広告

冷蔵庫の中でマヨネーズが[固まらない理由]

2024年7月6日


 

幕末 西郷隆盛(パソコン)はてな

 

 

マヨネーズは多くの家庭で日常的に使われる調味料ですが、冷蔵庫に入れても固まらないことに気づいたことはありますか?バターやオリーブオイルとは異なり、マヨネーズは低温でも液体のままです。これは、マヨネーズの成分とその製造方法に秘密があります。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



乳化作用の驚き

 

マヨネーズは、油と水を乳化させることで作られます。具体的には、植物油、卵黄、酢やレモン汁が主な成分です。卵黄に含まれるレシチンという物質が乳化剤の役割を果たし、油と水を安定して混ぜ合わせます。この乳化作用により、マヨネーズは冷蔵庫の低温でも滑らかな状態を保ちます。

 

 

油の種類がポイント

さらに、マヨネーズに使われる油の種類も重要です。植物油は冷蔵庫の温度でも固まらない性質があります。これが、バターやオリーブオイルと異なる点であり、マヨネーズが低温で固まらない理由の一つです。

 

 

家庭でも簡単に作れるマヨネーズ

 

市販のマヨネーズも便利ですが、自宅で手作りすることもできます。植物油、卵黄、酢やレモン汁、塩、砂糖を混ぜるだけで、自家製のマヨネーズが完成します。自分好みの味に調整できるのも魅力の一つです。

 

 

まとめ

 

次にマヨネーズを冷蔵庫から取り出したとき、その滑らかなテクスチャーを思い出し、この小さな科学の驚きを感じてみてください。あなたのキッチンには、まだまだたくさんの興味深い秘密が隠れているかもしれませんよ!

 

▼こちらもどうぞ

当たれば人類滅亡![巨大小惑星が2つ接近中]

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
はじめての三国志 編集部

はじめての三国志

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

-外部配信
-