月刊はじめての三国志2021年2月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました

はじめての三国志

 

はじめての三国志』よりありったけの愛と感謝を込めて。いつもはじめての三国志をご愛読いただきありがとうございます。「はじめての三国志」で掲載された記事をピックアップしました。(2021年2月)

 

この一冊で、はじ三の面白さがわかる月刊誌。値段は何と99円とワンコインで電子書籍で講読することができます。サクッと読めるラインナップのためスキマ時間などにいかがでしょうか?

 

■■■目次■■■

-【衝撃】反董卓連合軍が壊滅したのは内輪もめが原因ではない
-国がない劉備は趙雲や部下をどうやって養ったの?
-三国志時代では将軍はどんな役割を担ったの?
-光武帝という存在がいったいどれだけ「すごい」のか?
-関羽は劉備の配下ではなかった?荊州独立説を考察

 

 

【はじめての三国志電子書籍サービス】
はじめての三国志電子書籍サービス

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. はじ三オンライン雑談会5回目
  2. そばを食べる曹操、夏侯惇、荀彧、曹丕、郭嘉、典韋
  3. LINE公式はじめました バナー(修正版)ver2
  4. 古代オリンピック 特集バナー ver.2

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP