ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【シミルボン】驚愕!三国志の時代の酒のマナー

酒を飲む曹操と劉備と呂布


シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」専用オリジナルコンテンツです。

曹操 劉備 呂布 酒

 

季節は早や、10月、もうそろそろ、忘年会を意識する時期ですね。

会社や学生仲間と飲むお酒は、本来楽しいモノですが、

困りものなのは酒に関係する人間関係のトラブルです。

 

このような酒にまつわるトラブルは三国志の時代からあり、

それを防止しようと様々なマナーが取り決められていました。

さて、今回は現代でも役立つかも知れない、三国志の時代の

酒のマナーについてご紹介致しましょう。


酒量を一定させる 古代の飲酒の決まり

張飛にお酒 だめだよ

 

三国志の時代には、身分の上下は関係なく、お酒を飲む人は

酒量を一定にするという原則がありました。

世の中には、自分は飲まないで、人にばかり酒を飲ませて

面白がる人がいますが、そういう事を防ごうとしたようです。

 

しかし、実際には、身分の高い人はなんだかんだ、

言い訳をして、酒を飲まない事が多く、前漢の灌夫(かんぷ)という人物は、

竇甫(とうほ)という長楽宮の御衛隊長と酒を飲みますが、

竇甫は自身が、帝の妃の弟であるという地位をかさにきて、

自分は飲まず灌夫にばかり酒を勧めます。

 

短気で不正が嫌いな灌夫は、激怒し竇甫をブン殴っています。

非は竇甫にあるせいか、大事件にはなりませんでしたが、

ここにも、酒量は身分に関係なく、対等にせよという教えが

流れているのです。

 

ですが、このルールは、酒を勧める側が酒豪だったら、

むしろ事態を悪化させるような気がしますね。

 

※参考文献 中国社会風俗史 著 尚秉和 翻訳 秋田成明


酒は全員、一気で飲まないといけない

三国志 居酒屋

 

現在では、忘年会、新年会、歓迎会などの悪しき習慣とされる、

一気飲み、いわゆるイッキの習慣ですが、三国志の時代においては

それは極めて普通の事でした。

 

それは「満を引いて白を挙(あ)ぐ」と言い、

酒杯を一息に飲み干し、杯の底を周囲に見せていました。

当時の酒は清酒ではなく濁り酒が多いので、飲み干さないと

杯の底を見る事は出来なかったのです。

 

ただし、当時のお酒は、極めてアルコール度数が低く、

発泡酒以下であり、現在と同じではない事は注意しておきます。

 

この杯を一気に飲み干す事が出来ない場合には、罰として、

さらに一杯、酒を飲む決まりがありました。

 

また、古代のマナーブックである礼記には、

「長者あげて未だ尽くさざれば少者は敢えて飲まず」の一文があり

年長者が杯を飲み干さないと年少者は飲んではいけない事になっています。

 

もし、年長者が今のようにちびちび、飲む方式なら、

年少者はいつまでたっても飲めませんから、ここにも

酒は一気という、古代の考えが見て取れるのです。

 

※参考文献 礼記


下戸には恐怖、一気で回し飲みをする風習

劉寛 酒

 

当時は一気で飲み干すばかりでなく、それで回し飲みをする風習でした。

 

「五六人、まさに宴飲するを見るに、酒紫衣に到り、白面の少年に到り、

黒衣に到り、緑衣に到り、黒衣の胡人に至る」

 

という詩が唐の時代の「夢遊録」という書籍にあり、三国志の時代より

大分後ですが、回し飲みをする風習は変わっていないようです。

順番に一気飲みでは、下戸は自分の番で流れが止まるわけですから、

さぞかし居づらくなったでしょう。

 

シミルボン

 

【シミルボン】驚愕!三国志の時代の酒のマナー

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!

 

※本稿はシミルボンに掲載された記事をはじめての三国志用に再編集したものです

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【皇帝から手紙を受け取る呂布】呂布は朝廷に従順な姿勢を見せていた…
  2. 曹操 詩 曹操の詩の世界を体験してみよう
  3. 姜維の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行
  4. 蜀の馬超 「西涼の錦馬超」・・・彼はどこまで「西涼の」馬超だったのか?
  5. 孔明と司馬懿 司馬懿はよく考えると主人公レベルにかっこいい!?孔明との戦い「以…
  6. 孫権の娘が大喧嘩 孫魯班、孫魯育 二宮の変をまとめてみた「起因と原因編」
  7. そうなの!劉備と孔明は故郷について真逆のスタンスだった
  8. 馬謖を斬り悲しむ孔明 ええっ!独裁者諸葛亮を叱りつけた部下がいた!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹昂(曹昴)
  2. 孔明
  3. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  4. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  5. 賈詡
  6. 姜維、孔明
  7. 李牧

おすすめ記事

  1. 高麗(こうらい)ってどんな国?アンゴルモア元寇合戦記が100倍面白くなる
  2. 儒教(儒家)ってどんな思想?知るともっとキングダムも理解できる? 孔子と儒教
  3. 羅貫中はケアレスミスをしていた?三国志時代の紙の価値 曹操と機密保持
  4. そんな!諸葛亮は曹操を目指していた?似てる二人を解説 孔明VS曹操
  5. 歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い 子供時代の桃園三兄弟
  6. ゴシップ満載!夏目漱石もペンネームを取った世説新語とは?

三國志雑学

  1. 幕末 魏呉蜀 書物
  2. 空箱を受け取る荀彧
  3. 董卓の相談に乗る袁紹
  4. 陸遜


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 董卓
  2. オオクニヌシ(日本神話)
  3. 被害妄想で怯える韓馥
  4. 金栗四三 いだてん
  5. はじめての三国志編集長kawauso
  6. 陸遜
  7. 劉備主役
  8. 亡くなる周瑜

おすすめ記事

呪われている太史慈 太史慈の死因って何?戦死?それとも病死? 鄧禹と光武帝 光武帝・劉秀を支えた雲台二十八将の上位15人とはどんな人達だったの? 【三国志で例えるよ】初心者でも『ジャンヌ・ダルク』『百年戦争』が分かる。基礎&豆知識! 廬毓(ろいく)とはどんな人?曹氏三代に仕えた公平な人物 このマンガがすごい!呉に光を当てた『江南行』『みんなの呉』『赤壁ストライブ』をレビューするよ 五斗米道の教祖・張魯 張魯が漢中を占拠できたのは母のおかげだった? 上野彦馬とはどんな人?偉人を撮り続けた写真家 ミニチュアで遊ぶ董卓 董卓が行った長安遷都とはどんなこと?長安遷都の意図は?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP