はじめての列子
if三国志




はじめての三国志

menu

当サイトからのお知らせ

はじめての三国志公式twitterアカウントの急激なフォロワー増加について

はじめての三国志

 

読者様へ

 

平素より「はじめての三国志」を閲覧いただき誠にありがとうございます。

弊社より、読者の皆様へご連絡致します。

はじめての三国志のTwitterのアカウントのフォロワー数が2018年10月7日(日)〜本日にかけて

5,000名近く急激に増加している事を確認しました。

 

こちら、スパムアカウントによるフォロワーの可能性が高いことから、

現在、twitter社にスパム報告・不信なスパムアカウントの凍結申請をしている状況でございます。

読者の皆様には大変ご心配をお掛けする結果となり深くお詫び申し上げます。

 

引き続き、調査をしてまいりますので進展があり次第、ご報告させていただきます。

「2018年10月12日(金)19:27掲載」

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. yoriburin 『はじめての三国志』の楽しみ方~その1
  2. はじめての三国志からのお知らせ バナー 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに曹丕・袁紹を追加しました…
  3. 【祝】はじめての三国志月間180万PV達成、皆さまへ御礼の言葉
  4. はじめての三国志 はじめての三国志開設2周年のご挨拶
  5. 三国志ファンの後漢(五感)をふるわさす三国志フェス2015に参戦…
  6. 月刊はじめての三国志2017年11月号 (桃園出版 三国舎)の販…
  7. 月刊はじめての三国志2018年1月号 (桃園出版 三国舎)を出版…
  8. BOOK☆WALKERにて『#君主論』の販売を開始しました。

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明
  2. 曹操から逃げ回る劉備
  3. 織田信長
  4. 孫権 弔い出陣
  5. 曹操軍の輸送車を襲う趙雲
  6. 占いをする卑弥呼(鬼道)
  7. 三国志の地図(州)

おすすめ記事

  1. 134話:頑固な忠臣、張昭と孫権の対立がシュール
  2. 【はじめての君主論】第3話:君主に必要とされる力量とは?光武帝と劉禅の違い
  3. 馬超にも逸話はあるの?蜀の五虎大将軍・馬超孟起の逸話
  4. 秦の身分制はどうなっていたの?夏子、真って何?
  5. 曹操の魅力とは?武将アンケート同立2位
  6. 「高平陵の乱」を蜀の丞相の費禕はどう評価したの?蜀から見る魏のクーデター 費禕

三國志雑学

  1. 張遼 カカロットーーーー!
  2. 日本に目指さした孫権
  3. 袁紹にお茶を渡す顔良
  4. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮
  5. 車に乗る諸葛亮
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. オリンピックを誘致する田畑政治 いだてん
  2. 孔明もコペルニクスに似ていた

おすすめ記事

【三顧の礼】諸葛亮が自ら盛った作り話か!?あったか疑わしい三顧の礼 秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽 徐璆(じょきゅう)とはどんな人?曹操より丞相を譲ろうとされた男 魏の忠臣・徐宣(じょせん) 徐宣(じょせん)とはどんな人?魏の三代に仕えて歴代の君主に褒められた忠義心の塊 曹操は最初から荀彧を遠ざけていた!?原因は強烈なニオイ 三国夢幻演義バナー 龍の少年 三国夢幻演義 龍の少年 第4話「地獄の淵で」配信日が決定しました 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超 馬超には愛馬がいたの?西方の雄・馬超の愛馬に名前をつけてみた 熱血曹操 若かりし曹操は熱血漢

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP