アマビエとはどんな妖怪?ホントは疫病退散の御利益なし

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

アマビエとはどんな妖怪?(1P目)


Twitterの流行も江戸の流行もキーワードは面白がり

 

しかし、いかに江戸時代とはいえ、こんな胡散臭い噂話が大真面目に信じられて拡散して行ったとは思えません。

 

そりゃあ、もちろんなかには、疫病を恐れて大真面目にアマビエやアマビコを写した人もいたでしょうが、大半は真偽不明な怪しい話を、面白がり描き残そうとしたのでしょう。当時は新聞もテレビも電話もないので、人が噂を伝播しようと思えば一番効率的なのは何かに描いて配布していく事でした。

テレビを視聴するkawauso編集長

 

アマビエやアマビコは、そんな、面白い事や大事な事を描き残していくという幕末の人々の嗜好(しこう)に合致したから、広範囲に広がったのでしょう。でも、よく考えると、それは個人が瞬時に世界に情報を発信できるsnsの世界に生きている21世紀の人間も同じです。

 

アマビエって面白いよね?から始まり疫病退散という簡単な名目をつけて、拡散したというのが本当の所ではないかとkawausoは思います。


kawausoの独り言

kawauso 三国志

 

アマビエは、Twitterを通して非常に有名になり、新型コロナ退散の護符のような扱いで商品化されています。それは和菓子や文房具、お守り、ワッペン、ハンカチなど多種多様で、いまや、ちょっとした人気キャラです。

 

もちろんアマビエのフォルムはヘタウマな原画より万人受けするように可愛らしくなっていますが・・・

 

もちろん、これを持ったからとて、本当に新型コロナが防げるなんて思っている人はいないと思います。むしろ逆でコロナで遊んでやろう、コロナを笑いのめして叩き潰してやろうという意識がないと、こういうキャラクターは生まれないでしょう。

文:kawauso

 

関連記事:服部半蔵と松尾芭蕉は同一人物?都市伝説を検証してみる

関連記事:【明智光秀の都市伝説】実は死んでいない明智光秀

 

【歴史から抹殺された戦国武将の謎と伝説】
戦国時代の都市伝説特集

 

 

< 1

2

関連記事

  1. 三国志大学を目指す曹操
  2. はじめての変

    実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗

    221年、諸官のすすめで帝位についた劉備(…

  3. デレデレ張飛

    はじめての変

    あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬

    桃園三兄弟の劉備(りゅうび)には的盧(てき…

  4. 酒癖が悪い孫権
  5. 楊奉
  6. 三国志平話

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2020年 6月 14日

    ウィルスもデマも広がりやすいって事ですな




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“三国志データベース"




PAGE TOP