広告募集
北伐




はじめての三国志

menu

よくわかる!周の成立から滅亡をざっくり分かりやすく紐解く

この記事の所要時間: 526




王騎 キングダム

 

キングダムでお馴染みの春秋戦国時代に至る前、中国は周という王朝が立ち、

700を数えたという邑(都市)の盟主という形でした。

しかし、周がどのように興り、そして滅んでいったか?はあまり知られていません。

そこで、ざっくりと周の成立から滅亡までを追ってみましょう。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる




周はどこから起きた王朝?

周 wiki

 

周王朝の伝説上の先祖は后稷(ごしょく)という人物で、三皇五帝の1人である

帝舜(てい・しゅん)に仕えて農業事業に功績がありました。

その領地は現在の陝西(ちんせい)省 宝鶏(ほうけい)市にあり、

ここは、古名を西岐(せいき)と言います。

そこから12代の後、古公檀父(ここうたんぽ)という人物が登場して、

後に洛陽となる土地である洛邑に拠点を定めました。

陝西省宝鶏市から洛陽までは553キロもありますので、

西岐が著しく勢力を伸ばしたという事が分かります。

 

古公檀父には、3名の息子がいましたが、その中で季歴(きれき)という末っ子がいて、

彼に息子が産まれた時、様々な縁起の良い事が起きたようです。

古公檀父は「わが一族を栄えさせるのは季歴であるとして」季歴に家督を譲ります。

季歴の子供というのが、後の文王である姫昌(きしょう)です。




文王は勢力を広げて西伯(せいはく)になり、息子の武王が殷を滅ぼす

photo credit: via photopin (license)

photo credit: via photopin (license)

 

姫昌は祖父の古公檀父のめがねに違わず、姜子牙(きょうしが:太公望)などの

助けを得て領土を拡大していきます。

殷(いん)は、姫昌を懐柔しようという思惑もあり西伯という称号を与えます。

この時点ですでに西岐の勢力は殷よりも遥かに強くなっていました。

しかし、姫昌は、義理を立てたのか寿命が尽きたのか殷を倒す事なく病死します。

 

ですが、子である姫発は、殷の帝である帝辛(てい・しん:紂王)が暴虐で

民を虐げているとして、軍を発し、各地の諸候をまとめて殷の都である朝歌に

侵攻し、牧野の戦いで帝辛の軍勢を破り、殷を滅ぼします。

こうして、周王朝が建国されました、紀元前1046年の事です。

武王は都を鍋京(こうけい:長安付近)に定めますが間もなく病を発して病死します。

 

関連記事:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの?

関連記事:封神演義(ほうしんえんぎ)って何?殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた小説

関連記事:びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望

関連記事:中国の氏・姓の成り立ちをどこよりも分かりやすく解説!

 

周公旦が幼い成王を輔弼して周の体制は定まる

漢王朝 平定 安心

 

武王は若くして死んだので、息子の成王(せいおう)はまだ幼少で政治を見れません。

そこで武王の弟の周公旦(しゅうこう・たん)が後見として斉王を補佐します。

途中で三監の乱のような不満分子の内乱もありましたが周公旦はこれを鎮圧し

7年後、無事に成王が成人すると政権を返上します。

 

周は成王と息子の康王(こうおう)の時代にもっとも治まり40年間も善政が続き

刑罰を受ける人間は一人もいなかったと伝えられています。

遂に、政権を奪わなかった周公旦は臣下の理想とされ、

特に孔子に賞賛された事で聖人として、後世の中国で理想の人物とされました。

 

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

関連記事:儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる?

関連記事:儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか

関連記事:三国志の人々の精神に影響を与えた論語(ろんご)って何?

 

暗君が続く周は没落の道を進む

photo credit: ... via photopin (license)

photo credit: via photopin (license)

 

しかし、建国から200年程が経過すると周も乱れ暗君が登場します。

10代の周王である厲王(れいおう)は横暴にして強欲な王で、家臣に分けるべき

宝物を独り占めしたり、少しでも民が自分を批判すると容赦なく処刑したので、

人々は言葉を出すのを恐れ、アイコンタクトでお互いの意志を伝えたと言います。

 

もちろん、こんな政治が長く続く道理もなく紀元前842年には、庶民の怒りが

爆発して、周の王宮に国人が乱入して厲王を殺そうとする事態になります。

 

厲王は、びっくりして鍋京を逃亡して黄河を渡って亡命します。

王が不在になった周では、賢臣である為に厲王に遠ざけられていた、

召公(しょうこう)と周公(しゅうこう)が代理として政治を見る事になります。

紀元前828年に亡命していた厲王が死去し、王がいなくなったので、

二人は厲王の息子である姫静(きせい)を立てて、彼は宣王(せんおう)になります。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 【あの人の子孫は今】趙雲の子孫っているの?趙氏(ちょうし)につい…
  2. 閻行(えんこう)とはどんな人?韓遂の部下だが曹操の人質アタックに…
  3. キングダム 520話 ネタバレ予想:朱海平野で李牧と王翦が激突!…
  4. 後漢の時代のお金の常識に迫る!当時の金融はどんなモノだったの?
  5. まだ漢王朝で消耗してるの?第5話:統一国家 晋の礎 司馬懿
  6. まだ漢王朝で消耗してるの?第4話:九品官人法 陳羣(ちんぐん)
  7. 【シミルボン】あちこちにスローガンが一杯?賑やかな三国志時代の壁…
  8. 【キングダム533話】キングダム休載の理由を考える

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 中国史上、最大の軍師は誰なの?孔明?司馬懿か?
  2. 魏冄(ぎぜん)とはどんな人?政治・軍事両方で大活躍した秦の名宰相
  3. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を持った戦国四君【青年編】
  4. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(2/3)
  5. 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運のアドバイザー
  6. 蜀漢(季漢)後期の歴史をザックリと解説!蜀漢を支えた蒋琬、費禕、姜維が活躍した時代

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

キングダム 533話 ネタバレ予想:爆誕!飛信軍 はじめての三国志 facebook はじめました。 【荀彧の心に残る名言】誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し 23話:二人の英雄を破滅に追いやる魔性の玉璽 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.7 【今さら聞けない】妖怪三国志ってなに?お父さんも子供も夢中の新世代三国志! 李傕(りかく)とはどんな人?董卓よりも横暴な政治を行った暴虐な政権運営者 三国志偏差値を一気に上昇させる!マニアックなコアファン向け参考文献

おすすめ記事

  1. 乱世の奸雄・曹操の初陣はどんな戦いをしてたの?
  2. 若かりし曹操は熱血漢
  3. 三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる!
  4. 【ビジネス三国志】孟獲から学べ!相手の心を掴むビビッドなキャッチコピー
  5. 【ネオ三国志】第5話:兗州騒乱の終結と天子の擁立【蒼天航路】
  6. これぞゲスの極み!ぶっちゃけ王騎(おうき)将軍の年収はいくら?
  7. 【春秋戦国時代の偉人】武霊王はなぜ胡服騎射を導入したの?
  8. 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第4回 目指せ主力の英雄化!呉の名将も仲間入りです!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP