朝まで三国志悪
広告




はじめての三国志

menu

はじめての魏

劉瞱(りゅうよう)ってどんな人?王族出身の名門参謀でもあり魏の重臣

この記事の所要時間: 314
photo credit: the_rose via photopin (license)

photo credit: the_rose via photopin (license)

 

劉瞱(りゅうよう)は王族出身の超エリートで、後漢の始祖・光武帝劉秀の息子劉延(りゅうえん)の子孫です。

自称じゃないのと思う読者もいると思いますが、血統書付きの本物です。

今回はエリート参謀・劉瞱(りゅうよう)を紹介します。

 

 

王族の青年期

 

劉瞱は王族ですから、いい暮らしして、オシャレな服着て、チヤホヤされてたんでしょ。

このように思っている読者が多いと思いますが、彼は全然違います。

王族なのに殺人を起こすのです。

劉瞱は7歳の時に母親を無くしております。

母親は亡くなる前に「父の側近は悪い臣ですから、あなたが成人したら殺しなさい」と遺言を残して亡くなりました。

自分の母親の遺言が、「人殺しなさいなんて」現在じゃ考えられませんね。

 

 

劉瞱が13歳の時、兄に遺言について相談をする

photo credit: Blurred via photopin (license)

photo credit: Blurred via photopin (license)

 

劉瞱が13歳の時、兄貴である劉渙に母親の遺言について相談します。

しかし劉渙はこの話に乗ってきませんでした。

そのため劉瞱は一人で、母親が指名した臣を殺し、遺言を果たします。

この事件がきっかけで、人物鑑定家の許劭から「冷静沈着で、豪胆な人」と称され、有名人になります。

 

曹操軍の参謀へ

魔王曹操

 

劉瞱は、曹操自ら揚州の賊軍を討伐時に仕官します。

漢中平定戦に参加し、優れた進言を行います。

曹操が、漢中への道が険しく、食料不足であったため、撤退をしようと考えておりました。

しかし劉瞱は「ここで撤退したら、追撃を受ける可能性が高いでしょう。撤退せず、このまま進軍しましょう」と曹操に進言します。

 

関連記事:あの曹操が箱入り娘ってどういうこと!?華容道って、なに?

関連記事:曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる?

 

曹操は劉瞱の進言を受け入れる

現実主義曹操

 

曹操は、彼の進言を受け入れ、戦いを継続した事で、漢中を得ることができました。

曹操は漢中を手に入れ、首都に帰還しようと準備を行います。

劉瞱は、曹操が撤退するとの噂を聞きつけ、急いで曹操の元に行き進言します。

「今我らは、漢中を手に入れました。この勢いで益州の劉備軍に攻撃をかけましょう。

劉備は益州を手に入れたばかりで、今なら簡単に劉備を倒すことができるでしょう。」と強く進言します。

同じことを司馬懿も進言しますが、曹操は二人の言葉を退け、首都へ帰還します。

 

沈黙の謀臣

曹丕 残忍

 

劉瞱は、曹丕(そうひ)の時代にも活躍し、魏の参謀として着実に功績を残していきます。

曹叡の時代に重臣として重用されます。

 

関連記事:曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?

関連記事:曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る

関連記事:そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!

 

曹叡時代にも活躍

 

曹叡が皇帝として即位したころ、ほかの重臣が居並ぶ中で、劉瞱だけが皇帝に呼ばれます。

劉瞱は、曹叡と連日連夜話し続け、数日後解放されました。

魏の重臣は、劉瞱が曹叡の部屋から出てきた事を聞きつけ、彼に曹叡の感想を聞きます。

劉瞱は「始皇帝や漢の武帝に近い存在である。だが、彼らに少しだけ、及ばない。」と評したそうです。

また曹叡が蜀討伐の計画を企画した時、劉瞱に提案され、彼は賛成します。

劉瞱が賛成した事に自信を持った曹叡は、群臣の前で蜀討伐の計画を発表します。

劉瞱はこの時猛反対します。

曹叡は劉瞱を呼び出し、「お前さっき賛成したのに、何で反対してんの。」と劉瞱に激怒します。

 

彼は冷静に「蜀討伐は、大事な計画です。ですから計画を簡単に漏らしてはなりません。

皆の前で発表するのはもってのほかです。」と冷静に反論し、曹叡に国家の方針の重要性を諭しました。

劉瞱は、その後数々の功績を重ねていき、彼の亡くなった後は侯の位を追贈されます。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

傅玄が記した「傅子」という書物によると、劉瞱の晩年は曹叡に嫌われたそうです。

青年期の時には、呉の魯粛(ろしゅく)などと親交がありました。

しかし魏国では他の群臣達とあまり親交が無いため、独りぼっちで、死んだそうです。

 

彼は、生前自分の気持ちをあまり人に言わなかったようで、他人に理解されなかったそうです。

彼は兵器の発明にも優れた功績を残し、官渡の戦いの時に「霹靂者」を開発した事で、有名です。

今回のお話はこれでおしまいです。それではまたにゃ~

 

 

よく読まれている記事

許チョ

 

よく読まれている記事:許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る

 

曹操 ほめ上手

 

よく読まれてる記事:三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない

 

曹操議員

 

よく読まれてる記事:これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!?

 

荀彧 曹操

 

よく読まれてる記事:荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

黒田廉

■自己紹介:

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。

好きな歴史人物:張遼夏候惇文鴦

何か一言:好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 袁術大助かり!漢の時代に盛んになった養蜂を分かりやすく解説
  2. 【センゴク】なんで西の覇者・毛利家は織田信長と敵対し続けたの?
  3. 顧雍(こよう)とはどんな人?孫権から絶大な信頼を得ていた呉の二代…
  4. 衛青(えいせい)とはどんな人?前漢時代最強を誇っていた匈奴を打ち…
  5. 稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い?
  6. 魏(曹丕)呉(孫策)蜀(劉禅)の2代目君主は誰が一番優秀だった?…
  7. 夏侯玄(かこうげん)とはどんな人?夏候家の逸材として称えられた名…
  8. 絶対ダメ!三国時代に流行していたドラッグ!?漢方薬を違法ドラッグ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?
  2. 呉の諸葛恪が目指した政治は孔明のパクリだった!?
  3. 【シミルボン】これは凄い!非常に我慢強い英雄、曹操
  4. キングダム 527話 ネタバレ予想:話槍と鉄槌
  5. 三国志の結婚事情、不公平?女は早く嫁がないと罰金があった
  6. 呂伯奢一家殺害事件 曹操:「俺を裏切ることは許さない!」

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画! 奇人・変人・露出狂?曹操をコケにして歴史に名を刻んだ禰衡(でいこう) 晋にも五虎将軍が存在した?魏の五将軍に匹敵する晋の名将を紹介 年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】 簫何(しょうか)とはどんな人?内政なら私にお任せ!影で劉邦を支え続けた漢の三傑の一人 【センゴク】何で信長は比叡山焼き討ちをしたのか? 長友佑都の「アモーレ」発言!後漢の時代でも普通に使われていた?後漢にやってきたローマ使節 王翦はどういう性格だったの?キングダムに学ぶつかみづらい男の処世術

おすすめ記事

  1. 陳平(ちんぺい)とはどんな人?詐欺師か、天才軍師か?謀略の達人
  2. 【三国ブレイズ 攻略1】シンプルで超絶面白い三国志ゲーム
  3. 合肥(がっぴ)むかつく!孫権が合肥攻略にこだわる理由とは?
  4. 董卓はどうしてデブになったの?真面目に考察してみた
  5. 【武帝の欲望】あの馬が欲しい!汗血馬を手に入れる為に・・・・
  6. 二世は辛いよ!やられキャラの張虎と楽綝の生涯を紹介!
  7. 王粲(おうさん)とはどんな人?建安の七子であるが容貌の貧弱さでは龐統や張松より上
  8. 【司馬の八達】超厳しい父親に育てられた俊英・司馬朗の提案を聞かなかったばっかりに・・・・

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP