編集長日記
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

はじめての変

【シミルボン】これは意外!モノマネが大好きだった三国志の人々

この記事の所要時間: 152




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」専用オリジナルコンテンツです。

 

曹操 バカ殿

 

松村邦洋さんと言えば、NHK大河ドラマに題材を取った

歴史人物モノマネをレパートリーに持っています。

まぁ大河ドラマは、あくまでも歴史人物に成り切ったお芝居なので

正確にはモノマネの真似という事になるのですが・・

さて、そのようなモノマネ、実は三国志の時代にもブームだったのです。




実は士大夫の間で大流行だったモノマネ

劉備

 

繰り返しになりますが、三国志の時代にも、モノマネは大流行していました。

あんな難しい顔をしていた人達が何のモノマネするの?と思うかも

知れませんが、意外や意外、宴会で悪乗りしたりしています。

 

漢書によると、後漢の時代の檀長卿(だんちょうけい)という人物は

九卿の小府(しょうふ)という最上級の貴族の位にありましたがモノマネ大好き

ある権力者が開いた宴会でお得意の猿と犬が戦うモノマネを披露して

一座の大爆笑を取ります。

 

原文:長信少府檀長卿起舞,為沐猴與狗鬥,坐皆大笑

 

しかし、どこにでも居る笑いが分らない蓋寛饒(がいかんよ)という諫言の士が

それを見ていて、憤慨し皇帝に告げ口したので、檀長卿は長い間、

牢獄に入れられたそうです。

良かれと思ってやったモノマネで投獄されるとは、割に合わないですね。

 

参考文献:漢書




猿や胡人、老人のモノマネをした傅玄

西遊記 孫悟空

 

さて、少し時代が下り、三国の一つ、魏の官僚で魏書を現した

傅玄(ふげん:217~278年)もモノマネ好きでした。

彼の場合、檀長卿とは違い、普段は物静かで諫言もするような堅い人なのに、

一方では演劇や面白い芝居などが大好きで、また自分もそれに影響されて、

モノマネをしてしまうという愉快な趣味人でした。

 

宴会がたけなわになると、それまで大人しく飲んでいた傅玄が豹変、

赤い頭巾をかぶり、赤い布の靴下を履いて、唇を真っ赤に塗り、

猿そのものの姿になり、眉を吊り上げたり、顔をしかめたり、

手を上下で叩いてみたり、、猿の動きをそのまま真似てみせたのです。

 

40代以上の世代には、懐かしい加トちゃんの、

ちょっとだけよ~ あんたも好きネェが始まりそうな勢いです。

 

傅玄は、そればかりではなく、胡児(こじ)という外国人の真似や、

お年寄りのしぐさなども真似るなどレパートリーも多く、

かなりの芸達者でした。

あのように激しい戦乱の時代に、一方では傅玄のような人がいて、

宴会芸で猿のモノマネをしていたなんて、意外な感じがしますね。

 

シミルボン

 

【シミルボン】これは意外!モノマネが大好きだった三国志の人々

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレード…
  2. 【ネオ三国志】第4話:孫家の跡継ぎ、天下へ向けて出陣
  3. 112話:怒れる劉備は70万の大軍で呉を攻める
  4. 【シミルボン】こいつを捕まえたら1万銭!三国志の時代にもあったW…
  5. 孫権が帝を称した時なぜ蜀で孫呉との同盟破棄の言論が巻き起こったの…
  6. 三国志の時代の城の機能について図解解説
  7. そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里…
  8. 90話:張任によって龐統討たれる

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 顔良と文醜の裏話、顔良って実はいい奴?
  2. 武神と恐れられていた関羽は結婚していたの?
  3. 世界一お粗末! 菫承の曹操暗殺計画。間男の恨みでぶち壊しに!
  4. 【三国志と梅雨】じめじめ季節のお役立ち情報も紹介
  5. 三国志の時代でも副業が流行っていた!サイドビジネスの種類を紹介!
  6. 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹介

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志水軍最強の将・決定戦!あの色男が一位でしょ!? 赤壁の戦い後の江陵攻防戦(曹仁VS周瑜) 袁術祭り開催日程のお知らせ 劉備が徐州を譲り受けるきっかけとなったのは陳登と孔融のエピソードがあった! 114話:蜀キラー陸遜、劉備を打ち破るための不気味な沈黙 劉備も曹操もハッキヨイ!三国志の時代にも流行していた相撲 120話:司馬懿失脚の隙を狙い孔明は北伐に踏み切る 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【4/10〜4/17】

おすすめ記事

  1. 甘露寺の十字紋石|劉備の石占い
  2. 【祝】はじめての三国志!月間50万PVを達成!
  3. 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(後半)
  4. 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス
  5. すぐに使いたくなる!新三国志用語の意味と使い方まとめ13選
  6. みんなが名乗りたがる最高の位!皇帝と王の違いについて分かりやすく解説
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース27記事【2/13〜2/19】
  8. 劉淵(りゅうえん)とはどんな人?劉備の子孫と称して晋を崩壊に導いた匈奴の単于

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP