はじめての列子
if三国志




はじめての三国志

menu

はじめての変

【シミルボン】異議ありまくり!三国志の時代の裁判風景




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」に配信されているコンテンツです。

 

張挙

 

三国志の時代については、華やかな合戦シーンや一騎打ちを除いては、

あまりイメージできるシーンが少ないと思います。

ただ、合戦シーンだけ分かれば、それでいいと娯楽しか求めないのも、

それはそれで楽しみ方ですが、当時の日常を知るのも知的好奇心を満足させる

という点においては本の効用と言えるでしょう。

そこで、皆さんも生涯に一度位は関係するかも知れない裁判についての、

三国志時代の常識について、紹介しましょう。




三国志の昔、民事訴訟には矢を百本納めた

孔明 矢

 

訴訟には費用というものが掛ります、これは今も昔も変わりません。

三国志の時代の訴訟は、民事に相当する訟(しょう)と

刑事に相当する獄(ごく)に二分されていました。

 

この中で、訟を起こす場合には、訴える側が矢を百本納めるという決まりでした。

訴訟に勝利すれば矢は帰ってきますが負けると没収されます。

矢は、軍事に欠かせない武器である事から訴訟によって得た矢は

軍事に回されるという事になったのでしょう。

 

矢は理非曲直のシンボルとして、中国ではたとえ話に出てきますが、

そこには訴訟の費用として矢が徴収されたという事情もあるようです。




より重い刑事の獄では、訴えた側が黄金を納めた

 

一方で、刑事事件に相当する獄では、訴えた側が釣金を納める決まりです。

釣金とは具体的には黄金であり、それを三十斤納めます。

当時の単位だと、一斤は222グラムなので、三十斤では6・6キロです。

現在の価格だと3140万円という巨額です。

 

こんな巨額である事を考えると、獄を起こせるのは大金持ち以外には

無理であるという結論になると思います。

ただ、獄は刑事罰なので、最悪訴えられた側が死刑になる可能性もあります。

ですので、起こすならよくよく覚悟して間違いがない事を確認するように

という意味があるのかも知れません。

 

意味あるの?当人は出席しない裁判

 

また、当時は官職などを持つ人、命夫(めいふ)や、

その妻、命婦(めいふ)は裁判に出席せずに代理を立てる事が認められていました。

彼等のような特権階級は、家来や子弟を代理で座らせています。

 

一つには、そのような裁判に出る事自体が士大夫(知識人階級)に取り

不名誉であるという事や、当時の取り調べは原告も被告も、

床の上に、ひざまづいて取り調べを受ける屈辱的な姿勢である

という点もあるのかも知れません。

 

これだと、原告も被告も命夫だった場合には、双方とも、

代理人を立てて裁判が続いていく事もあったでしょう。

考えてみると変な風景ですね。

 

決着がつかない場合には、神頼みで解決する

媧燐

 

今のように科学捜査が進んでいない三国志の時代ですから、

被告にも原告にも、それぞれ言い分があり、裁判では決着がつかない事も

何度も発生していました。

 

そのような場合には、一度、裁判を結審して、原告、被告双方と

この裁判が起きた土地の人間のお金で生贄と酒を買って誓いの札と共に

地面に生贄を埋めて、土をかけ上から酒を注いで、

「嘘をついている方に神罰が下りますように」という誓いを立てさせました。

 

一見、なんでもないようですが、迷信深い当時の事なので、

神罰が下るのを恐れて、後で嘘をついている側が自首してきたり、

巻き添えを恐れた村の人間が真犯人を裁判所に密告するなど、

私達が考えている以上に大きな効果を発揮したようです。

 

貧しい民の救済措置、肺石

 

しかし、黄金三十斤どころか、矢を百本納める余裕すらない貧民は、

裁判を通して、言いたい事も言えない事になります。

そのような場合の救済措置は無いのでしょうか?

 

それは、存在していたようで村には肺石(はいせき)という赤い石が置かれていて、

貧民が訴えたい事がある時にはここに立って訴えると、

担当の役人がそれを聞いて、そのエリアの長官に伝えました。

 

長官は、この貧民の訴えを王に伝える義務があり、

それを怠ると処罰されたと言われています。

 

石が赤いのは赤心(せきしん:真心)を象徴するものであったからです。

もちろん、肺石の上で訴えた事が虚偽であれば、訴えた者が、

ただでは済まなかった事は言うまでもありません。

 

参考文献:中国社会風俗史

著者: 尚秉和 出版社: 平凡社

 

シミルボン

 

【シミルボン】異議ありまくり!三国志の時代の裁判風景

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第10部
  2. 11話:パンドラの箱を開けた漢王朝
  3. 蜀の劉備 【素朴な疑問】蜀漢って国内はどうなっていたの?蜀軍の配置から北伐…
  4. 【シミルボン】これは凄い!非常に我慢強い英雄、曹操
  5. 三国志偏差値を一気に上昇させる!マニアックなコアファン向け参考文…
  6. 曹嵩 曹嵩(そうすう)はどこの誰なのか?徐州大虐殺の切っ掛けにもなった…
  7. 129話:死せる孔明生ける仲達を走らす
  8. お由羅騒動とは何?かんたんに分かりやすく解説

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操に降伏する教祖・張魯
  2. 魏延の謀反を察する孫権
  3. 織田信長
  4. 張飛の男気人生
  5. 日本の猛暑に疲弊している海外のマラソン選手 いだてん

おすすめ記事

  1. 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書
  2. 19話:超豪華!反董卓軍の英雄達
  3. うち結婚しないから!自ら両耳と鼻を切り落とした夏侯令女が烈女すぎる
  4. 武田信玄の最強の敵!?武田家を揺るがす大事件を勃発させた武田義信 真田丸 武田信玄
  5. 洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの?
  6. 伍孚(ごふ)とはどんな人?ゴフッ・・董卓を殺せなかった無念のアサシン

三國志雑学

  1. 三国志平話
  2. 苛ついている曹操
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国志 まとめ
  2. 関羽千里行 ゆるキャラ
  3. 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟
  4. 曹丕

おすすめ記事

113話:老将・黄忠死す、次々と天に還る五虎将軍 魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志 秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か? 事前登録キャンペーン中の『三国志ダイス』が、登録数10万人を突破。報酬内容が確定し、リツイートキャンペーンも実施中! 賈詡が李傕を有名人へと押し上げたアドバイスとは!? 【日中清廉潔白対決】北条泰時VS諸葛亮孔明 シリア 関羽 大改名!?中東でも放送されたアニメ『三国志』 張魯 劉備より先に五斗米道の教祖・張魯が漢中王になった可能性が浮上

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP