月刊はじめての三国志2019年4月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました

はじめての三国志

 

『はじめての三国志』よりありったけの愛と感謝を込めて。

いつもはじめての三国志をご愛読いただきありがとうございます。

 

月間PV184万、読者数55.9万人、三国志界のおばけサイト、

「はじめての三国志」で掲載された記事をピックアップしました。(2019年4月)

 

この一冊で、はじ三の面白さがわかる月刊誌。

値段は何と99円とワンコインで電子書籍で講読することができます。

サクッと読めるラインナップのためスキマ時間などにいかがでしょうか?

 

■■■目次■■■
-華雄は呂布のせいで殺された?呂布に翻弄された猛将の真実
-馬謖はもしかしたら劉備に嫌われていた【黒田レンの推測】
-もし劉備が白帝城で死ななかったら三国志はどうなる?
-周瑜はどのような病気で亡くなったのか考えてみた
-劉禅その後はどうなった?皇帝劉禅の生涯・降伏後の姿は本当の姿だった?

 

 

【はじめての三国志電子書籍サービス】
はじめての三国志読者の声

 

関連記事

  1. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  2. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  3. 公孫瓚


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP