広告

[驚異の植物]世界最小の花を持つ水草とは?

2024年6月14日


はじ三データーベース 調べる陸遜

 

 

皆さんは、世界で最も小さい花を咲かせる植物をご存知でしょうか?

その名も「ウキクサ」。特にウキクサの仲間である「ウォルフィア・グロビュラー」は、その花のサイズがたった0.5mm以下という驚異的な小ささです。

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



水面を覆う小さな花

 

ウォルフィア・グロビュラーは、水面に浮かぶ小さな丸い葉っぱが特徴です。この植物は、池や沼地などの静かな水面を一面に覆い尽くし、まるで緑の絨毯のように広がります。その中に隠れている微細な花を見つけるのは、まさに宝探しのようです。

 

 

驚きの適応力

 

この水草は非常に強い適応力を持ち、厳しい環境下でも生き延びることができます。極端な気温や水質の変化にも耐え、繁殖力も非常に高いため、世界中の淡水域で見られます。

 

 

植物学者も驚嘆

 

植物学者たちは、この小さな植物が持つ生存戦略に驚嘆しています。微細な花を持ちながらも、繁殖力や適応力が高いことから、ウキクサは進化の奇跡とも言えるでしょう。

 

 

まとめ

 

もし、静かな池や沼地を訪れた際には、ウオルフフィア・グロビュラータの小さな花を探してみてください。ミクロの世界の驚きに触れることができるかもしれませんよ。

 

 

▼こちらもどうぞ

フグは[毒]だけじゃない、膨らむ秘密とは?

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
はじめての三国志 プロフィール画像

はじめての三国志

「ゆるく、たのしく、わかりやすく」をコンセプトにした 歴史エンタメメディアです。
(®登録商標:第5800679号)

-外部配信