ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
徐庶


はじめての三国志

menu

五秒でわかる三国志

三国志って何?はじめての人向け

三国志っておいしいの


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

三国志っておいしいの

三国志(さんごくし)ってなにそれおいしいの?

そんな、はじめて三国志に触れる方に、小見出しをざらっと読むだけで、5秒で三国志がわかったような気分になれる〇三五三(ゼロから三国、五秒で三国)のコーナーです。

はじめて三国志に触れたとき

 

はじめて三国志に触れたとき、一番いらっとするのはなにかといえば、「名前が読めない」ことだと思います。

 

生徒に勉強を教える盧植

 

三国志を熟知されている方には、とてもまどろっこしいかと存じますが、このコーナーでは、なるべくふりがなをたくさんふりたいと思います。

どうかご了承ください。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:『三国志演義』の原典?『三国志平話』とは?

関連記事:三国志はなぜ日本で人気なの?中国人も驚く日本国民のヒーロー論に迫る


三つの国の名前は、魏・呉・蜀

三国志地図

 

『三国志』は西暦200年頃、中国が三つの国に分裂して戦っていましたよ、という話です。

その三つの国の名前が、魏(ぎ)と呉(ご)と蜀(しょく)です。

魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍

()は、中国の華北(かほく)地帯を治め、人口は2千600万人あまり。

解煩督 呉

()は、長江(ちょうこう)以南の地帯を治め、人口は1千数百万人あまり。

蜀の姜維

(しょく)は、現在の四川省(しせんしょう
)
のあたりを治め、人口は数百万人あまりでした。

姜維と一緒に戦う鍾会

規模の違いは歴然としています。

言ってみれば、日本の本州が魏で、九州が呉で、四国が蜀のような感じです。


三人の君主の名前は、曹操孫権劉備

三国志 英雄たちの宴

魏の君主は曹操(そうそう)

曹操躍進

 

魏の君主といえば、曹操(そうそう)です。

曹操

曹操で、押さえておきたい言葉は、「治世の能臣、乱世の奸雄(かんゆう)」です。

治世の能臣、乱世の奸雄・曹操

意味は、「平和な世の中ではただの優秀な臣下だが、戦国時代のような乱世であれば、のしあがる危険な人物」ということです。

 

関連記事:曹操の魅力とは?武将アンケート同立2位

関連記事:曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法

関連記事:曹操には弱点はないの?

 

呉の君主は孫権(そんけん)

孫権と三国アヒル

 

()の君主といえば、孫権(そんけん)です。

呉の孫権は皇帝

孫権で、押さえておきたいことは、孫家の三代目ということです。

海賊時代の孫堅と孫策

呉は、孫権の父、孫堅(そんけん)の代から始まり、兄、孫策(そんさく)を経て孫権(そんけん)の代になります。

父子で名前の読み方が一緒で混乱しますが……中国語では同じではないようです。

 

関連記事:陳寿が語る孫権像

関連記事:何でこんなに孫権は地味なの?

関連記事:本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権


蜀の君主と言えば劉備(りゅうび)

若かりし劉備 チャライ★

 

(しょく)の君主といえば、劉備(りゅうび)です。

関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟

劉備で、押さえておきたいことは、「桃園(とうえん)の結義」です。

三国志演義(さんごくしえんぎ)では主人公でもあります。

 

関連記事:若い頃の劉備はチャラすぎ!劉備略年譜

関連記事:滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方

関連記事:主人公になるべく登場した男、劉備玄徳


桃園の結義

桃園の誓012

若いころ、意気投合した劉備・関羽(かんう)張飛(ちょうひ)の三人が、義兄弟(ぎきょうだい)の契りをかわし、「生死を共にしよう」と誓いあうことです。

 

関連記事:歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い

関連記事:涙なしには語れない桃園の結義

関連記事:ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期

 

三国志と言えば赤壁の戦い

劉備と孫権同盟

 

西暦208年、魏の曹操が呉の孫権の支配地域の江東・江南地区に侵攻してきました。

赤壁の戦い

圧倒的な国力を誇る魏との戦いを前に、孫権と劉備は手を組み、ともに赤壁(せきへき)という場所で曹操を迎え撃ちます。

赤壁は、現在の武漢(ぶかん)から長江(ちょうこう)を100キロほどさかのぼったあたりです。

孔明 東南の風

 

この海戦では、呉の周瑜(しゅうゆ)と蜀の諸葛孔明(しょかつこうめい)が策略を巡らして魏軍を火攻めにし、魏の大軍を呉・蜀連合軍が見事に破りました。

赤壁の戦いで敗北する曹操

この戦いを赤壁の戦いといいます。

三国志の中でも最も有名な戦いのひとつです。

 

