袁術祭り
北伐




はじめての三国志

menu

はじめての変

【シミルボン】これは意外!モノマネが大好きだった三国志の人々

この記事の所要時間: 152




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」専用オリジナルコンテンツです。

 

曹操 バカ殿

 

松村邦洋さんと言えば、NHK大河ドラマに題材を取った

歴史人物モノマネをレパートリーに持っています。

まぁ大河ドラマは、あくまでも歴史人物に成り切ったお芝居なので

正確にはモノマネの真似という事になるのですが・・

さて、そのようなモノマネ、実は三国志の時代にもブームだったのです。




実は士大夫の間で大流行だったモノマネ

劉備

 

繰り返しになりますが、三国志の時代にも、モノマネは大流行していました。

あんな難しい顔をしていた人達が何のモノマネするの?と思うかも

知れませんが、意外や意外、宴会で悪乗りしたりしています。

 

漢書によると、後漢の時代の檀長卿(だんちょうけい)という人物は

九卿の小府(しょうふ)という最上級の貴族の位にありましたがモノマネ大好き

ある権力者が開いた宴会でお得意の猿と犬が戦うモノマネを披露して

一座の大爆笑を取ります。

 

原文:長信少府檀長卿起舞,為沐猴與狗鬥,坐皆大笑

 

しかし、どこにでも居る笑いが分らない蓋寛饒(がいかんよ)という諫言の士が

それを見ていて、憤慨し皇帝に告げ口したので、檀長卿は長い間、

牢獄に入れられたそうです。

良かれと思ってやったモノマネで投獄されるとは、割に合わないですね。

 

参考文献:漢書




猿や胡人、老人のモノマネをした傅玄

西遊記 孫悟空

 

さて、少し時代が下り、三国の一つ、魏の官僚で魏書を現した

傅玄(ふげん:217~278年)もモノマネ好きでした。

彼の場合、檀長卿とは違い、普段は物静かで諫言もするような堅い人なのに、

一方では演劇や面白い芝居などが大好きで、また自分もそれに影響されて、

モノマネをしてしまうという愉快な趣味人でした。

 

宴会がたけなわになると、それまで大人しく飲んでいた傅玄が豹変、

赤い頭巾をかぶり、赤い布の靴下を履いて、唇を真っ赤に塗り、

猿そのものの姿になり、眉を吊り上げたり、顔をしかめたり、

手を上下で叩いてみたり、、猿の動きをそのまま真似てみせたのです。

 

40代以上の世代には、懐かしい加トちゃんの、

ちょっとだけよ~ あんたも好きネェが始まりそうな勢いです。

 

傅玄は、そればかりではなく、胡児(こじ)という外国人の真似や、

お年寄りのしぐさなども真似るなどレパートリーも多く、

かなりの芸達者でした。

あのように激しい戦乱の時代に、一方では傅玄のような人がいて、

宴会芸で猿のモノマネをしていたなんて、意外な感じがしますね。

 

シミルボン

 

【シミルボン】これは意外!モノマネが大好きだった三国志の人々

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 就職戦線異状だらけ!かなり大変だった三国志時代の就職
  2. 129話:死せる孔明生ける仲達を走らす
  3. 73話:孔明、大論陣を張り呉の降伏派を叩き潰す
  4. 【まさにヤケクソ】最強の防御兵器はウ○チだった!?
  5. 人材大好きの曹操が欲しがるほどに惚れた敵将は誰?
  6. 関羽千里行って有名だけど何なの?
  7. アンゴルモア 元寇合戦記ネタバレ 第29話 Part.2 高麗の…
  8. 夏候惇と言えば独眼竜?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.1
  2. 【三国志の新事実】マジで!?蜀の天才丞相・諸葛孔明が沢山いた!
  3. 意外と義兄弟と離れ離れの時期が長かった関雲長のぼっち履歴をご紹介
  4. 劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢
  5. 【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた?
  6. 【ネオ三国志】第3話:徐州の牧・劉備と兗州の騒乱

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【シミルボン】これはヤバいよ!裏三国志 大流行したドラッグ五石散 【燕の名将・楽毅の名言】古の君子は交わりを断つとも悪声を出さず 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期 黒田長政はすごい人?それとも親の七光りで出世した人? 西郷どんが奄美大島に行った理由は?西郷隆盛の妻・愛加那との出会い 試験に出ます!九品官人法(きゅうひんかんじんほう)の理想と弊害 邪馬台国ってどんな国だったの?まさに神っていた邪馬台国 秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽

おすすめ記事

  1. もし呂布が曹操に斬首されず助命されていたらどうなったの?
  2. 108話:三国志を牽引した風雲児曹操、志半ばで死ぬ
  3. 名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!?
  4. 【キングダム】転職によって人生を劇的に変えた李斯(りし)
  5. 【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術
  6. 【キングダム】趙の慶舎(けいしゃ)は実在したの?史実を元に真実の姿を解説
  7. 【キングダム好きにもオススメ】歴史大河・マンガ「ビン~孫子異伝~」が面白すぎる!
  8. 三国志史上で一番絵が上手なのは誰だ!?ヒント、姓は曹です

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP