広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

【第3話】戦え!于禁文則ん「曹操救出 黄巾の残党との戦い」

この記事の所要時間: 26




黄巾賊

 

青州から発生した黄巾の残党の群れは百三十万。

無論賊徒の群れに過ぎず、飛蝗と同じで目前の食料を食い漁るのみで兵站などはない。

ただ前を向いてがむしゃらに進んでくる。

兗州の刺史である劉岱は皇族の血を引く名士で、勇敢であった。

将を欠く黄巾の群れなど恐れるに足らぬと騎馬に乗り先頭を駆けて賊徒の先陣を叩いた。

同数であれば官軍が負ける道理はない。

倍の人数を相手にしても劉岱は勝っていたであろう。

しかし、血気にはやった劉岱は兗州各地から集まってくる兵を待たずに

八万を率いて百万以上の敵に真っ向からぶつかったのである。

当初は勢いに任せて押していたが、あっという間に包囲され、

劉岱ら将兵はズタズタに斬り殺されてしまった。

 

前回記事:【第1話】戦え!于禁文則ん「鮑信との出会い」

前回記事:【第2話】戦え!于禁文則ん「李典曼成」





東郡の太守である曹操が三万の兵を率いて州都に到着した時には、劉岱の亡骸は黄巾の残党どもの胃袋のなかであった。

黄巾の残党の群れは食えるものは何でも食った。

村にある馬や牛をはじめ、家の壁に塗り込まれている藁まで食い尽くす。

逃げ遅れた村民も焼かれて食われ、討ち取られた官軍の兵も例外なく黄巾の賊徒の歯牙にかかった。

大将の劉岱を討たれて、退却した官軍の兵は二万に過ぎず、

約六万の人間が黄巾の残党の群れのなかで血しぶきをあげながら果てていったことになる。

 

「鮑国相、敵は人に非ず、魔物の類です」

曹操は済北国の国相である鮑信にそう話した。鮑信も頷いて、

「確かに曹太守の言葉の通り。しかし、このまま指をくわえて敵の進軍を見ているだけでは兗州の領地は飛蝗の通った跡のようになる。

いや、それ以上に惨いことになろう」

「敵は日夜を問わずに歩き続け疲労困憊のはず。

特に州刺史である劉岱を討ったことで気が緩んでいるでしょう。夜襲をかけるには今晩が最適です」

曹操は鮑信に対して常に敬語で対した。というのも、

この東郡の太守の座も鮑信の根回しがあったからこそのものであったからである。

曹操なりに恩義を鮑信に感じていた。

鮑信は曹操の発案に同意し、その夜に奇襲攻撃を仕掛けた。

夜襲は見事に成功し、約二万の賊徒の首を討った。

それでも敵はまだ百万以上の大軍である。

曹操は果敢に奇襲攻撃を提案した。

 

曹操と黄巾賊

 

曹操は奇襲攻撃を仕掛けるたびに黄巾の残党に損害を与えていったが、

やがて作戦を見破られて包囲されることとなった。

傷ついた将兵から飢えた黄巾の残党の餌食となっていく。

鮑信は城にあってこれを見て、軍閥の李乾を呼んで救出の作戦を練った。

 

曹操

 

「東南より突破し、包囲網に穴を開けるより手段がありませんな。しかしこれは自殺行為に等しい」

李乾はそう答えた。鮑信は首を横に振って、

「兗州の民の危機にあって駆け付けた曹太守を見殺しにしたとあっては、この鮑信の義がたたぬ。

ここは我が命にかけても曹太守を救出するつもりだ」

李乾も朋友の言葉に涙を流して同意するのであった。

 

鮑信と李乾の兵、二万五千は城を出陣し、黄巾の賊徒の群れの東南より攻め込んだ。

攻め込んだ兵の中には、于禁文則の姿もあったし、

その横には李典曼成も槍を構え必死の形相で突撃を仕掛けていく。

甲冑に身を固めた官軍と違い、黄巾の残党は黄色の布を頭に巻いているだけで軽装である。

武器もバラバラで農具を持った者もいれば、

官軍から奪った剣や槍を振り回している者もいたが、ほとんどが素手であった。

しゃにむに飛び込んできて官兵を押し倒して首筋に食らいつく。

まさに獣同様の動きである。賊徒の群れの口元は人の血で濡れていた。

 

李典と于禁、黄巾賊

 

六人の黄巾の残党が李典に襲い掛かった。李典はすかさずひとりの喉を槍で貫き、

槍の柄でもうひとりの首筋を打った。

駒のような動きで槍を扱い、残りの賊徒も刺し、打ち倒す。

しかし敵は途切れることなく襲い掛かってくる。

さらに六人が李典に一斉に襲い掛かる。四人までは討ち倒したが、

残り二人に足と腰を取られて地面に倒された。

汚れた歯をむき出しにして李典の首に食らいつこうとした、

その時、于禁の矢がその男の首を撃ち抜いた。

もうひとりも額に矢を受けて仰向けに倒れた。

 

この時、すでに寄せ手の大将である鮑信は黄巾の牙にかかり命を落としていた。

【3話完】




よく読まれている記事

袁術

 

よく読まれている記事:【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?




この記事を書いた人:ろひもと理穂

ろひもと理穂

■自己紹介:

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。

 

■好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

 

■何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【8/1〜8/7】…
  2. 石川克世って、何者?
  3. LINE 三国志ブレイブとはどんなアプリゲーム?
  4. これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術
  5. 正史三国志魏書での最強武将TOP3は呂布・張遼・曹仁じゃない?
  6. 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史
  7. 李靖(りせい)とはどんな人?曹操と孔明の二人から学んだ初唐の名将…
  8. 三国志でイラク戦争を考えてみようじゃないか

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. ゴールデンカムイネタバレ予想 127話 本当のチタタプ
  2. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART1
  3. 132話:もうやりたい放題!曹叡の乱心で魏の暗黒時代へ突入
  4. 光武帝・劉秀を支えた雲台二十八将の上位15人とはどんな人達だったの?
  5. 呉が蜀を作った!費禕が蜀の宰相になれたのは孫権のおかげだった?
  6. 何で曹操はあれだけ関羽を愛していたのに配下から逃がしたの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

59話:文武両道、義侠心に厚い漢 徐庶(じょ しょ)は劉備と出逢う そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR) 裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が激アツに! どうして劉備は呂布を胡散臭いと思ったの? 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十四話「徳政令の行方」の見どころ紹介 中国三大悪女に名を連ねた劉邦の妻・呂雉(りょち)とはどんな人?とても怖い実話 足利義昭(あしかがよしあき)と織田信長の微妙な関係性はどうやって幕を閉じたの? 将軍ハンニバルとはどんな人?韓信と同時代にローマを震撼させた漫画みたいなスゴイ奴

おすすめ記事

  1. 【衝撃の事実】ドラゴンブレイドは虚構ではない!二千年前に遭遇していたローマ軍と漢軍
  2. 【ネオ三国志】第9話:呂布の覚醒と劉備軍の降伏【蒼天航路】
  3. 袁術の前をガン無視で通り過ぎた漢達が予想以上に多かったのでまとめてみた
  4. 孟宗とはどんな人?孟宗竹(もうそうちく)の由来は呉の親孝行ものであるこの人から!
  5. たかぎ七彦困惑?アンゴルモア元寇合戦記をガチネタバレ予想!
  6. 梁習(りょうしゅう)とはどんな人?曹操も惚れた不安定な幷州を安定させた名官僚
  7. 大喬・小喬は袁術の側室だった可能性が高い!その驚くべき理由とは!?
  8. 【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP