列子

  1. 道具を輸送する民人

    【列子】道教の「道」とは?道に身をゆだねれば安らぐかもしれない話

    『列子れっし』は「朝三暮四ちょうさんぼし」や「杞憂きゆう」のお話が載っている道家の思想書です。道…

  2. 程普

    【列子】信念があればなんでもできる?火に飛び込んでも無傷な人の話

    『列子(れっし)』は「朝三暮四(ちょうさんぼし)」や「杞憂(きゆう)」のお話が載っている道家の思想書です…

  3. 毛沢東(もうたくとう)

    【列子】愚公山を移す 中国語の教科書にも載っているいわくつきの説話

    「愚公山(ぐこうやま)を移す」ということわざがあります。どんなに困難なことでもコツコツと努力して…

  4. 石亭の戦いで曹休が反応してドキッとする周魴(しゅうほう)

    【列子】どうしてオバチャンはいつも幸せそうなのか?恥も自意識もない生き方とは?

    若い人は大変です。いつも理想があり、努力しています。力が伴わなくて焦り悩むこともあれば、…

  5. 幕末 魏呉蜀 書物

    『列子』はどんな本?永嘉の乱を生き残った奇書

    『列子(れっし)』は「朝三暮四(ちょうさんぼし)」や「杞憂(きゆう)」のお話が載っている道家の思想書です…

  6. 生姜を買ってくる左慈と曹操

    『列子』でわかる!三国志の左慈が物理法則を超えられる理由

    三国志(さんごくし)にでてくる方術士の左慈(さじ)。『後漢書(ごかんしょ)』には、曹操(そうそう…

  7. 袁術

    「杞憂」の出典は『列子』意外に長くてちょっぴり哲学

    「杞憂(きゆう)」という言葉があります。意味は、心配する必要のないことを…

  8. 劉備を警戒する王粲

    「男尊女卑」と「疑心暗鬼」の出典は『列子』?

    日本語の中に、道教(どうきょう)の思想書『列子(れっし)』にゆかりのある言葉はたくさんあります。…

  9. 朝三暮四の出典は「荘子」と「列子」でも意味は微妙に違う

    四字熟語としてよく知られている「朝三暮四(ちょうさんぼし)」という言葉。目先の違いにとらわれて結…

PAGE TOP