キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

はじめての魏

劉曄(りゅうよう)ってどんな人?王族出身の名門参謀でもあり魏の重臣




劉曄(りゅうよう)

 

劉曄(りゅうよう)は王族出身の超エリートで、後漢の始祖・光武帝劉秀の息子劉延(りゅうえん)の子孫です。

自称じゃないのと思う読者もいると思いますが、血統書付きの本物です。

今回はエリート参謀・劉曄(りゅうよう)を紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹介

関連記事:五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介





王族の青年期

 

劉曄は王族ですから、いい暮らしして、オシャレな服着て、チヤホヤされてたんでしょ。

このように思っている読者が多いと思いますが、彼は全然違います。

王族なのに殺人を起こすのです。

劉曄は7歳の時に母親を無くしております。

母親は亡くなる前に「父の側近は悪い臣ですから、あなたが成人したら殺しなさい」と遺言を残して亡くなりました。

自分の母親の遺言が、「人殺しなさいなんて」現在じゃ考えられませんね。

 

劉曄が13歳の時、兄に遺言について相談をする

 

劉曄が13歳の時、兄貴である劉渙に母親の遺言について相談します。

しかし劉渙はこの話に乗ってきませんでした。

そのため劉曄は一人で、母親が指名した臣を殺し、遺言を果たします。

この事件がきっかけで、人物鑑定家の許劭から「冷静沈着で、豪胆な人」と称され、有名人になります。

 

曹操軍の参謀へ

魔王曹操

 

劉曄は、曹操自ら揚州の賊軍を討伐時に仕官します。

漢中平定戦に参加し、優れた進言を行います。

曹操が、漢中への道が険しく、食料不足であったため、撤退をしようと考えておりました。

しかし劉曄は「ここで撤退したら、追撃を受ける可能性が高いでしょう。撤退せず、このまま進軍しましょう」と曹操に進言します。

 

関連記事:あの曹操が箱入り娘ってどういうこと!?華容道って、なに?

関連記事:曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる?

 

曹操は劉曄の進言を受け入れる

現実主義曹操

 

曹操は、彼の進言を受け入れ、戦いを継続した事で、漢中を得ることができました。

曹操は漢中を手に入れ、首都に帰還しようと準備を行います。

劉曄は、曹操が撤退するとの噂を聞きつけ、急いで曹操の元に行き進言します。

「今我らは、漢中を手に入れました。この勢いで益州の劉備軍に攻撃をかけましょう。

劉備は益州を手に入れたばかりで、今なら簡単に劉備を倒すことができるでしょう。」と強く進言します。

同じことを司馬懿も進言しますが、曹操は二人の言葉を退け、首都へ帰還します。

 

沈黙の謀臣

曹丕 残忍

 

劉曄は、曹丕(そうひ)の時代にも活躍し、魏の参謀として着実に功績を残していきます。

曹叡の時代に重臣として重用されます。

 

関連記事:曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?

関連記事:曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る

関連記事:そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!

 

曹叡時代にも活躍

曹叡

 

曹叡が皇帝として即位したころ、ほかの重臣が居並ぶ中で、劉曄だけが皇帝に呼ばれます。

劉曄は、曹叡と連日連夜話し続け、数日後解放されました。

魏の重臣は、劉曄が曹叡の部屋から出てきた事を聞きつけ、彼に曹叡の感想を聞きます。

劉曄は「始皇帝や漢の武帝に近い存在である。だが、彼らに少しだけ、及ばない。」と評したそうです。

また曹叡が蜀討伐の計画を企画した時、劉曄に提案され、彼は賛成します。

劉曄が賛成した事に自信を持った曹叡は、群臣の前で蜀討伐の計画を発表します。

劉曄はこの時猛反対します。

曹叡は劉曄を呼び出し、「お前さっき賛成したのに、何で反対してんの。」と劉曄に激怒します。

 

彼は冷静に「蜀討伐は、大事な計画です。ですから計画を簡単に漏らしてはなりません。

皆の前で発表するのはもってのほかです。」と冷静に反論し、曹叡に国家の方針の重要性を諭しました。

劉曄は、その後数々の功績を重ねていき、彼の亡くなった後は侯の位を追贈されます。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

傅玄が記した「傅子」という書物によると、劉曄の晩年は曹叡に嫌われたそうです。

青年期の時には、呉の魯粛(ろしゅく)などと親交がありました。

しかし魏国では他の群臣達とあまり親交が無いため、独りぼっちで、死んだそうです。

 

彼は、生前自分の気持ちをあまり人に言わなかったようで、他人に理解されなかったそうです。

彼は兵器の発明にも優れた功績を残し、官渡の戦いの時に「霹靂者」を開発した事で、有名です。

今回のお話はこれでおしまいです。それではまたにゃ~

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:潼関の戦いに参加した異民族、阿貴と千万とはどんな人?

関連記事:『ろくでなし三国志 本当はだらしない英雄たち』の批評が過激的!あなたの好きな英雄もdisられている?

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. ヤンキー曹操 治世の能臣乱世の奸雄:曹操に人気がない理由は?
  2. 兵戸制 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」
  3. 楊修 楊修とはどんな人?頭が良すぎて曹操から死を賜った悲劇の秀才
  4. 曹操 健康 曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法
  5. 処刑寸前で止める廬毓(ろいく) 盧毓(ろいく)とはどんな人?魏の逃亡兵を規制する法律に「待った」…
  6. 陳羣 陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の…
  7. 曹操と夏侯惇 曹操の分身!夏侯惇(かこうとん)の生涯
  8. 夏侯淵の死後、一族はどうなったのか?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操を見捨てない丁氏と卞氏
  2. 魯粛

おすすめ記事

  1. 「はじめての三国志」が新しい動画を始めました
  2. 張既(ちょうき)とはどんな人?反乱の多かった雍州・涼州の二州を見事に統治した名政治家
  3. 大胆仮説!孔明が口ずさんだ梁父吟は芝居のセリフだった!?
  4. 前漢の景帝の尊厳を保たせるために行った領地削減政策は裏目になった理由 はじめての三国志 画像準備中
  5. 読者の声(2018年11月12日〜18日) 読者の声バナー(はじめての三国志)
  6. 黒山賊の首領張燕が独立しなかった理由は?

三國志雑学

  1. 徐晃
  2. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 読書する劉備
  2. 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  3. 日本に目指さした孫権
  4. 桓騎
  5. 呉の小覇王・孫策

おすすめ記事

超ネガティブな戦国武将・毛利隆元の偉大なる父を持ってしまった苦悩とは! 孔明 びっくり!五丈原の戦いの戦費、現在で換算すると、なんと○○円! 羌族 キングダムで秦の天下統一の鍵を握っている斉の国って誰が建国したの? 兵戸制 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」 97話:蜀を得た事で呉と荊州の支配問題が再燃する 【お知らせ】新企画第3弾「はじめての九品官人法」をリリースします。 呂蒙のお見舞いにかけつける陸遜 そうだったの?呂蒙が後を託したのは陸遜では無かった! 秦朗(しんろう)の人たらし術がハンパない!秦宜禄のバカ息子の意外な才能

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP