三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

はじめての変

【シミルボン】これは意外!モノマネが大好きだった三国志の人々

この記事の所要時間: 152




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」専用オリジナルコンテンツです。

 

曹操 バカ殿

 

松村邦洋さんと言えば、NHK大河ドラマに題材を取った

歴史人物モノマネをレパートリーに持っています。

まぁ大河ドラマは、あくまでも歴史人物に成り切ったお芝居なので

正確にはモノマネの真似という事になるのですが・・

さて、そのようなモノマネ、実は三国志の時代にもブームだったのです。




実は士大夫の間で大流行だったモノマネ

劉備

 

繰り返しになりますが、三国志の時代にも、モノマネは大流行していました。

あんな難しい顔をしていた人達が何のモノマネするの?と思うかも

知れませんが、意外や意外、宴会で悪乗りしたりしています。

 

漢書によると、後漢の時代の檀長卿(だんちょうけい)という人物は

九卿の小府(しょうふ)という最上級の貴族の位にありましたがモノマネ大好き

ある権力者が開いた宴会でお得意の猿と犬が戦うモノマネを披露して

一座の大爆笑を取ります。

 

原文:長信少府檀長卿起舞,為沐猴與狗鬥,坐皆大笑

 

しかし、どこにでも居る笑いが分らない蓋寛饒(がいかんよ)という諫言の士が

それを見ていて、憤慨し皇帝に告げ口したので、檀長卿は長い間、

牢獄に入れられたそうです。

良かれと思ってやったモノマネで投獄されるとは、割に合わないですね。

 

参考文献:漢書




猿や胡人、老人のモノマネをした傅玄

西遊記 孫悟空

 

さて、少し時代が下り、三国の一つ、魏の官僚で魏書を現した

傅玄(ふげん:217~278年)もモノマネ好きでした。

彼の場合、檀長卿とは違い、普段は物静かで諫言もするような堅い人なのに、

一方では演劇や面白い芝居などが大好きで、また自分もそれに影響されて、

モノマネをしてしまうという愉快な趣味人でした。

 

宴会がたけなわになると、それまで大人しく飲んでいた傅玄が豹変、

赤い頭巾をかぶり、赤い布の靴下を履いて、唇を真っ赤に塗り、

猿そのものの姿になり、眉を吊り上げたり、顔をしかめたり、

手を上下で叩いてみたり、、猿の動きをそのまま真似てみせたのです。

 

40代以上の世代には、懐かしい加トちゃんの、

ちょっとだけよ~ あんたも好きネェが始まりそうな勢いです。

 

傅玄は、そればかりではなく、胡児(こじ)という外国人の真似や、

お年寄りのしぐさなども真似るなどレパートリーも多く、

かなりの芸達者でした。

あのように激しい戦乱の時代に、一方では傅玄のような人がいて、

宴会芸で猿のモノマネをしていたなんて、意外な感じがしますね。

 

シミルボン

 

【シミルボン】これは意外!モノマネが大好きだった三国志の人々

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【1/16〜1/2…
  2. 【シミルボン】すでにキャラ立ちしている、民話の中の三国志
  3. 勝負下着の参考に!三国時代の下着ってどんなのだったの?
  4. 赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い
  5. 【三国志ミステリー】劉備はなぜ奥さんを何度も捨てて逃げたの?
  6. 【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だ…
  7. 【諸葛孔明の兵法】魏を苦戦させた知られざる孔明のアメーバ戦術
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/14〜11…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 鄧芝(とうし)ってどんな人?|敵国孫権に愛された蜀の名使者
  2. 三国志で一番の悪酔い君主は誰だ?【酒乱ランキング】
  3. 丁原(ていげん)とはどんな人?天下無双の豪傑でもあり呂布パパ
  4. 介子推(かいしすい)とはどんな人?晋の重耳に自らの身を犠牲にして忠誠を尽くす
  5. 偽撃転殺の計VS虚誘掩殺の計
  6. 関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇

三國志雑学

“劉備漫画"

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【5/8〜5/15】 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.2【完】 日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』 三国志ならともかく戦国時代は興味がないから大河ドラマを見ないあなたへ。こうすれば真田丸も楽しめる! 曹操の分身!夏侯惇(かこうとん)の生涯 あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由 124話:曹休、憤死!!石亭の戦いと孫権の即位 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?

おすすめ記事

  1. 潼関(どうかん)の戦いとはどんな戦いだったの?【関中十部VS曹操軍】
  2. 復讐に燃える曹操は三国鼎立を早める
  3. 【キングダム】王翦・王賁の血筋は楚漢戦争時代にも登場していた!?
  4. 蒙恬(もうてん)はどんな性格なの?真面目さの照れ隠しの軽い性格
  5. 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史
  6. ホリエモンが舛添都知事を庇った理由と晏嬰で考える政治家倫理
  7. 衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?
  8. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の1・字からの考察

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP