月刊はじめての三国志2021年1月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました

はじめての三国志

 

はじめての三国志』よりありったけの愛と感謝を込めて。いつもはじめての三国志をご愛読いただきありがとうございます。「はじめての三国志」で掲載された記事をピックアップしました。(2021年1月)

 

この一冊で、はじ三の面白さがわかる月刊誌。値段は何と99円とワンコインで電子書籍で講読することができます。サクッと読めるラインナップのためスキマ時間などにいかがでしょうか?

 

■■■目次■■■

– 三国志の世界で武将になるにはどうすればいいの?
– 三国時代の戦乱の世にはどんな甘い物を食べてたの?
– 出師の表が広まった理由は劉禅がおバカだったから?
– 丞相って具体的に何をする役職?時代によって丞相の権力が違う
– 新解釈・三国志の劉備がかっこよくない理由

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. ASMR 11月 劉禅と董允
  2. 本当にあったゆるい都市伝説 モノクロ ロゴ
  3. はじめての三国志編集長 kawauso
  4. 当サイトからのお知らせ_特集バナーa

    当サイトからのお知らせ

    はじめての三国志リニューアルのお知らせ

    「はじめての三国志」は、Webサイトをリニ…

  5. 当サイトからのお知らせ_特集バナーb

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典




PAGE TOP