三国志は一体誰が天下を取るの?(kawa註)2018/11/15追記

kawauso編集長

 

三国志の中心人物が、劉備、曹操、孫権が分かったところで三国で誰が天下を統一するのかお教えします。

 

曹操と機密保持

 

普通に考えると、一番、支配面積が多い曹操の魏のように思えますよね。

でも、答えはブーなのです。

 

劉備と孫権

 

じゃあ、劉備、孫権?残念ながら全部外れです。

三国志の勝者になるのは、魏の曹操の部下である司馬懿(しばい)という男です。

司馬懿

 

この司馬懿が、蜀の諸葛孔明を倒すなどして魏の政権の中でのし上がっていきます。

 

司馬昭と司馬師

 

さらに、司馬師(しばし)司馬昭(しばしょう)という息子達が司馬懿の功績を受け継いで権力を伸ばし、とうとう司馬懿の孫の司馬炎(しばえん)の時代に、曹操の魏を乗っ取って(しん)という国を建国します。

 

斉王になる司馬攸

 

そして、蜀も呉も滅ぼしてしまい三国志は終わってしまうのです。

 

司馬炎

 

なんだか、煮え切れないグダグダな話だと思いますよね?でも、歴史の事実なので仕方がないのです。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

三国志初心者の方は、三国志を統一したのは、魏の曹操の部下だった司馬懿(しばい)の孫の司馬炎(しばえん)

このように覚えて下さいね。

 

 

三国時代の都はどこ?(上海くじら註)2019/8/4追記

 

 

現代中国の大都市を挙げるとすれば、「北京・上海・深圳」でしょう。共通点はいずれも海沿いということです。

 

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

しかし、三国時代の都と言えば「洛陽・建業(現在の南京辺り)・成都」と内陸ばかりです。歴史の教科書のページをめくって、頭にクエスチョンマークが浮かんだ読者もいるでしょう。しかし、これはごく自然なことで、メソポタミア文明と同じように中国でも黄河や長江といった川を中心に文明が発達したからなのです。ヒトの生命維持に必要不可欠なものは「水」。

 

生活する上でも物資を運ぶ上でも水(運河)は重要だったのです。北京と杭州に間に運河を引いたのはそのため。陸を馬で行くより、運河を船で行った方が早かったのです。

 

ちなみに唐の時代に留学した空海は寧波から中国に入り、杭州まで陸路で行き、杭州からは運河で北へと向かっています。当時(西暦200年前後)は現在ほど交通網が発達していませんでしたから、大国といえどもそれほど遠くの国と交流することはありませんでした。

 

邪馬台国と卑弥呼軍

 

曹操のいた魏も交流があったのは遠くても金印を授けた「クシャーナ朝」や「邪馬台国」ぐらいです。さらに古代中国では「中原」を制すれば、中国を統一したみなされます。中原とは洛陽や長安(西安)周辺を指す古い言葉で古代中国の中心を指していました。

 

現代で言えば「首都圏」みたいなニュアンスでしょうか。そのため、古代中国の武将は中原を制することを常に目的としていました。現在、発展している上海辺りは小さな漁村に過ぎなかったのです。三国志を読む場合は、古代中国の中心が現在のそれと大きく異なることを意識するいいでしょう。

 

後漢の最後の皇帝は誰?

呉の孫堅

 

実は三国時代は嵐のように突然やって来た訳ではありません。その前に「後漢」という王朝があり、それが崩壊したことによって三国時代へと突入します。実は曹操も孫堅も後漢の大臣だったのです。

 

宦官

 

しかし、漢王朝は日本に「漢字」をもたらし、非常に文明の発達した国家でした。最終的には宦官(去勢された公務員)や外戚(皇帝の親戚)の対立で徐々に国力を失います。後漢のラストエンペラー・劉協は悪玉・董卓によって皇帝にまつりあげられ、好きなように政治を行わせてしまいます。

 

ミニチュアで遊ぶ董卓

 

実際に劉協よりも董卓の方がパワーがありましたから、仕方なかったのでしょう。それ以前に後漢王朝は深い問題を抱えており、皇帝はほとんどが20歳未満で即位高卒でいきなり大企業の社長をやるようなものです。

 

宦官たち 

 

宦官や外戚が裏で朝廷の糸を引いていたことは明らかでした。皇帝は幼いですから、まだ政治に関する知識も経験も乏しいのが実情。策謀によって皇帝が操られてしまうのは必然でもあったのです。

 

曹操は皇帝だったの?

曹操

 

中国には曹操にまつわる故事成語(曹操の話しをすれば曹操が来る。転じて「噂をすれば影」)もあるほど有名な人物ですが、残念ながら曹操は皇帝にはなりませんでした。しかし、後漢の大臣の中でもメキメキと頭角を表し、後漢政府に不満を抱いた庶民の反乱(黄巾の乱)を平定し、兵士の数をぐんぐん増やしました。

 

献帝

 

対立した同じく大臣の袁紹を討ち取り、後漢のラストエンペラー・劉協を「許昌」の地へと迎えます。皇帝の住むところが「都」ですから、実質的に後漢の都は長安から許昌へと移ったことになるのです。長安の前の都は洛陽でしたから、後漢は一つの王朝の間に都を二回も変えたことになります。

 

曹操と羊と蚊

 

こうした事実だけを取り上げても後漢王朝が砂上の楼閣であったことは一目瞭然です。さらに曹操は「丞相」という役職を名乗ります。丞相とは大臣の中でもトップを意味し、現在の内閣総理大臣のような存在です。

 

曹操

 

皇帝の劉協は経験が乏しかったので、実際には曹操の思いのままだったのでしょう。そういった意味では後漢の皇帝は曹操であるも同然という有様でした。

 

魏の初代皇帝は誰?

皇帝に就任した曹丕

 

魏といえば曹操のようなイメージが浮かびますが、魏の初代皇帝は曹操の子である「曹丕」でした。曹操が生きている頃から「副丞相」として任務を執り、曹操の留守を預かるようになります。

 

死期を悟る曹操

 

やがて、父・曹操が天に召されると皇帝・劉協に皇帝の座を譲るよう迫るのです。裏では脅迫同然で帝位を奪ったのですが、表向きは皇帝が帝位を譲ると言い、一旦曹丕が辞退するなどの演技がありました。そして、大臣が曹丕に「皇帝からのお願いだから辞退してはもったいない」と言って、渋々皇帝の位を授かるという形をとっています。

 

曹丕

 

この瞬間、後漢王朝は滅亡し「魏王朝」が成立。皇帝は曹丕となります。なお、国名を「魏」に変えた時点で二つの国家は全く別物であることを意味します。つまり、後漢が滅びなければ、ただ劉協が皇帝の位を後継者に譲るだけで終わりますが、この場合は国名も変わっているので後漢王朝は滅亡ということになるのです。

 

曹丕

 

やがて、曹丕は何度か「呉」に攻め込んだ後、肺炎で亡くなっています。曹丕は後漢で宦官が権力を持ちすぎたことを憂慮して、魏王朝では宦官は一定の地位までしか出世できないシステムを作りました。

 

司馬懿と曹丕

 

ところが司馬懿の待遇をよくしすぎてしまったことから、反対に司馬一族が権力を握るようになります。こうして魏は司馬一族によって滅ぶのです。

 

劉備はどうして皇帝と称したの?

蜀の皇帝に即位した劉備

 

曹丕が皇帝を名乗ると「我こそは漢王朝の末裔である」とばかりに劉備も皇帝を自称します。自称ですから、誰でもいいのですが、大臣らの信任を得た人物であると言えるでしょう。よく警察に捕まるとニュースで「自称〇〇」と出ますが、それとはだいぶ異なります。

 

法正と劉備

 

かの劉備を犯罪者と同じにしてはいけません。明確な証拠こそ見つかっていませんが、劉備の家系をたどっていくと漢王朝の皇帝の誰かに行きつくのです。そのため、三国志演義では劉備をヒーローとして登場させています。

 

蜀の劉備

 

劉備は大臣らの薦めによって「益州」の地を取っていましたから、財源は豊富にありました。戦をするにも兵糧や武器の開発などでマネーは必要です。劉備のように肥沃な土地を持っていさえすれば、国土は狭くともリッチに暮らせるのです。

 

蜀の劉備

 

益州では「塩」や「鉄」が取れましたから、それらを国の専売として囲うことで安定した税収を確保できました。いわゆる「蜀漢ファースト」です。鉄というのは青銅よりも頑丈ですから、武器には最高のマテリアルとなります。

 

また、農機具も鉄にすることで作物の生産効率を高めることもできました。曹丕に比べれば、皇帝らしい事業を成したと言えるでしょう。しかし、関羽の仇討ちと称して進軍した際は呉に大敗を喫し、ほどなく平和条約を締結。

 

劉備の臨終に立ち会う孔明

 

劉備が亡くなると蜀漢の政務は軍師諸葛亮孔明に託されます。皇帝は子の劉禅が継ぎ、国家を反映させるために北伐によって資源を確保し、蜀漢を豊かにする政策を取ります。しかし、北伐はうまく行かず、朝廷内では劉禅と仲良しだった宦官・黄皓が暗躍し、蜀漢の宮廷は荒れ放題に。

 

その間に魏が攻めてきて蜀漢はわずか二代で滅んでしまうのです。

 

呉の孫権とは?

酒癖が悪い孫権

 

西の劉備とうまく関係を保ちつつ、長く政権を維持したのが呉の孫権です。父や兄を早くに亡くしましたが、周瑜甘寧などのサポートによって孫権は江東の地を掌握します。曹丕が魏で皇帝となったとき、孫権はまだ力もなく、皇帝の配下になることにしました。

 

呉蜀と魏に二股をかけている孫権

 

そして、魏の皇帝から「呉王」に任命されるという形を取り、魏と友好関係を保ったのです。実はこのとき、西の劉備が荊州の地を虎視眈々と狙っており、孫権は西と北から挟み撃ちされるのを恐れていました。

 

呉魏に臣従したり抜けたりを繰り返す孫権

 

まずは、北の魏と主従関係になってから、西の劉備を抑えようと考えていたのです。案の定、劉備が攻めてくると弱点をうまく突いて撃退に成功します。こうして西から攻められる心配がなくなった孫権は表向き主従関係だった魏を裏切って、「呉」を建てます。

 

孫権と劉備と曹丕

 

孫権が「魏」から独立したことで中国には一時期に「3名」の皇帝が存在するという過去に例を見ない事態となりました。皇帝が後継者争いで南朝と北朝に分かれることは多々あります。

 

酒を飲む曹操、劉備、孫権

 

しかしながら、三国時代のように違う勢力がそれぞれ中国の皇帝を名乗るという「三者鼎立」は非常にレアな状況と言っていいでしょう。そうしたジャンケンのような状態だったからこそ三国志は1800年近く経った今でも人気を博しているのです。

 

関連記事:超分かりやすい!三国志 おおざっぱ年表

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!

 

【はじめての三国志人物事典データベース】
はじめての三国志人物事典データベース

 

東方明珠

東方明珠

投稿者の記事一覧

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

関連記事

  1. 三国志:前半戦のまとめその2(董卓君臨から官渡の戦いまで)
  2. 三国志 まとめ 三国志:前半戦のまとめその1(董卓登場まで)
  3. 諸葛亮孔明とはどんな人物なの?三国志初心者に分かりやすく解説
  4. 劉邦と劉備 劉備と劉邦
  5. 長坂の戦い 張飛 三国志|前半戦のまとめその3(長坂の戦いまで)
  6. ゆるい許褚 字で考える三国志 「字(あざな)」について詳しく解説

コメント

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム56巻
  2. 張飛の男気人生
  3. ネズミで人生を変えた李斯
  4. 北条氏康
  5. 大隈重信
  6. 朝まで三国志2017追加22 周瑜
  7. 徐晃
  8. 司馬懿と魏延
  9. 三国夢幻演義バナー 龍の少年

おすすめ記事

  1. 樊城の戦いで起こった関羽の水攻め!そこには計り知れないダメージがあった? 関羽
  2. 呂玲綺(りょれいき)とはどんな人?史実でも実在したの? 呂玲綺
  3. 張飛が長坂橋を落とした時、曹操はどうして攻撃しなかったの? 最弱武将と対峙する張飛
  4. 【岳飛の墓事情】死後における岳飛と秦檜の評価をめぐって 岳飛(南宋の軍人)
  5. 北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいならこの小説も超絶オススメ!
  6. 【はじめての君主論】第1話:君主論ってなに?曹操とkawausoが解説するよ

三國志雑学

  1. 夏侯惇
  2. 魯粛、周瑜、劉備
  3. 周泰(しゅうたい)
  4. 孫権に煽られて憤死する陸遜
  5. 孫権 劉備 対立


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム54巻amazon
  2. 孫権と張昭
  3. 関羽と関索

おすすめ記事

竜を追っている石川氏 竜にも階級があった!?某国民的・神龍が登場する漫画は中国史に忠実だった! 【キングダムネタバレ予想】フィゴ王ダントがロゾを瞬殺する?! 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍 郭淮は本当に病弱じゃなくてムキムキマッチョな将軍だった!? 劉備 もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった? ブチ切れる曹操 曹操の徐州大虐殺 ―きっかけは曹操の父親だった。その父親とは?- 張飛にお酒はだめだよ 酒癖の悪さから失敗を起こす張飛は三国志演義の創作だった? 【映画関ヶ原を100倍楽しむ】関ヶ原の戦い…実は寧々と淀の争いが原因だった!? おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見どころ紹介

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP