ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

はじめての変

【1周年記念】厨二病中年、石川克世とはどんな人物か?

おとぼけ

 

Zzzz……

 

♪~~♪♪~~!!

(着メロの音)

 

……ハッ!!

どうやら眠っていたらしいな。

 

kawauso氏に沖縄まで呼ばれて東京に帰って、その勢いのまま記事原稿を

書いていたらいつのまにか寝落ちをしていたみたいだ。

 

(1周年記念企画:【取り扱い注意!!】はじさんの中の人、kawausoがリアルに登場

 

それにしても、こんな真夜中にメールとか、迷惑だな。

いったい、誰からだ?

 

おとぼけ

 

なんだ、こりゃ?

どういう意味だ?

 

……いや、考えるまでもないな。

こんなメールを送ってくる人物は一人しか思い浮かばない。

 

おとぼけ

 

「もしもし?」

『どうも、石川です』

「やっぱりそうでしたか……今何時だと思ってるんですか?」

『いやあ、申し訳ない……ちょっと、お話したいことがありましてね。明日の10時、歌声喫茶マッハ軒でお待ちしていますから』

 

 

「あ、ちょっと」

『プツッ……ツーツーツー』

「あ、くそっ、切られた」

 

明日は予定があるんだが……。

でも、言い出したら聞かない人だからなあ。

やれやれ、行くしかない……か。

 

石川克世

【ワンポイントアトバイス】

・実はメンバー最年長
・高校生の頃まで歴史は嫌いだった
・「はじさん」の世界を構築しているのは、あくまでKawauso様の記事とイラストレーター様のゆるいイラスト。

・石川がライターとして参入した2015年1月にはすでにこの世界が構築されており、そこに立ち入る隙がないことに困惑した。

 

翌日。

 

石川

 

 

ここが石川氏の指定してきた店、か……。

さて、石川氏はどこかな……?

 

おとぼけ

 

石川

 

おとぼけ「お、いたいた」

石川  「Zzzz……」

おとぼけ「石川さん、石川さん?」

おとぼけ

 

石川  「Zzzz……」

おとぼけ「起きろっ!!」

 

石川

 

石川  「……はっ!? こ、ここはどこだ?」

おとぼけ「どこもなにも、あなたが指定してきた店でしょ?」

石川  「そうだった……いやあ、あんな時間に電話してくるから、寝不足でしてねぇ」

おとぼけ(あんたが電話しろと言ってきたんだろうに)

 

おとぼけ「ところで、話したいというのは何の……」

 

おとぼけ

 

石川  「まぁまぁ、まずは駆けつけ三杯と言うじゃないですか。

慌てる古事記は大化の改新で中大兄皇子が宮中で四回点トーループを決めた瞬間、世界は核の炎に包まれたんですよ」

 

石川

 

おとぼけ(なにを言ってるんだ? この人……)

 

石川  「それにしても、今年の夏は暑かったですねぇ。

路面のアスファルトが溶けかかってたもので、靴を一足ダメにしましたよ」

 

おとぼけ

 

おとぼけ「ま、まあ……確かに暑かったですよね」

石川  「思い起こせばそう、今から20年前、当時の私は一介のサラリーマンでした」

おとぼけ「……はぁ」

石川  「その年の夏も暑くてね、飛び込み営業していた私はこう、立ったまま気を失ったみたいで……」

おとぼけ(……なんの話だ?)

 

石川

 

石川  「……Zzzz」

 

おとぼけ

 

おとぼけ「寝るなっ!!」

 

石川

 

石川  「……はっ!? こ、ここはどこだ?」

おとぼけ「どこもなにも、あなたが指定してきた店でしょ?」

 

石川

 

石川  「こんなところに呼び出して、一体なんのつもりだ!?(怒)」

 

おとぼけ

 

おとぼけ「ちょ、なんなんです!?」

 

石川

 

石川  「そもそも現実と虚構の違いはないということこそが問題なんだよ。君。その二つを隔てているのはただ己の認識であり、つまるところ私が私自身の現実を生み出している以外のものではないということを前提としない限り、この話は永遠にループするしかないという、このジレンマをどうして理解しないのだ!?」

 

おとぼけ

 

おとぼけ「だから、何の話をしてるんですか!?」

石川  「……なんの話って?」

おとぼけ「だーかーらー!! あんたが一方的に話をしてるだけでしょうに」

石川  「うん、そうだった、そうだった……」

おとぼけ(まったく、面倒くさい人だなあ……)

 

石川

 

石川  「……Zzzz」

 

おとぼけ

 

おとぼけ「寝るなっ!!」

 

石川

 

石川  「……はっ!? こ、ここはどこだ?」

おとぼけ「……もうそれはいいですから。そろそろ本題に入りません?」

石川  「本題? ……ああ、そうでした」

おとぼけ(……やっと話が始まるかな?)

 

一周年曹操

 

石川  「……それはそうと、『はじめての三国志』が今月で一周年ですって?」

おとぼけ「ええ、そうなんですよ」

 

石川

 

おとぼけ「まあ、それはそうと……」

石川  「どうかしましたか?」

おとぼけ「どうか、じゃないですよ。そもそも、何か話したいことがあるからって、ここに呼び出したんじゃないですか?」

 

石川

 

石川  「おっと……『はじさん』の話題で思わず忘れるところだった」

おとぼけ「まったく、しっかりしてくださいよ」

石川  「いやあ、申し訳ないです。実は話というのは……」

 

おとぼけ

 

 

おとぼけ(……あれ? 目の前が急に暗くなって……)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・

 

・・・・

 

 

 

おとぼけ

 

Zzzz……

♪~~♪♪~~!!

(着メロの音)

……ハッ!!

どうやら眠っていたらしいな。

kawauso氏に沖縄まで呼ばれて東京に帰って、その勢いのまま記事原稿を

書いていたらいつのまにか寝落ちをしていたみたいだ。

それにしても、こんな真夜中にメールとか、迷惑だな。

いったい、誰からだ?

 

おとぼけ

 

 

なんだ、こりゃ?

どういう意味だ?

 

……いや、考えるまでもないな。

こんなメールを送ってくる人物は一人しか思い浮かばない。

 

 

おとぼけ

 

「もしもし?」

『どうも、石川です』

「やっぱりそうでしたか……今何時だと思ってるんですか?」

『いやあ、申し訳ない……ちょっと、お話したいことがありましてね。明日の10時、歌声喫茶マッハ軒でお待ちしていますから』

 

「あ、ちょっと」

『プツッ……ツーツーツー』

「あ、くそっ、切られた」

 

明日は予定があるんだが……。

でも、言い出したら聞かない人だからなあ。

やれやれ、行くしかない……か。

 

おとぼけ

 

おとぼけ「……待てよ、確か前にも同じようなことがあった気が……?」

 

(終)

 

 

はじめての三国志1周年企画:番外編

おとぼけ

 

※2015年11月15日で、はじめての三国志は1周年を迎えました♪

東京都内某所にて撮影。

終始意味の分からない撮影となった。

出演者:おとぼけ

出演者:石川克世

カメラマン:平原 歩惟

 

おとぼけ

 

おとぼけ:「石川さん、こんな無茶ぶりな撮影に付き合ってくれてサンキューでーす」

石川:「もう、嫌でした。どうせタイトルもおかしなタイトル付けるんでしょ」

 

はじめての三国志

今後もはじめての三国志の応援よろしくお願いします。

 

こちらの記事も読まれています

kawauso

 

1周年記念企画:【取り扱い注意!!】はじさんの中の人、kawausoがリアルに登場

関連記事

  1. 楊儀と魏延 【シミルボン】これはヤバいよ!裏三国志 大流行したドラッグ五石散…
  2. 曹叡から寵愛を受ける秦朗 秦朗(しんろう)の人たらし術がハンパない!秦宜禄のバカ息子の意外…
  3. 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチ…
  4. 関銀屏 関銀屏(かんぎんぺい)とはどんな人?まさに三国志界のジェダイの騎…
  5. 【3分で分かる】和歌(わか)って何?ルールとかあるの?
  6. 孫権 「褒めて伸ばす」の実践者にして成功者・孫権
  7. 袁紹と曹操 【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってた…
  8. よりぶりんって、何者?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 陸遜
  2. 藺相如(りんしょうじょ)
  3. 孟嘗君
  4. 農民から苦学して成り上がり尊敬されるカン沢(闞沢)
  5. 的蘆に乗って逃げる劉備
  6. 西郷隆盛像
  7. 甘寧と凌統

おすすめ記事

  1. 隠れた劉備盛り満載!巧妙な正史三国志 土いじりをする劉備
  2. 義兄弟の絆堅すぎ!劉備に家臣が少ない理由 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟
  3. 桂小五郎と高杉晋作最強コンビの本当の関係は?? 桂小五郎(木戸孝允)
  4. 【曹操死す】卞皇后の一番辛くて長い日々 曹植を暗殺しようとした曹丕を止める卞皇后
  5. 山県昌景(やまがたまさかげ)とはどんな人?武田家四名臣の一人・赤備えを率いた戦国武将
  6. 海江田信義の性格は直情的?西郷どんで登場する海江田信義について語ろう!

三國志雑学

  1. 公孫サンは英雄劉備が真似した人物だった公孫瓚、劉虞
  2. 諸葛一族
  3. 三国志 居酒屋


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 司馬遷(しばせん)
  2. 趙雲子龍
  3. 賈詡(賈ク)
  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. 殷の大様
  6. 城の前を掃除する孔明
  7. 龐統

おすすめ記事

敵に塩を送る (武田信玄と上杉謙信) 敵に塩を送るって実際に行われていたの?語源など雑学も紹介 曹操は関羽をGET 39話:桃園三兄弟、バラバラに、、関羽は曹操に捕らわれる 疫病が流行った村 赤壁の戦いの時の風土病は乱世では当たり前だった? 後継者争いをしている曹丕と曹植 曹丕は七歩詩をどうして曹植へ歌わせたの? 明智光秀と煕子(麒麟がくる) 【明智光秀と妻木煕子】光秀を瀕死から救った看病物語 呉民衆の意見に耳を傾ける顧雍(こよう) 孫呉の二代目丞相・顧雍に迫る!正史三国志・呉書からみた丞相の実績 朝まで三国志 袁紹 【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた! 王昶(おうちょう) 王昶(おうちょう)ってどんな人?治世に優れた優秀な政治家で、軍事面でも頼れる魏の武将

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP