルめ記事」2016年総集…
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【3/13〜3/2…
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【4/10〜4/1…
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【6/26〜7/2…
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【3/20〜3/2…
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/19〜6/2…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国志大学で勉強する公孫瓚
  2. 真田丸
  3. 曹丕
  4. 徳川慶喜(幕末)

おすすめ記事

  1. 【龍と犬とロバ】魏呉蜀で活躍した諸葛一族
  2. 小栗忠順とレオンロッシュ。フランスが幕府を支援していた理由は?
  3. キングダム581話ネタバレ予想vol2深読み「王賁遂に中二病を脱出!」
  4. どうして呉は同盟国の蜀・関羽を裏切ったの? 関羽を討ち取る陸遜
  5. 張緝(ちょうしゅう)とはどんな人?ドケチで自らの権力を誇っていたけど才能はピカイチな張既の息子
  6. 中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介 始皇帝

三國志雑学

  1. 降参する姜維
  2. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲
  3. 華陀と麻沸散
  4. 袁術と董卓
  5. 曹操 詩
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 諸葛均 孔明の弟 ゆるキャラ
  2. 王允と呂布
  3. 徐盛(じょせい)呉の将軍

おすすめ記事

島津斉彬の人柄とは?誰もが納得する名君の心構え 孫権に諫言する陸瑁 陸瑁(りくぼう)とはどんな人?人の苦境を救い、孫権の過ちを正そうと忠言を行った陸遜の弟 【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(おうろう) 三国志時代の離婚や再婚問題はどうなっていたの?曹文叔の妻を紹介 連環の計って、どんな作戦? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【1/1〜1/8】 西遊記はどうやって出来たの?三蔵法師編 【宋代の文化】宋代の3大発明を分かりやすく解説 袁紹と張り合った袁術が滅亡した原因って一体何なの?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP