司馬攸

  1. 権力を握った司馬冏は慢心した行動を取り始める

    司馬冏とはどんな人?晋の被害者?八王の乱の一人

    司馬倫(しばりん)が単なる簒奪者(さんだつしゃ)として終わり、時代には次の八王(はちおう)が現れます。…

  2. 斉王になる司馬攸

    歴史書『三国志』の曹植のモデルは司馬師の養子である司馬攸だった?

    泰始元年3年(267年)に司馬炎(しばえん)は司馬衷(しばちゅう)を皇太子に任命しました。しかし司馬衷は…

  3. 悩む司馬炎

    【司馬炎の晩年苦労話】子孫繁栄出来るかな?

    司馬炎(しばえん)は西晋(せいしん)(280年~316年)の初代皇帝です。武帝(ぶてい)とも言います…

  4. 斉王になる司馬攸

    夏侯和は賈充の娘の旦那・司馬攸に期待を寄せすぎて破滅してしまった理由

    夏侯淵(かこうえん)の息子・夏侯和(かこうか)。夏侯和(かこうわ)は…

  5. 司馬炎に気に入られる孫秀

    【晋の皇帝 司馬炎の悩み】司馬家の後継者問題

    三国を滅ぼして天下統一を行った晋の司馬炎(しばえん)。彼は三…

  6. 斉王になる司馬攸

    司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた司馬炎の弟

    司馬炎(しばえん)が司馬昭(しばしょう)の跡を継いで司馬家の棟梁(とうりょう)となった後、曹魏の皇帝…

PAGE TOP