架空戦記
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹操の短歌行が後世にまで禅譲のお手本として残ってたってホント?

この記事の所要時間: 219




曹操 詩

 

曹魏を作り上げた曹操(そうそう)

彼は後漢王朝を凌ぐ権力と広大な領土を獲得することに成功します。

だが曹操は後漢王朝に変わって皇帝の位に就任することはありませんでした。

彼は後漢王朝に取って代わることが目的ではなく、

彼が自ら作った詩である「短歌行(たんかこう)」にも自ら心情を吐露しております。

この曹操の姿勢は後世において禅譲をする際のマニュアルとして示すことになります。

 

後漢王朝の権威は失墜した事実

現実主義曹操

 

曹操が天下の半分以上を手に入れている時代に長城の外側にある異民族である匈奴(きょうど)は

危機感を感じて曹操の元へ挨拶に行くことにします。

当時匈奴は分裂しており、魏に臣従を決めていたのは南匈奴の側でした。

南匈奴の王である胡廚泉(こちゅうせん)は曹操の元へ行って、「今後共よろしくお願いします」と

挨拶に訪れております。

当時後漢王朝はまだ存続しているにも関わらず、

曹操へ挨拶に言った南匈奴の行動はある事実を物語っております。

それは後漢王朝の権力が失墜して頼りならないと長城の外側にいる異民族達が思っていたことと

魏が王朝を開いていないにも関わらず中華の外でも魏の権力が増大して、

頼りになる存在であることを示しています。




俺は周の武王になるんだ

曹操 魏王

 

曹操は家臣や諸外国の王から「なぜ後漢王朝なんていう信頼できない存在を

残しているのでしょうか。

あんなものはすぐに滅ぼして魏王朝を立ててしまえばいいじゃないですか。」と進言されます。

しかし曹操は「俺は後漢王朝を滅ぼす気なんてさらさらない。

もし後漢王朝を滅ぼすのであれば、それは俺の息子の代であろう。

俺は殷王朝よりも勢力・人望ともに優っていても滅ぼすことをしなかった周の文王になる」と

決意を表しております。

 

関連記事:よくわかる!周の成立から滅亡をざっくり分かりやすく紐解く

関連記事:周公旦(しゅうこうたん)とはどんな人?周王朝の基礎を固めた功臣




曹操の姿勢が後世のお手本になる

曹操 機密保持

 

曹操はこうして後漢王朝を滅ぼすこなく、

そのまま王の位にとどまって亡くなってしまいます。

彼は生前色々な爵位や特権を後漢王朝から受けていましたが、

一度も後漢王朝から皇帝の位を禅譲されようとする姿勢を見せることはありませんでした。

この姿勢は後世にまで伝わることになり、王朝を滅ぼして皇帝の位を得ようと考えている者は

曹操の姿勢を真似てから王朝に君臨している皇帝から禅譲をしてもらおうとします。

この曹操が貫いた姿勢は「魏が漢を助ける故事」としてよく使われるようになり、

マニュアル化されていくことになります。

 

関連記事:献帝死亡説を利用した?劉備が漢中王に即位したのは孔明と法正の入れ知恵の可能性が浮上!

関連記事:司馬昭(しばしょう)とはどんな人?三国時代終焉の立役者でもあり司馬懿の次男

 

三国志ライター黒田レンのひとりごと

黒田廉

 

三国志ではどうしても曹操が後漢王朝をいじめ抜いて、

曹丕が父の跡を継いで後漢を滅ぼしたようになっております。

しかし曹操が禅譲を行う地盤を固めて、

曹丕が後漢王朝から皇帝の位を譲ってもらったシステムである禅譲。

このシステムは皇帝の位を受け継ぐシステムである禅譲は皇帝の位を持っている者、

皇帝の位を奪おうとしているもの両方にとって悪いシステムではないと思います。

なぜならば前王朝の皇帝の位に就いているものからう譲ってもらうことによって無血革命が

行われるからです(皇帝を譲るもの、皇帝の位を譲られるものとの間での無血革命であって、

それ以前に起きた戦いでは当然血が流れているが)。

この結果皇帝の位を譲った人物は次世代の王朝から無下に扱われることなく、

小さいながら領土をもらって農民以上の生活を行うことができます。

また皇帝の位を譲ってもらった方も新たな王朝を開くことができ、

前王朝の皇帝を殺害して奪った事実がなく負い目を感じることもありません。

こうして考えるとスムーズではありませんが、

皇帝の位を譲る方も譲られる方もそれなりに利益があるからこそ

曹操が行った姿勢は禅譲をする上で非常に大事な行動であると考えます。

しかし曹操が打算でこのような姿勢を貫いていたと考いたとは思えず、

自らの心情としてただ後漢王朝にとって変わろうとする意思がなかっただけのように思えます。

 

参考文献 朝倉書店 十八史略で見る三国志 渡邉義浩著など

 

関連記事:献帝死亡説を利用した?劉備が漢中王に即位したのは孔明と法正の入れ知恵の可能性が浮上!

関連記事:孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる?
  2. 赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬
  3. 曹操の迅速な機動力VS劉備の逃げ足の速さ
  4. 海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 …
  5. 三国最強であった魏はなぜ滅びることになったの?【曹操編】
  6. 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス
  7. ホウ徳の叩き上げ人生録!関羽に降伏せず忠義の人と讃えられた関中の…
  8. 仏門教師・太原雪斎とはどんな人?今川義元の幼少期・青年期を支えた…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 袁渙(えんかん)とはどんな人?正史「三国志」に登場し曹操が涙を見せて死を悲しんだ政治家
  2. 劉備より先に五斗米道の教祖・張魯が漢中王になった可能性が浮上
  3. 世界初の外科手術を行った?華佗とはどういう人物だったか
  4. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1
  5. 李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の将軍【後半】
  6. 劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は? 呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選 ニッチローも真っ青!三国志の英傑はモノマネ大好きだった! 三国志時代の通信手段は何だったの?気になる三国時代の郵便事情 116話:劉備、失意の中白帝城に没す! 井伊直虎の許婚はどういう人?おんな城主 直虎をさらに楽しむ! 今まで有難う趙雲!劉禅や姜維の感謝の言葉に感涙 30話:曹操軍を支えた最強の青州兵

おすすめ記事

  1. 正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに?
  2. 【真田丸】三谷幸喜ならやりかねない?実は生きていた真田信繁!!頴娃にある伝・真田墓に訪れてみた
  3. 29話:青州兵によって膨れ上がる曹操の兵力
  4. 【三国志の華佗を越える名医の名言】扁鵲が死人を生き返らせた時に用いた名言
  5. 三国志の時代のお祭りは、どんな様子だったの?
  6. 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹介
  7. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第三話「おとわ危機一髪」の見どころ
  8. 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP