三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

投稿者の記事一覧

よかミカン

よかミカン

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

  1. 道具を輸送する民人

    【列子】道教の「道」とは?道に身をゆだねれば安らぐかもしれない話

    『列子れっし』は「朝三暮四ちょうさんぼし」や「杞憂きゆう」のお話が載っている道家の思想書です。道家というと、老荘思想ろうそうしそうとか仙人とかのイメージがありますよね。…

  2. 程普

    【列子】信念があればなんでもできる?火に飛び込んでも無傷な人の話

    『列子(れっし)』は「朝三暮四(ちょうさんぼ…

  3. 毛沢東(もうたくとう)

    【列子】愚公山を移す 中国語の教科書にも載っているいわくつきの説話

    「愚公山(ぐこうやま)を移す」ということわざ…

  4. 石亭の戦いで曹休が反応してドキッとする周魴(しゅうほう)

    【列子】どうしてオバチャンはいつも幸せそうなのか?恥も自意識もない生き方とは?

    若い人は大変です。いつも理想があり、…

  5. 幕末 魏呉蜀 書物

    『列子』はどんな本?永嘉の乱を生き残った奇書

    『列子(れっし)』は「朝三暮四(ちょうさんぼ…

  6. 生姜を買ってくる左慈と曹操

    『列子』でわかる!三国志の左慈が物理法則を超えられる理由

  7. 袁術

    「杞憂」の出典は『列子』意外に長くてちょっぴり哲学

  8. 劉備を警戒する王粲

    「男尊女卑」と「疑心暗鬼」の出典は『列子』?

  9. 魏の曹操孟徳

    曹操は漢の忠臣?それとも奸臣?

  10. 曹操は容姿が貧相だったって本当?正史から読み解くよ

  11. 朝三暮四の出典は「荘子」と「列子」でも意味は微妙に違う

  12. 幕末 魏呉蜀 書物

    【笑林】日本の昔話「芋ころがし」のルーツ? 人まねで失敗した話

  13. 【笑林】人命度外視の治療と儒学をまなんだ不孝者

  14. 法正と劉備

    【笑林】食文化の違いネタで呉の人のコンプレックスが分かる!

  15. 幕末 魏呉蜀 書物

    【笑林】上申書をコピペしてクビになった役人の話

  16. 宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝)

    【金瓶梅】ってどんな本? 四大奇書だけど淫猥すぎて発禁になった奇書

  17. 【山月記】の中島敦は中国古典に違和感を持つフランス文学の人だった【李陵】

  18. 中国・西安の秦兵馬俑博物館に行ってきた

  19. 三国志ライター よかミカンさん

    中国人の質問!三国志で好きな人物を聞かれた時に気をつける事

  20. 劉邦

    【将苑】諸葛亮も認める立派な将軍になろう!

  21. 【将苑】諸葛亮の兵法-用兵のコツは適材適所!

おすすめ記事

  1. 67話:孔明、博望坡で初陣を飾る。夏侯惇をフルボッコ 孔明 劉備の剣とハンコ
  2. 韓玄(かんげん)とはどんな人?劉備に降伏した長沙太守
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【11/6〜11/12】
  4. お由羅騒動とは何?かんたんに分かりやすく解説
  5. 【シミルボン】首絞め、兜取り、不意打ち何でもありの三国志時代の一騎打ち

ピックアップ記事

  1. 于禁
  2. 篤姫
  3. 東京五輪でテロ対策をしている警察や警察犬 いだてん
  4. キングダム53巻
  5. 于禁を虐める曹丕
PAGE TOP