三国志って何?はじめての人向け

2014年11月8日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

桃園の誓いをする劉備、張飛、関羽

三国志(さんごくし)ってなにそれおいしいの?

 

そんな、はじめて三国志に触れる方に、小見出しをざらっと読むだけで、5秒で三国志がわかったような気分になれる〇三五三(ゼロから三国、五秒で三国)のコーナーです。

 

はじめて三国志に触れたとき
 

はじめて三国志に触れたとき、一番いらっとするのはなにかといえば、「名前が読めない」ことだと思います。

 

 

生徒に勉強を教える盧植

 

 

三国志を熟知されている方には、とてもまどろっこしいかと存じますが、このコーナーでは、なるべくふりがなをたくさんふりたいと思います。どうかご了承ください。

 

 

関連記事:『三国志演義』の原典?『三国志平話』とは?

関連記事:三国志はなぜ日本で人気なの?中国人も驚く日本国民のヒーロー論に迫る

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



三つの国の名前は、魏・呉・蜀

三国志地図

 

 

『三国志』は西暦200年頃、中国が三つの国に分裂して戦っていましたよ、という話です。その三つの国の名前が、(ぎ)と呉(ご)と蜀(しょく)です。

 

魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍

 

()は、中国の華北(かほく)地帯を治め、人口は2千600万人あまり。

 

解煩督 呉

 

()は、長江(ちょうこう)以南の地帯を治め、人口は1千数百万人あまり。

 

 

蜀の姜維

 

 

(しょく)は、現在の四川省(しせんしょう
)
のあたりを治め、人口は数百万人あまりでした。

 

姜維と一緒に戦う鍾会

 

規模の違いは歴然としています。言ってみれば、日本の本州が魏で、九州が呉で、四国が蜀のような感じです。
 

三人の君主の名前は、曹操・孫権・劉備

曹操に立ち向かう劉備と孫権

 

 

 

魏の君主は曹操(そうそう)

曹操と羊と蚊

 

 

魏の君主といえば、曹操(そうそう)です。

 

曹操

 

 

曹操で、押さえておきたい言葉は、「治世の能臣、乱世の奸雄(かんゆう)」です。

 

治世の能臣、乱世の奸雄・曹操

 

意味は、「平和な世の中ではただの優秀な臣下だが、戦国時代のような乱世であれば、のしあがる危険な人物」ということです。

関連記事:曹操の魅力とは?武将アンケート同立2位

関連記事:曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法

関連記事:曹操には弱点はないの?
 

 

呉の君主は孫権(そんけん)

孫権と三国アヒル

 

()の君主といえば、孫権(そんけん)です。

 

呉の孫権は皇帝

 

孫権で、押さえておきたいことは、孫家の三代目ということです。

 

海賊時代の孫堅と孫策

 

呉は、孫権の父、孫堅(そんけん)の代から始まり、兄、孫策(そんさく)を経て孫権(そんけん)の代になります。父子で名前の読み方が一緒で混乱しますが……中国語では同じではないようです。

 

関連記事:陳寿が語る孫権像

関連記事:何でこんなに孫権は地味なの?

関連記事:本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権
 

 

 

蜀の君主と言えば劉備(りゅうび)

若かりし劉備 チャライ★

(しょく)の君主といえば、劉備(りゅうび)です。

 

関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟

 

劉備で、押さえておきたいことは、「桃園(とうえん)の結義」です。三国志演義(さんごくしえんぎ)では主人公でもあります。

関連記事:若い頃の劉備はチャラすぎ!劉備略年譜

関連記事:滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方

関連記事:主人公になるべく登場した男、劉備玄徳
 

 

 

桃園の結義

桃園の誓012

 

若いころ、意気投合した劉備・関羽(かんう)張飛(ちょうひ)の三人が、義兄弟(ぎきょうだい)の契りをかわし、「生死を共にしよう」と誓いあうことです。
 

関連記事:歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い

関連記事:涙なしには語れない桃園の結義

関連記事:ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期

 

 

 

三国志と言えば赤壁の戦い

劉備と孫権同盟

 

 

西暦208年、魏の曹操が呉の孫権の支配地域の江東・江南地区に侵攻してきました。

 

赤壁の戦い

 

圧倒的な国力を誇る魏との戦いを前に、孫権と劉備は手を組み、ともに赤壁(せきへき)という場所で曹操を迎え撃ちます。赤壁は、現在の武漢(ぶかん)から長江(ちょうこう)を100キロほどさかのぼったあたりです。

 

孔明 東南の風

この海戦では、呉の周瑜(しゅうゆ)と蜀の諸葛孔明(しょかつこうめい)が策略を巡らして魏軍を火攻めにし、魏の大軍を呉・蜀連合軍が見事に破りました。

 

赤壁の戦いで敗北する曹操

 

この戦いを赤壁の戦いといいます。三国志の中でも最も有名な戦いのひとつです。

 

 

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-五秒でわかる三国志
-, , , , ,