法正特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

漢方薬には意外な歴史があった!?漢方薬の原型や雑学豆知識

スーパーDr華佗07 尹正




華陀と麻沸散

 

漢方薬(かんぽうやく)といえば

中国数千年の叡智(えいち)が詰まった

体に優しい薬というイメージが強いですよね。

病院でも普通の薬ではなく

漢方薬の処方を希望する人が

たくさんいるほど人気があります。

 

しかし、

私たちが良く見かけるあの漢方薬は

日本風にアレンジされたもので

本場中国の伝統が詰まった薬とは

また違うものなのだとか…!

 

私たちが良く知る漢方薬は一体何者なのでしょうか?

今回は漢方薬の真の姿に迫っていきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代の医療はどうなっていたの?華佗以外にも治療を行っていた!

関連記事:五禽戯(ごきんぎ)とは何?華陀が生み出した元祖ラジオ体操が凄すぎる!

 

 

春秋戦国時代には漢方薬の原型といえるものが処方されていた

 

漢方薬は中国の薬ではないと断言する人もいますが、

その起源はやはり中国に求めることができるでしょう。

 

中国で薬を使った治療が行われはじめたのは

春秋戦国時代(しゅんじゅうせんごくじだい)であると言われています。

 

加持祈祷(かじきとう)によって病を治すことが主流だった時代に

一石を投じたのは扁鵲(へんじゃく)という医者だったと言われています

 

扁鵲は漢方医の始祖とも言える人物で、

韓非(かんぴし)』や『史記(しき)』に

その活躍ぶりを記されています。

彼は「どうすれば治らないか」に焦点を当てた

六不治(ろくふち)」という概念を唱えていたのですが、

その中に次のようなものがあります。

 

身体が衰弱しきって薬を服用できない状態

この言葉に鑑みるに

扁鵲は薬を服用することを推奨していたことが窺えます。

この薬というのは

漢方薬の原型ともいえる存在だったと

考えられるのではないでしょうか。

 

 

薬の材料は草や金属物質

スーパーDr華佗07 尹正

 

漢代にもなると

神仙思想(しんせんしそう)が発達して方術が盛んになり、

医学書がたくさん編まれるようになります。

 

中でも有名なのは

中国最古の医学書『黄帝内経(こうていだいけい)』や

伝染病について調べた張仲景(ちょうちゅうけい)による『傷寒論(しょうかんろん
)
』、

365種もの薬について説明している『神農本草経(しんのうほんぞうきょう)』です。

 

『神農本草経』では

あらゆる薬が上品・中品・下品に分けて

解説されています。

上品は無毒で長期服用しても問題の無い薬、

中品は長期服用をすると毒になり得る薬、

下品は毒が強いので長期服用できない薬です。

 

できれば上品の薬を飲みたいところですが、

「毒を以て毒を制す」という考えがあったので、

酷い病に苦しんでいた人には

下品の薬も処方されていたようです。

 

薬の材料は書物に「本草」という言葉が

冠されていることからわかるように、

基本的に草です

しかし、

時には金属物質も薬の材料として使われていたようです。

 

ちょっと時代が戻りますが

秦の始皇帝も水銀を薬として飲んでいましたよね。

 

【西洋文明に遭遇した日本の開国秘話に迫る!】
こんにちは西洋

 

明代に最強の薬学書『本草綱目』が編まれる

 

薬学についての研究はその後も続けられていき、

たくさんの本草書が編まれましたが、

明代に至ってついに本草学の集大成ともいえる

『本草綱目』が完成します。

 

名医・李時珍(りじちん)が著したこの書物には

1892種の薬が掲載されており、

その作り方や効能までつまびらかに記されています。

 

この『本草綱目』は

中国国内で何度も出版されただけでなく、

日本にも積極的に輸入され

日本の本草学にも大きな影響を与えました

 

日本式漢方薬が中国で大流行!?

華佗

 

『本草綱目』が輸入された後

鎖国によって外国との交流が制限された日本では

独自の薬学が発展することになりました。

その結果生み出されたものこそが

私たちが良く知る漢方薬であると言われています

 

西洋医学が輸入されてからは

漢方薬は一時見向きもされなくなってしまいますが、

昭和の時代になってからは

少しずつその人気が回復してきて

エキス剤になるまでに発展し

現代に至っています。

 

一方、本家の中国では

伝統的な薬のことを中薬と呼んで

昔のように煎じ薬や丸薬として

飲んでいる人が多いようです。

 

しかし、

中国では日本独自の漢方薬が話題になっており

日本式漢方薬を求めて

わざわざ日本にやってくる中国人が

たくさんいるのだとか。

所謂「逆輸入」状態になったわけですね。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

chopsticks f

 

漢方薬といえば中国のイメージですが、

漢方薬を完成したのは日本だったのですね。

 

それでも、

その軌跡を辿ってみれば

中国数千年の叡智が詰まっていることは

間違い無さそうです。

 

日本の漢方薬が人気とのことですが、

もし機会があれば

本家本丸の中薬というものを

見てみたい気がします。

なんとなく飲みたくはないですけどね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・

関連記事:三国時代は荒療治が日常茶飯事だった?

 

リアリズムと悪の教科書
君主論

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. すっぱーーーーー 許褚 ゆるキャラ 曹操にまつわる梅林の話は本当なの?梅干しが曹操軍を救う?
  2. 1185(いいはこ)になった?三国時代の幕府って何?
  3. 孔明 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?前編
  4. 朱然 朱然の墓にはお宝がざっくざく!?朱然の墓には何が入っていたの?
  5. 【真田丸】NHK大河ドラマ決定記念!家康と劉備の黒歴史の共通点。…
  6. 羊コと信頼の関係を築く陸抗(りくこう) 羊祜 陸抗と羊祜は力が拮抗していたから○○しなかった
  7. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1
  8. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍 郭淮の死は正史三国志と三国志演義では全然違う件

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 鎌倉時代の侍
  2. 武田信玄
  3. 羌族
  4. 趙匡胤は北宋の初代皇帝
  5. 陶謙と劉備
  6. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
  7. 弩(ど)を発射させる蜀兵士達
  8. 細川ガラシャ
  9. 茶を飲む張角(太平道)

おすすめ記事

  1. 井伊直政は本当にイケメンだった?戦国時代のイケメン武将はどんな人? 井伊直政
  2. 諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの? 過労死する諸葛孔明
  3. 胡烈(これつ)とはどんな人?姜維と鍾会の夢を打ち砕いた晋の将軍【晋の将軍列伝】
  4. 蔣欽(しょうきん)とはどんな人?孫権に『国士』と激賞された呉の十二将の一人
  5. 【孫呉決定版】周瑜・陸遜それとも呂蒙!?正史三国志・呉書で一番軍略に優れていた人物とは? 孫権に煽られて憤死する陸遜
  6. 諸葛孔明は北伐時に兵士達にとある約束をしたけど、どんな約束をしたの? 三国志の計略と孔明

三國志雑学

  1. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明
  2. 陸遜
  3. 貂蝉
  4. 北伐を結構する孔明
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. ホウ徳
  2. 貂蝉と呂布
  3. 三国志大学を目指す曹操
  4. はじめての三国志からのお知らせ バナー

おすすめ記事

曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【6/12〜6/19】 曹操に仕える前の龐徳って何してたの?地方の役人として後漢王朝に仕えていた男の人生 曹操と夏侯惇 三国志の時代には誘拐が大流行していた?その驚きの理由とは 魯粛 【魯粛・朱桓・周魴の息子達】三国志後半を彩った呉の二代目武将はかなりの名将ぞろいだったことが発覚!! 劉備 【夷陵の戦い】なぜ劉備は陸遜にフルボッコされたの?大敗北を考察 阿部正弘の死因は何?ストレスに倒れた若きイケメン老中首座 岳飛(南宋の軍人) 岳飛とはどんな人?実は和平を邪魔した将軍だった

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP