キングダム
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

山崎の戦い後の明智光秀の家族・家臣はどうなったの?

この記事の所要時間: 217




明智光秀

 

本能寺(ほんのうじ)の変と想定外の山崎の戦い』では、本能寺の変から山崎の戦いで明智光秀(あけちみつひで)の軍が負け、農民らに殺害されるまでの経緯について

取り上げました。

しかし、山崎の戦いで勝利した豊臣秀吉(とよとみひでよし)徳川家康(とくがわいえやす)のその後について取り上げましたが、明智光秀については注目しませんでした。

今回は山崎の戦い後の明智光秀の家族・家臣について取り上げます。

 

関連記事:【織田信長が明智光秀に殺害される】謎に包まれた本能寺の変:黒幕は誰だ?

関連記事:山崎の戦いってどんな戦いだったの?明智光秀VS羽柴秀吉が激突した戦

 

 

山崎の戦い後の明智光秀の家族

お玉(細川ガラシャ)

お玉(細川ガラシャ)

 

山崎の戦い後、明智光秀の家臣だった明智秀満(あけちひでみつ)は坂本城で光秀の妻子を殺害し、明智秀満は自害しました。

光秀の息子は丹波国の亀山城にいましたが、自害させられました。これで明智氏は滅びました。

明智光秀の娘では細川忠興(ほそかわただおき)に嫁いだ(たま)が有名です。

本能寺の変の後、1584年まで約2年間にわたって細川忠興は玉を丹後国の味土野(現在の京都府京丹後市)に幽閉します。

幽閉を解かれてから、大阪の細川忠興の屋敷に移ります。

大阪の屋敷に移ってから、キリシタンとなりました。

洗礼を受けて細川ガラシャと名乗ります。

 

1600年、細川忠興は徳川家康に従って会津の上杉景勝(うえすぎかげかつ)の征伐に向かいます。

大阪城にいた石田三成(いしだみつなり)は、大名の妻子を人質に取ろうとしていました。

細川忠興の妻も人質に取ろうとしたので大阪の屋敷にいたガラシャは屋敷に爆薬を仕掛けて火をつけて自害しました。

キリスト教では切腹などの自殺行為が禁止されているため、家老に介錯を頼んだことは有名です。

ガラシャの遺体は宣教師のオルガンティーノが堺の教会に埋葬しました。

このガラシャの悲劇はヨーロッパに伝えられ、オペラとなって世界中で語り継がれています。

 

 

山崎の戦い後の明智光秀の家臣

春日局

春日局(かすがのつぼね)

 

ここでは、山崎の戦い後の明智光秀の家臣について取り上げます。

明智秀満は光秀の妻子を殺害した後、自害しました。

豊臣秀吉は山崎の戦いの後、京に入ると近江国に侵攻します。

明智光秀の家臣は逃走または降伏しました。

これによって近江国の平定に成功しました。

明智光秀の家臣の斎藤利三(さいとうとしみつ)は捕らえられ、六条河原において処刑されました。

斎藤利三は明智光秀の家臣となってから重用され、筆頭になっていたといわれています。

本能寺の変を打ち明けた光秀の家臣のうちの1人であるといわれています。

斎藤利三が処刑されてから娘が注目されるようになりました。

その娘の名前は春日局(かすがのつぼね)といいます。

江戸幕府3代将軍徳川家光の世継ぎが生まれないことを憂い、春日局が大奥をつくったといわれています。

当初、大奥は将軍の世継ぎをつくるための機関として作られましたが、江戸時代後半になると政治権力を持ち、

改革を断行する老中を交代させることがありました。

 

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は山崎の戦い後の明智光秀の家族と家臣について取り上げました。

山崎の戦いの勝者豊臣秀吉が注目されがちなので、あえて負けた側の明智光秀に注目しました。

明智光秀の家族について取り上げていると、細川ガラシャのことを改めて思い出した読者がいるかもしれません。

細川ガラシャの悲劇はオペラになっていることから、世界で最も有名な歴史上の人物の1人になっているかもしれません。

現在、京都府長岡京市では、明智光秀の娘の玉が細川藤孝の息子忠興に嫁いだときのシーンを再現するためにガラシャ祭りが

毎年11月に行われています。

これからガラシャ祭りに出かけて細川ガラシャについて考え直したいと思います。

 

明智光秀の家臣については斎藤利三の娘が江戸幕府に影響を与えました。

春日局は大奥を作ったことで有名ですが、明智光秀の家臣だった斎藤利三の娘であることについては意外だと感じるかもしれません。

大奥は将軍の世継ぎをつくるために作られた機関でしたが、老中を罷免させるなど政治権力を持つようになります。

政治権力を持つまでの過程に注目したいと思います。

 

関連記事:本能寺の変に黒幕はいなかった!衝撃の明智光秀単独犯説

関連記事:【新事実】織田信長は本能寺の変がなくてもオワコンだった!

 

幕末のおじゃるズ公家
公家

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. ええっ?蒙驁(もうごう)将軍は史実では秦の六大将軍に並ぶ超名将だ…
  2. 晴信の仲介によって停戦と最強の三者同盟成立と運命の戦い
  3. 吉川元春(きっかわもとはる)がスゴイ!敵と味方から恐れられた戦の…
  4. 信玄の敵は謙信ではなかった?武田家を揺るがす最強の敵出現
  5. 関所撤廃って何?織田信長が行った教科書に記されていない政治
  6. 小早川秀秋は関ヶ原の戦いでなんで西軍を裏切ったのか?
  7. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十二話「おんな城主直虎」…
  8. 本能寺の変に黒幕はいなかった!衝撃の明智光秀単独犯説

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 24話:呉・三国志 孫堅のあっけない最期
  2. 高漸離(こうぜんり)が始皇帝に復讐を行う、荊軻の親友の始皇帝暗殺計画
  3. 「自治三訣」って一体どんな言葉?東京都知事の所信表明に出てきた言葉を分かりやすく!
  4. 月刊はじめての三国志2018年3月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  5. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法師」の見どころ
  6. 【秦の宰相】一介の商人である呂不韋はどうやって秦の宰相まで出世出来たの?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【8/1〜8/7】 キングダム578話最新ネタバレ「明日までに」レビュー解説 7話:黄巾の乱は、どうして起こったのか? 黄巾賊についてわかりやすく解説 【田疇の進言】烏桓討伐戦で曹操に助言したのは郭嘉だけではなかった! 曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった? 三国志の時代に流行した超クールなスポーツ撃壌 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を持った戦国四君【青年編】 周倉の被っているあの帽子は何て言う帽子?

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【10/16〜10/22】
  2. 天照大神は卑弥呼がモデルだった?卑弥呼の正体に迫る!
  3. 李傕(りかく)とはどんな人?董卓よりも横暴な政治を行った暴虐な政権運営者
  4. 三国志探索・蜀の楊儀ファンはいるのだろうか?生き方が不器用な楊儀
  5. 見た目で比較してもいいですか?曹操とナポレオン
  6. 【キングダム】イケメンな始皇帝の意外な最期を大胆に考えてみよう!
  7. 司馬朗(しばろう)とはどんな人?司馬懿でさえ頭が上がらない偉大な兄の生涯
  8. 【ネオ三国志】第1話:蒼天航路の主人公・曹操立つ

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP