広告募集
ビジネス

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

呂不韋の成功哲学!自ら立てた計画とは?

この記事の所要時間: 242




 

キングダムに登場し、政の政治にことごとく関与して秦国の政権を握り続けてきた呂不韋(りょふい)。

彼は元々衛(えい)と言われる弱小国を出身地としていた商人ですが、

趙で人質となっていた秦の公族・異人(いじん)に肩入れしたことがきっかけで、

彼の運命は大きく変わっていくことになります。

今回は呂不韋が秦の宰相として君臨するまでの経緯をご紹介したいと思います。




呂不韋の策略

 

呂不韋は趙で人質となっていた秦の公族である異人を見つけると、

彼を使ってのし上がろうと考えて異人に接触。

彼は異人に秦の王に就任させるためのプロセスとしていくつかの段階に分けて説明します。

まずその1:秦の太子である安国君の奥さんである華陽公主(かようこうしゅ)と接触するために、

彼女の姉と信頼関係を構築すること。

その2:華陽公主の姉と信頼関係を構築し、妹である華陽公主に安国君の後継者として異人を

推挙する。

その3華陽公主が安国君に異人を後継者にするように推挙。

この三つのプロセスを踏んでいくことで異人が王になれると呂不韋は異人に断言し、

彼に大金を渡しておとなしくしているようにと釘を刺してから秦へ向かいます。




ミッションその1:華陽公主の姉と接触せよ!!

 

呂不韋は秦の首都・咸陽(かんよう)に到着すると華陽公主の姉と接触するために、

あらゆるつてを使います。

これらのつてを使って華陽公主の姉に接触するために数ヶ月を要しましたが、

ついに華陽公主の姉と接触することができる日がやってきます。

呂不韋は豪華な宝物をたくさん持って華陽公主の姉と会見。

豪華な宝物を贈り、言葉巧みに信頼を得るために頑張り、

幾度も彼女と接触することで呂不韋は彼女の信頼を得たと確信を得ることになります。

こうして呂不韋ミッションその1完遂されることになります。

 

ミッションその2:華陽公主に安国君の後継者として異人を推挙せよ!!

 

呂不韋はいつもの通り華陽公主の姉とあっていると彼女から

「一度私の姉とあってくださらないかしら」と誘われます。

呂不韋は心の中で大喜びしておりましたが、

表情に出すことなく「承知致しました」と言ってその場をあとにします。

後日彼は大量の宝物をもって華陽公主の元を訪ね豪華な贈り物を彼女へ献上します。

そして彼は彼女へ異人の良い所や趙での暮らしぶりなどを散々教えた後

「華陽公主様を実の母親として思っており、早く会いたいと仰っておりました」と述べます。

華陽公主は嬉しさのあまり涙ぐんでしまいます。

こうして初回の会見は終わりを告げることになります。

その後彼は華陽公主の姉に「異人は華陽公主様のことを実の母親のように思っており、

いつも心配なさっております。

これほど彼女を心配なさっているのは他の公族の中にはいないのではないのでしょうか。

もし異人様が安国君の後継者として指名されれば、

華陽公主様の安心することができると思うのですが、

この話を公主様に伝えていただくことはできないでしょうか」と述べます。

すると華陽公主の姉は「分かりました。

いつもお世話になっているあなた様のお願いを聞いてあげましょう。」と快諾。

そして華陽公主の姉は華陽公主へ呂不韋の言葉を伝えるとともに異人を安国君の後継者へ

推挙した方がいいと進めます。

こうして呂不韋ミッションその2も見事完了することになります。

その後呂不韋ミッションの最終段階であるその3「華陽公主が安国君に異人を後継者として

推挙」する点ですが、

姉からのアドバイスをもらってすぐに彼女は安国君へ

「旦那様。後継者には私と旦那様を慕ってくれている異人にしてはどうでしょうか」と推挙。

すると安国君はすんなりと華陽公主の意見を受け入れて、趙にいる異人に太子の証明として

割符を制作することになります。

こうして華陽公主と安国君は呂不韋へ太子の割符と異人に大量の贈り物を渡して、

趙の首都である邯鄲へ赴かせることになります。

呂不韋はミッションを全て完遂したことで、

異人の補佐役に任命され秦の国へ入り込むことに成功するのです。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

呂不韋は自らが立てた計画に沿って行動し、見事成功することになります。

異人や華陽公主、安国君は呂不韋が考えていたことを見抜くことができずに彼を

秦の国へ向かい入れることになるのです。

一介の商人でこれほどの機略を持った人物は戦国時代に存在しなかったでしょう。

 

参考文献 講談社 覇者への道 尾崎秀樹著など

 

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【秦の宰相】呂不韋の人生をかけた計画に危機が訪れる

関連記事:【キングダム】呂不韋の一字千金とはどんな名言なの?

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 江東の虎・孫堅が次世代の息子たちに残したものとは?
  2. 【センゴク】金ヶ崎の退口は何で起こったの?信長の最大の危機
  3. キングダム(春秋戦国時代)には核兵器は存在した?葵丘の盟とオバマ…
  4. 胡昭(こしょう)とはどんな人?司馬懿の命の恩人で曹操の招きに応じ…
  5. 王儁(おうしゅん)とはどんな人?曹操を認め親しく付き合っていた孟…
  6. キングダムの昌平君(しょうへいくん)は、なぜ秦を裏切るの?実在し…
  7. 【獄卒の偉さを思い知った宰相】漢の功臣・周勃の名言とは?
  8. 楊端和(ようたんわ)の最期は壮絶な戦死?キングダムの女将軍の死を…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹操のテストを見事クリアした王族・劉曄(りゅうよう)の逸話
  2. 郭解(かくかい)とはどんな人?悪いことの全てをやり尽くした遊侠人
  3. 【秋射】命中率が低ければ降格処分も!厳しい三国志時代の勤務評定
  4. そうだったのか!武器の特徴を知ると三国志の時代の戦い方が分かる!
  5. 現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について
  6. 【キングダム】用心深い男、王翦の幸せな最期を大胆予想

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

蜀の名将として名高い黄権も曹丕によるパワハラを受けていた! なぜ袁紹は小勢力の曹操に敗北してしまったの?原因は名士だった!? 徳川家康は孫権を参考にしていた?二人の共通する人材起用のポイントとは!? 【西楚覇王項羽】彼の性格は○○で、○○の高さは誰にも負けない人物だった 【シミルボン】三国志と彗星達の不思議な関係 キングダムで秦の天下統一の鍵を握っている斉の国って誰が建国したの? 【ネコ派必見】猫にまつわる中国史の逸話!古代漢民族は無類の猫好きだった? 漢中征伐は一人の漆黒の天才軍師・法正の進言によって行われた

おすすめ記事

  1. 【第9回 幻想少女】曹操に会うためには宿敵・賈詡を倒すしかない!!
  2. よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統
  3. 顔良(がんりょう)ってどんな人?袁紹軍の勇将として名をはせた剛勇
  4. 【三国志で例えるよ】初心者でも『ジャンヌ・ダルク』『百年戦争』が分かる。基礎&豆知識!
  5. 呂玲綺(りょれいき)とはどんな人?史実でも実在したの?
  6. 後継者争いは出来レース?曹丕が皇帝に就くことは生まれる前から決まっていた
  7. 三国時代では数学が出来ないと下級役人にもなれない?算籌を徹底紹介!
  8. 山県昌景(やまがたまさかげ)とはどんな人?武田家四名臣の一人・赤備えを率いた戦国武将

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP