キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

はじめての変

【シミルボン】異議ありまくり!三国志の時代の裁判風景




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」に配信されているコンテンツです。

 

張挙

 

三国志の時代については、華やかな合戦シーンや一騎打ちを除いては、

あまりイメージできるシーンが少ないと思います。

ただ、合戦シーンだけ分かれば、それでいいと娯楽しか求めないのも、

それはそれで楽しみ方ですが、当時の日常を知るのも知的好奇心を満足させる

という点においては本の効用と言えるでしょう。

そこで、皆さんも生涯に一度位は関係するかも知れない裁判についての、

三国志時代の常識について、紹介しましょう。




三国志の昔、民事訴訟には矢を百本納めた

孔明 矢

 

訴訟には費用というものが掛ります、これは今も昔も変わりません。

三国志の時代の訴訟は、民事に相当する訟(しょう)と

刑事に相当する獄(ごく)に二分されていました。

 

この中で、訟を起こす場合には、訴える側が矢を百本納めるという決まりでした。

訴訟に勝利すれば矢は帰ってきますが負けると没収されます。

矢は、軍事に欠かせない武器である事から訴訟によって得た矢は

軍事に回されるという事になったのでしょう。

 

矢は理非曲直のシンボルとして、中国ではたとえ話に出てきますが、

そこには訴訟の費用として矢が徴収されたという事情もあるようです。




より重い刑事の獄では、訴えた側が黄金を納めた

 

一方で、刑事事件に相当する獄では、訴えた側が釣金を納める決まりです。

釣金とは具体的には黄金であり、それを三十斤納めます。

当時の単位だと、一斤は222グラムなので、三十斤では6・6キロです。

現在の価格だと3140万円という巨額です。

 

こんな巨額である事を考えると、獄を起こせるのは大金持ち以外には

無理であるという結論になると思います。

ただ、獄は刑事罰なので、最悪訴えられた側が死刑になる可能性もあります。

ですので、起こすならよくよく覚悟して間違いがない事を確認するように

という意味があるのかも知れません。

 

意味あるの?当人は出席しない裁判

 

また、当時は官職などを持つ人、命夫(めいふ)や、

その妻、命婦(めいふ)は裁判に出席せずに代理を立てる事が認められていました。

彼等のような特権階級は、家来や子弟を代理で座らせています。

 

一つには、そのような裁判に出る事自体が士大夫(知識人階級)に取り

不名誉であるという事や、当時の取り調べは原告も被告も、

床の上に、ひざまづいて取り調べを受ける屈辱的な姿勢である

という点もあるのかも知れません。

 

これだと、原告も被告も命夫だった場合には、双方とも、

代理人を立てて裁判が続いていく事もあったでしょう。

考えてみると変な風景ですね。

 

決着がつかない場合には、神頼みで解決する

媧燐

 

今のように科学捜査が進んでいない三国志の時代ですから、

被告にも原告にも、それぞれ言い分があり、裁判では決着がつかない事も

何度も発生していました。

 

そのような場合には、一度、裁判を結審して、原告、被告双方と

この裁判が起きた土地の人間のお金で生贄と酒を買って誓いの札と共に

地面に生贄を埋めて、土をかけ上から酒を注いで、

「嘘をついている方に神罰が下りますように」という誓いを立てさせました。

 

一見、なんでもないようですが、迷信深い当時の事なので、

神罰が下るのを恐れて、後で嘘をついている側が自首してきたり、

巻き添えを恐れた村の人間が真犯人を裁判所に密告するなど、

私達が考えている以上に大きな効果を発揮したようです。

 

貧しい民の救済措置、肺石

 

しかし、黄金三十斤どころか、矢を百本納める余裕すらない貧民は、

裁判を通して、言いたい事も言えない事になります。

そのような場合の救済措置は無いのでしょうか?

 

それは、存在していたようで村には肺石(はいせき)という赤い石が置かれていて、

貧民が訴えたい事がある時にはここに立って訴えると、

担当の役人がそれを聞いて、そのエリアの長官に伝えました。

 

長官は、この貧民の訴えを王に伝える義務があり、

それを怠ると処罰されたと言われています。

 

石が赤いのは赤心(せきしん:真心)を象徴するものであったからです。

もちろん、肺石の上で訴えた事が虚偽であれば、訴えた者が、

ただでは済まなかった事は言うまでもありません。

 

参考文献:中国社会風俗史

著者: 尚秉和 出版社: 平凡社

 

シミルボン

 

【シミルボン】異議ありまくり!三国志の時代の裁判風景

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 33話:度重なる幸運にハングリーさを失う曹操
  2. 始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの?
  3. 劉備は劉安という人物の妻を食べたの?食人文化と明清時代の風習
  4. 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.2
  5. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第7部
  6. 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史
  7. 呉の孫権 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(…
  8. 【新事実】夷陵の敗戦は荊州出身者への忖度の結果だった!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹丕はどうやって後継者争いに勝ち残って魏の初代皇帝になれたの?
  2. 【キングダム】驚愕!信の血筋はなんと皇帝に即位していた!
  3. 【ネオ三国志】第6話:曹操美女にうつつを抜かして大敗北【蒼天航路】
  4. 三国志演義が今どき嫌われる理由
  5. 『三国志演義』の諸葛亮像は明代の英雄を模してつくられた!? 悪い顔をしている諸葛亮孔明
  6. 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」のことわざを作り出した班超って一体何者?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

陶淵明が描いたユートピア「桃花源記」の世界とは? 荀況(じゅんきょう)とはどんな人?始皇帝の法治国家の形成や李斯・韓非の先生 燃える本能寺 【本能寺の変の真相】明智光秀の子孫が漫画で明かす 営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ! 天下統一後の始皇帝が行った偉大な政策をご紹介 正史三国志と三国志演義の張遼はどこまで違う?張遼の最強称号を斬る! 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第34話「隠し港の龍雲丸」の見どころ紹介 オトコ漫画が読みたいヤツ集まれ!キングダムを超える戦国群像劇「義風堂々」

おすすめ記事

  1. 前原一誠、萩の乱その戦いとは? 幕末 大砲発射
  2. やり過ぎー!!!元祖、曹操オタクは陸遜の孫だった!?陸雲(りくうん)ってどんな人?
  3. 集まれ、団子三兄弟!劉備の息子たち
  4. 【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ)Part.3【完】
  5. 後北条氏滅亡は氏政の判断ミスだった?
  6. 【祝】はじめての三国志月間180万PV達成、皆さまへ御礼の言葉
  7. 曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは?
  8. 112話:怒れる劉備は70万の大軍で呉を攻める

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP